ギャンボラは安全なオンラインカジノ?違法性の有無やライセンスから信頼性を徹底分析!

オンラインカジノで遊ぶときには、賭博罪に問われるリスクがなく、詐欺やイカサマに巻き込まれることもないカジノサイトを慎重に選ばなければなりません。
ギャンボラは「どこにも負けないほど優良なネットカジノ」と自称するオンラインカジノですが、本当に信頼してお金を預けられる安全なサイトなのでしょうか?

 

今回は、カジノ選びで焦点とすべき「違法性の有無」や「ライセンスの信頼性」を筆頭に、さまざまな要素から安全性を評価していきます。
この記事を読めば、ギャンボラがどんなカジノサイトなのか、そしてオンラインカジノがなぜ安全なのかをしっかりと知ることができますよ!

 

 

ギャンボラの安全性を運営会社からチェック

画像引用:ギャンボラ

 

ギャンボラに限った話ではなく、オンラインカジノが安全かそうでないかを判断する際は、まず運営会社のことを詳しく知らなければなりません。
ギャンボラの運営会社はどんな国に本社機能を置いてプレイヤーへのサービスを提供しているのか、まずは運営会社を厳しくチェックしていきましょう。

 

最初に、ギャンボラの運営会社の概要を表にまとめてみました。

 

運営会社

Glitnor Services Limited

会社所在地

Seafront Ix-Xatt Ta’Xbiex, Ta’Xbiex, TXT1026, Malta.

メールアドレス

Support-jp@gambola.com

ライセンス

MGAライセンス

 

ギャンボラは Glitnor Services Limitedという会社によって運営されています。
この会社は「ラッキーカジノ」というオンラインカジノも運営している、大手企業のひとつです。
会社所在地はヨーロッパのマルタ共和国で、マルタ政府によるMGAライセンスを取得しています。

 

画像引用:ギャンボラ

 

ライセンスは確実に交付されており、2020年12月現在は有効です。
MGAライセンスについてはこのあと詳しく解説しますが、とても信頼できるライセンスになります!

 

ギャンボラが安全と評価できる7つの理由

 

結論からいえば、ギャンボラはサイト自身が語っているとおり、非常に安全なカジノサイトです!
ギャンボラが安全だと断言できる根拠は、全部で7つあります。
なぜ安全と評価できるのか、それぞれの項目を詳しく解説していきましょう。

 

運営会社が海外にあるから安全

オンラインカジノが安全かどうかを見極める最初のポイントが、 運営会社の所在地です。
簡単にいうと、運営会社が海外の会社なら安全、日本国内の会社なら登録すべきではありません。
なぜならば、国内の会社とカジノ(賭博)行為をすると、賭博罪に問われる心配があるためです。

 

賭博罪とは、日本国内の胴元と、日本国内で賭博行為をした人を罰する法律です。
日本でカジノを開いている運営会社は摘発されますし、賭博に参加していた人も逮捕される可能性があります。
これがいわゆる「闇カジノ」、あるいは「インカジ」と呼ばれるものです。

 

一方で、カジノが合法化されている国のカジノに日本人が参加することは、合法扱いになります。
マカオ、ラスベガス、シンガポールなどのランドカジノに、日本人が自由に参加できるのはこのためです。
ギャンボラは、カジノが合法化されているマルタ共和国で運営されているカジノになります。

 

海外のサイトでカジノを行った人を罰する法律は現時点では存在せず、これまでに海外のオンラインカジノを使って刑務所に送られた日本人はいません。
以上の理由から、マルタ共和国で運営されているギャンボラは、安全に利用できるサイトと評価できます!

 

信頼できるMGAライセンスを保有しているから安全

先ほども軽くご紹介しましたが、ギャンボラはMGAライセンスを保有してサイト運営を行っています。
ライセンスは運転免許証のようなもので、これがなければ、カジノサイトを運営することはできません。

 

かつてライセンスという制度が明確化されていなかった時代、ネット上には危険な詐欺サイトが乱立していました。
こういったサイトを利用した人は、勝利金を引き出せなくなったり、イカサマで負けさせられてしまったりといった、散々な目に遭っています。
しかし現在はライセンス制度が確立され、信頼性の高いライセンスを保有しているオンラインカジノは安全と断言できるようになりました!

 

ギャンボラが保有しているMGAライセンスは、マルタ共和国の政府が発行している信頼性の高いライセンスです。

 

画像引用:ギャンボラ

 

MGAライセンスは、もっとも厳しい審査を行っている第三者機関ともいわれています。
イカサマがなく、顧客の資金を持ち逃げする危険性もなく、個人情報の取り扱いが安全な運営でなければ、ライセンスが交付されることはありません。

 

しかも審査は、ライセンス交付後も継続して続きます!
なんらかの問題があると判断された場合、ライセンスが剥奪され、サイトを運営することができなくなってしまいます。
つまり、少なくともMGAライセンスが有効な間は、ギャンボラは安全なカジノサイトであると評価できるのです。

 

大手ソフトウェアプロバイダのゲームを使っているから安全

ギャンボラでは1,700種類以上のテーブルゲーム、ライブカジノ、スロット、そしてスポーツベットといったジャンルのゲームを提供中です。
これらのゲームはすべて大手ソフトウェアプロバイダが開発したものであり、ギャンボラの意思でゲームの結果を変えたりして、イカサマをすることはできなくなっています

 

画像引用:ギャンボラ

 

これらのソフトウェアプロバイダは、そのほかのオンラインカジノサイトにもゲームを提供している会社ばかりです。
開発会社も第三者機関からゲームの内容と公平性について、厳しい審査を受けています。
審査の結果「問題あり」と判断されたゲームは配信できませんし、会社の経営もできなくなります。

 

画像引用:ギャンボラ

 

どのゲームも公平性が確保されているので、安全にプレイできますよ!
ソフトウェア会社も、ギャンボラ自体も別々の審査を受けた上で運営していますから、2段階で安全なカジノサイトです。

 

完全日本語対応のサポートを行っているから安全

ギャンボラでは、完全日本語対応でカスタマーサポートを行っています。
入金や出金などでトラブルが起きたときは、日本人スタッフに日本語で質問できますし、日本語で回答を受け取ることが可能です。

 

まずは、ライブチャットによるサポートの受け方を見てみましょう。
画面の右下にある「チャット」をクリックすると、ヘルプ画面が開きます。

 

画像引用:ギャンボラ

 

たとえば出金で悩んだときは、「出金」と入力してみましょう。
トラブルシューティングのように、解決策が表示されます。
それでも解決できない場合は、右下の「ライブチャット」をクリックしましょう。

 

画像引用:ギャンボラ

 

名前とメールアドレス、メッセージを入力して、「チャットを開始」をクリックすれば、担当者とのライブチャットがはじまります。
もちろん最初から最後まで、すべて日本語で大丈夫ですよ!

 

ライブチャットのサポート対象時間は、月~金曜日の17:30~翌1:30です。
ただし、 サマータイム時は16:30~翌0:30までとなりますから、注意しましょう。

 

それ以外の時間帯は、同じく日本語で質問することができます

 

画像引用:ギャンボラ

 

ギャンボラ カスタマーサポート:support-jp@gambola.com

 

ログインができない、オススメのゲームを知りたいなどなど、どんな質問にも親身になって回答してくれます!

 

アカウント認証を重んじているから安全

もしもギャンボラに登録しているメールアドレスとパスワードが流出してしまったら、第三者から勝手にお金を引き出されてしまうかもしれません。
こういった問題を自分自身だけで防ぐのは簡単ではありませんが、ギャンボラでは「アカウント認証」というシステムを導入してプレイヤーを守っています。

 

画像引用:ギャンボラ

 

アカウント認証では、写真付きの身分証や発行から3ヶ月以内の公共料金証明書など、そして入金に使ったクレジットカードや電子決済サービスのスクショの提出が求められます。
これら3種類の本人確認書類を使ってアカウント認証を行わない限り、ギャンボラから出金することは絶対にできません。

 

アカウント認証は、プレイヤーにとっては少し面倒に感じることもありますが、不正出金から身を守るためにとても重要なシステムです。
ギャンボラに預けている資金は安全に保管され続けますから、犯罪の被害に遭う心配はせずに利用できますよ!

 

「責任あるギャンブル」で依存症対策も万全

ランドカジノとオンラインカジノの両方で問題にされることが多いのが、ギャンブル依存症に陥り、日常生活を破滅させてしまうのではないかという話題です。
ギャンボラで遊べるゲームはどれも楽しいので、少し気を抜いているとお金を使い過ぎてしまい、生活が困窮するほどになってしまう可能性はあります。

 

それを防ぐために、ギャンボラが設定しているのが、 「責任あるギャンブル」という項目です。
サイト上で自己制限をかけることができるため、依存症対策も万全ですよ!
自己制限によって設定できるのは、入金制限・自己排除・リアリティチェックという3点になります。

 

まずは入金制限です。

 

画像引用:ギャンボラ

 

1日、1週間、1ヶ月で入金できる金額の上限を設けられます。
この画面は、1日に10ドルを入金額の上限にするという設定を行っているところです。
このまま設定を完了させれば、1日10ドル以上の入金ができなくなります。

 

続いて自己排除です。

 

画像引用:ギャンボラ

 

24時間~無制限という期間で、ギャンボラにログインできなくなるような設定を行えます。
24時間を選んだ場合、その瞬間から24時間後までギャンボラにアクセスすることができません。
強制的にゲームから離れられるので、中毒症状を感じた方にオススメです。

 

まずは24時間や7日間などの自己排除を行い、様子を見てみましょう。
どうしてもオンラインカジノを辞めたくなったときは、「無制限」を選べば、サイトから離脱できます。

 

最後にリアリティチェックです。

 

画像引用:ギャンボラ

 

5分~120分の間で、ゲームプレイに費やせる時間を決めることができます。
5分に設定すると、ゲームで5分間遊んだときにアラートが鳴って、制限時間であることを知らせてくれますよ!

 

これらの設定をされると、ギャンボラにとっては非常に不利です。
しかしプレイヤーの安全を大切に考え、あえてこのようなシステムを充実させ、プレイヤーを依存症などの危険から守ってくれています。

 

第三者に傍受されないサイト作りが行われていて安全

ギャンボラで入力した決済情報などは、運営会社であるGlitnor Services Limitedだけが閲覧できるようになっています。

 

画像引用:ギャンボラ

 

クレジットカードを使って入金する場合も、ギャンボラなら安心して任せられますね。

 

サイトの安全性についても、Googleから評価されています。

 

画像引用:ギャンボラ

 

IPを含む個人情報の流出もなく、安全です。

 

まとめ

ギャンボラは、「どこにも負けないほどのネットカジノ」を自称するカジノサイトです。
この記事では、7つの項目にわけて安全性について評価しましたが、安全と断言できる理由をおわかりいただけたのではないでしょうか?

 

マルタ共和国で運営されており、信頼性の高いMGAライセンスを保有しているため、イカサマの心配も、賭博罪に問われる心配もありません。
もしもなんらかのトラブルが起きた場合は、24時間態勢で日本語サポートを受けられますから、安心してギャンボラに登録してカジノゲームを楽しみましょう!