ココモ法の改良法を大公開!負けにくくする工夫と大勝を目指すテクニックをお伝えします

 

オンラインカジノだけではなく、競艇や競馬などのギャンブルでも使われる攻略法が「ココモ法」です。
ココモ法は、1回でも勝てばそれまでの負けをチャラにできることが特徴で、マーチンゲール法によく似ています。
ただし、連敗が続くほど勝ったときの利益が増えるという点が、マーチンゲール法とは違った、ココモ法ならではのメリットです。

 

ココモ法には、連敗が続くと、膨大な賭け金を用意しなければならないといった欠点があります。
そこで今回は、ココモ法を改良して、より負けにくく、そして大勝を目指せる方法をまとめました
通常のココモ法で思ったような成果を出せないという人は、改良版のココモ法を試してみてくださいね。

 

改良版を知る前に通常のココモ法をおさらいしておこう

まずは改良版を知る前に、通常のココモ法をおさらいしておきましょう。

 

  • 1、2回目のベットで1ユニットを賭ける
  • 連敗した場合、前回と前々回の賭け金を足した金額を賭ける
  • 勝利できた段階で攻略法をやめる

 

とてもシンプルな攻略法なので、はじめてトライする人でも、間違えずに活用できるでしょう。

 

ココモ法を使えるのは賭け金が3倍になるゲーム

ココモ法を使えるのは、賭け金が3倍になる勝率約33%のゲームです。
とくにわかりやすいのは、ルーレットのダズンベットとカラムベットなので、この記事ではルーレットを使ってココモ法を解説します。
実際に、ベラジョンカジノの「クラシック・ルーレット」で遊びながら、ココモ法を試してみます。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

1~12のダズンベットに、1ドルを賭けてみます。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

27なので外れです。
2回目のベットでも、前回と同じ1ドルを賭けてみます。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

21なので、2連敗です。
ココモ法を適用して、3回目は前回と前々回の賭け金を足した金額をベットします。
前回は1ドル、前々回も1ドルなので、それを足した2ドルをベットしてみましょう。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

今回も外れてしまいました。
前回は2ドル、前々回は1ドルを賭けているので、次は3ドルを賭けます。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

4が出て、ようやく的中しました!

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

3ドルの3倍となる9ドルが払い戻されました。
ここまでに使ったお金は合計で7ドルなので、3連敗で失った資金をすべて取り戻し、さらに2ドルの利益まで生まれています。これにより、ココモ法は成功です。

 

ココモ法のメリット

ココモ法のメリットは、1度の勝利で過去の負けをすべて取り戻し、利益を出せることです。
その点はマーチンゲール法と同じですが、ココモ法の場合は連敗が続けば続くほど利益が増えるという特徴があります。
実際に、ココモ法の結果をシミュレーションしてみましょう。

 

ゲーム数

賭け金

累計の損失額

勝利時の利益

1

1ドル

-1ドル

2

1ドル

-2ドル

3

2ドル

-4ドル

±0

4

3ドル

-7ドル

+2ドル

5

5ドル

-12ドル

+3ドル

6

8ドル

-20ドル

+4ドル

 

このように、連敗が増えるほどに勝利時の利益が増えます。

 

一方、マーチンゲール法はどうでしょうか。

 

ゲーム数

賭け金

累計の損失額

勝利時の利益

1

1ドル

-1ドル

2

2ドル

-3ドル

+1ドル

3

4ドル

-7ドル

+1ドル

4

8ドル

-15ドル

+1ドル

5

16ドル

-31ドル

+1ドル

 

マーチンゲール法の場合、配当が2倍で勝率50%のゲームに適用する攻略法です。
負けたあとに、前回の賭け金の2倍を使い続けます。
一度でも勝てば損失をチャラにできますが、何連敗したとしても勝利時の利益はプラス1ドルのまま変わりません。

 

ココモ法のデメリット

ココモ法のデメリットは、勝率33%のゲームに賭けるため、そもそもゲームの勝率が下がってしまうことです。
連敗が続くほど賭け金が増えていくので、攻略法の途中で資金が尽きてしまうことがあります。
マーチンゲール法ほど急激に賭け金が増えることはないものの、連敗リスクには注意しなければなりません。

 

また、勝利時の利益も、多いとはいえません。
先ほどのシミュレーションでもわかったように、5連敗後に勝利したとしても、利益は4ドルです。
ココモ法の改良版では、連敗リスクを減らし、なおかつ勝利時の配当を増やす対策が必要になることがわかりました。

 

ココモ法の欠点を補える改良版を大公開!

さて、いよいよここからが本題です!
前述したココモ法の欠点を補うための改良策として、以下の4つを提案できます。

 

  • ベット額を増やすタイミングを変える
  • 3連続で同じエリアに入るまで待つ
  • ベットする箇所を増やす
  • 1ユニットの金額を増やす

 

順番に詳しく解説します。

 

ベット額を増やすタイミングを変える

最初の改良策は、ベット額を増やすタイミングを遅らせるというものです。
通常のココモ法では、3ゲーム目から賭け金を増やします。
これを4ゲーム目にずらすことによって、連敗時に賭け金が増えるリスクを抑えることが可能です。

 

実際に、表を使ってシミュレーションしてみましょう。

 

ゲーム数

賭け金

累計の損失額

勝利時の利益

1

1ドル

-1ドル

2

1ドル

-2ドル

3

1ドル

-3ドル

4

2ドル

-5ドル

+1ドル

5

3ドル

-8ドル

+1ドル

6

5ドル

-13ドル

+2ドル

 

通常のココモ法では、6ゲーム目に8ドルのベットが必要です。
改良版ココモ法なら6ゲーム目の賭け金を6ドルに抑えられるので、リスクを軽減しながらココモ法を進められます。
ただし、その分だけ勝利時の利益が減ることには注意しましょう。

 

3連続で同じエリアに入るまで待つ

確率論を使った改良版ココモ法として、3連続で同じエリアに入るのを待ってからベットするという方法を紹介します。
確率33%の結果が4連続で続く可能性は1.185%なので、4ゲーム目では約99%の確率で、同一エリアへの的中を避けられるのです。
実際に、シミュレーションしてみましょう。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

ダズンベットの中央エリア17に的中しました。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

2ゲーム目も、中央のダズンベットにある20に的中しました。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

3ゲーム目も同じエリアの18です。この時点で、次のゲームで13~24のエリアに入る確率は約1%となりました。
1~12、25~36のエリアに入る確率が、かなり高まっています。
そこで、1~12のダズンベットに賭けてみましょう。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

34なので外れてしまいましたが、13~24のエリアには入らないという予想は的中しています。
3ゲームを空回ししないままルーレットをプレイすると、ダズンベットが的中する確率は33%です。
しかし3ゲームの空回しをすることによって、実質的に的中率を約50%に上げられます。

 

こちらの改善策のデメリットとしては、攻略法を生かすまでに時間がかかることでしょうか。
また、空回しをする必要があるため、ゲームの種類によっては攻略法を活用できません。
お金を賭けずに数ゲームをスルーできるライブカジノのルーレットを利用することをオススメします。

 

ベットする箇所を増やす

ココモ法は3つの選択肢のうち、1つに賭けるのが基本ですが、賭ける場所を2ヶ所に増やしても、利益を生み出せます
たとえば1~12のダズンベットと、3~36までのカラムベットへ同時にベットしてみましょう。
実際のベット画面は、以下のとおりです。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

この場合、3、6、9、12という4つの数字に的中した場合、配当を二重取りできます。
シミュレーション結果は、以下のとおりです。

 

5

ゲーム数

合計の賭け金

累計の損失額

1ヶ所的中時の利益

2ヶ所的中時の利益

1

2ドル

-2ドル

2

2ドル

-4ドル

3

4ドル

-8ドル

-2ドル

+4ドル

4

6ドル

-14ドル

-5ドル

+4ドル

10ドル

-24ドル

-9ドル

+6ドル

 

このように、2ヶ所同時に的中した場合の利益が増えていきます。
1ヶ所に的中したあとも、2ヶ所が的中するまで賭け続ければ、さらに利益を増やすことも可能です。
合計の賭け金が増えることはリスクですが、回収率を高めたい場合の改良策として利用するといいでしょう。

 

1ユニットの金額を増やす

ココモ法を活用する場合、通常は1ユニットを1ドルに設定します。
しかし、1ユニットあたりの金額を増やすことで、勝利時の配当をさらに増やすことが可能です。
実際に1ユニット1ドルの場合と、1ユニット5ドルの場合の収支をシミュレーションしてみましょう。

 

ゲーム数

1ユニット

賭け金

累計の損失額

勝利時の利益

1

1ドル

1ドル

-1ドル

5ドル

5ドル

-5ドル

2

1ドル

1ドル

-2ドル

5ドル

5ドル

-10ドル

3

1ドル

2ドル

-4ドル

+2ドル

5ドル

10ドル

-2ドル

+10ドル

4

1ドル

3ドル

-7ドル

+2ドル

5ドル

15ドル

-25ドル

+20ドル

5

1ドル

5ドル

-12ドル

+3ドル

5ドル

25ドル

-50ドル

+25ドル

 

このように、1ユニットの賭け金を5倍にするだけで、勝利時の利益は急増します。
賭け金が増えることはデメリットですが、資金に余裕があって、大勝したいときに活用すると効果的な改良策です。

 

ココモ法の改良版を使う際の基本

ココモ法の改良版を使う前に、ココモ法を活用する際の基本を整理しておきましょう。

 

  • マックスベットの金額が大きいゲームで遊ぶ
  • 1ゲーム目のベット数は少なめに設定する

 

それぞれを詳しく解説します。

 

マックスベットの金額が大きいゲームで遊ぶ

ココモ法の欠点として、連敗が続いた際に、賭け金が増えるというものがあります。
仮に1ユニット1ドルからスタートしても、17連敗したときの累計賭け金は1,597ドルに達することに注意が必要です。
資金が足りていたとしても、マックスベットに達した場合は、攻略法を続けられなくなってしまいます。

 

マックスベットはゲームによって異なり、100ドルまでのゲームがあれば、1,000ドルまでのゲームもありますよ。
先々のことを考えると、できる限りマックスベットが多いルーレットを選んだほうが、ココモ法で成功できる確率が上がるのです。

 

1ゲーム目のベット数は少なめに設定する

ココモ法の欠点は、連敗が続いた場合に賭け金が増え続けてしまうことです。
1ゲーム目のベット額が多いと、賭け金が増えるスピードが速まるため注意しましょう。
1ユニットの賭け金を増やす改良策は有効ですが、欲を出しすぎず、リスクマネジメントを徹底することが大切です。

 

改良版ココモ法を試すのにオススメのオンラインカジノ5選

改良版ココモ法を試すのにオススメのオンラインカジノを、5つピックアップしました。

 

  • アロハシャーク
  • ミスティーノカジノ
  • カジノシークレット
  • BONS
  • カスモ

 

サイトの特徴を、順番にわかりやすく紹介します。

 

アロハシャーク

画像引用:アロハシャーク

 

ライブカジノでも、テーブルゲームでもルーレットを楽しめるオンラインカジノです。
オンカジTVから登録すると40ドルのボーナスがもらえて、さらに初回~3回目の入金で最大1,400ドルのボーナスを受け取れます。
日本人専用のサポートチームも完備しているので、初心者にもオススメです。

 

ミスティーノカジノ

画像引用:ミスティーノカジノ

 

受け取ったボーナスを賭け条件1倍で出金できることが、ミスティーノカジノのメリットです。
ボーナスを使ってココモ法を試して利益が出た場合、速やかに勝利金を現金化できるので、ボーナスを無駄にしたくない人にオススメできます。

 

カジノシークレット

画像引用:カジノシークレット

 

ゲーム数が2,000種類以上と、豊富なオンラインカジノです。
ルーレット以外にも、ココモ法の改良法を活用できるゲームが見つかりますよ。
また、当サイトからカジノシークレットに新規入会すると、33ドルの登録ボーナスを獲得可能です。

 

BONS

画像引用:ボンズカジノ

 

オンラインカジノでは珍しく、バイナリーオプションで遊べることが最大の特徴です。
最大12.5%のキャッシュバックを受け取れるので、ルーレットで負けてしまっても丸損することがありません。
ゲーム数は2,000種類以上と多く、スポーツベットにもトライできます。

 

カスモ

画像引用:カスモ

 

高額賞金を提供するトーナメントが、連日開催されているオンラインカジノです。
ココモ法によって培った経験を生かして、ルーレットなどのゲームで上位ランカーを目指しましょう!
当サイトからカスモに入会すると、30ドルの登録ボーナスを受け取れます。

 

まとめ

ココモ法は、過去の負けを帳消しにできる一発逆転の攻略法です。
改良法を試すことによって、ココモ法の欠点である連敗リスクや稼ぎにくさを解消できます。
ぜひ当サイトオススメのオンラインカジノを利用して、ルーレットなどで遊びながら、改良版ココモ法を試してみてくださいね。