【最新】ベラジョンカジノの違法性を徹底解剖!日本の法律に触れる?

ベラジョンカジノは10年以上運営を続けており、多くのカジノユーザーから利用されている、人気のオンラインカジノです。

最近は政府からのオンラインカジノへの目線が厳しくなっており、改めてベラジョンカジノは本当に安全なのか疑問を持つ方がいるのではないでしょうか。

この記事ではベラジョンカジノに違法性がない理由と日本の「賭博罪」の詳細、過去に「賭博罪」で逮捕された事例について解説していきます。

この記事を読むことで、ベラジョンカジノは安全なオンラインカジノであり、安心して遊べることがわかるでしょう。

この記事を読むことでわかること

  • ベラジョンカジノが安全な理由がわかる
  • 安全なカジノを見分ける方法がわかる
  • 日本における「賭博罪」の詳細と逮捕事例がわかる

違法性はあるの?ベラジョンカジノが安全な4つ理由

出典:ベラジョンカジノ公式サイト

ベラジョンカジノには違法性があるのでしょうか?

結論、ベラジョンカジノには違法性はなく、その理由は以下の4つです。

  • ①国外にサーバーがあるので、法律の適用外になるから
  • ②国が発行する正式なライセンスを所持しているから
  • ③登記した会社が運営しているから
  • ④ベラジョンカジノ自体の実績が強いから

ベラジョンカジノは違法性のない安全なオンラインカジノなので、安心してプレイしましょう。

①国外にサーバーがあるので、法律の適用外になるから

日本が持つ賭博行為に関する法律、「賭博罪」は国内にサーバーや拠点がある場合に適用されるため、サーバーと拠点を海外に持つベラジョンカジノは法律の適用外になります。

そのため、日本国内でベラジョンカジノをプレイしても法律に触れることはありません。

カジノで例えると、あなたがラオスにあるカジノを現地に行って遊んだあと、日本に帰国すると「賭博罪」で逮捕されるでしょうか。

ラオスでは賭博行為が合法化されているため、合法化された地域でカジノをプレイした以上、罪に問われることはないのです。

ベラジョンカジノの拠点も賭博行為が合法化されている地域で運営しているため、違法の心配はありません。

そのため、ベラジョンカジノで遊ぶこと自体は賭博行為でも、賭博行為が合法化された国外の地域で拠点やサーバーを構えているので、罪に問われることなく安心して遊べます。

②国が発行する正式なライセンスを所持しているから

ベラジョンカジノはオランダの離島にある小さな島、「キュラソー島」というカジノが活発な国が発行する、「キュラソーライセンス」を所持しています。

キュラソーライセンスは1996年から発行を開始する、歴史の古いライセンスとなっており、多くのゲーミング企業からの信頼を獲得しています。

キュラソーライセンスはインターカジノやカジ旅の他、ミスティーノやライブカジノハウスといった有名なオンラインカジノの多くが所持しており、信頼性は高いです。

キュラソーライセンスは一度獲得した後も、監査が続くため、維持するために常に安全なカジノであることを証明し続ける必要があります。

そんな国が発行する正式なライセンスを所持しているベラジョンカジノは安全だといえるでしょう。

③登記した会社が運営しているから

ベラジョンカジノは運営会社が登記されており、正式に国に認められた会社として運営しています。

運営会社はオランダ領のキュラソー島に拠点を構えており、会社として登録されている正式な企業です。

ベラジョンカジノの運営会社の詳細は以下の通りです。

運営会社Breck Curacao B.V.
商標登録番号149132
会社の種別有限責任会社
管轄キュラソー
登録住所Julianaplein 36 Curacao

④ベラジョンカジノ自体の実績が強いから

ベラジョンカジノは2010年に運営を開始しており、現在まで10年以上サービスを提供し続けています。

ユーザーを奪い合おうと多くのオンラインカジノが競合し、脱落者が続出する中でベラジョンカジノは今なお多くのカジノユーザーからの信頼を獲得しています。

長期間運営を続けられるのは、企業体力が高いのはもちろんですが、これまでにユーザーの信頼を損なう不祥事が起きなかったことが大きいです。

一度でも不祥事を起こすと信頼は底に落ち、利用者は激減してしまうものです。

そんな不祥事を起こすことなく、質の良いサービスと安全性をカジノユーザーに提供し続けているベラジョンカジノは、安全性が高く信頼できるオンラインカジノだといえるでしょう。

日本の法律「賭博罪」とは?

日本の賭博罪は以下3つの種類があります。

  1. 単純賭博罪…一度でも違法賭博行為を行った場合、「50万円以下の罰金か前科となる」
    違法パチンコ店や賭博場を利用した場合に罪が問われる。
    軽微な犯罪行為であれば、逮捕されず罰金の支払いだけで済む場合もある。

  2. 常習賭博罪…常習的に違法賭博に手を出していた場合に適用され、「3年以下の懲役」という重い罪に問われる。
    特に違法賭博の主犯格であったり、暴力団関係の賭博行為だった場合はさらに重い罪となることがあります。

  3. 賭博開帳図利罪…自身で違法賭博場を開き、他者を集めて利益を得ようとした場合に適用され、「3年以上5年以下の懲役」に課せられます。

違法賭博をしている場所は警察がマークしていることが多く、捜査を決行することで現行犯を逮捕し、罪に問われることになります。

違法行為となる賭博行為をして罪に問われることのないよう、きちんと合法であることを確認してから賭博行為を行ってください。

政治家からのオンラインカジノに関するコメント

オンラインカジノに関して、さまざまな政治家が意見を発表しており、その中で有名な政治家のコメントを見ていきましょう。

岸田内閣総理大臣…

ギャンブル等依存症対策推進基本計画の性質そのものが、そもそも合法的なギャンブル等における関係事業者による依存症対策の取り組みを中心に記述しており、オンラインカジノは違法であり、違法なギャンブル等については、取り締まりの強化のみを記述しているのが基本計画の有り様だと思っている

引用:2022年6月1日衆院予算委員会より

この答弁は山岸議員より、オンラインカジノに関する相談件数が2014年から2020年にかけて、100件から500件へと増加しており、現在国内の合法化されている賭博行為よりもオンラインカジノ利用者の方が多いのではないかという質問に関する答弁の1つです。

オンラインカジノは違法であり、今後依存症への対策や違法賭博への取り締まりの強化が重要というのが、岸田内閣総理大臣の意見でした。

安倍元内閣総理大臣…

2020年、衆議院議員である丸山穂高氏の質問への答弁となります。

一 政府において「オンラインカジノ」の定義はしているか。回答されたい。

二 政府は過去の質問主意書に対する答弁書において、インターネットのオンラインカジノで賭博行為を行った場合、「一般論としては、賭博行為の一部が日本国内において行われた場合、刑法(明治四十年法律第四十五号)第百八十五条の賭博罪が成立することがあるものと考えられ、また、賭博場開張行為の一部が日本国内において行われた場合、同法第百八十六条第二項の賭博開張図利罪が成立することがあるものと考えられる」と回答している。

 日本国内からアクセスし、賭博行為の一部を日本国内において行うことが可能なオンラインカジノのサイトについて、政府はその実態を把握しているか。把握している場合、該当するオンラインカジノの総数、利用者数及びこれまで摘発した件数等、その把握している内容を伺いたい。また、それらに対する取り締まり体制はどのようになっているのか、具体的に回答されたい。

三 海外で開設された無店舗型オンラインカジノで賭博したとして平成二十八年三月十日に京都府警察は単純賭博容疑で三人を逮捕したと報じられている。検察はそのうちの二人については略式起訴としたが、略式手続を受け入れず正式裁判で争う姿勢を見せた一人については不起訴処分としたと報じられている。

 本件でこの一人が不起訴処分となった理由は何か、具体的に回答されたい。また、不起訴処分となった者がオンラインカジノで利益を出していた場合、その所得は雑所得として税務申告の義務があると考えられるが、本件における税務申告はあったか。回答されたい。

四 オンラインカジノの提供者は、現行法の賭博罪は必要的共犯とされており、賭博が合法な国からインターネットにより提供されるオンラインカジノのサービスはそもそも犯罪を構成しないという宣伝をして、プレーヤーを誘い込んでいる。このような宣伝を否定し、オンラインカジノについては賭博罪が成立することがあることを広報するなど、政府として適切な措置を講ずるべきではないか。前記答弁書においては、「御指摘のような観点からの広報については、今後の社会情勢等を踏まえ、慎重に検討してまいりたい」としているが、その後の検討状況はどのようになっているのか、併せて回答されたい。

五 刑法の賭博罪は、明治四十年に制定され、インターネットが存在しなかった時代の法規範となっている。インターネット利用を想定した現在の実態に合わせた新たな法律を定める必要があると考える。政府の見解は如何なるものか、回答されたい。

六 世界各国においてはオンラインカジノを合法化し財源にしている国も多数ある。今後、我が国においてオンラインカジノの合法化の検討を行うことはあり得るのか、政府の見解を問う。

引用:衆議院質問答弁情報

以下、安倍元内閣総理大臣の答弁です。

一について

 御指摘の「オンラインカジノ」については、政府として確立した定義を有していない。

二について

 ウェブサイトを利用した賭博事犯については、都道府県警察において、必要な体制を整備して実態の把握に努め、取締りを行っているところ、平成三十年中の検挙件数として警察庁が都道府県警察から報告を受けたものは十三件である。

三について

 御指摘の三人に対する事件については、京都区検察庁において、いずれも、賭博罪により公訴を提起して略式命令を請求し、京都簡易裁判所により、罰金二十万円又は罰金三十万円の略式命令が発せられたものと承知している。

四について

 御指摘のような観点からの広報については、引き続き、社会情勢等を踏まえ、慎重に検討してまいりたい。

五及び六について

 御指摘の「インターネット利用を想定した現在の実態に合わせた新たな法律」及び「オンラインカジノの合法化」の意味するところが必ずしも明らかではないが、いずれにしても、現時点で、政府として、刑法(明治四十年法律第四十五号)第百八十五条の賭博罪等の規定を改正することは検討していない。

引用:衆議院質問答弁情報

答弁の内容を簡単に説明すると、

政府はオンラインカジノについて確立した定義はなく、現在はオンラインカジノに関する法律を改訂する検討はない。

ということです。

現在は岸田内閣総理大臣がオンラインカジノを違法と答弁したことで、今後よりオンラインカジノへの目は厳しくなることが予想されます。

オンラインカジノへの法整備も考えられ、もしオンラインカジノも違法となれば逮捕されるリスクがあることを留意しておきましょう。

「賭博罪」はベラジョンカジノに適用されるのか

質問

ベラジョンカジノで遊ぶことは、賭博罪に適用されません。

賭博罪が適用されるのは国内で拠点を構えていたり、サーバーが国内にある場合で、拠点とサーバーが賭博が合法化されている地域にあるベラジョンカジノを遊ぶ行為は、海外でカジノをプレイしていると見なされるからです。

ただし日本国内にある実店舗が、ベラジョンカジノのゲームを提供している場合は要注意です。

なぜかというと店舗が提供するインターネットカジノをプレイすることは、違法であり賭博罪となって逮捕されます。

ベラジョンカジノを遊ぶならご自身のスマホやPCで登録したアカウントからで、店舗が提供するインターネットカジノには絶対に手を出さないようにしてください。

過去に発生したオンラインカジノの逮捕事例を紹介

これまでに賭博罪に当たる罪を犯して逮捕された、オンラインカジノの事件が発生しています。

ここではオンラインカジノの逮捕事例を以下の3つ紹介していきます。

  • ①店内で賭博をしていたインカジが摘発
  • ②スマートライブカジノ事件
  • ③ドリームカジノ事件

これらの事件と似たことをしていないか確かめ、賭博罪で捕まらないように注意しましょう。

①店内で賭博をしていたインカジが摘発

「裏カジノ」や「闇カジノ」と呼ばれるインターネットカジノ、略してインカジは日本国内の店舗に設置したPCからオンラインカジノに接続し、利用したプレイヤーの勝敗に応じて賞金を支払うシステムです。

海外に拠点とサーバーを構えるオンラインカジノであっても、店舗側で直接お金を支払う行為は違法となっています。

ニュースで取り上げられることの多い違法賭博は、インカジによる違法賭博による逮捕が多く、経営者だけでなく実際に遊んでいたプレイヤーも逮捕されることがあります。

オンラインカジノ自体は合法であっても、店舗側が提供するオンラインカジノのゲームで遊ぶのは違法行為となるのでやめましょう。

違法行為とならないために、ご自身で登録したアカウントでオンラインカジノで遊ぶようにしてください。

②スマートライブカジノ事件

2016年3月10日に、スマートライブカジノを利用していた日本人プレイヤー3人が逮捕される「スマートライブ事件」が発生しました。

逮捕された理由は、スマートライブカジノに日本人ディーラーが所属していたため、「日本でカジノで遊んでいるのと変わらない」と判断した警察が賭博罪として逮捕に踏み切りました。

結果として裁判で不起訴となったため、3人は処罰を受けていません。

他のオンラインカジノもスマートライブカジノ同様海外に拠点を構えていますが、日本人ディーラーが在籍しているところもあります。

この事件をきっかけに同じ理由で逮捕された事例はありませんが、海外のオンラインカジノであっても日本人が在籍するという理由で逮捕される可能性があることは覚えておきましょう。

③ドリームカジノ事件

2016年6月10日に、国内でオンラインカジノを運営して賭博行為を行ったとして、運営者5人が逮捕される、「ドリームカジノ事件」が発生しました。

ドリームカジノはサーバーをイギリスに設置し、拠点をオランダ領キュラソー島に構えてライセンスも取得済みとしていました。

しかし実態は大阪市内で運営をしており、賭博罪に当たる、国内での賭博行為を行っていたため、警察が運営者5人を逮捕しています。

ドリームカジノで遊んでいたプレイヤーは、警察から警告があっただけで、プレイヤーの逮捕者は出ていません。

オンラインカジノの中には、ドリームカジノのように情報を偽って運営する、危険なところもあるので、知名度の低いオンラインカジノで遊ぶ時は事前に情報を集めた上で遊ぶようにしましょう。

違法性のないオンラインカジノを見分ける方法3つ

ここでは利用するオンラインカジノに違法性がないかを見分けるための方法を、3つ紹介していきます。

  • ①運営先とサーバーが海外であること
  • ②信頼性のあるライセンスを保有していること
  • ③第三者機関による監査が定期的に入っているか

上記の方法に該当していないオンラインカジノは、違法性が高いオンラインカジノである可能性があり大変危険です。

必ず上記の方法に該当する安全なオンラインカジノで遊ぶようにしてください。

①運営先とサーバーが海外であること

オンラインカジノを運営している企業の運営先とサーバーが、海外にあることを確認してください。

また、運営先の地域がカジノを合法化しているかを確認することも重要です。

日本のようにカジノの運営が違法となる地域で運営しているオンラインカジノは、遊ばないようにしましょう。

また、上記の条件を満たしたオンラインカジノであっても、国内の店舗で提供しているカジノゲームは遊ばないでください。

例えば国内のパチンコ店の一部で提供していたり、ネットカフェの店内でインターネットカジノを提供している場合があります。

もし遊んでお金を換金すると、賭博罪となって逮捕されるので注意してください。

②信頼性のあるライセンスを保有していること

オンラインカジノを遊ぶ上で、どんなライセンスを保有しているかも、安全に遊ぶ上で大切な条件となります。

取得が厳しく人気の高いライセンスは以下になります。

ライセンス名取得している代表的なオンラインカジノ
マルタライセンスカジノシークレット


キュラソーライセンス

ベラジョンカジノ
ミスティーノ
カジ旅
カナワケライセンスJackpotCity

これらのライセンスは保有するまでの難易度が高く、保有していれば安全性の高いオンラインカジノという名誉を獲得可能です。

ベラジョンカジノはキュラソーライセンスを保有しているため、安全なオンラインカジノだといえるでしょう。

③第三者機関による監査が定期的に入っているか

オンラインカジノではライセンスの他、プレイヤーとの安全・公平性を保つために第三者機関からの監査を依頼していることがあります。

第三者機関は、オンラインカジノの運営やライセンスを発行する国や地域との繋がり、ゲームの公平性を第三者の立場で監査しており、この監査を突破したオンラインカジノはより安全だといえます。

オンラインカジノの中には、ゲームの確率を違法に操作して運営に有利な設定にする、違法行為を行うオンラインカジノが存在しており、見極めは困難です。

安心してカジノをプレイするためにも、eCOGRAやGameCare、TSTといった第三者機関による監査が入っているオンラインカジノを選んで遊ぶようにしましょう。

ベラジョンカジノの違法性についてよくある質問

質問のイメージ画像

ここではベラジョンカジノの違法性について、よくある質問を3つ紹介していきます。

  • ①不正が発生することはありませんか?
  • ②実際に遊んで入出金すると違法にならない?
  • ③オンラインカジノで遊ぶ以上、危険性は常にある?

①不正が発生することはありませんか?

ベラジョンカジノで不正が発生することはありません。

ベラジョンカジノは信頼性と人気ともに高いキュラソーライセンスを保有しており、安全・公平性の監査を常にクリアしています。

さらに10年以上の運営実績があり、不正を起こしたことがないため多くのカジノユーザーからの信頼を獲得しているのも特徴です。

「最後にはベラジョンに帰ってくる」という言葉も生まれており、どのオンラインカジノよりも信頼されていることがわかりますね。

②実際に遊んで入出金すると違法にならない?

合法なオンラインカジノで入出金すること自体が違法になることはありません。

ただしオンラインカジノで多額の利益を出した場合は、確定申告を申請する必要があります。

1年で50万円以上の利益を出した場合は確定申告をすることが義務化されています。

もし確定申告を怠った場合は脱税として財務省に目をつけられてしまい、逮捕される可能性があるので注意してください。

③オンラインカジノで遊ぶ以上、危険性は常にある?

ベラジョンカジノで遊ぶ上で、現状危険性はありません。

ただしベラジョンカジノ以外のオンラインカジノもすべて安全というわけではなく、安全かどうかを見極める必要があります。

また、この先オンラインカジノへの規制が政府主導で厳しくなる可能性も十分あり、オンラインカジノへの規制が入ってくる可能性があるため、いつまでも安全というわけではなさそうです。

違法なオンラインカジノには手を出さずベラジョンカジノで遊ぼう!

ベラジョンカジノは賭博が合法な地域に拠点とサーバーを構え、信頼性の高いキュラソーライセンスを所持しているため、安全なオンラインカジノだといえます。

第三者機関によるゲームの公平性の監査もされているため、不正にあう心配もありません。

ご自身の登録したアカウントでカジノをプレイすれば問題ありませんが、国内の店舗が提供するオンラインカジノで遊び、その場でお金を受け取ると賭博罪となるので、法律を守ってカジノゲームを楽しむようにしましょう。

おすすめのオンラインカジノ
ベラジョン
Vera&John
ベラジョン
業界最大手のオンラインカジノ!入金不要ボーナス30ドル配付中
カジノシークレット
CASINO SECRET
カジノシークレット
初めてなら負けてもお金が返ってくる!初回キャッシュバックボーナス配布!
ミスティーノ
Mystino
ミスティーノ
現金ボーナス10ドルを配付中!出金上限は1倍!!