ライブカジノで試したい「ネイバーベット法」とは?賭け方やオススメのルーレットをご紹介

カジノの定番としておなじみのルーレットは、運任せのように見えて、実は法則にしたがって結果が出ることも多いゲームです。
シンプルな赤黒賭けは、的中率が50%と高いものの配当は2倍と低く、高配当を狙いにくいことが欠点ですが、それを補う高配当なベットの攻略法として使われているのが、ネイバーベット法です。

 

ネイバーベット法を使いこなせるようになれば、ディーラーのクセや特徴を見抜くというカジノの醍醐味を楽しみながら大勝を目指すことができますよ!
この記事では、ネイバーベット法の使い方やメリット、さらに攻略法を生かせるオススメのオンラインカジノとルーレットを詳しくご紹介します。

 

ネイバーベット法とは

 

<strong>ネイバーベット法は、英語のネイバー(Neighbor)とベット(Bet)を組み合わせた言葉で、直訳すると「隣にベット」といった意味合いの言葉です。
実は、この攻略法を試すことができるゲームはルーレットに限られていて、しかもディーラーがいる対人戦でしか効果を発揮することがありません。

 

そのため、実効性という意味では若干乏しい攻略法でもあるのですが、ご存じのように、最近のネットカジノでは、ライブカジノで遊べるようになっています!
ラスベガスやシンガポールなどのランドカジノに行かなくても活用できる戦略なので、この機会に、使い方をマスターしておきましょう。

 

ディーラーのクセを逆手にとった攻略法

ネイバーベット法は、簡単にいえばディーラーのクセや特徴を逆手にとって、ルーレットの結果を当てるという攻略法です。
通常、ディーラーの特性を把握するためには、特定のディーラーによって仕切られるゲームを長く見続けなければなりません。
しかしネイバーベット法を活用すれば、最短で2ゲーム目から、ディーラーに合わせたベットをすることが可能になります!

 

以下は、アロハシャークのライブカジノからプレイできるスピードルーレットです。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

ライブカジノでは、このように人間のディーラーが1ゲームごとにボールを投入し、ルーレットを回しています。
ディーラーは偏りを起こさないように訓練されているのですが、人間である以上は、どうしてもクセが出てしまうものです。
力加減やタイミングによって結果を予想しやすくなることもあり、この特性を生かした攻略法がネイバーベット法になります。

 

ネイバーベット法の基本ルールを解説

ネイバーベット法では、まずルーレットを4つのエリアにわけて考えます。
まずは、ルーレットの盤面を見てみましょう。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

0を起点として考えて、時計回りに四等分してエリアをわけます
具体的には、以下のように分類することが基本です。

 

エリア

ルーレットの数字

A

32~34

B

6~10

C

5~9

D

22~26

 

ルーレットの数字は0を除くと36個なので、ちょうど1エリアを9個の数字にわけられます。
特定の法則にしたがって、このエリアすべての数字へ均等にベットするというのが、ネイバーベット法です。

 

1つの数字をピンポイントで的中させたときの配当は、36倍になります。
仮に1ドルを、9つの数字に賭けたとしましょう。
賭け金が9ドルに対して、的中した場合の配当は36ドルなので、差し引き25ドルが儲かります。

 

種類は「ヨーロピアンルーレット」を選ぶ

ネイバーベット法の的中率を上げるためには、ルーレットのマスの数が少ないほど有利になります。
ルーレットにはヨーロピアンルーレットとアメリカンルーレットの2種類がありますが、この2つの決定的な違いとなるのがマスの数です。
ヨーロピアンルーレットは0と1~36までの数字が並んでいるのに対し、アメリカンルーレットでは0と00に1~36までの数字がホイールに並んでいます。

 

ネイバーベット法では、基本的に0と00は無視して、その他の数字に賭けることが基本です。
そのため、マスの絶対数が少ないヨーロピアンルーレットを選んだほうが、的中率が上がることになります。

 

0をベットの対象にしても構わない

ルーレットでは、確率論上は1/37で0が的中することになりますが、通常のネイバーベット法では0を無視するため、0にベットすることはありません。
この状態ではもしも0に入ったときに的中させられるチャンスがなく、そのゲームへのベットが完全に無効化されてしまいます。

 

的中率をさらに高めて、0に入った際も的中させるチャンスを残すのであれば、0をベットの対象に加えても構いません。
この場合は、0に隣り合ったAとDのゾーンどちらかに、0を組み込みましょう。
すべてのエリアで0をベットの対象にしてしまうと、9ドルで済んでいるはずの1ゲームあたりのベット額が10ドルに上がり、利益を出しにくくなってしまいます。

 

ネイバーベット法の賭け方をご紹介

 

ここからは、実際にネイバーベット法を活用する際の賭け方をご紹介します。
まず、攻略法のルールとして覚えておくべきなのは、以下の3点です。

 

    • 原則としてディーラーのいるルーレットで遊ぶ
    • ルーレットの結果を空回しで確かめる
    • ボールが入ったエリアへのベットを繰り返していく

 

以上を踏まえながら、実際にベットを行いましょう。

 

まずはディーラーの傾向を空回しでチェックする

実際にはお金を賭けず、特定のディーラーによるゲームをテーブルの上で眺めることを空回しといいます。
ネイバーベット法は、ディーラーのクセを読んでベットする攻略法です。
そのため、ディーラーの特徴を把握できるようになるまでは、攻略法を生かすことができません。

 

以下は、アロハシャークのライブルーレットです。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

このように、過去50回分の結果が画面の右側に表示されています。
この結果も参考にしながら、どのエリアにベットすると当たりやすいのかを慎重に確認しましょう。

 

攻略法を使ったベットの手順

いよいよネイバーベット法を使ったベット方法に迫ります。
まずはデータを分析するために、先ほどの拡大してみましょう。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

過去50回の結果を見ると、7だけでも4回出現していることがわかりました。
7はネイバーベット法の中で、「D」のカテゴリーに入る数字です。
Dのエリアに入る数字と、このディーラーが出した過去50回分のDエリアの数字の数は、以下のようになります。

 

Dエリアに入る数字の一覧

3、7、12、18、22、26、28、29、35、(0)

過去50回でディーラーが出したDエリアの数字の数

14回(28%)

 

反対に、このディーラーのゲームでもっとも的中率が低いのはCのエリアで、10回(20%)に限られていました。
さらにいえばAエリアの的中率は28%、Bエリアの的中率は24%です。
このデータから、このディーラーAとDのエリア、つまりルーレットの盤面の上半分に的中させる確率が56%に達することがわかります。

 

Cエリアと比べてA、Dエリアに入る確率は8%も高く、ADエリアとBCエリアを比べると前者に入る確率は6%も高くなるのです。
ルーレットは運だけで結果が決まるのではなく、ディーラーのクセによって結果が若干左右される可能性が高いといえます。
この特性を生かして、ディーラーが出しやすいエリアを読んでベットしましょう。

 

今回の場合は、ADエリアの勝率が高いので、どちらか一方に絞り込みます。
Dエリアに賭ける場合のコインの置き方は、以下のとおりです。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

これで9ヶ所すべてにベットができました。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

当選した数字は28なので、的中となり、1ドル×36倍の36.00ドルが賞金になりました!

 

1ゲームごとの結果を見ながらベットを変えてもよい

ディーラーの傾向を全体的に見ず、1ゲームの結果ごとにベットのエリアを変えても構いません。
先ほどのゲーム結果の画像を、もう一度チェックしてみましょう。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

6(B)の次は7(D)、30(B)の次は21(C)という結果が出ています。
この順番に見ていくと、的中したエリアはB、D、B、C、B、Aと続いていますね。
つまり、1回のゲームごとにBが絡むという流れができています。

 

12からはじまる3列目を見ると、的中エリアはD、B、D、A、B、Cという一定の規則性をもっていました。
1ゲームごとにどのエリアに戻ることが多いのか、上段と下段を往復することが多いのかといった分析からも、ディーラーの特徴を見わけることが可能です。
トータルの統計にこれらの手がかりを加えてみると、よりネイバーベット法の的中率が高まるでしょう。

 

ネイバーベット法を試しやすいゲームは?

 

ネイバーベット法を試しやすいゲームは、アロハシャークなどでプレイできるライブカジノのルーレットです。
24時間態勢でディーラーがルーレットを回すので、結果を予想しやすくなります。
ただし、以下の2点には注意しなければなりません。

 

  • ディーラーが交代するタイミングを確認すること
  • スピードルーレットを選ばないこと

 

ライブカジノでは、数十分に1度というペースでディーラーが交代しています。
分析したデータが1人前のディーラーのものだったという場合、攻略法を適用できないため注意しましょう。

 

また、スピードルーレットは、非常に速いテンポでゲームが進んでいきます。
エリアすべての数字にベットする時間をとれない可能性があるほか、1ゲームごとの経過分析を行いにくいため、なるべくテンポが遅いルーレットを選ぶことが大切です。

 

ライブカジノで遊ぶならアロハシャークがオススメ

ライブカジノのルーレットでネイバーベット法を試す際は、アロハシャークの利用がオススメです!
アロハシャークには、ルーレットだけで18作品がラインナップに加わっています。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

サムネイルから相性のいいテーブルを選べるので、長く遊べば遊ぶほど有利になりますよ!

 

しかもアロハシャークでは、総計1,500ドルのウェルカムボーナスをゲットできます!
多くの資金を得て、有利な立場でカジノをはじめるためには、最適なネットカジノといえますよ。

 

 

ライブカジノ以外でネイバーベット法を試す方法

ネイバーベット法は、これまでにご紹介してきたとおり、人間のディーラーがいるルーレットで効果を発揮する攻略法です。
しかし、ライブカジノは自分のペースでベットができないことや、画面の向こう側とはいえ、ディーラーを前にして緊張してしまいがちなことがデメリットになります。
このような点を嫌う方は、ライブカジノ以外でネイバーベット法を試してみたいと考えるのではないでしょうか。

 

その場合は、特定の場所でベットボタンをクリックしてみましょう。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

ライブカジノ以外のルーレットも、ベットする前から常に回転を続けています。
目印となる「0」が頂上を追加した瞬間にベットボタンをクリックすることで、一定のタイミングに合わせてボールを投入することが可能です。
結果がランダムで決まることには変わりありませんが、ある程度狙いを絞ることができます。

 

以下が10回分のゲーム結果です。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

22と27が2回ずつなど、かなり偏った結果が出ていることがわかります。
エリア別に見てみましょう。

 

エリアの種類

的中した数

A

2

B

2

C

2

D

4

 

このように、Dがもっとも的中しやすいという結果が出ました。
人間を相手にする際のデータほどは参考になりませんが、通常のデーブルゲームで遊ぶ際は、こういった賭け方をして、規則的にゲームを進めることがオススメです。

 

まとめ

完全にランダムで結果が決まると思われがちなルーレットですが、ディーラーのクセや特徴によって結果が偏ることがあり、それを逆手にとって攻略するための手法が、ネイバーベット法です。
アロハシャークをはじめとするネットカジノにはライブカジノというモードがあり、ディーラーの特徴をチェックしながら、この攻略法を使ってゲームを楽しめます。

 

この記事でもゲーム結果を検証してきましたが、ライブカジノだけではなく、通常のテーブルゲームでも攻略法による一定の成果を出せることがわかりました!
アロハシャークでは、ウェルカムボーナスとして最大1,500ドルを受け取れますから、これを生かしながら、より有利にルーレットを楽しみましょう。

 

★★ オンラインカジノTV限定!入金不要ボーナス50ドルを自動付与! ★★