ハーフストップ法の使い方を徹底解説!メリットや注意点、検証結果までご紹介

 

オンラインカジノなどのギャンブルをしていて、途中まで勝てることはそれなりに多いのに、気がつくといつも最後に負けているという人も少なくないのではないでしょうか。
ギャンブルで特に難しいのは「やめるタイミング」で、これを誤ったせいでせっかくの利益を溶かし、一発逆転を目指した無理な賭け方をして赤字を作ったという経験をおもちの方もいるはずです。

 

そんな悩みをおもちの方にオススメできる攻略法が、さまざまなゲームで活用できる「ハーフストップ法」という戦略です。
この記事では、ハーフストップ法のメリットや注意点、検証結果をご紹介しながら、ハーフストップ法の使い方を徹底解説します。

 

ハーフストップ法とは

 

ハーフストップ法とは、その日の目標金額を稼いだり、最大の当選額を確保したりした後に、その半額以上の金額を使わないように制限するという攻略法です。

 

たとえば1,000ドルを稼いだ場合、500ドルをハーフストップ法適用の下限額に設定して、あらかじめその日の勝利金として確保してしまいます。
もしその後に負けが続いてしまったとしても、500ドルの利益はすでに確定させているので、せっかくの利益をフイにしてしまうことがありません。

 

ギャンブルは止めどきが難しいゲームでもあるので、一度は稼いだ金額をすべて溶かしてしまったり、焦って赤字にまで落とし込んでしまったりした経験があるという方も多いかもしれません。
ハーフストップ法は、そういった経験を繰り返している人との相性がいい攻略法で、これを取り入れることによって、これまで赤字続きだったオンラインカジノを一転して、黒字にもち込める可能性があるのです。

 

ハーフストップ法の目標に明確な決まりはない

一般的な攻略法というと、「負けた後に2倍の金額を賭ける」「勝ったら賭け金を〇ドル減らす」といった具体的な指示があるものがほとんどです。
しかしハーフストップ法には、明確な目標の設定はないので、何をもってハーフストップ法を発動させるかは、それぞれのプレイヤーの感覚に委ねられています。

 

「1日50ドル稼げば十分」と思っているなら100ドルを確保した瞬間からハーフストップ法をはじめることになります。
一方で「たまたまジャックポットを当てたから、それを失いきらないように1日だけハーフストップ法を活用する」という生かし方ができる、便利な攻略法でもあるのです。

 

どんなゲームにも生かすことができる

オンラインゲームで活用できる攻略法といえば、「ルーレット限定の攻略法」や「勝率50%のゲームが対象」といった制限がつくことがほとんどです。
ところがハーフストップ法は、特定のジャンルのゲームそのものの攻略法ではないため、どんなゲームにも攻略法を生かせるというメリットがあります。
スロットで思いがけず高配当のマルチプライヤーを引き当てたときから、バカラで大勝したときに至るまで、ありとあらゆる場面や状況でハーフストップ法を活用することが可能です。

 

ハーフストップ法の応用術

ハーフストップ法は「利益の50%以上を当日中に使わないようにする」ことが基本ですが、このパーセンテージを変動させて応用することもできます。
たとえば「30%」にすればリスクが高まるぶんより多くの金額を稼げるチャンスが増えますし、「70%」にすればさらに守備的で利益を確保しやすい戦略へと移行することが可能です。

 

ハーフストップ法のメリットと注意点

ここからは、ハーフストップ法のメリットと注意点をご紹介します。

 

  • ハーフストップ法のメリット
    ・最大利益の半額は必ず確保できる
    ・自分では判断しにくい勝ち逃げのタイミングがわかる
    ・その他の攻略法を併用できる
  • ハーフストップ法の注意点
    ・利益を出すまでは攻略法をはじめられない
    ・負けることを前提とした戦略になる
    ・目標額の設定が難しい

 

それぞれを詳しく解説します。

 

ハーフストップ法のメリット

まずは、ハーフストップ法のメリットを3つご紹介します。

 

最大利益の半額は必ず確保できる

ハーフストップ法を活用することにより、最大利益として設定した金額のうち、半額は必ず利益として確保できるので、せっかく稼いだお金をすべて無駄にすることがなくなります
ギャンブルはメンタルに左右されることが多いゲームなので、大勝すると金銭感覚が鈍って変な賭け方をしてしまったり、負け続けたことが原因で焦ってヤケのような賭け方をしてしまったりすることがあるはずです。
「さっきまで勝っていたのに、終わってみたら黒字どころか赤字を出していた」ということが多いなら、機械的に自制できるハーフストップ法を取り入れてみましょう。

自分では判断しにくい勝ち逃げのタイミングがわかる

ギャンブルには還元率というものがあり、どんなギャンブルも100%以下に設定されているので、長く遊べば遊ぶほど、赤字に近付いていくという法則があります。
したがって重要なのは「勝ち逃げをすること」なのですが、このタイミングが難しく、失敗を続けてしまうという人は多いはずです。
ハーフストップ法には「最大利益の半額まで」というわかりやすい基準があるので、判断しにくく迷いやすい勝ち逃げのタイミングを移動的に判断できます。

その他の攻略法を併用できる

ハーフストップ法は、ゲームで稼ぎやすくするための攻略法ではなく、ゲームで稼いだお金を必要以上に減らさないようにするための攻略法です。
そのため、ゲームそのものにハーフストップ法が干渉することがないので、ゲーム中に使えるその他の攻略法はすべて併用することができます。

 

ハーフストップ法の注意点

続いて、ハーフストップ法の注意点を3点お伝えします。

 

利益を出すまでは攻略法をはじめられない

先ほどもご紹介したとおり、ハーフストップ法は勝った後のリスクマネジメントをおこなう攻略法なので、大前提として利益が出るまでは活用することができません
その他の攻略法は、利益を出すこと自体を目的におこなう攻略法なので、ハーフストップ法は独特で異質な攻略法であると言い換えることができます。

負けることを前提とした戦略になる

一定の利益を得るまではじめられない攻略法である一方で、ハーフストップ法は負けることを前提とした攻略法でもあります。
たとえば1000ドルを稼いだ場合は、500ドルがハーフストップ法発動の下限額になりますが、ここでゲームを止めるということは、500ドルを失ってしまったということでもあるのです。
ハーフストップ法を適用せず、残り100ドルまで減った段階で2000ドルの当たりを出す可能性はないとはいい切れないので、将来的な高額配当のチャンスを自ら摘み取ってしまうことがあります。

目標額の設定が難しい

たとえば「毎日100ドルを稼ぎたい」と思っていても、ギャンブルである以上、そう簡単に毎日勝ち続けられるほど甘いものでもありません。
目標額にばかり固執してしまうと、その金額を稼ぐために無理のある賭け方をしてしまい、余計にお金を失ってしまうリスクがあります。

 

ハーフストップ法をシミュレーション

実際に、ハーフストップ法のシミュレーションをしてみましょう。
今回は、アロハシャークのテーブルゲームでプレイできる「バカラ」を活用してみます。
アロハシャークのテーブルゲームには無料の「練習モード」があるので、ネットゲームで遊ぶような感覚で試してみてくださいね。

 

バカラを使ったシミュレーション

さっそく、バカラを使ってハーフストップ法をシミュレーションしてみましょう。
今回は、目標の最大利益を100ドルに設定しました。
つまり、利益が50ドルにまで減った段階で、ハーフストップ法を発動させることになります。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

まずは100ドルの利益を確保するために、100ドルをプレイヤーに賭けました。
プレイヤーの配当は2倍なので、勝てば200ドルが手に入り、差し引き100ドルの黒字になります。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

見事に予想が的中しました!
このままゲームを続けていきます。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

20ドルを賭け、2連勝です。
ここまでの利益は、合計で120ドルになりました。


今度は50ドルを賭けます。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

負けてしまい、50ドルを失いました。
差し引きの利益は、この段階で70ドルです。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

20ドルを賭けたゲームでも、負けてしまいました。
この段階で差し引きした利益は50ドルになったので、ハーフストップ法を発動させることになります。
少々後味は悪いものの、ここでゲームを止めることで損失の拡大を防ぎ、50ドルの利益を確保できました。

 

まとめ

ハーフストップ法は、最大利益を任意の金額に決めて、その半額まで利益が減ったタイミングで賭けをやめる攻略法です。
「最初は勝っていたのに、いつの間にか赤字を出すことが多い」という方にはぴったりな攻略法で、すべてのゲームで活用できることもメリットになります。

 

ギャンブルで安定した利益を得るためには、勝ち逃げを覚えることも大切なので、勝ち逃げのタイミングを見極めるのが苦手という方は、ぜひハーフストップ法を試しましょう。