JBANQ(ジェイバンク)の使い方とは?安全性や入金・出金、登録方法を徹底解説

オンラインカジノに直接入金したり、直接出金したりすることは難しく、しかもオンラインカジノではUSドルなどの通貨を使うことになるため、間に電子決済サービスを挟んで入出金することが一般的です。
電子決済サービスにもさまざまな種類があり、サービスごとの手数料などの設定や特徴が異なっているため、どのサービスを利用するのかを決めるというのも、大切な作業になります。

 

今回ご紹介するJBANQ(ジェイバンク)は、「ワイルドジャングルカジノ」というオンラインカジノで利用できる電子決済サービスです。
使えるカジノが少ない電子決済サービスではありますが、日本語に完全対応しており、対応カジノが増える可能性も秘めています。
JBANQの安全性や入金・出金、登録方法を詳しくご紹介します。

 

JBANQ(ジェイバンク)とはどんなサービスか

画像引用:JBANQ公式サイト

 

JBANQ(ジェイバンク)は、複数の通貨を使って入金と支払いができる電子決済サービスで、一部のオンラインカジノでも決済手段のひとつに採用されています。
日本語に完全対応しており、登録画面もシンプルであることから、初心者でも利用しやすい電子決済サービスです。
まずはJBANQがどのようなサービスを行っているのか、その特徴を解説します。

 

オンラインカジノの入出金に使える電子決済ツール

日本円を直接使えるオンラインカジノはほとんどなく、円からドル、あるいはユーロといった通貨に変換しなければ、ゲームを楽しむことができません。
そんなときに便利なのが、電子決済サービスです。
これを経由することによって、預けたお金を自動的にドルなどに変換して、オンラインカジノに入金することができます
2021年1月現在、JBANQでは以下の入出金方法を選ぶことが可能です。

 

【入金】

入金方法

概要

ローカル銀行

JBANQ指定口座への振り込み

UnionPay

UnionPayを経由した入金

サイト上ではクレジットカードの利用が可能と掲載されていますが、2021年1月の時点では一時休止扱いとなり、入金手段として選ぶことができません。
現在選択できるのは、銀行振込とユニオンペイに限られています。

 

【出金】

出金方法

概要

高速ローカル出金

国内銀行(メガバンク・ネットバンク・ゆうちょ)へ出金

 

出金方法は国内銀行への送金に限られており、オンラインカジノで獲得した賞金を、ATMなどから出金する際の窓口になります。
出金を希望する銀行口座をあらかじめJBANQに登録しておけば、普段行っている銀行振込よりも、簡単に送金することが可能です。

 

サイトの日本語化と日本語サポートに完全対応

JBANQは日本語化されたサイトであり、あらゆるページが自然な日本語で作られています
また、メール対応のみとはなりますが、質問にも日本語で返答中です。

 

画像引用:JBANQ公式サイト

 

24時間365日対応でサポートを行っており、口座の開設方法から入出金方法まで、あらゆる質問に日本語で返答してくれますよ!

 

JBANQカスタマーサポート:support@jbanq.com

 

JBANQの登録者同士で送金する機能も準備中

JBANQに登録しているメンバー同士で、アカウントで保管しているお金を送金し合うサービスの実装も準備中です。
受取人のアカウントIDとJBANQに登録したメールアドレスを入力するだけで送金ができるシステムを構築中なので、完成すれば、家族間や友達との間でお金をやり取りすることが簡単になります。
たとえば、アメリカに留学中の家族に送金するときも、自動的に通貨を日本円からアメリカドルに変換させられるため、便利です。

 

JBANQに対応しているオンラインカジノ

JBANKに対応するオンラインカジノは、2021年1月現在はワイルドジャングルカジノのみとなります。

 

画像引用:JBANQ公式サイト

 

ワイルドジャングルカジノは24時間日本語対応を行っており、1億円以上のジャックポットを出した実績もあるオンラインカジノです。
知名度という意味で大手サイトにはまだ劣りますが、実績と信頼のあるオンラインカジノであることには違いありません。

 

また、JBANQに対応するオンラインカジノは、今後も増加する可能性があります。
新しく対応するオンラインカジノが登場次第、当サイトでもすぐにお伝えします!

 

JBANQの安全性は高い?

 

オンラインカジノで稼いだお金は数十万円という単位になることもありますし、ジャックポットが当選すれば、億単位の賞金が手に入ることもあります。
そのため、安全にお金を預けられる電子決済サービスであると確信できなければ、安心してお金を預けることができません。

 

結論としては、JBANQは安心してお金を預けられる電子決済サービスです
運営会社やライセンスなどの情報を表にまとめました。

 

運営会社名

Sakura Mobile LTD

住所

103 SHAM PENG TONG PLAZA, ビクトリア,MAHE, SEYCHELLES

運営ライセンス

英国金融サービス機構(Financial Services Authority)

メールアドレス

disputes@jbanq.com

 

英国金融サービス機構による承諾を得ているため、イギリス政府から認められた電子決済サービスと考えて問題ありません。
運営会社の所在地についても明かされており、セーシェル諸島に本社を置いています。
また、10年以上にわたってサービスを提供してきたノウハウと信頼をもっており、これまでに180ヶ国以上の加盟店と消費者から利用された実績をもつサービスです。

 

JBANQでかかる手数料と制限額

 

JBANQへの登録は無料ですが、引き出しなどには、一定の手数料がかかります。
また、引き出しには制限額が設けられているので、それぞれの条件を表で確認しておきましょう。

 

【手数料】

サービス

手数料

登録

無料

銀行入金

無料

ユニオンペイ入金

5%+2CNY

銀行へ引き出し(日本円)

200円

銀行へ引き出し(ユニオンペイ)

3.5%+0.03CNY

加盟店へ支払い

無料

加盟店から入金

無料

 

銀行への出金は1回あたり200円の手数料となり、非常に安価です。
口座を維持するために必要な手数料もかからないため、コスパに高いサービスといえます。

 

【引き出し制限額】

種別

制限額

1回の引き出し

50万円/5,000ドル

1日の合計引き出し

75万円/7,500ドル

30日の合計引き出し

200万円/2万ドル

 

1ヶ月間で出金できる金額は200万円までになるため、注意しましょう。
それ以上の出金をしたい場合は、数ヶ月にわけて出金手続きをする必要があります。

 

JBANQに登録する手順

JBANQには、メールアドレスとパスワードを入力するだけで登録が完了します。
入力する項目は、以下の2つだけです。

 

画像引用:JBANQ公式サイト

 

2つの項目を入力した後に「送信」をクリックすると、登録したメールアドレスにEメールが届きます。
そこに記載されているURLをクリックすると本登録が完了し、すぐにJBANQを使えるようになりますよ。

 

JBANQに入金する手順

JBANQにログインすると、自動的にアカウント画面が開きます。

 

画像引用:JBANQ公式サイト

 

この中から「ご入金」を選び、入金画面を開きます。

 

画像引用:JBANQ公式サイト

 

最低入金額の2,000円以上から好きな金額を入力して、三菱東京UFJ銀行、あるいはジャパンネット銀行のいずれかを選んで入金します。
送信ボタンをクリックすると、入金先の口座番号を確認することができるので、画面の指示に従って、ATMやネットバンクから手続きをするだけで入金完了です。

 

JBANQから出金する方法

出金する際も、まずはアカウント画面を開いて、「お引き出し」をクリックしましょう。
事前にアカウント情報から「口座情報」の設定をしておくと、ワンクリックで出金できるため便利です。

 

画像引用:JBANQ公式サイト

 

楽天銀行以外であれば、すべてのメガバンクや地方銀行、ネットバンクに出金できます。
表示されているとおりの情報を入力して「口座の追加」をクリックしましょう。

 

JBANQを利用する際の注意点

 

JBANQを利用する際は、以下2点の注意点があることを把握しておきましょう。

 

暗号化が他サイトと比べると不十分

JBANQではクレジットカード決済などを行っていないこともあり、暗号化による保護が、他サイトと比べると不十分です。
情報漏洩の可能性はほとんどありませんが、万一のことを考えるならば、別の大手電子決済サービスを利用するとよいでしょう。

 

現時点で利用できるオンラインカジノが少ない

現時点でJBANQに対応しているのはワイルドジャングルカジノのみで、ほかのオンラインカジノの入出金手段に利用することができません。
ワイルドジャングルカジノ自体も大手とはいえないカジノなので、JBANQに登録したとしても、活躍する機会がない可能性があります。

 

まとめ

JBANQは、日本語に対応する電子決済サービスで、ワイルドジャングルカジノの入出金手段として利用することが可能です。
メリットとなるのは手数料の安さであり、出金する金額に関わらず、日本円で200円の手数料を支払うだけで出金ができます。

 

登録が短時間で完了することや、24時間の日本語サポートを受けられることもメリットですが、利用できるオンラインカジノが1つしかないことがデメリットです。
JBANQは使い勝手のよい電子決済サービスであることは事実ですが、より利便性の高い電子決済サービスを選びたい場合は、エコペイズやアイウォレットなどに登録することをオススメします。