マカオのカジノで遊んだあとは女の子と遊ぼう!合法風俗や便利なカジノをご紹介

 

アジアで最大規模のカジノタウンといえば、真っ先に思い浮かぶのはマカオではないでしょうか。
近年は中国本土からバスを使ってアクセスできるようにもなり、日本からでもさらに観光しやすくなりました。
そしてマカオは、女の子と合法的に、安全に遊べる街でもあります。

 

今回は、男性同士でマカオ旅行を計画している人や、マカオに一人旅をしようとしている方に向けて、マカオの風俗について詳しく解説していきましょう。
評判の高い風俗店の近くにあるカジノもご紹介するので、カジノと女の子の両方で遊びたいという方は必見ですよ!

 

マカオってどんな国?

 

 

マカオは、日本から約2,844km離れた中国領の特別行政区です。
ポルトガル領としての歴史が長い地域であることから、現在も公用語としてポルトガル語が使われています
マカオでもっとも著名なホテル「リスボア」も、ポルトガルの首都である「リスボン」から名前がとられていることは明らかですね。

 

現在のマカオは、カジノやモータースポーツの聖地として、世界中から多くの観光客を集めています。
それ以外で有名な文化といえば、食文化でしょう。
ポルトガル料理や日本料理、インド料理、アフリカ料理など、さまざまな文化がミックスしてできたマカオ料理は、多くの日本人を魅了しています

 

マカオへの移動方法

マカオには直行便が出ていますが、起点は成田・大阪・福岡の3つに限られています
その他の方法としては、中国や香港へ入国してから飛行機や船、あるいはバスを使って移動するという方法で移動可能です。
隣接する香港からの移動時間は、フェリーを利用した場合は、およそ1時間です。

 

なお、2021年8月現在は新型コロナウイルスの影響により強い入国制限を行っており、マカオ国籍をもつ人以外には、渡航制限が出されています。
3ヶ月後には規制が緩和される可能性もありますが、安心して旅行できるのは、まだしばらく先のことになりそうです。

 

マカオでは一部の風俗が合法!日本人が楽しみやすい2つの風俗をご紹介

マカオでは、ギャンブルと同じように、一部の風俗が合法化されています
日本人が利用しても違法とみなされないため、日本人男性が羽を伸ばして楽しむことが可能です。
マカオでは、以下2つの風俗を、気軽な料金から楽しめますよ。

 

  • サウナ(桑拿)
  • 夜総会(連れ出しキャバクラ)

 

この2つの宣伝は、マカオに入境すると街中でも頻繁に見かけるため、はじめてマカオを訪れる人は少し驚くかもしれません。
どちらの風俗にも日本人キャストが在籍している場合もあり、外国語が苦手でも、風俗を楽しめますよ。
ただし、日本人キャストの料金は高額になりやすいといわれるため、注意しましょう。

 

ここからは、サウナと夜総会の詳細をご紹介します!
それぞれの著名なお店と、そこから近いカジノの情報にも触れるので、カジノと女の子の両方をいっぺんに楽しみたいという方は要注目です。

 

サウナ(桑拿)

 

マカオで第一に選ぶべき風俗としてご紹介したいのが「サウナ(桑拿)」です。
サウナといっても、日本人が想像するような普通のサウナとはまったく違います。
ショーアップタイムになると、数十人~百人単位の女の子がズラリと並び、そのなかから好きな女の子を選んで遊べるのです!

 

日本の風俗の場合は、営業時間が限定されることが多いですが、マカオのサウナは、基本的に24時間態勢で営業しています。
カジノで遊び終わった深夜に行っても、一晩ゆっくり眠って帰国直前の真昼間に出かけても、その時間帯に勤務している女の子と自由に遊べますよ。

 

サウナに勤務している女性は20~30代が中心で、東南アジア系の女性がもっとも多く在籍しています。
規模の大きなお店の場合は日本人女性が在籍する場合も多く、現地の言葉や英語がわからなくても、一夜の恋を満喫可能です。

 

サウナの料金はお店によって異なりますが、ショートタイムなら500香港ドル(約7,000円)、宿泊込みの場合は1,500~4,000ドル(約2万円~5万円)が相場です。
この料金には入浴と飲み放題・食べ放題がつくことが多く、女の子とは恋人感覚で過ごせます。

 

オススメは「18 Sauna」と「ゴールデンドラゴン・カジノ」!

サウナとカジノを同時に楽しみたいという方には、「18 Sauna」と「ゴールデンドラゴン・カジノ」の組み合わせがオススメです。
18 Saunaは、マカオのサウナを語るうえでは無視できないほどの著名なカジノで、安心・安全に女の子と遊べます。
場所を確認してみましょう。

 

 

周辺にはカジノやホテルが非常に多い地域で、アクセスが良好なこともメリットといえます。
18 Saunaを利用する際にカジノで遊ぶ場所としては、18 Saunaが入居するホテルに入居する「ゴールデンドラゴン・カジノ」です。

 

画像引用:MACAU NAVI

 

少々年季を感じる外観ではありますが、いい意味でマカオらしいネオンが魅力的でもありますね。
このカジノには、VIPクラブも併設されていて、おいしい料理を食べながらカジノを楽しむことも可能です。
利用できるゲームの種類をまとめました。

 

  • テーブルゲーム:バカラ、ブラックジャック、麻雀、大小など約100テーブル
  • スロット:約230台

 

サウナではなく、こちらのホテルに宿泊したいという場合は、併設するホテル・ゴールデンドラゴン(金龍酒店)を利用しましょう。

 

画像引用:ホテル・ゴールデンドラゴン

 

超豪華とはいえませんが、清潔感のあるホテルですね。
住所とアクセスは、以下のとおりです。

 

  • 住所:Rua De Malaca No.17-103 Macau
  • 電話:(835)2836 1999
  • メール:info@goldendragon.com.mo

 

夜総会(連れ出しキャバクラ)

画像引用:ホテル・ゴールデンドラゴン

 

続いてご紹介するのは「夜総会(連れ出しキャバクラ)」です。
ぱっと見はキャバクラと変わりませんが、日本とは違って「お触りOK」なことがポイント
一定の時間が経過すると、お店に在籍する女の子数十人が戻ってくるので、気に入った子を店外デートに誘い出しましょう。

 

女の子がデートの申し出に応じてくれたら、好きなように遊ぶことが可能です。
女の子は桑拿と同じく東南アジア出身者が中心ですが、一般論としては桑拿よりもレベルが高いとされています。
料金は飲むだけで約1,000香港ドル(約1万5千円)、連れ出す場合は3,000香港ドル(約4万5千円)です。

 

オススメは「グランドデラックスクラブ」と「グランドエンペラーホテル」!

夜総会とカジノを同時に効率よく楽しみたいという方へのオススメは、グランドデラックスクラブ(富城夜総会)と「グランドエンペラーホテル」です。
ホテル内には「エンペラーパレス」というグレードの高いカジノがあり、ホテル内ですべての欲求を満たせますよ
地図は以下のとおりです。

 

 

グランドデラックスクラブには日本語に長けたスタッフが在籍しており、料金やシステムについて詳しく紹介してもらえます。
料金は宿泊の場合2,200~2,800香港ドルが相場なので、予算オーバーになることもないでしょう。

 

エンペラーホテルは、1階~6階まではカジノ、8階にグランドデラックス、11~12階と15~23階までが客室という構成です。
カジノ内の様子を少し見てみましょう。

 

画像引用:マカオのカジノ.net

 

広々としており、清潔感のある空間ですね。
エンペラーパレスでは、以下のようなゲームで遊べますよ。

 

  • テーブルゲーム:バカラ、ブラックジャック、ルーレット、大小など77台
  • スロット:約330台

 

なお、グランドエンペラーホテルの住所と連絡先は、以下のとおりです。

 

  • 住所:288 Avenida Comercial De Macau
  • 電話:(853)2888 9988

 

【注意】カジノの女性ディーラーへのお触りはNG

風俗に対してとてもオープンなマカオですが、カジノ内での振る舞いには要注意です。
女性ディーラーへのお触りなどの過剰なコミュニケーションは禁止されており、違反すると、強制退店させられる恐れもあります。

 

マカオの女の子と濃厚な時間を過ごせるのは「サウナ」や「夜総会」といった合法的な風俗に限られます
街中に立っている女の子に金銭を渡して遊ぶと検挙される恐れもあるので、良識をもって遊びましょう。

 

まとめ

アジアで最大規模のカジノタウン・マカオでは、「サウナ(桑拿)」「夜総会(連れ出しキャバクラ)」という2種類の風俗で遊べます。
どちらも合法的で、日本語に対応するお店もあるので、外国語が苦手な人でも一夜の恋を楽しめますよ。

 

この記事では、カジノと風俗両方で遊びたいという男性に向けて、オススメのお店とホテル、そしてカジノの情報をご紹介しました。
コロナの影響でまだマカオへ自由に旅行することはできませんが、日常を取り戻すことができたら、ぜひ旅先の候補に加えてくださいね。