コンテンツ

【すぐわかる】31システム法のやり方を全解説!有効なカジノゲームや注意点も解説

カジノで行われるギャンブルは、スリルと緊張感を演出してくれるため、日常では味わうことのできない、非日常感を感じさせてくれます。
海外旅行に行ったことがある方の中には、カジノで遊ばれた方もいることでしょう。

 

最近ではベラジョンカジノなどのオンラインカジノも本格的にサービス提供されていることから、オンラインカジノを利用している方も多く、カジノゲームはより身近なものとなっています。
しかし、オンラインカジノであっても、リアルカジノと同様にカジノゲームで利益を出し続けることは非常に困難なことであるため、ほとんどの人が資金を減少させてしまいます。

 

そこで今回は、カジノゲームで利益を出す方法のひとつである31システムについて、使い方やシュミレーション、注意点などについて詳しく解説を行います。

 

31システム法とは?

31システム法とは、カジノゲームを行う上で、利益を出すために使用される方法です。
賭け金を最大31チップ利用することから、31システム法と呼ばれています

 

31枚のチップを利用するということで、1チップ1ドルなら最大31ドル使うことになりますが、いくらのチップを使うかは、プレイヤーの資金力に応じて異なります。
いくらのチップを使ったとしても、31システム法を利用することが可能です。

 

2連勝するだけで利益が確定する

31システム法を使うと、それまでの戦歴に関係なく、2連勝すると利益が確定する仕組みになっています。
2連勝するだけで利益が確定することから、余計なことは考えずにゲームを楽しむことが可能となります。

 

また、システムは慣れるまでは複雑に感じてしまうかもしれませんが、勝ちのパターンを作るという意味では、初心者にもおすすめの方法となっています。

 

資金管理がしやすくて初心者におすすめ

31システム法を使うことで、資金管理がしやすくなります。
そのため、カジノゲーム初心者にもおすすめの方法です。

 

慣れるまでは、進め方に戸惑うかもしれませんが、メモなどを使えば初めてでも問題なく進めることが可能です。
ひたすらナンピンを繰り返すような、賭け金がどんどん増えていく方法ではないので、初心者でも安心して使うことができます。

 

連勝できなくても大きな損失が出ない

31システム法は、カジノゲームの必勝法ではないため、負けてしまうこともあります。
しかし、その場合であっても1チップ1ドルで賭けていた場合の最大損失は31ドルになるので、多くのお金を失うことはありません
31システム法を使うことで、大きな損失を出すリスクを抑えながら、カジノゲームを楽しむことが可能となります。

 

カジノゲームを進めるにあたり大切なことは、勝つことよりも、負けないことです。
そのためのひとつの方法が31システムであり、この方法を使って効率よくゲームを進めていきましょう。

 

31システム法のシュミレーション

31システムはカジノゲームで使われる方法であり、特に初心者にとって大きなメリットがあることを解説してきました。

 

ここからは、実際に31システム法を使った場合のシュミレーションを行います。
31システム法の設定方法、ゲームに負けた場合、勝った場合に分けて、それぞれ解説を行います。

 

1単位の金額を設定する

31システム法でカジノゲームに臨むにあたり、まず最初にやるべきことは1ベット単位をいくらで進めるかということです。
いくらのチップを使用してもゲームを進めることは可能ですが、ここでは分かりやすくするために1チップ1ドルで解説していきます。

 

31システム法では、合計31枚のチップを使用することから、この場合では31ドル必要ということになります。
続いて、準備した31枚のチップを9回に分けて賭けていくことになります。

 

分け方は以下の表のとおりです。

 

A-1、1ドル

A-2、1ドル

A-3、1ドル

B-1、2ドル

B-2、2ドル

C-1、4ドル

C-2、4ドル

D-1、8ドル

D-2、8ドル

 

このように、31ドルをA-1~D-2まで、それぞれに分けて、ゲームを開始します。
ゲームの開始はA-1から始まり、ゲームの勝敗によって、次のゲームの賭け金が変わってきます。

 

負けた場合は右隣の賭け金でプレイする

まずは、A-1からゲームに臨みます。

 

A-1は1チップのため、最初のゲームでは、1ドル賭けることになります。
最初のゲームで負けてしまった場合には、右隣のA-2に移動し再度1チップを賭けて勝負します。

 

A-2、A-3でも負けてしまった場合には、下段であるB-1に移動し、今度は2チップを賭けて勝負することになります。
同様に負ける度に右隣へ移動していき、右隣が無くなったら下段の1に移動します。

 

負け続けてD-2まで行ってしまい、そこでも負けてしまうと、負けが確定します。

 

勝利した場合は下の段に移動して始める

ゲームに負けた場合は右隣へ移動していましたが、ゲームに勝った場合は、ひとつ下の段に移動します。
つまり、勝ち金を上乗せし、再ベットして勝負をするということになります。

 

例えば、A-2で勝利した場合は、B-1に移動し、C-2で勝利した場合にはD-1に移動します。
D-1、D-2で勝利した場合には、Eは存在しませんが、勝ち金を上乗せして再ベットするということで、16ドルベットでの勝負となります。
これを2連勝するまで続けることにより、どこかのタイミングで2連勝すれば利益が確定します。

 

最終収支の確認

31システム法は、2連勝した時点で辞めると利益が確定する仕組みになっています。

 

 

A-1

A-2

A-3

B-1

B-2

C-1

勝敗

負け

負け

負け

負け

勝ち

勝ち

収支

-1

-2

-3

-5

-3

+1

 

上記の表では、B-1まで負け続け、B-2、C-1と連勝することで、収支がプラスとなりました。
このように、D-2までの間に2連勝するタイミングがあり、そこでやめることができれば利益が確定するのです。

 

31システム法が使えるゲーム

上記のとおり、31システム法はカジノゲームにおいて、負ける確率を抑えることが可能な画期的な仕組みです。
しかし、どのゲームにも有効というわけではなく、31システム法が使えるゲームと、使えないゲームがあります。

 

31システム法が使えるゲームというのは大きく2つのポイントがあります。

 

1つ目のポイントは、勝率が約1/2のゲームで行うということです。
31システム法では、2連勝を成功条件にしているため、勝率が著しく低いゲームでは効力を発揮することができません。
ルーレットなら赤黒や偶数奇数、前半後半など、勝率が1/2に近いゲームを選択しましょう。

 

2つ目のポイントは、配当が2倍のゲームで行うということです、
31システム法では、勝ち金を上乗せして再ベットしていくことから、勝利配当1.5倍のような配当が2倍以下のゲームでは、効力を発揮することができません。

勝率と配当を確認し、31システム法が有効であるかどうかを判断してからゲームに臨みましょう。

 

では、31システムが有効に使える3つのカジノゲームを紹介します。
それぞれのゲームについて、どのような賭け方をすればいいのかを解説していきます。

 

ルーレット

ルーレットの赤黒賭け、奇数偶数賭け、前半後半賭けの場合は勝率は1/2であり、配当も2倍であることから、31システム法の有効条件を満たしています。

そのため、ルーレットにおいて、上記のような賭け方をする場合には、31システム法を用いてゲームを進めることをおすすめします。

 

 

ブラックジャック

ブラックジャックは勝ちか負けに選択するゲームであるため勝率は約50%となっています。
しかし、配当については、2倍であったり1.5倍であったりと変動を伴うため注意が必要です。

プレイする場所のレートなども確認してからゲームに臨むようにしましょう。

 

 

バカラ

バカラのバンカーやプレイヤーに賭ける場合には、勝率は約1/2であり、プレイヤーの配当は2倍であることから31システム法が有効となります。

しかし、バンカーに賭ける場合には、配当が1.95倍であることから、31システム法が成立しないことに注意しなくてはなりません。
勝率と配当のバランスを考えながらゲームを進めていく必要があります。

 

 

31システム法の注意点

31システム法は、カジノゲームにおいて、勝率と配当の条件を満たすことによって、効率的にゲームを進めることができます。

 

一方で、31システム法を利用する際には注意点もあります。
利用する場合の注意点をしっかりと押さえ、安定した利益獲得につなげましょう。

 

連勝しないと利益が出ない

31システム法は2連勝して初めて利益が確定する方法です。
そのため、単発な勝率や最後まで連勝がない場合には損失が発生してしまいます

 

また、仮に最後まで負けてしまったとしても、大きな損失にはつながりませんが、途中で連勝できたとしても大きな利益にはつながりません。
あくまで、初心者がカジノゲームを楽しむためのものであるため、ローリスクローリターンのシステムとなっています。

 

システムが複雑でわかりにくい

31システム法は、若干の複雑さを伴った方法であるため、最初のうちはデメリットに感じてしまうかもしれません。

 

他のカジノゲム攻略法である、パーレー法や、マーチンゲール法よりも複雑な進め方であることは確かです。
慣れないうちはメモなどを用意しておき、確認しながらゲームを進めることをおすすめします。

 

まとめ

今回はカジノゲーム攻略法のひとつである31システム法を解説しました。

 

31システム法は特に初心者におすすめの方法であり、大きな損失を防ぐことができます。
利用条件には勝率や配当などもありますが、システムをうまく利用することにより、楽しくカジノゲームをプレイすることが可能となります。

 

カジノゲームを行う場合は、予算の範囲内で行い、無理のないようにプレイしましょう。

「オンラインカジノTV」へようこそ!
オンラインカジノTVは、日本人プレイヤーの方にオンラインカジノの始め方、おすすめカジノ、攻略法などをお届けする情報発信サイトです。
初心者の方向けの基礎知識から、オンラインカジノでどんどん稼いでいきたいハイローラー向けの攻略法まで、幅広く情報をお伝えしていきます。

オンラインカジノは、信頼性のあるライセンスを取得している海外運営のカジノであれば合法的にプレイできます。
もちろん、当サイトで紹介しているすべてのカジノサイトや攻略法は、安全にプレイできることを確認済みです。
ぜひご安心いただき、ガッツリ遊んでガッツリ稼ぐ、充実したカジノライフを楽しんでくださいね!