eスポーツで楽しめるサッカーゲームを紹介!参加中のプロクラブや世界大会の模様を解説

 

極論としてはボールひとつでプレイできるサッカーは、世界中でもっとも愛されているスポーツともいわれます。
FIFA(国際サッカー連盟)が発表する「FIFAランキング」に参加している国と地域は、全部で210にも及び、サッカーゲームを日常的にプレイする人も世界中に存在します

 

サッカーゲームはeスポーツの世界でも注目を浴びており、これまでに国内外でたくさんの大会が行われてきました。
今回は「ウイイレ」と「FIFA」の2大サッカーゲームに焦点を当て、eスポーツとしての楽しみ方を解説します
eスポーツに参加するプロクラブや、世界大会の模様もお伝えしますよ。

 

eスポーツとして採用されているサッカーゲームは「ウイイレ」と「FIFA」

サッカーゲームのなかで、eスポーツとして採用されているのは「ウイニングイレブンシリーズ」と「FIFAシリーズ」です。
それぞれサッカーゲームをけん引してきた存在であり、ファンの評価も二分されています。
まずはウイイレとFIFAには、どんな違いがあるのかを見ていきましょう。

 

ウイイレの特徴はリアルを追求したグラフィック

画像引用:KONAMI公式YouTube

 

ウイニングイレブンシリーズの特徴は、本物と見分けがつかないほどリアルに作り込まれたグラフィックです。
PS4への移行後はとくに磨きがかっており、スター選手には「モーションキャプチャー」を使用。
顔や体格、タトゥーの再現のみならず、ドリブルの姿勢やキックのモーションまで再現しました。

 

日本代表のライセンスも取得しているため、ゲーム発売当時に召集されている日本代表選手は、すべて実名で登場します
最新作の「ウイイレ2021」では、アンバサダーとしてリオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、久保建英といったスター選手を迎えたことも話題になりました。

 

FIFAの特徴は30以上のリーグライセンスを網羅した本物感

画像引用:FIFA21公式サイト

 

FIFAシリーズが伝統的に強みとしているのが、ライセンスの豊富さです。
世界中にある30以上のリーグライセンスを取得しており、17,000人を超える選手が実名で登場します。
ヨーロッパ最強のクラブチームを決める「UEFAチャンピオンズリーグ」のライセンスも、ウイイレから奪う形で取得しました。

 

サッカーの母国であるイングランドのプロリーグは、3部相当のリーグまでをカバーしており、ディープなサッカーファンを取り込むことに成功しています。
2017年からはJリーグのライセンスも取得し、2021シーズンはJ1の全20クラブを使って、世界中の実在クラブと対戦することが可能です。

 

eスポーツができるサッカーゲーム「ウイニングイレブン」の特徴を解説

画像引用:KONAMI公式サイト

 

まずは、ウイニングイレブンシリーズとeスポーツの関わりについてご紹介します。
ウイイレはPS4やiOS・Androidといったプラットフォームからダウンロードでき、基本プレイは無料です。
誰でも参加できるオンライン大会も豊富なので、腕に自信がある方は、ぜひ参加してみましょう。

 

基本プレイ無料でオンライン対戦ができる

画像引用:KONAMI公式サイト

 

PS4向けのパッケージ版も販売されていますが、現在はPS4とiOS・Android向けに、基本プレイ無料の「ウイニングイレブンLITE」が配信されています
LITE版では世界中のプレイヤーとプリセットチームを使った対戦ができるほか、ドリームチームを作って戦える「MyClub」モードも利用可能です。

 

MyClubモードには、一部の日本代表を含む世界中の現役選手のほか、これまでのサッカー界を彩ってきたレジェンド選手も登場します。
たとえば往年のスーパースターであるディエゴ・マラドーナと、現役の大スターであるリオネル・メッシを組ませて、新旧アルゼンチン人2トップで対戦相手に立ち向かうこともできますよ。

 

無料で参加できるオンライン大会も多数用意されている

画像引用:KONAMI公式サイト

 

ウイニングイレブンでは、オンラインを通じてさまざまな大会に気軽に参加できます。
たとえば2021年8月に行われた「スシロー杯」では、上位入賞者や代表戦選出者にスシローお食事券がプレゼントされ、大いに盛り上がりました。

 

このような企業とのコラボイベントのみならず、ゲーム内では頻繁に全プレイヤーを対象としたオンライントーナメントが開催中です。
入賞した選手への報酬は、ゲーム内で使える硬貨から世界大会への出場権までさまざまで、初心者から上級者までそれぞれのレベルに合った大会を選んで遊べます

 

著名な国際大会は「eFootball.Open World Finals」

画像引用:eFootball公式YouTube

 

ウイイレを利用したeスポーツの大会としてもっとも著名なイベントは「eFootball.Open World Finals」です。
ウイイレはブラジルやアルゼンチンといった南米クラブのライセンスを保有しているため、南米にも多くのファンがおり、国際大会ではさまざまな国や地域のプレイヤーと対戦できます。

 

2020年大会では、日本代表として出場した「あると選手」が見事に優勝をがはたしました。
この大会の優勝賞金は、15,000ドル(約160万円)と巨額です。
あると氏はこの大会の国内予選で3位という成績だったため、日本人プレイヤーの層の厚さを感じますね。

 

Jリーグと連動した大会も実施されている

画像引用:KONAMI公式サイト

 

スマホ限定の大会として2021年に実施されたのが「明治安田生命eJ.LEAGUE ウイニングイレブン」です。
この大会の参加資格は「Jクラブ全サポーター」で、プレイヤーは好きなJリーグクラブの代表者として大会に参加しました。

 

賞金総額として用意された1500万円は、プレイヤーではなく贔屓のJリーグクラブに支払われることが最大の特徴です。
優勝しても自分自身の収入にはなりませんが、愛するチームのサポートを直接的に行える大会とあって、サポーター冥利に尽きるイベントといえるでしょう。

 

eスポーツができるサッカーゲーム「FIFA」の特徴を解説

画像引用:FIFA21公式サイト

 

続いて、FIFAシリーズとeスポーツの関わりについてご紹介します。
FIFAの公式ライセンスを保有しているだけあって、国際大会はFIFAが主催するという豪華さです。
ランキング上位に立てば日本代表選手としてJFAから認められ、憧れのユニフォームに袖を通せますよ。

 

世界中のプロクラブがeスポーツチームを持っている

画像引用:PARIS SAINT-GERMAIN公式サイト

 

FIFAには世界中のプロクラブが力を入れており、eスポーツチームを持つクラブが目立ちます
この夏、リオネル・メッシを獲得するという歴史的な取引を実現させたフランスのPSG(パリ・サンジェルマン)も、FIFAの大会に出場する選手との契約を結んでいますよ。

 

画像引用:antlers公式サイト

 

Jリーグでは、鹿島アントラーズなどの名門クラブもeスポーツに参戦しています
鹿島アントラーズに所属するウェブ・ナスリ選手は国内外の大会への出場歴が豊富で、後述する日本代表にも選ばれている選手です。

 

JFA(日本サッカー協会)公認の日本代表選手がいる

画像引用:JFA.jp公式サイト

 

JFA(日本サッカー協会)では、公式にeスポーツ選手のバックアップを行っています。
代表選手は実際のサッカーと同じようにアジア予選を戦い、世界大会の出場権獲得を目指して戦います。
このような形で憧れのユニフォームに袖を通せることは、サッカーファンにとっての夢ともいえるでしょう。

 

著名な国際大会は「FIFAe Nations Cup」

画像引用:JFA.jp公式サイト

 

残念ながらコロナウイルスの影響で2021年大会は中止となりましたが、サッカーe日本代表はFIFAで最大の世界大会「FIFAe Nations Cup」への出場権を獲得していました。
1チーム3名の2vs2で行われるこちらの大会は、優勝賞金が40万ドル(約4千万円)と高額です。

 

まとめ

eスポーツに対応するサッカーゲームは、「ウイニングイレブンシリーズ」と「FIFAシリーズ」の2種類です。
主に日本国内のライバルと対戦する大会やイベントに参加できるのがウイイレ、活躍すると日本代表として認められ、世界を舞台に戦えるのがFIFAと考えるといいでしょう。

 

ウイイレはPS4とiOS・Android向けに基本プレイ無料のLITE版を配信しており、LITE版からでもさまざまな大会に参加できます。
サッカー好きならぜひダウンロード&インストールをして、世界を目指して戦ってみましょう!