スティックペイ(STICPAY)

スティックペイ(STICPAY)の使い方まとめ!登録や入出金方法、手数料などを解説

安全が確認されている多くのオンラインカジノで採用されている入出金方法に、「スティックペイ(STICPAY)」があります。

普段はそのほかの決済方法でオンラインカジノを楽しんでいる人も、スティックペイという名前を知っているという人は多いのではないでしょうか。
その一方で、スティックペイの長所や登録方法、入出金方法などは、まだ詳しく知られていません。

 

この記事では、スティックペイを利用するための方法を画像も交えながらご紹介し、安全かつ便利に利用できるのかどうかを解説します。

スティックペイ(STICPAY)とは?

引用:スティックペイ

スティックペイは、「STIC FINANCIAL LTD」というイギリスとキプロスに本部をもつ会社が運営している電子決済サービスです。

運営開始は2017年と、決して長い歴史をもつ会社ではありませんが、すでに多くのオンラインカジノサイトが、スティックペイを入出金手段として導入しています。

 

オンラインカジノの入出金に使える電子決済サービス

まずは入出金方法について、表でまとめてみました。

 

項目

内容

 

入金方法

・クレジットカード/デビットカード

・オンラインウォレット

・仮想通貨

・銀行送金

 

出金方法

・プリペイドカード

・仮想通貨

・銀行送金

 

クレジットカードでは、VISA、マスター、ユニオンペイに対応しています。
仮想通貨は、現段階でビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、USDテザーという4つの種類に対応し、銀行送金は国内・国外を問わずに行えます。

 

リアルカードを発行してATM出金ができる

スティックペイは、電子決済を行えるだけではなく、スティックペイカードというリアルカードを発行できる点もメリットです。
スティックペイカードを発行すれば、オンラインカジノやネットショップだけではなく、マスターカードが使える実店舗でもスティックペイを使ってお買い物ができます。

 

スティックペイカードは、110ドル以上の残高が入金されている場合にのみ発行が認められます。
一般的なデビットカードと同じようにATMで使用することが可能なので、残高を現金で引き出すこともでき、オンラインカジノからの出金を、より簡略化させることが可能です。

 

日本語でのサポートにも対応している

スティックペイは、日本語でのサポートに対応しています。

以下のように、サポート画面からは日本語で質問を送信できる仕組みになっており、入力したメールアドレスに向けて回答が送信されます

アカウントに関する相談から入出金の質問まで、どんな内容にも対応可能です。

 

引用:スティックペイ

 

また、全世界に向けてサービスを提供しているとあって、日本語以外の言語にも対応しています。

英語から中国語まで、あらゆる言語で公式サイトを翻訳しており、質問にもすべて対応中です。

 

引用:スティックペイ

 

グローバスな企業ということがわかるので、安心してお金を預けることができますね。

 

全世界で1分以内に送金処理が行われる

スティックペイは、「国境のないE-payment」という異名をもち、全世界どこにいても1分以内に送金処理を完了させられるシステムを備えています。
本来、国際間で金銭をやり取りするためには長い時間が必要ですが、スティックペイなら、離れた場所からの送金も実にスムーズです。

 

オンラインカジノにおいても非常に便利なシステムですが、実生活の中でも、スティックペイの利便性を感じられるはずです。
国内だけではなく、海外にいる家族や友人に向けた送金も速やかに行えるので、必要なタイミングで必要な金額を気軽に届けられます。

 

スティックペイに対応しているオンラインカジノ

2020年6月現在、スティックペイに対応しているオンラインカジノは、以下のとおりです。

 

  • ビットカジノ
  • ベットティルト
  • 10BET
  • エルドアカジノ
  • ビットスターズ
  • ワンダーカジノ
  • ラッキーデイズ
  • ユニベット
  • 1XBET
  • 22BET


国内で評価の高いオンラインカジノサイトも含まれています。
スティックペイは、どちらかといえば新参の電子決済サービスなので、今後さらに入出金方法として取り入れるサイトが増えていくことが期待されています。

 

 

スティックペイの安全性は?

スティックペイは、イギリスの信頼できる金融ライセンスのひとつである「FCA(英国金融行動監視機構)」を取得して運営を行っています。
イギリス国内で信頼できる電子決済サービスとしてのお墨付きを受けており、安全性に問題はありません

 

ネット上の評判を確認しても、詐欺などのトラブルに遭ったという決定的な悪評は一切見つかりませんでした。
専用アプリはGoogle PlayとApp Storeの両方で配信されており、これらの審査にも通過していることから、トラブルの心配はほぼないといえるでしょう。

 

サッカー・サンダーランドAFCのスポンサー企業

イギリスをはじめとするヨーロッパでは、サッカーチームのスポンサーになるということは、非常に高いステータスを有することを示しています。
とくにイングランドの国内リーグは世界中にファンをもつ巨大市場ですが、スティックペイは、リーグ所属のサンダーランドAFCとスポンサー契約を結んでいます。

 

引用:スティックペイ

 

このように、サンダーランドの選手は「STICPAY」というスポンサーの名前を胸につけて実際の試合に臨んでいるのです。
一流選手たちが揃うリーグのチームに出資できる資金力をもっているという事実も、安全性を示す上で、重要なポイントといえるでしょう。

 

スティックペイの手数料

まず、入金に関する手数料は、以下のとおりです。

 

取引内容

手数料

VISA・マスターカードによる入金

3.85%

ユニオンペイによる入金

1.5%

仮想通貨による入金

送金手数料+1%

国内銀行による送金

振込手数料+2%

海外銀行による送金

リフティングチャージ+5%

 

デビットカードに関しては、各社のクレジットカードと同等の手数料に設定されています。

次に、出金時の手数料は以下のようになります。

 

取引内容

手数料

スティックペイカードによる出金

1.3%

仮想通貨による出金

1%

国内銀行への送金

800円+1.5%

海外銀行への送金

リフティングチャージ+5%

 

スティックペイの登録方法

それでは、スティックペイへの登録方法を、画像つきでご紹介します。

 

1.公式サイトにアクセスする

引用:スティックペイ

公式サイトのトップページは、ご覧のようなデザインです。
すべての箇所が日本語で表示されているので、サイト内で迷うことはありません。

ページ右上にある「会員登録」をクリックすると、新規登録画面を開けます。

 

2.口座開設手続きを行う

メールアドレス、名前、名字、生年月日、パスワード、国籍、通貨を入力します。

引用:スティックペイ

パスワードには大文字を最低1つ、数字を最低1つ組み込んだ8~16桁の英数字の入力が必要です。
通貨は初期段階でJPY(日本円)が選択されているので、このままで構いません。

 

3.SMS認証を行う

引用:スティックペイ

電話番号を入力し、規約に同意してから「認証コード送信」をクリックします。
登録した電話番号に認証コードが書かれたSMSが届くので、2分以内に入力を行いましょう。

引用:スティックペイ

正しいコードを送信すると、「次へ」という画面が表示されます。

これをクリックすればスティックペイへの登録は完了です。
先ほど指定したメールアドレスとパスワードを入力して、スティックペイにログインしましょう。

 

スティックペイカードの作り方

スティックペイカードを作るためには、スティックペイカードの口座残高に110ドル以上が入金されており、なおかつパスポートのコピーの提出によって、本人確認を行うことが必要です。

 

引用:スティックペイ

 

この条件を満たすと、上記のような申し込み用のページが表示されるようになります。
ここには、提出したパスポートと同様の情報を入力する必要があり、申請が受け付けられると、スティックペイによる本人確認が行われます。

 

スティックペイカードの発行には、審査が必要です。
クレジットカードではないため、厳しい審査になることはありませんが、金融事故の履歴がある場合には発行を見送られる可能性もあるため、注意しましょう。

通常、申し込みから2~3週間で自宅にスティックペイカードが届きます。

 

スティックペイの本人確認方法

スティックペイで入出金を行うためには、事前に居住証明と本人確認を行わなければなりません。

手続きに必要となる書類とあわせて、手順を確認しておきましょう。

 

1.居住証明書に記入する

引用:スティックペイ

国家は「JAPAN」という英語表記ですが、それ以外の場所は日本語で記入して構いません。

注意すべきなのは、番地や建物名も漏れなく記入するという点になります。
証明として添付する書類と内容が一致していなければならないので、住所を簡略化させることは避けましょう。

 

2.居住証明書を添付する

居住証明書として使えるのは、公的機関から発行された発行日から3ヶ月以内の書類で、住所と名前、発行日、発行機関名が名字された書類になります。

一例としては、以下の書類を利用可能です。

 

  • 住民票
  • 電気、ガス、電話、水道料金の請求書
  • 銀行やカードの取引明細書

 

3.身分証明書を添付する

身分証明書としては、マイナンバーカード、運転免許証、パスポートの3種類を利用できます。

運転免許証を利用する場合は、以下のように入力しましょう。

引用:スティックペイ

Front side of IDには、免許証の表側を撮影したデータを添付します。
Back side of IDには、免許証の裏側を撮影しましょう。
備考欄にとくに何も記載されていない場合でも、必ず両面の提出が必要になっています。

 

Expiration Dateには、免許証の有効期限を入力します。
Document Numberは、免許証の表に記載されている番号を数字部分だけ入力します。

 

最後に規約に同意して、画面右下の「次へ」をクリックし、内容を確認して送信を確定させれば、本人確認の申請は完了です。

 

スティックペイの入金方法

スティックペイには、国内銀行・海外銀行・クレジットカード・ユニオンペイ・仮想通貨を使って入金できます。

今回は、国内銀行送金を選んだ場合の手順をご紹介します。

 

1.画面左側のサイドバーから入金を選ぶ

画面左側のバーから入金を選択すると、入金方法の一覧が表示されます。

引用:スティックペイ

この中から、国内銀行送金を選択しましょう。

 

2.振込先の口座情報を確認する

国内銀行送金の場合、振込先は楽天銀行になります。

引用:スティックペイ

こちらの口座に向けて入金希望額を送金することで、スティックペイの残高に送金額が反映されます。

 

3.ウォレット番号と名義を確認する

先ほどの画面下部には、「ウォレット」と「Memo」と記された項目があります。

ページ中でも説明されているとおり、入金する際には連絡欄にウォレット番号と名義を書き込み、誰からの送金なのかがわかるようにしなければなりません。

キャプチャには「16」と表示されていますが、本来はここに6桁の数字と、スティックペイに登録している名義が記されます。
番号が「111666」、名義が「Taro Yamada」の場合は、連絡欄に「111666TaroYamada」と記入してから送金を行いましょう。

 

スティックペイの出金方法

出金は、国内外の銀行と仮想通貨で行えます。

銀行送金を選ぶ場合、事前に銀行口座の情報を登録する必要があるため、その手順から確認しておきましょう。

 

1.銀行口座の情報を保存する

サイドバーから「国内銀行出金口座管理」を選ぶと、以下のページが表示されます。

引用:スティックペイ

スペースを挟まずに金融機関に登録している名前を入力し、銀行の一覧から出金したい銀行を選んだら、口座番号と支店名、銀行支店番号を入力します。

 

2.登録した口座に出金する

口座情報を登録すると、「出金」画面にその金融機関の情報が表示されます。

内容に誤りがなければ、出金したい金額を入力して送信し、出金を完了させましょう。

 

スティックペイを利用する際の注意点

スティックペイを利用する場合、以下の点には注意が必要です。

銀行口座への入出金ができる珍しい電子決済サービスであるため、利便性が高く便利であることは間違いありませんが、これからご紹介する3つのポイントには注意しておきましょう。

 

スティックペイカードには会費と再発行手数料がかかる

スティックペイカードを作成する場合、発行手数料などは無料ですが、発行から13ヶ月が経過した段階から会費が発生します。
金額は毎月10香港ドル(約139円)と高額とはいえませんが、毎月残高から差し引かれることになり、残高不足の場合は、使用停止処分が下されてしまう点に要注意です。

 

また、万一スティックペイカードを紛失してしまい、再発行を依頼する場合には、再発行手数料として130香港ドル(約1,800円)を支払わなければなりません。
配送料として40ドル(約4,300円)も追加で請求されるため、カードはなくさないように注意しましょう。

 

もう一点覚えてくべきなのは、残高確認をする際に、手数料が差し引かれる場合があることです。
オンラインとVRSは無料ですが、ATMから残高確認をすると、5香港ドル(約70円)が差し引かれてしまいます
残高確認は、オンラインから行うように意識することも重要です。

 

対応するオンラインカジノがまだ少ない

スティックペイはいくつものオンラインカジノが導入していますが、日本国内でメジャーなサイトに限ると、対応するオンラインカジノは、まだ多いとはいえません。
利用したいカジノサイトでスティックペイを利用できないというケースも想定されるため、利用するサイトがスティックペイに対応するか、事前に確認しておきましょう。

 

たとえば、「カジノシークレット」「エンパイアカジノ」「ベラジョンカジノ」といった人気サイトは、現時点では揃ってスティックペイに非対応です。

順次スティックペイに対応する可能性は秘めていますが、これらのサイトを今すぐ利用したい場合には、別の電子決済サービスなどを利用しましょう。

 

本人確認の手続きが他サイトよりも複雑で面倒に感じやすい

先ほどご紹介したとおり、スティックペイは、本人確認作業に時間がかかります。
人によっては住民票などを取り寄せなければならない可能性もあり、登録から数日後まで出入金ができない状況が続く可能性もあります。

 

本人確認や住居確認が厳しいということは、セキュリティがしっかりしており、不正利用等の心配が少ないというメリットにつながることも確かです。

しかし、なるべく手間をかけずに決済を進めたいという場合には、スティックペイが向いているとはいえません
手続きは、余裕をもって行うようにしましょう。

 

まとめ

スティックペイは、国内外の銀行に入出金できる数少ない電子決済サービスです。
日本語での対応とサポートを行っているほか、イギリスでのライセンスを取得するなど安全性も高く、高額なお金も安心して預けることができます。

 

また、マスターカードと提携する店舗で使えるリアルカードの申し込みができることもメリットのひとつです。

 

本人確認に時間と手間がかかることや、リアルカードを発行した後に毎月の手数料がかかることは難点ですが、利便性やセキュリティ性能が高く、利用を検討する価値があります。
オンラインカジノを利用されている方は、スティックペイの活用も検討してみましょう。

「オンラインカジノTV」へようこそ!
オンラインカジノTVは、日本人プレイヤーの方にオンラインカジノの始め方、おすすめカジノ、攻略法などをお届けする情報発信サイトです。
初心者の方向けの基礎知識から、オンラインカジノでどんどん稼いでいきたいハイローラー向けの攻略法まで、幅広く情報をお伝えしていきます。

オンラインカジノは、信頼性のあるライセンスを取得している海外運営のカジノであれば合法的にプレイできます。
もちろん、当サイトで紹介しているすべてのカジノサイトや攻略法は、安全にプレイできることを確認済みです。
ぜひご安心いただき、ガッツリ遊んでガッツリ稼ぐ、充実したカジノライフを楽しんでくださいね!