eスポーツとは?使われている種目や注目される理由、オンラインカジノとの関連性をご紹介

長く愛されてきたテレビゲームですが、あくまでも娯楽の一種であり、いくら上手でも、ゲームでお金を稼ぐことなどできないというのがこれまでの常識でした。
しかし最近では、テレビゲームをスポーツとして捉える動きが加速しており、eスポーツとして、IOCが国際大会を開くほどの一大ムーブメントになっています。

 

また、eスポーツはカジノとの関連性も深く、eスポーツにリアルマネーを賭けられるオンラインカジノが登場していることも見逃せません。

 

今回は、eスポーツで使われている種目や、eスポーツが注目されている理由、そしてオンラインカジノとの関連性について詳しく解説します。

 

eスポーツとは

 

eスポーツは「electronic sports」の略称で、パソコンゲームやスマホゲーム、プレイステーションなどのゲームをスポーツとして競技化させたものです。

 

オンライン対戦ができるゲームは10年以上前から存在していますが、いくら上手くてもあくまでも「ゲームが上手い」というだけで、一般のプレイヤーがお金を稼ぐことはできませんでした。
しかしeスポーツの誕生により、世界中で大規模な大会が開かれることになり、賞金を賭けてゲームで戦うプロのゲーマーが続々と誕生しています。

 

eスポーツとは一体どのようなものなのか、競技人口などの概要をまとめたので、まずは詳細を見ていきましょう。

 

プロスポーツ団体がゲーマーをプロとして採用している

近年では、プロスポーツクラブを運営する団体がeスポーツのプレイヤーをプロとして採用し、専属契約を結ぶ機会が増えてきました。
たとえばプロ野球では、各球団がゲーマーをプロとして採用するための「eドラフト会議」を開き、プロ野球選手のドラフトさながらに、指名合戦が繰り広げられています。

 

画像引用:コナミ野球esportsコンテンツ公式サイト

 

ここで指名された選手は各球団と専属契約を結び、「eBASEBALLパワフルプロ野球」を使用したeBASEBALL プロリーグ」に参加する選手として認められるのです。

 

Jリーグでも、これまでに1度もJ2に降格した経験がない名門クラブの鹿島アントラーズ横浜Fマリノスがeスポーツに参入しています。

 

画像引用:鹿島アントラーズeスポーツ公式サイト

 

鹿島アントラーズでは、人気サッカーゲーム「FIFA」の国際大会に出場した経験をもつWeb Nasri(ウェブ・ナスリ)選手と契約を結んでいます。

 

画像引用:横浜F・マリノス公式サイト

 

横浜Fマリノスには4人の所属選手がおり、「ウイニングイレブン」や「シャドウバース」の大会に、チームとして参加しています。
こういった有名クラブが専用のユニフォームを作り、eスポーツチームへのスポンサーを獲得していることからも、eスポーツがいかに注目されているかがわかりますね。

 

eスポーツ人口は約1億人

2021年4月現在、eスポーツ人口は約1億人いるという説もあり、観戦や視聴だけをする人を含めると、eスポーツ人口は約4億8千万人に達するともいわれています。
日本国内に限っても競技人口は約390万人とされ、世界と比べれば競技人口はまだ少ないものの、これからさらに競技人口を増やす可能性はじゅうぶんにありそうです。

 

eスポーツに関連する仕事

eスポーツはプレイヤー(ゲーマー)だけでなく、それに関連するさまざまな雇用を生み出す可能性を秘めています。
たとえば大会が開催されると会場の設営や運営、実況、解説といった仕事が生まれますし、ゲームの結果を伝えるライターも、仕事を得ることになるでしょう。
「たかがゲーム」といわれる時代はすでに終わり、これからはゲームが頭を使うスポーツの一種として、そして仕事としても認められる時代です。

 

eスポーツの優勝賞金は1億円を超えることもある

2020年10月の段階で、eスポーツの大会等によって支払われた賞金の合計額は、約8億7千万ドル(約92億円)に達しています。
優勝賞金が1億円を超える大会も珍しくなく、これまでの最高賞金は30億円以上だというのですから驚きです。

 

大坂なおみ選手が優勝したテニスの全豪オープンの優勝賞金は約2億2千万円、オリンピックで金メダルをとった日本人に支払われる報奨金が500万円であることを考えると、eスポーツの賞金は破格といえますね。

 

eスポーツがオリンピック種目になる?

IOC(国際オリンピック委員会)は、東京オリンピックにおける公式イベントのひとつとして、eスポーツの競技大会を実施することを発表しました。
気になる種目は、野球、自転車、ボート、セーリング、モータースポーツという5種目で、野球にはコナミの人気ゲーム「実況パワフルプロ野球2020」が使用されることが決まっています。

 

現時点でeスポーツがオリンピックの正式種目として採用されているわけではありませんが、あのIOCがeスポーツを認識し、重要視していることは間違いありません。
そう遠くない将来にeスポーツがオリンピックの種目として採用され、特別な身体能力をもたない人でも、オリンピック選手としてメダルを獲得するチャンスが訪れる可能性はありそうです。

 

主なeスポーツの種目紹介

現在、eスポーツの種目として取り扱われているゲームの種類をまとめました。
ジャンル別に代表的な作品を見てみましょう。

 

ジャンル

種類

主なタイトル

シューティング

・Tom Clancy’s Rainbow Six Siege

・フォートナイト

・荒野行動

格闘

・ストリートファイター

・鉄拳

・大乱闘スマッシュブラザーズ

スポーツ

野球、サッカー

・実況パワフルプロ野球

・ウイニングイレブン

・FIFA

レース

・グランツーリスモ

カード

・シャドウバース

・TEPPEN

パズル

・ぷよぷよ

 

普段からよく遊んでいるゲームや、小さい頃に遊んだことがあるゲームが、いくつか混ざっているかもしれません。
現在はこういったゲームで賞金を稼ぐこともできるので、腕に自信があるという方は、参戦してみてもいいですね。

 

eスポーツとカジノの関係とは

台頭するeスポーツに注目しているのはスポンサー企業やIOCだけではなく、オンラインカジノも含まれています。
ウィリアムヒルカジノなど一部のオンラインカジノでは、eスポーツの結果を予想して、リアルマネーを賭けることが可能です。
どのサイトがeスポーツに対応しているのか、どんなゲームに賭けられるのかなど、基本的な情報をこの項目にまとめました。

 

eスポーツに賭けられるオンラインカジノがある

ごく少数のサイトに限られますが、eスポーツにリアルマネーを賭けられるオンラインカジノが増えてきました。
2021年4月時点では、以下のサイトがeスポーツに対応しています。

 

  • ウィリアムヒルカジノ
  • ベットティルト
  • 10BetJapan
  • スポーツベットアイオー
  • NetBet

 

これらのオンラインカジノでは、実際に行われるeスポーツの大会や試合結果を予想して、お金を賭けることができます。
eスポーツにベットできるオンラインカジノをこのなかから選ぶなら、「ウィリアムヒルカジノ」がもっともオススメです。
ウィリアムヒルカジノは、スポーツベットに特化したオンラインカジノで、実際に行われる野球やサッカーの結果も賭けの対象にしているため、スポーツゲームが好きな方には最高のオンラインカジノですよ。

 

 

 

オンラインカジノで賭けられる代表的なeスポーツのタイトル

オンラインカジノで賭けられるeスポーツの種目は、現段階ではあまり多くありません。
現時点で賭けの対象になることが多い、代表的な3つのタイトルをご紹介します。

 

League of Legends

画像引用:ライアットゲームズ公式サイト

 

League of Legends」は、全世界で1億人というプレイヤー人口を抱えるMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)ゲームです。
「チャンピオン」と呼ばれる個性豊かなキャラクターを操作して、敵陣の建物を破壊しながら陣地をとり、制圧していくという内容になります。
このゲームだけで生計を立てているプレイヤーも多いといわれており、世界中で頻繁に大会が開催されていることでも有名です。

 

Counter-Strike:Global Offensive

画像引用:Steam

 

Counter-Strike:Global Offensive は、CS:GOという略称が使われることも多いゲームで、テロリストと対テロリストにわかれ、ミッションをこなしながら戦うゲームです。
プレイヤーの総人口は1,000万人に上るといわれていますが、操作難易度が非常に高く、プロになれるプレイヤーは、ほんの一握りに限られています。
こちらも世界大会の開催実績が多いゲームなので、ウィリアムヒルカジノなどにおいても、賭けのチャンスが多いことが特徴です。

 

World of thanks

画像引用:World of Tanks公式サイト

 

World of thanksは、戦車をテーマにしたMOBAゲームで、20世紀の歴史で実際に登場した戦車が600種類以上登場するため、リアリティが抜群です。
GOLDEN JOUSTICK AWARDなどの受賞歴が豊富で、単一サーバーにおける同時接続人数でギネス記録をもつことでも知られています。
15対15という大規模なチーム戦を展開して、相手チームの破壊や陣地占領といった目的を達成しながら勝利を目指すゲームです。

 

eスポーツへの賭け方は主に3種類

オンラインカジノでeスポーツに賭ける場合、賭け方は主に3種類です。
それぞれの特徴をご紹介しますので、自分に合っていそうな賭け方を見つけましょう。

 

試合結果を予想する

サッカーや野球などのスポーツベットと同じように、目の前で行われるeスポーツの試合結果や経過を予想するという賭け方です。
勝率の高いチームや選手ほどオッズが低く、なかなか勝てていないチームや選手ほどオッズが高いという点も、一般的なスポーツベットと変わりません。

 

注意すべきポイントとなるのは、プロとしての実績がまだ浅いプレイヤーや、初めて参加したチームの扱い方です。
初出場でいきなり上位進出するチーム・選手もいれば、下馬評は高いのに結果が出ないチーム・選手もいるため、ゲームがはじまる前に正確な実力を把握することが難しいことがeスポーツの特徴です。

 

大会の結果を予想する

試合そのものではなく、大会やリーグ全体の優勝者や入賞者を予想するという賭け方です。
過去の大会で優勝歴や入賞歴をもつプレイヤーは期待値が高く、オッズが低くなる傾向にあります。
eスポーツで上位に進出しやすいのは、韓国人・中国人プレイヤーなので、国籍を確認して、誰に賭けるか決めるという戦略をとってみてもいいでしょう。

 

ゲームの内容を予想する

1試合あたりの結果を予想するのではなく、そのゲームのなかで何が起こるのか、内容を予想するという賭け方です。
たとえばLeague of Legendsでは、どちらが先にタワーを倒すのかを予想できますし、ウイニングイレブンでは、どちらのチームが先に得点するのかを予想できます。
試合結果そのものの予想が外れたとしても予想を的中させられる賭け方なので、試合結果の予想と組み合わせてベットすることもオススメです。

 

まとめ

eスポーツは、ビデオゲームをスポーツ化させたもので、優勝賞金が高額ということもあり、世界中で1億人を超える競技人口をもつといわれています。
IOCが主催する国際大会の開催も決まるなど、将来的にはオリンピックの種目として採用される可能性もある注目の競技です。

 

ウィリアムヒルカジノに代表される一部のオンラインカジノでも、eスポーツの結果や経過を、リアルマネーを賭けながら予想ができます。
ゲームをプレイすることが苦手だという方でも楽しめるので、オンラインカジノに無料登録して、eスポーツを楽しんでみてはいかがでしょうか。