Temple Tumbleの魅力は選べるフリースピン!高配当の狙い方や遊び方を徹底解説

「一獲千金を目指したいけれど、宝くじのような確率になるジャックポットは避けたい」という方にとって、ボラティリティの高さが売りの「Temple Tumble」は狙い目となるスロットです。
このゲームの特徴は、ボーナスゲームの爆発力がとても高いことで、運がよければジャックポットにも引けを取らないメガウィンを獲得することができます。

 

寺院を舞台とするなど特殊な雰囲気も備えているTemple Tumbleには、どのような特徴があるのでしょうか。
この記事では、Temple Tumbleのデモプレイの様子も交えながら、基本ルールや遊び方、ボーナスの内容などを詳しくご紹介します。

 

Temple Tumbleはどんなゲーム?

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

Temple Tumbleは、Relax Gaming社によって開発・配信されているオンラインカジノ専用のスロットマシンです。
舞台となるのは、タイトルからも想像が付くとおり寺院であり、「テンプルテンブル」という韻を踏んだネーミングが特徴といえます。
さっそく、ゲームのオープニング画面を見てみましょう。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

アジア圏、とくに中国をイメージしたスロットは多いのですが、ここまでハッキリと宗教色を出しているゲームは珍しいですね。
Temple Tumbleの概要は、以下のとおりです。

 

ソフトウェアプロバイダ

Relax Gaming社

リール数

6×6

ペイライン数

最大46,656通り

RTP(還元率)

96.25%

ベット可能額

0.20ドル~100ドル/1スピン

 

RTPはごく一般的で、プレイヤーにとって特段有利な設定ではありません。

ボラティリティの高さを売りにしているゲームなので、ボーナスの爆発に期待することが基本となります。

 

Big Time Gaming社のメガウェイズを採用している

Temple Tumbleの概要で気になる点といえば、最大46,656通りのペイラインですよね。
このペイラインの多さは、メガウェイズ(Megaways)を採用することで成り立っています。

 

Relax Gaming社が、メガウェイズの権利をもつBig Time Gaming社とライセンス契約を結ぶことにより、Temple Tumbleへのメガウェイズ搭載を実現させました。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

メガウェイズは、左端から各リールへ順番に3つ以上シンボルが並ぶと当たりになるという特殊な形式を示す言葉です。
シンボルが横並びや縦並びにならなくても当たりを生み出せるため、46,656通りという驚愕のペイライン数を誕生させられます。

 

具体的な当たりのパターンなどは、この後の項目で画像を交えながら解説していきますね。

 

Temple Tumbleの基本ルールや賭け方を解説

まずはTemple Tumbleはどのように楽しむのか、お金の賭け方も含めながら解説します。
はじめにシンボルの種類と、それぞれの配当を見てみましょう。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

高配当シンボルは、以上の3つです。
ワイルドは最上段のシンボルですが、揃ったとしても配当は付きません。
Temple Tumbleにはシキャッターがないため、ワイルドはすべてのシンボルの代用になります。

 

以下が中~低配当シンボルです。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

宝石とアルファベットですね。
アルファベットに関しては配当に差がなく、一律の金額が勝利金として支払われます。

 

Temple Tumbleにベットする方法

まずは、ベット額の設定方法についてご説明しましょう。
ベット額は、トップ画面の右側に表示されている1ドルが重なったマークをクリックすると設定できます。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

0.20~100ドルまでのスピンを行えます。
Temple TumbleはとくにRTPが高くなく、通常プレイ中にコツコツ回収するタイプのゲームではありません。
ボーナスの少ないチャンスを狙ってビッグウィンを目指すゲームなので、1ドル程度の少額を選ぶことがオススメです。

 

ベット額の設定を終えたら、再びトップ画面に戻りましょう。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

画面右側にある大きな「←→」マークをクリックすると、スピンがはじまります。
そのまま結果を待ちましょう!

 

Temple Tumbleでオートプレイを設定する方法

とくに1スピンにかける金額が少額な場合は、短時間で数百回以上のスピンを行うという方が多いかもしれません。
そんなときに便利なのが、回数をセットしておくだけで自動的にスピンさせることができる「オートプレイ」の設定です。
オートプレイは、トップ画面の「▷」ボタンをクリックすると詳細の決定ができます。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

回数は10回~無限大まで決められますが、予算を使い過ぎないように、500回程度に抑えておくといいでしょう。

 

もしも数百回以上のオートプレイを行うならば、損失額に制限をかけることがオススメです。
たとえば「損失制限」を「100ドル」にしておくと、スタート時点と比較した損失額が100ドルを上回った段階で、オートプレイが止まります。
同じように、一定の儲けが出るとストップできる「賞金制限」も設定できるので、具体的な目標額がある場合はセットしておきましょう。

 

オートプレイの回数や制限の設定が完了したら、画面下の「▷」をクリックすると、オートプレイがはじまります。

 

Temple Tumbleの通常プレイの内容を解説

ここからは、ベラジョンカジノのデモプレイを活用しながら、Temple Tumbleを実際にプレイした様子を、画像を交えて詳しくお伝えします。
まずは通常プレイの内容について、メガウェイズに関する基本情報とあわせて確認しておきましょう。

 

通常プレイでは、シンボルを3つ以上連鎖させて、配当を回収していきます。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

特徴的なのは、メガウェイズ形式を採用していることです。
上の画面では、1番左側のリールの4~6段目、2番目のリールの1段目、3番目のリールの3段目がペイラインを成立させています。

 

一般的なスロットの場合、並び順は必ずほかの同一シンボルと隣り合わなければなりません。
ところがメガウェイズを採用しているTemple Tumbleなら、この画像のように、シンボル同士が離れていてもペイラインが成立します。
一瞬ハズレに見えたとしても当たりになることがありますから、最後まで目が離せません!

 

ペイラインが成立したシンボルは破壊される

ペイラインが成立すると、そのシンボルはすべて破壊されます。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

既存のシンボルは下に落下し、その上から新しいシンボルが落下するというシステムです。
このような、いわゆる「連鎖機能」が備わっていることも、Temple Tumbleの特徴になっています
さらに独自のシステムとなっているのが、破壊したシンボルの隣の石碑が開くことです。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

上の画面では、消去されたシンボルに隣り合っている石碑に、ヒビが入っていることがわかります。
次の瞬間に石碑はバラバラに砕けて空欄になり、そこに新しいシンボルが落ちるというわけです。
石碑が減れば減るほどリール上に登場するシンボルが増えるので、連鎖の連発に期待できます!

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

状況次第では、通常プレイ中にもビッグウィンを実現させることが可能です。

 

Temple Tumbleのボーナスゲームの内容を解説

続いて、Temple Tumbleのボーナスゲームについてご紹介し、内容を解説します。
まずは、ボーナスゲームの発生条件を整理します。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

ボーナスを発生させる方法はたったひとつで、「画面上の石碑をすべて破壊すること」です。
シンボルを全消去させるのではなく、石碑を完全に消去できれば、ボーナスゲームに移行できます。
上の画面を見るとわかりますが、画面のどこにも石碑が残っていません。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

寺院の扉が開いて奥へ進むと、ボーナスゲーム専用の画面に移ります。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

フリースピンは3種類の中から、自分の好きなものを選べます。
それぞれ特徴が異なるので、ここから種類別により詳しく解説します。

 

赤いフリースピン

画面左側にある赤いフリースピンは、マルチプライヤーに特化したボーナスゲームです。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

フリースピン中にマルチプライヤーが登場し、マルチプライヤーを絡めたペイラインを成立させると、そこに書かれている倍率の分だけ配当が上がります。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

一番左側や右側の再上段にあるような、十字のマークがついたオレンジ色のシンボルがマルチプライヤーです。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

マルチプライヤーに隣り合うシンボルを消去すると、マルチプライヤーが裏返って倍率が表示されます。
上の画面の場合は、「×2」でした。
このマルチプライヤーは、画面左端にある「マルチプライヤー」に追加されます。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

フリースピン中に全消しを達成すると、3スピンが追加されます。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

このボーナスゲームでは754.50ドルが当たり、ビッグウィンとなりました!

 

青いフリースピン

ボーナス選択画面の右側にある青いフリースピンは、追加のスピンに特化したボーナスです。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

リールの中に追加スピンのシンボルが現れ、それに隣り合ったシンボルを消去すると、表示された通りの回数のスピンが追加されます。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

一番左側のリール最下段にあるような、水色のマークが追加スピンのシンボルです。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

このスピンでは2つの追加スピンを消去でき、+2と+3の合計数5回分のフリースピンが追加されました。
消去を繰り返すことができれば、40回、50回とフリースピンの回数が増えていきます!

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

最終的には、333.00ドルの配当が手に入っています。
ベット額は10ドルなので、約33倍のリターンという結果です。

 

中央のフリースピン

最後に中央部分にあるフリースピンは、追加スピンとマルチプライヤーの両方が登場するボーナスです。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

バランス重視の方にとって、魅力的な選択肢ですね。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

この画面を見るとわかるように、マルチプライヤーと追加スピンのシンボルが混在しています。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

311.50ドルの獲得という結果でした。
ボラティリティの高さを考えれば、もう少しいい結果に期待したいところですね。

 

どのフリースピンを選ぶとお得?

どのフリースピンを選ぶかは、それぞれの好みによって考え方が変わります。
それぞれのフリースピンの特徴は、以下のとおりです。

 

種類

タイプ

特徴

左側

攻撃型

・ボラティリティがもっとも高い

・連鎖した場合の爆発力に期待できる

・連鎖しなかった場合に配当がほとんど手に入らない

中央

バランス

・ボラティリティは3つのボーナスの中で中間

・連鎖による爆発とフリースピンの機会増加という両方に期待できる

・稼げる金額が高額になりにくい

右側

安全型

・ボラティリティがもっとも低い

・フリースピンの回数が増えやすく、細かな利益を稼ぎやすい

・マルチプライヤーが出現せず大金を獲得しにくい

 

一発逆転を狙うなら左側、コツコツと稼ぐなら右側のボーナスを選ぶといいでしょう。

 

Temple Tumbleを楽しめるオンラインカジノは?

 

Temple Tumbleは、多くのカジノサイトで配信されている人気ゲームです。
主なプレイ可能サイトは、以下のようになります。

 

 

この中からプレイするサイトを選ぶ際は、「ベラジョンカジノ」がオススメです。
ベラジョンカジノでは、初回入金によるボーナスを獲得することができます。
ボーナスを使って有利にTemple Tumbleを楽しんで、ビッグウィンを目指しましょう!

 

まとめ

寺院を舞台とするTemple Tumbleは、メガウェイズ形式を採用したスロットマシンで、ボーナス突入時に配当を稼ぎやすいことが特徴の人気ゲームです。
ボーナスは3種類の中からタイプの異なるものを自由に選べるので、プレイヤーの理想を当てはめながら遊ぶことができます。

 

今回のデモプレイを活用した実験では、もっともボラティリティの高いボーナスを選び、ベット額の約75倍以上という高配当をゲットできました!
連鎖が続けばさらに高倍率の配当が手に入ることは間違いないので、まずはベラジョンカジノのデモプレイを使って、ゲームの雰囲気を掴んでみましょう。