韓国のカジノは女の子からサービスを受けられるってホント?!現地のオススメ風俗も紹介

 

お隣の国・韓国ではすでにカジノが合法化されていて、日本人観光客も合法的にカジノを楽しむことが可能です。
とくに日本から一番近いリゾートとも評される「済州島(チェジュ島)」にも多くのカジノがあり、ここでは女の子からのエッチなサービスを受けられるという噂があります。

 

今回は、この噂が本当なのかどうかを検証しながら、現地で楽しめるオススメ風俗のジャンルもご紹介します。
さらに、済州島でオススメのカジノについてもまとめました。
韓国旅行でカジノと風俗の両方を楽しみ、ハメを外したいという男性は、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

韓国(済州島)とは

 

済州島は、韓国の南西部に位置する火山島です。
「日本から一番近いリゾート」と呼ばれることもあり、2010年には済州島全体が「済州島ジオパーク」として世界ジオパークネットワークへの加盟が認められています。


また、済州島には多くのカジノが点在することでも有名です。

 

日本から済州島へのアクセス

済州島には、日本全国の空港から直行便が出ているため、日本からのアクセスも簡単です。
チェジュ航空というLCCが就航する空港もあることから、渡航費もあまりかかりません。
成田空港からは約2時間半、関西空港からは1時間半と近く、国内旅行よりも気軽に出かけられる場所といっても過言ではないでしょう。

 

韓国のカジノにはエッチなサービスがあるってホント?!

2015年のことになりますが、「ビジネスジャーナル誌」に済州島のカジノに関連する気になる記事が掲載されました。
これによると、済州島は中国人賭博客を積極的に呼び込んでおり、VIPに向けて「お色気サービス」まで実施しているというのです。

 

この記事の内容を抜粋すると、VIPは以下のようなサービスを受けられるといいます。

 

  • 10万元(約190万円)のチップ交換でマッサージサービス1回
  • 20万元(約380万円)のチップ交換で二流タレントまたはモデルのサービス1回
  • 50万元(約950万円)のチップ交換で2泊3日24時間つきっきりのサービス

 

サービスの内容については詳しく触れられていませんが、VIP向けの「マッサージサービス」といえば、その内容を想像することは難しくありませんね。
エッチなサービスが行われていることは明らかで、二流とはいえ、タレントやモデルが登場するというのですから驚きです。

 

この情報の真偽は定かではありませんが、信ぴょう性の高い情報と見て間違いないでしょう。
ただし、サービスを受けるためには最低でも200万円規模のチップ交換が必要な様子です。
また、エージェントを通す必要もあるため、誰もが利用できるサービスではなさそうですね。

 

韓国(済州島)で楽しめる風俗のジャンルは3種類

カジノでお色気サービスを受けられる日本人はあまり多くなさそうですが、済州島にはたくさんの風俗店が建ち並んでいます。
日本とは少しシステムが違っているので、それぞれの特徴をチェックしておきましょう。
また、番外編として、カップルで訪れるのにオススメの「済州ラブ・ランド」もご紹介します。

 

按摩(ソープランド)

日本でいうところのソープランドは、「按摩」という名前で営業しています。
ただし、日本のソープのように浴室とベッドが別々に用意されているわけではありません。
マッサージ室のような個室に通され、ラブホテルを思わせる空間でサービスを受けるというのが基本的な流れです。

 

プレイの内容についてはお店によって若干の差異があるようですが、基本的には「なんでもアリ」
済州島は日本人観光客も多い地域なので、日本人にもわかりやすいサービスを提供するお店も多いようです。
料金は20~30万ウォン、日本円に換算すると、2~3万円が相場と考えましょう。

 

エスコートアガシ

韓国版のデリヘルとして利用できる風俗が、エスコートアガシです。
専門業者が女の子を紹介してくれて、宿泊しているホテルでアツい夜を過ごせます。
日本のデリヘルとの大きな違いは、女の子と一緒にいられる時間で、お店によっては15時間程度一緒に過ごせることもあるようです。

 

料金相場は女性のクオリティによって異なり、50万~100万ウィン(5~10万円)が相場です。
按摩と比べて女性の容姿がいいとの噂もあり、クオリティを重視する方にオススメです。
カジノやレストラン、リゾートに同行してくれる女性を探したいという方も、ぜひ一度利用してみましょう。

 

エスコートアガシには日本人向けの紹介サイトがある

画像引用:エスコートアガシ

 

異国の地でいきなり風俗に行くというのは、勇気が必要です。
とくに韓国の場合、一時期騒がれた「反日」の影響が残っているのではないかという不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。
そんな方は、日本人向けにエスコートアガシを紹介している専門サイトの利用がオススメです。

 

冒頭の画像でご紹介している「オアシス」以外にも、たくさんのエスコートアガシ紹介サイトが存在します。
紹介サイトを経由してエスコートアガシを利用するメリットは、以下のとおりです。

 

  • 事前の問い合わせを日本語で行える
  • 現地でお店を探す必要がなく、貴重な旅行の時間を有意義に過ごせる
  • 日本人への対応に馴れた女性を見つけられる

 

どんなプレイができるのか、あるいはなにをしてはいけないのかといった疑問を解消してから遊べることがメリットですね。
日本人へのサービスを嫌がらない女性と確実に巡り合えることも、魅力的です。
紹介サイトを経由したエスコートアガシの利用方法をまとめました。

 

  1. 日本から問い合わせ・予約を行う
  2. 指定したホテルや最寄り駅などから送迎を受ける
  3. 数名のキャストのなかから好きな女性を選ぶ
  4. 女生とのデートを開始する

 

その後のルールは、現地のエスコートアガシとまったく変わりません。
16時~17時頃からデートをはじめた場合、翌朝までゆっくりと韓国美女と過ごせますよ。
オススメレストランなどの情報も紹介サイトに尋ねられるので、男性も女性も大満足の時間を送れるはずです。

 

カラオケ(キャバクラ)

韓国で「カラオケ」というと、日本の「キャバクラ」を模したお店が中心で、女の子と一緒に飲むことが可能です。
お触りはできないことが普通ですが、なかには連れ出しOKのキャバクラもあります。
この場合の料金相場は、2~3時間の利用で35万ウォン(3万5千円)程度と割高なので、按摩かエスコートアガシを選んだほうがよさそうですね。

 

【番外編】済州ラブ・ランドはカップルにオススメ

画像引用:JEJU LOVELAND

 

カップルで済州島を訪れるという方には「済州ラブ・ランド」の利用がオススメです。
ここは人間の性や生命の神秘をコンセプトとした、野外彫刻講演兼セックスミュージアム。
20歳未満の人物は入園を断られてしまうほど、過激な作品が集まっていることで知られています。

 

男性一人で訪れても寂しい思いをしてしまうだけかもしれませんが、カップルで訪れると、盛り上がれるかもしれません。
付き合いが長くマンネリ気味だというカップルは、済州旅行に合わせてラブ・ランドを訪れることで、思い出に残るような濃厚な旅行ができるでしょう。

 

韓国(済州島)のオススメカジノ2選

最後に、済州島でオススメのカジノを2つご紹介します。
いずれもホテルが併設されているため、デリヘルを利用する方にもぴったりですよ。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

済州オリエンタルホテル&カジノ

画像引用:トリップアドバイザー

 

済州島の中心部にあるホテルで、客室からのオーシャンビューがロマンチックです。
カジノそのものはコンパクトですが、アットホームな雰囲気があり、多くのリピーターを集めています。
4つ星ホテルですが、宿泊費用は7,000円前後~とリーズナブルです。

 

  • 住所:47 Tapdong-ro 済州 済州島 韓国

 

ラマダプラザ済州

画像引用:トリップアドバイザー

 

海のすぐ裏に面しているラマダプラザ済州は、「島に浮かぶ豪華客船」という異名を持つ5つ星リゾートホテルです。
カジノフロアも広く、本場・ラスベガスに勝るとも劣らない高級感を楽しめます。
宿泊費は約15,000円ですが、韓国美女と贅沢な時間を過ごしたい方にオススメです。

 

  • 住所:66 Tapdong-ro 済州 済州島 韓国

 

まとめ

韓国・済州島は、日本から一番近いリゾートと呼ばれることもある魅力的な島です。
ここにあるカジノは、中国人VIP向けにエッチなサービスを行っているという噂がありますが、真偽は明らかになっていません。
ただし、済州島には優れた風俗店も多いため、男性なら楽しい一夜を過ごすことができますよ。

 

この記事でご紹介した2つのホテルは、いずれも韓国美女と過ごすにふさわしく、カジノもめいっぱい楽しめる施設です。
現在はコロナの影響で海外へ足を運べない毎日が続いていますが、自由に往来できるようになった後は、羽を伸ばすための旅先として、韓国・済州島を選んではいかがでしょうか。