コンテンツ

オンラインカジノで勝利金を得たら課税対象!確定申告の方法とは?

オンラインカジノで、数十万円から数百万円の勝利金を手にしている方も多いのではないでしょうか?
そこで気になるのが、「オンラインカジノの勝利金は課税対象になるのか?」ということですね。

 

結論からいいますと、オンラインカジノで得た勝利金は、課税対象になります
ですから、 一定額以上の勝利金を得た場合は、確定申告が義務付けられているのです。

 

確定申告にあたって、「カジノの勝利金は何の課税対象にあたるの?」「税金計算が面倒だ」「確定申告ってどうやるの?」など、多くの疑問がわいてくるかもしれません。

 

そこで、この記事では、その疑問にひとつ一つお答えしていきます。
オンラインカジノで結構稼いでいるという方は、ぜひ参考にしてください!

 

オンラインカジノの勝利金は課税対象!

 

オンラインカジノで得た勝利金は、課税対象です。
そのため、一定以上の勝利金を得たら、確定申告をしなければなりません。

 

ここでは、オンラインカジノの勝利金はどの課税対象になるのか、勝利金はどう計算したらよいのか、いくら以上だと確定申告が必要なのかをご説明します。

 

オンラインカジノの勝利金は「一時所得」に分類される

オンラインカジノで得た勝利金は 「一時所得」という収入に分類され、所得税の課税対象になります
この一時所得とは、一体なんなのでしょうか?
一時所得に分類されるのは、具体的には以下のようなものがあります。

 

  1. 懸賞や福引きの賞金
  2. 競馬やパチンコの勝ち金
  3. 保険の一時金や払戻金
  4. 法人から贈与された金品
  5. 落とし物などの報労金

 

オンラインカジノで得た勝利金は、上記の1と2にあたります。
このように、オンラインカジノの勝利金は一時所得に分類されるため、課税対象になってしまうのです。

 

また、一時所得には「特別控除額」の50万円が適用されますので、覚えておきましょう。
つまり、 1年間の勝利金から「特別控除額」の50万円を差し引いた額が、一時所得額になるということです。

 

 

一時所得額が70万円以下だと確定申告は不要

一時所得額が70万円以下の場合、確定申告は不要です。
70万円を超えた場合は、確定申告が必要になります

 

ですから、そこまでオンラインカジノで稼いでいないという方は、確定申告は不要なので安心してください。
微妙なラインだという方は、きちんと計算してみた方がよいでしょう。

 

ただし、一時所得額の計算方法は、若干特殊です。
1年間の勝利金から賭け金を引いた額から、さらに、「特別控除額」の50万円の金額を引くという単純な計算ではありません。
では、どう計算したらよいかを、詳しくご説明しましょう。

 

課税対象額の計算方法

どうやって課税対象額を計算すればよいかを、具体的に見てみましょう。
一時所得額が70万円を超えたら確定申告が必要ですが、その具体的な計算式は、以下のとおりです。

 

【一時所得額】=(1年間のうち勝った日の勝利金の合計)ー(1年間のうち勝った日の賭け金の合計)ー(特別控除額50万円)
【課税対象額】=【一時所得額】÷2

 

このようにして計算した課税対象額とほかの所得額を加算して、所得税を計算します。

 

ここで大事なのが、 1年間のうち勝った日の勝利金と賭け金の合計から、一時所得額を計算するということです。
ですが、言葉だけではうまくその意味が伝えづらいものがあります。
そのため、次の章で、一時所得額の計算方法について、具体的にシミュレーションしてご説明します

 

1年間の勝利金と賭け金のシミュレーション

計算式についてご説明しましたが、単純に1年間の勝利金合計から賭け金合計を引けばよいというわけではありません。
「勝った日の勝利金と賭け金」のみを計算することが重要です。
どういうことかを、具体的にシミュレーションしてみましょう。

 

たとえば、1年間に200万円の勝利金を得て、賭けに使ったお金は140万円だったとします。
このとき、単純に勝利金から賭け金を引いた計算式で計算してしまいそうになりますが、それは違います。
200万円ー140万円ー50万円(特別控除額)=10万円
となり、10万円が純粋な勝利金なので、70万円を超えず申告は不要と考えてしまいますが、これは 誤りです。

 

なぜかというと、 負けた日の賭け金は計算せず、勝って利益が出た日のみ計算するからです。
どういうことか、もっと細かく日々のオンラインカジノの収支を見てみましょう。

 

1年間に、以下のようにオンラインカジノの収支を得たとします。

 

日にち

賭け金

収支

1月11日

20万円

+40万円

3月5日

20万円

+40万円

5月24日

20万円

+40万円

8月30日

20万円

ー40万円

10月5日

20万円

+40万円

11月8日

20万円

+40万円

12月20日

20万円

+40万円

年間合計

140万円

+200万円

 

この表の年間合計にある賭け金と勝利金の合計の計算は、正しくありません。
収支がマイナスになって負けてしまった8月30日は、勝利金を得ていないので、計算に含まないのが正しいです。
一時所得額の計算は、以下の表のとおりです。

 

日にち

賭け金

収支

1月11日

20万円

+40万円

3月5日

20万円

+40万円

5月24日

20万円

+40万円

10月5日

20万円

+40万円

11月8日

20万円

+40万円

12月20日

20万円

+40万円

年間合計

120万円

+240万円

 

負けた8月30日は対象外となり、1年間で120万円賭け、240万円の勝利金を得たので、
240万円ー120万円ー50万円(特別控除額)=70万円
が、勝利金を計算する計算式となります。
その結果、一時所得額が70万円を超えたので、確定申告の対象となりました。

 

カジノの勝利金を計算する際には、負けた日の賭け金は計算せず、勝って利益が出た日のみ計算するということを、覚えておきましょう。

 

また、上記のように勝って利益を得た日の勝利金と賭け金のみを計算する必要があるので、日ごとの収支をつけておく必要があります。

 

ただし、オンラインカジノなら、銀行や電子決済サービス、オンラインカジノの明細などに記録してあるので、記録の保存に関しては問題ないでしょう。
このような オンラインカジノの収支記録は、確定申告の際に必ず必要になるので、しっかりと保管しておきましょう。

 

パチンコやスロット、競馬も課税対象

 

オンラインカジノで得た勝利金は「一時所得」にあたるため、課税対象になるとご説明しました。
では、「パチンコやスロット、競馬などのほかのギャンブルで得た勝利金も、課税対象になるのでは?」という疑問が、当然浮かぶと思います。

 

パチンコや競馬などで得た勝利金も、オンラインカジノと同様に課税対象になります。
ですが、パチンコや競馬で勝ったお金を確定申告している人など、見たことがありませんよね。
なぜ、ほかのギャンブルをしている人は、確定申告しなくてもよいのでしょうか?

 

厳密にいうと、ほかのギャンブルでは申告しなくてもよいわけではなく、本当はみんな確定申告をしなければなりません。
いい方は悪いですが、ほかのギャンブルをしている人たちは、課税を免れているということになります。

 

なぜほかのギャンブルは免れているのかというと、勝利金や賭け金の記録がないからです
パチンコや競馬で勝ったとしても、賭け金は現金で支払い、勝利金にすぐに換金してしまいます。

 

つまり、勝利金をいくら得たという記録がまったく残らないのです。
ですから、税務署としては、勝利金を得た証拠がないので、課税を求めることができません。

 

ところが、オンラインカジノでは、 オンライン上で賭け金や勝利金がやり取りされ、銀行を通してしっかり記録されます。
税務署は、銀行の明細記録を調べようとすれば調べられます
そのため、 勝利金を得た証拠が残ってしまうので、確定申告をした方がよいというわけです。

 

同じ課税対象なのにずるい気もしますが、ギャンブルのシステムが違うので、仕方がありませんね。

 

 

確定申告の方法

 

では、具体的にどうやって確定申告をすればよいのでしょうか?
その方法について、ご説明します。

 

確定申告の時期とは

確定申告は、1年ごとに行います。
その年の、1月1日から12月31日までの収支について、報告します。
確定申告の期間は、翌年の2月16日~3月15日までです。

 

たとえば、2019年1月1日から12月31日までの分を申告するのは、翌年の2020年2月16日から3月15日までの期間です。

 

ただし、毎年確定申告の期間は、税務署が大変混雑します。
ですから、慣れないうちは、1月頃からあらかじめ税務署に申告内容を確認し、申告期間になったら提出するだけにしておくとよいでしょう。
また、 国税庁のサイトからe-TAXを使えるようにしておけば、いつでもすぐに提出できます

 

申告内容の説明やe-TAXの使い方などは、税務署に行けば親切に教えてくれます。
税務署が混雑しないうちに、質問や申請書の内容確認を済ませておくことをオススメします

 

必要な書類

確定申告に必要な書類は、以下のとおりです。

 

  • 源泉徴収票(企業勤めの場合、年末年始頃に企業からもらう)
  • 支払調書(年末年始頃に、オンラインカジノ側からもらう)
  • 経費の領収書(所得が300万円以下の場合は不要

 

支払調書は、自分でエクセルなどで作った書類でもOKです。

 

会社にばれないように申告するためには

 

確定申告をすると、勤めている会社に税務署から申告内容の連絡が行き、オンラインカジノで稼いでいることがばれてしまう可能性があります。
とくに、副業禁止の会社の場合は、まずいことになりますよね。
しかし、確定申告の方法に注意すれば、会社にばれずに済みます。

 

確定申告書の2面にある、 「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」という欄の、「自分で納付」の欄に〇をしましょう
「給与から差引き」に〇をすると会社に連絡が行ってしまいますが、「自分で納付」に〇をすれば普通徴収になり、住民税徴収票が自宅に届きます
そして、こっそり自分で納税すれば、会社にばれません。

 

ただし、それでも確実とはいいきれません。
自分で納付することになっているか、役所に確認するのがオススメです。

 

まとめ

オンラインカジノで1年間に70万円以上の一時所得を得ると、確定申告が必要になります。
勝利金の計算方法は、負けた日の賭け金とマイナス収支は計算しないので注意が必要です。

 

正確に確定申告をするためには、常にオンラインカジノの収支を確認し、確定申告が必要なのかを確認しておきましょう。
そして、70万円を超えそうな場合は、必ず確定申告を行ってくださいね。

「オンラインカジノTV」へようこそ!
オンラインカジノTVは、日本人プレイヤーの方にオンラインカジノの始め方、おすすめカジノ、攻略法などをお届けする情報発信サイトです。
初心者の方向けの基礎知識から、オンラインカジノでどんどん稼いでいきたいハイローラー向けの攻略法まで、幅広く情報をお伝えしていきます。

オンラインカジノは、信頼性のあるライセンスを取得している海外運営のカジノであれば合法的にプレイできます。
もちろん、当サイトで紹介しているすべてのカジノサイトや攻略法は、安全にプレイできることを確認済みです。
ぜひご安心いただき、ガッツリ遊んでガッツリ稼ぐ、充実したカジノライフを楽しんでくださいね!