Mリーグでは役満が多発中!達成の瞬間や役満の種類をご紹介

 

麻雀でもっとも華やかな瞬間といえるのが「役満」を達成したときではないでしょうか。
麻雀のアガリのなかでとくに珍しい役が役満で、達成すると麻雀における最高得点が与えられます。
役満を完成させられる可能性はとても低く、他人の役満を目の当たりにできただけでもラッキーといえるでしょう。

 

日本国内における最高峰リーグの「Mリーグ」には、麻雀のトッププロが集っており、ハイレベルな対局が繰り広げられています。
今回は、2018~2020シーズンまでにMリーグで発生した役満の瞬間を振り返りましょう
Mリーグで認められている役満の種類も詳しくご紹介します。

 

そもそも役満とは

麻雀は、手元の牌を組み合わせて役を作るゲームです。
トランプでいえば「ポーカー」を連想すればわかりやすいのではないでしょうか。
もっとも、麻雀はトランプよりも手元の牌の数が多く、図柄も豊富なため、より複雑で高度な役が成立する競技です。

 

今回の題材として取り上げる「役満」は、麻雀の役のなかでも最強の役で、達成すればほぼ確実に勝利できます
役満の種類は1つではなく、有名なものでは「大三元」「国士無双」といった役があり、これらの用語は麻雀という枠組みを超えて、実社会で使われることもある言葉です。

 

役満を達成できる確率はとても低く、一説によると、全麻雀プレイヤーのなかで役満を経験したことのある人は40%にすぎないという話もあります。
とくにアマチュア同士の対局という場合は、対戦相手の役満を見られるだけでも、貴重な経験といえるでしょう。

 

ダブル役満・トリプル役満が出ることもある

トランプのポーカーで最強の手は「ロイヤルストレートフラッシュ」の1手だけですが、麻雀の役満にはいくつも種類があります。
そのため、理論上は1つの役満で複数の役満を達成できる可能性もあり、2つの役満ができて状態を「ダブル役満」、3つの役満ができた状態を「トリプル役満」と呼びます。

 

通常の役満を達成するだけでも非常に珍しいため、ダブル役満やトリプル役満を達成できる可能性はほとんどないでしょう。
しかし、達成した場合のリターンは大きく、ダブル役満は役満の2倍、トリプル役満は役満の3倍の点数を獲得できます。

 

Mリーグでは役満が多発している!

画像引用:Mリーグ公式サイト

 

Mリーグとは、8つの企業が4人の雀士を採用して団体戦を行う国内最高峰のリーグ戦です。
トップ中のトップが集まるリーグ戦というだけあり、ハイレベルな戦いが日常的に繰り広げられており、珍しいはずの役満も多発していますよ!

 

Mリーグの優勝賞金は5,000万円と超高額なので、超一流の雀士が真剣勝負を行っています
その緊張感のなかで達成する役満は、格別なものになるはずです。
Mリーグの様子はABEMAやU-NEXTで配信されているため、ぜひ役満達成の瞬間を振り返ってみてくださいね。

 

Mリーグで認められている役満の種類

Mリーグで認められている役満は、以下にリストアップした12種類です。

 

  • 天和◎
  • 地和◎
  • 国士無双
  • 四暗刻◎
  • 大三元
  • 緑一色(緑發が入っていなくてもよい)
  • 字一色
  • 小四喜
  • 大四喜
  • 清老頭
  • 四槓子
  • 九蓮宝燈◎

※◎は門前役満による

 

以上の役満を達成した場合、親なら48,000点、子でも32,000点を獲得できます。
次の項目では、実際にMリーガーが達成させた役満の瞬間をプレイバックしていきましょう。

 

Mリーグで達成された役満の瞬間をプレイバック!

Mリーグでは、これまでに合計15回の役満が達成されています
Mリーグが発足したのは2018年のことで、2021年8月時点では3シーズンしか行われていません。
トッププロが参戦しているだけあって、とてもハイペースに役満が出現していることがわかりますね。

 

今回は全15回の役満のなかから、厳選した5つの役満をプレイバックします!

 

  • Mリーグ初の役満!佐々木寿人選手による国士無双
  • 佐々木選手のライバル滝沢和典選手が達成した大三元!
  • 女流雀士最初の役満!黒沢咲選手による大逆転の四暗刻
  • シーズン2度目の役満!MVPを決定付けた魚谷侑未選手の四暗刻
  • セミファイナルの大舞台で達成!松本吉弘選手の四暗刻

 

それぞれの役満をじっくりと見ていきましょう。

 

Mリーグ初の役満!佐々木寿人選手による国士無双

画像引用:YouTubeチャンネル|M.LEAGUE [プロ麻雀リーグ]

 

Mリーグ初となる歴史的な役満は、名手・佐々木寿人選手によってもたらされました
Mリーグ初年度の2018年10月26日に行われた第1試合において、同じく国士無双を狙っていた松本吉弘選手を制し、佐々木選手が国士無双でのアガリを達成したのです。

 

画像引用:YouTubeチャンネル|M.LEAGUE [プロ麻雀リーグ]

 

対局の模様をパブリックビューイングで観ている観客による、大盛り上がりの様子も伝わってきますね!
この結果による順位変動はありませんでしたが、佐々木選手が所属するKONAMI麻雀格闘倶楽部の獲得ポイントは急上昇し、トータルポイント挽回を手繰り寄せる対局となりました。

 

佐々木選手のライバル・滝沢和典選手が達成した大三元!

画像引用:YouTubeチャンネル|M.LEAGUE [プロ麻雀リーグ]

 

Mリーグ史上2番目の役満は、2018シーズンの2月7日第2試合・東4局で達成されました。
ここで大三元を出したのは、EX風林火山に所属する滝沢和典選手です。
第1号の達成者である佐々木寿人選手のライバルとしても知られる滝沢選手の達成に、雀士としての意地を感じますね。

 

画像引用:YouTubeチャンネル|M.LEAGUE [プロ麻雀リーグ]

 

甘いマスクと「越後の奇跡」の愛称で知られる滝沢選手の大三元に、歓喜した女性ファンは多いのではないでしょうか?
対局前、首位の風林火山と2位ドリブンズのポイント差は75ポイントに肉薄していましたが、この結果によって、両者のポイント差は259.9ポイントまで大きく開きました。

 

女流雀士最初の役満!黒沢咲選手による大逆転の四暗刻

画像引用:YouTubeチャンネル|M.LEAGUE [プロ麻雀リーグ]

 

2019シーズンの2月25日第2試合で黒沢咲選手が達成した四暗刻・単騎は、Mリーグ史上まれに見る大逆転劇としてファンの間では語り草です。
この対局時点で勝又選手は44,500点を出しており、14,700点の黒沢選手は大差を付けられていました。
しかし、役満の達成で状況が一変します。

 

画像引用:YouTubeチャンネル|M.LEAGUE [プロ麻雀リーグ]

 

見事、32,600点を獲得して大逆転!
こういったドラマチックな結末を見られることも、Mリーグの魅力といえますね。

 

画像引用:YouTubeチャンネル|M.LEAGUE [プロ麻雀リーグ]

 

動画でも対局の様子を確認してみましょう。
内川選手は約1分の長考の末に打牌するのですが…。
内川選手の呆然とした表情が、歴史的大逆転の重大さを表していますね。

 

シーズン2度目の役満!MVPを決定付けた魚谷侑未選手の四暗刻

画像引用:YouTubeチャンネル|M.LEAGUE [プロ麻雀リーグ]

 

続いてご紹介するのは、2019シーズン3月3日の第2試合で魚谷侑未選手が達成した四暗刻です。
実は魚谷選手は、このシーズンの2月27日にも国士無双で役満を達成しています。
麻雀にも流れがありますが、勢いに乗っているときの雀士ほど怖いものはありませんね。

 

画像引用:YouTubeチャンネル|M.LEAGUE [プロ麻雀リーグ]

 

ツモの瞬間も、ばっちりと動画に収められています。
このシーズン、のちに魚谷選手は年間MVPを獲得することになりますが、それを決定付けた場面ともいえるのが、こちらの役満です。
Mリーグの歴史を語るうえで、欠かせないシーンのひとつとして必見ですよ!

 

セミファイナルの大舞台で達成!松本吉弘選手の四暗刻

画像引用:YouTubeチャンネル|M.LEAGUE [プロ麻雀リーグ]

 

2020シーズンの4月29日第2試合、セミファイナルという大舞台で松本吉弘選手が決めた四暗刻のツモを最後にご紹介します。
この役満で勢いに乗った松本選手は終局後の得点で9万点をオーバーし、見事な圧勝劇を飾りました。

 

画像引用:YouTubeチャンネル|M.LEAGUE [プロ麻雀リーグ]

 

動画を確認するとわかりますが、なんと松本選手は対局からわずか1分50秒で一発ツモの四暗刻を達成しています。
これはMリーグにおける役満の最速記録であり、「卓上のヒットマン」という異名にふさわしい一撃を見せてくれました。

 

すべての役満はYouTube・ABEMAなどで視聴できる!

この記事では、これまでにMリーグで達成された15回の役満のうち、1/3となる5回の役満をご紹介してきました。
それ以外の役満も見てみたいという方は、YouTubeやABEMAの試合動画をチェックしてみましょう。
過去の対局のすべてを振り返ることが可能ですよ。

 

画像引用:ABEMA TV

 

とくにABEMAでは、2018~2020シーズンまでのすべての対局をアーカイブで配信しています。
ここでしか見られないハイライトやドキュメンタリーなど、コンテンツが豊富にそろっていますよ。
また、2021年10月に開幕予定のMリーグ2021も、全試合を魅了配信する予定です。

 

自分自身で役満の感動を体感したいなら「DORA麻雀」へ!

画像引用:ドラ麻雀

 

「他人の役満を見ているだけでは物足りない」「役満は自分で達成してこそナンボ」という方も多いのではないでしょうか。
そんな方にオススメしたいのが、インターネット上で臨場感抜群の賭け麻雀を楽しめるオンラインカジノサイトのひとつ「DORA麻雀」です。

 

DORA麻雀では、1回の対局につき1ドル~という、ゲームセンターと同等以下の金額を使った賭け麻雀に参加できます。
ギャンブル性をより求めたいという場合は、300ドル以上の現金も賭けられるので、雀士としての理想や経済状況を配慮しながら賭け金を決められることもメリットです。

 

何よりも見逃せないのが、毎月開催されている「速攻役満キャンペーン」です。
これは、役満を達成した人がボーナスを受け取れるという魅力的なオリジナルキャンペーンなので、詳細をチェックしておきましょう。

 

 

速攻役満キャンペーンとは

画像引用:ドラ麻雀

 

速攻役満キャンペーンとは、キャンペーン期間中に役満を達成した場合、その難易度に応じて2種類のボーナスを獲得できるというDORA麻雀オリジナルのキャンペーンです。
雀荘で行われるフリー麻雀でも得られない内容のボーナスなので、役満狙いの方にぴったりですよ。

 

キャンペーンの詳細を見てみましょう。

 

カテゴリー

ボーナス

役満A

数え役満、国士無双、四暗刻、大三元

保留金の25%~

役満B

天和、地和、人和、大四喜、小四喜、 字一色、緑一色、九蓮宝燈、清老頭、四槓子

保留金の300%

 

役満Bを達成した場合、保留金の300%がボーナスとして追加で支給されます。
もちろん、役満のアガリで手に入れた報酬はボーナスと別で手に入りますよ。
役満を常に狙えるだけの実力をDORA麻雀の対局を使って磨きながら、お得なボーナスも獲得して、雀士としてのレベルをさらに高めましょう!

 

まとめ

役満とは、麻雀のアガリのなかでも最強といえる役です。
高額な点数を獲得できるため、一発逆転を目指すことができ、Mリーグの舞台でもドラマチックな瞬間が多発しています。
役満は珍しい役ですが、わずか3シーズンで15回の役満が誕生していることからも、Mリーグ所属雀士のレベルの高さがよくわかりますね。

 

自分自身で役満を達成したいという方には、オンライン麻雀「DORA麻雀」のご利用がオススメです。
DORA麻雀では「速攻役満キャンペーン」を実施中で、期間中に役満を達成するとボーナスを受け取れます。
雀荘で遊ぶよりもお得に麻雀を楽しめるので、この機会に無料会員登録へと進んでみてくださいね。