パチスロの6号機で万枚狙える台はあるのか?口コミから最新情報をご紹介

 

パチスロは時代の変化によって内規が変わり、一定の上限・下限の範囲内でさまざまな設定がおこなわれます。
2018年後半から登場した「6号機」は、それまでのパチスロと比べて規制が厳しく、勝ちにくいという評されることも多いタイプです。

 

今回は、6号機でも万枚狙える台があるのかどうか、Twitterの口コミも検索しながら最新情報をご紹介します。
旧タイプとなる5.9号機と6号機の違いや、万枚とは何なのかといった基礎にも触れ、勝ちやすさを重視する人にオススメの「オンラインカジノ」についても解説しますよ。

 

パチスロの6号機とは?万枚狙える台が少ないって本当?

パチスロの6号機とは、2018年後半から徐々に導入された新しいタイプのパチンコ台です。
パチンコは時代の変化に合わせて内規の変更を繰り返しており、業界全体のスペック設定を一定の範囲内に止めています。
ここ最近でおこなわれたもっとも大きな変更が、5.9号機から6号機へのモデルチェンジでした。

 

一般論として、6号機は勝ちにくいとされることが多く、敬遠されることも目立っています。
大勝の目安である「万枚」も出にくいとされていますが、それはなぜなのでしょうか。
まずは、5.9号機と6号機の違いから解説しましょう。

 

5.9号機と6号機の主な違い

5.9号機と6号機ではどのような仕様変更がおこなわれたのか、一覧表にしてまとめます。

 

 

5.9号機

6号機

ボーナスの払い出し枚数

最大480枚

最大300枚

一撃の出玉制限

最大3,000枚

最大2,400枚

純増枚数制限

1Gあたり2.0枚以下

設定なし

天井、ゾーンの搭載

設定不可

設定可能

ペナルティ

あり

あり

 

ボーナスの払い出し枚数と一撃の出玉制限で、6号機が大きく不利な状況に陥っていることがわかります。
これが「6号機は勝ちにくい」といわれる原因です。
万枚を達成するためには、最低でも4回の大当たり+αを出さなければなりません。

 

万枚とは何か

万枚とは、パチスロで使うメダルを10,000枚持っているという意味です。
10,000枚=万枚、と略した言葉であり、パチスロファンが狙う大台の数字といえます。
ボウリングでいう200、ゴルフでいえば100というスコアが、パチスロにおいては「万枚」であると考えましょう。

 

パチスロで使うメダルの相場は、1枚あたり20円です。
これが1万枚あるということですから、万枚=20万円の価値をもっています。
20万円といえば大卒初任給に匹敵するほどの金額なので、これだけの成績が出れば、大勝と考えて問題ないでしょう。

 

6号機でも万枚狙える台は見つけられる!

パチスロファンが目標にする万枚の勝利ですが、5.9号機から6号機へと移行するなかで条件が厳しくなり、簡単には達成できません。
しかし、絶対に不可能というわけではなく、6号機でも万枚狙える台を見つけられます。
以下の7機種は、Twitter上で万枚獲得の報告が上がっていました。

 

  • 鉄拳4デビルVer.
  • 北斗の拳 天昇
  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • スーパーリノXX
  • 交響詩篇エウレカセブン3
  • アイムジャグラーEX
  • 絶対衝激3

 

それぞれの機種の特徴を簡単にお伝えしたあと、万枚を獲得したプレイヤーの口コミを紹介します。

 

鉄拳4デビルVer.

引用:ヤマサグループ公式サイト

 

格闘ゲーム「鉄拳」のデビルバージョンとして登場したパチスロです。
上乗せ特化型ATのデビルラッシュは平均滞在500G以上で、「鉄拳アタック」やフリーズ高確率の「デビルゾーン」といった演出を楽しめます。
Twitterには、鉄拳4デビルVer.で万枚を出したという報告がありました。

 

 

4連続フリーズによって万枚を突破し、最終的に10,501枚を獲得できた様子です。
台に座る前は40,000円のマイナスだったといいますが、この勝利で大幅な黒字化に持っていけたことは、間違いないでしょう。

 

 

この方もデビルで万枚が出たと報告しています。確認できる範囲でドル箱が7箱積まれているので、1箱1,000枚=2万円として、画面に移っているメダルだけでも、14万円分の利益です。

 

北斗の拳 天昇

引用:セガサミー公式サイト

 

目押しのいらない押し順タイプATで、初心者でも気兼ねなく楽しめるパチスロです。
純増枚数は6.3枚/G、継続率は約85%という高い設定で、インターバルの減少区間はありません。
「北斗天昇」と呼ばれるこちらのパチスロも、Twitterに画像付きの万枚報告がありました。

 

 

ツイートをした人物が万枚を当てたわけではなさそうですが、たしかにその日の最高枚数には「10,827」という数字が輝いています。
北斗の拳シリーズでも万枚を狙える可能性はありそうですね。

 

Re:ゼロから始める異世界生活

引用:大都技研公式サイト

 

「リゼロ」の愛称で親しまれている人気アニメ作品のパチスロバージョンです。
AT終了まで高純増×一直線にメダルが増加する「AT ゼロからっしゅ」が最大の特徴で、平均上乗せゲーム数は約100Gです。
こちらも、複数の万枚報告ツイートがありました。

 

 

万枚を出しにくい6号機だからこそ、引き当てたときの喜びもひとしおという感じですね。
26回の連チャンを達成して、12,282枚を獲得しています。

 

 

この方は10,600枚を獲得し、投資した10,000円を差し引いても20万円の利益を出しています。
万枚は出にくいだけあって、隣り合った人からも祝福されたようです。

 

スーパーリノXX

引用:ヤマサグループ公式サイト

 

2018年12月という、6号機稼働直後に投入されたパチスロです。
ボーナスチャンス状態中のボーナスループ率が約85%という、かつて一世を風靡した「リノシステム」を再現しています。
「スーリノ」にも、Twitter上に万枚の報告例がありました。

 

 

最大差枚数が10,200枚をカウントしています。

 

 

こちらの方は、スーリノで10,183枚の回収を確定させたようです。
6号機だから万枚は出ないとは、一概に決めつけられないことがよくわかる結果ですね。

 

交響詩篇エウレカセブン3

引用:セガサミー公式サイト

 

全9種類のEPBBを視聴できることに加え、作中で使われた楽曲が計8曲も使われている、原作ファンによってたまらない作品です。
ハイパービッグボーナスでは約255枚を獲得でき、CM中の3回達成でSPEC3 MODEに移行できます。

 

 

あまり多くの報告例はありませんが、この方は10,022枚でギリギリながら万枚を達成しています。
原作ファンの方は、万枚の夢を追いながらエウレカ3を試してみましょう。

 

アイムジャグラーEX

引用:北電子公式サイト

 

チェリー成立時にボーナス当選のチャンスが訪れる「チェリー同時抽選」や、新登場の「JUGGLERランプ」など、新要素を詰め込んでリリースされた6号機です。

 

 

友だちが万枚を出したという報告でした。
Twitterを検索したところ、ジャグラーは8,000~9,000枚という惜しいところで万枚を逃す人が多い印象です。
「ジャグラーで万枚」はマウントを取れるほどの珍しい勝ち方なので、結果で自慢したい方は、狙ってみてはいかがでしょうか?

 

絶対衝激3

引用:七匠公式サイト

 

マッサージやナイトプールなどで心の距離を縮めて、デートやモテ期につなげるといったストーリー性のある6号機です。
男性ファン必見の絶対衝激3も、Twitterでいくつかの万枚情報が流れていますよ。

 

 

なんと初打ちで万枚を達成したという猛者がいました。
11,551枚でドル箱を、16箱も積み上げています。

 

 

パチンコ店勤務とみられる人物も、絶対衝激3で万枚を目撃したと証言していますよ。

 

6号機で万枚狙える台を探すよりも、オンラインカジノのほうが稼ぎやすい

ここまでに紹介してきたとおり、6号機でも万枚狙える台がいくつもあります。
しかし万枚達成はとても珍しいことで、期待値としてはあまり高くありません。
無理に万枚を狙うよりも、以下のメリットがあるオンラインカジノを利用するという選択肢ももつといいでしょう。

 

  • 還元率がパチスロ以上に高い
  • 全員が平等な条件でスロットに臨める
  • ボーナスを受け取って利用できる

 

それぞれを詳しく解説します。

 

還元率がパチスロ以上に高い

パチスロの還元率はおよそ85%とされていますが、オンラインカジノはそれを大きく上回る95~97%程度です。
還元率はプレイヤーの取り分を数値化したものなので、高ければ高いほど有利といえます。
数字上、パチスロよりも、オンラインカジノのほうが勝ちやすいことは明らかです。

 

全員が平等な条件でスロットに臨める

パチスロには目押しという要素がありますが、オンラインカジノのスロットには目押しがありません。
パチスロに慣れていない初心者でも、実力によって損をすることがなく、上級者とも平等にわたり合えるというメリットがあります。

 

ボーナスを受け取って利用できる

オンラインカジノには、入金額の100%を受け取れる「入金ボーナス」や、無料でスロットを回転させられる「フリースピン」などのボーナスがあります。
パチスロでは受け取れない・利用できないボーナスを駆使すれば、高額な賞金を獲得できるチャンスが増えるでしょう。

 

まとめ

6号機とは、2018年後半から登場したパチスロの新企画です。
5.9号機以前と比べて出玉の数が減っているため、10,000枚のメダルを獲得する「万枚」を出すことは困難とされています。
しかし、この記事で紹介したように、いくつかの機種には6号機でも万枚獲得の報告例がありました。

 

6号機で万枚を狙いたいという人は、まずこの記事で紹介した7つの機種に狙いをつけてみましょう。
どうしても目標を達成できない、思うように勝てないというときは、還元率が高くてボーナスも受け取れる、オンラインカジノのスロットにもチャレンジしてみてくださいね。