ポーカーのオールインはいつ使う?効果やメリット、注意点を徹底解説します

ポーカーでベットする資金はゲームの最中に変動していくため、いつの間にか予想外の金額につり上がってしまうことがあります。
自分自身で持っているチップが、テーブル上で行われている金額に達しないというケースも想定できますが、こういったシチュエーションでも、ゲームを継続するための方法が、「オールイン」です。

 

オールインを利用できる場面はほかにもあり、逆にライバルをオールインに追い込むための戦略として使ったり、強い自信をもっていることを示すサインとして使ったりすることもできます
この記事では、ポーカーの対人戦で強い効果を発揮するオールインについて、メリットや注意点、そして発動させると効果的なタイミングなどを詳しくご紹介します。

 

ポーカーのオールインとは

 

オールインがどのような制度なのかを一口でいうと、そのゲームの最中に所持しているチップの全額をベットするという戦略です。
その性質上、オールインを1度宣告すると、そのゲームが終了するまでの間は、追加でベットをすることができません。
また、 その段階でベットは完全に終了ということになりますので、ポットに積み上げられていくチップをもらうことも不可能です。

 

オールインを発動させるタイミングとは

 

オールインを利用できるシチュエーションは、大きくわけると、以下の3点になります。

 

  • 手持ちのチップが足りなくなってしまったとき
  • ライバルに心理戦を仕かけたいとき
  • 手札に強い自信をもっているとき

 

それぞれを詳しくご紹介します。

 

手持ちのチップが足りなくなってしまったとき

まずは、手持ちのチップが足りずに、ゲームを継続できなかった場合です。

 

画像引用:トランプスタジアム

 

この画像ではツーペアが揃っており、勝ちの見込みが強いシチュエーションです。
しかし、ライバルのレイズにより、ベットされた金額は3,000円につり上がってしまいました。
このゲームを続けるためには、少なくとも、ライバルに合わせた3,000円をベットしなければなりません。

 

ところが、手持ちの資金が足りない場合、3,000円を支払うことができない可能性があります。
せっかくツーペアが揃っていて勝算があるのに、ここでフォールドしてしまうのはもったいないですよね?
そんなときに便利なのが、オールインです。

 

オールインを選択すると、所持しているすべての金額を投じることで、ゲームを継続することができます。
仮に2,000円の余力しかないという場合、2,000円のオールインで、ゲームの継続が可能になるのです。
資金の問題でゲームを諦めるのが悔しいときは、オールインを使ってピンチを乗り切りましょう。

 

ライバルに心理戦を仕かけたいとき

自分の手札にあまり自信がなくても、あえてオールインに打って出ることでライバルを疑心暗鬼にさせられるかもしれません。
以下の画面は8のワンペアで、決してプレイヤーが圧倒的に有利とはいえない状況です。

 

画像引用:トランプスタジアム

 

こういったシチュエーションであえてオールインを選択すると、ライバルは「この人はかなり強い役を揃えているぞ」というような錯覚をすることがあるのです。
もし相手がKやAのツーペアを持っていたとしても、オールインの圧力に屈して相手を過大評価し、フォールドしてゲームから降りる可能性があります。

 

これを「ブラフ」といいますが、逆にブラフを見破られてしまった場合は、ライバルからの逆襲を受ける可能性があることも知っておかなければなりません。
無暗にオールインを続けていると、どんな手札でもオールインを仕かけてくるプレイヤーだとバレてしまいますから、ここぞというタイミングで活用することも重要です。

 

手札に強い自信をもっているとき

ほぼ確実に勝てるという確信をもっているときも、オールインは効果を発揮します。

 

画像引用:トランプスタジアム

 

この画面では、9とAという2つの強い数字でツーペアが完成しています。
Jをチェンジすれば、フルハウスを狙うこともできる状況です。
こういったシチュエーションでは、全額を投じて一気に勝負にでてもよいでしょう。

 

ただし、すぐにオールインを宣言してしまうと、相手が警戒してフォールドする確率が高くなります。
多くの資金を稼ぐためには、多くのプレイヤーにチップを出してもらわなければなりません。
まずはレイズなどのテクニックを使い、より多くのチップを引き出すための工作をすることが大切です。

 

オールインの計算方法

チップ不足時にオールインした場合、ほかのプレイヤー以下の賭け金で勝利する可能性があります。
このような状況で発生する不公平を防ぐために、オールインで勝った際は、配当の調整を行うことが普通です。
たとえば3人がゲームに残り、200ドルをAがオールインし、そのほかの2人が300ドルを賭けていた場合は、以下のような計算が成り立ちます。

 

プレイヤー

賭け金

獲得賞金

失う資金

払戻金

A

200ドル

600ドル

B

300ドル

200ドル

100ドル

C

300ドル

200ドル

100ドル

 

Aが賭け金として使ったのは200ドルなので、それ以上の配当を得ることはできません。
BとCから受け取った200ドルずつを加えて、獲得できる賞金は600ドルにとどまるのです。

 

反対にBとCは300ドルずつを支払っていますが、Aに支払うチップは200ドルです。
あまった100ドルは、それぞれのプレイヤーに返金という形で調整が行われます。

 

オールインで負けた場合は通常どおりに賭け金を支払う

オールインをした結果、 負けてしまった場合は、通常どおりに賭け金を支払います
賭けたお金は全額没収となりますが、複数のプレイヤーがオールインしていた場合は複雑な計算を行うことになりますので、簡単に計算法をご紹介しましょう。

 

まず、複数のプレイヤーがオールインし、その金額にばらつきがでたときは、メインポットとサイドポットの2つにわけて資金を扱います。
最小額となるオールインの金額を上限とし、あまったお金はすべてサイドポットに預けるという形で計算を行うのです。

 

Aが100ドル、Bが150ドル、Cが200ドルをオールインすると、以下のようになります。

 

プレイヤー

メインポット

サイドポット

A

100ドル

B

100ドル

50ドル

C

100ドル

100ドル

 

このケースで、各プレイヤーが勝利した場合の獲得賞金を表にまとめました。

 

プレイヤー

獲得賞金

A

300ドル

B

400ドル

C

450ドル

 

まず、メインポットにある資金を総取りできるのは、すべてのプレイヤーが同じです。
その後はサイドポットにベットしている金額を、サイドポットにある賭け金から受け取れます。
Bの場合は100ドル、Cの場合は150ドルを追加で受け取れる計算です。

 

仮にA、Bのどちらかが勝利した場合、Cにはサイドポットの資金が返金されます。
Aが勝利した場合はベットした100ドルが、Bが勝利した場合は50ドルを差し引いた50ドルが返金額です。
こういった複雑な計算は、テーブルについているディーラーが行うことが、一般的な流れになります。

 

オンラインカジノではオールインができない

オールインは古典的なポーカーゲームで活用する戦略ですが、オンラインカジノにはこういったタイプのゲームがほとんどなく、その代わりに「カジノホールデム」といった別ゲームが配信されています
ホールデムにはオールインといったシステムが備わっていないため、テクニックをオンラインカジノで生かすことはできません。

 

しかし、ホールデムにはホールデムならではの楽しさがあり、欧米では本家ポーカーを凌ぐほどの人気を誇っています!

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

ホールデムでは、中央に表示される最大5枚のトランプをディーラーと共有します。
最後に手札と組み合わせて、より強い役を作ったほうが勝利です。
初心者にも向いているゲームなので、ベラジョンカジノなどでプレイしてみましょう!

 

まとめ

ポーカーの基本戦略であるオールインは、レイズなどによって賭け金が積み上げられてしまい、ベットするチップがなくなった場合の救済策として利用できます。
そのほかにも、ブラフの一部として使ったり、高額配当を狙って使ったりなど、有効なシチュエーションを把握することによって、ポーカーを有利に進めることが可能です。

 

ただし、ベラジョンカジノやアロハシャークのような大手オンラインカジノでは、オールインを利用できるポーカーが配信されていません。
その代わりに、さらに奥深く駆け引きも不要なカジノホールデムなどのゲームを楽しめるので、そういったゲームにも注目して、オンラインカジノを楽しみましょう!