グランパーレー法

【すぐわかる】グランパーレー法のやり方を全解説!有効なカジノゲームや注意点も解説

グランパーレー法の使い方やシミュレーションを紹介!注意点や連勝確率まで解説

カジノゲームの攻略法の1つに、「グランパーレー法」というものがあります。

 

グランパーレー法は連勝するほどにその配当が増えていくため、短時間で利益を上げられる可能性を秘めている戦略方法です。

ただし、1度の負けで今までの利益が失われてしまうリスクも伴います。

活用の仕方によってはそのリスクを最小限に抑えることも可能で、プレイヤーの勝負勘が鍵を握っています。

 

今回の記事では、グランパーレー法について、そのルールや注意点、使えるゲームの種類を解説。

実際に使ってみた場合のシミュレーションもご紹介していきます。

 

グランパーレー法とは

グランパーレー法は、前回のゲームの勝敗によって次のゲームのベット額を変える攻略法です。

連勝すればするほど雪だるま式に配当が増えていくため、最終的に大きな利益を生む可能性があるのです。

 

利益を追求した攻めの攻略法

グランパーレー法のルールは、以下の2つで表現できます。

 

  • ゲームに勝利した場合、次のゲームの賭け金を前回の賭け金の「2倍+α」にする
  • ゲームに負けた場合は次のゲームの賭け金を初期の設定に戻して再スタート

 

最初のゲームの賭け金、および勝利時に上乗せする「+α」の金額はプレイヤーの任意で設定します。

ただし、「+α」の金額を途中で変更してしまうと、損益の動きが読みにくくなってしまうため、一定にしておくようにしましょう。

 

グランパーレー法は、「パーレー法(逆マーチンゲール法)」をもとに発展させた攻略法です。

パーレー法は「ゲーム勝利時の次の賭け金を前回の2倍にする」といったもので、「+α」がないぶんグランパーレー法よりも勝利金の増え方がゆっくりですし、ゲームに負けた際のリスクも少なめ。

つまりグランパーレー法は、より利益を追求した”攻め”の攻略法だといえます!

 

 

連勝後に負けても利益が0になりにくい

グランパーレー法のメリットには「連勝後に負けても利益が残りやすい」というものがあります。

しかし、これは勝利セットを何度か積み重ねた場合のケースに限ります。

連勝するたびに賭け金がどんどんと増えていくグランパーレー法は、ゲームに負けた際の損失が今までの連勝で積み上げた利益を上回ってしまうため、必ず損失が出てしまう計算になっています。

 

そこで重要になるのが1セットを切り上げるタイミングの見極めです。

ある程度の連勝を重ねたところで1セットとして切りをつけ、賭け金を初期値に戻しておくのです。

次のゲームで負けたとしても、その場合の損失は、今までの利益を上回ることがありません。

つまりプラスで着地できるのです。

連勝の数にこだわって深追いしてしまわないよう、「3連勝で再スタートする」など、あらかじめ連勝回数の上限を決めておくことをおすすめします。

 

グランパーレー法が使えるゲーム

グランパーレー法は「勝率が50%のゲーム」でもっとも力を発揮します。

負けた際の損失が大きいため、これよりも低い勝率のゲームでは損失を取り返せない可能性が高くなるため、2分の1の勝利のゲームで実践してください。

具体的なゲームは次の3つです。

 

ルーレット

ルーレットは、ディーラーが回転するルーレット盤(ホイール)にボールを投げ入れ、プレイヤーがそのボールが落ちるポケットの番号や色を予想する、というゲームです。

当たれば配当が得られ、外れてしまうと賭け金が没収されます。

ルーレットではプレイヤーがチップを置く場所によって、勝率と配当が変わります。

勝率が50%になる賭け方は以下の3つです。

 

  • ポケットの色が赤か黒かを予想する「レッドorブラック」
  • ポケットの数字が奇数か偶数かを予想する「オッドorイーブン」
  • ポケットの数字が前半か後半かを予想する「ハイorロー」

 

これらいずれかの賭け方であればグランパーレー法が有効に働きます。

 

 

バカラ

バカラはトランプを利用したテーブルゲームです。

「バンカー」と「プレイヤー」それぞれに配られた最大3枚のカードの数字の合計下一桁が、より「9」に近いほうが勝利。

このバンカーとプレイヤーのどちらが勝利するかを予想しベットする、というルールです。

 

2つの選択肢のうちどちらかが勝ち、どちらかが負けるため勝率は50%ととなり、グランパーレー法の対象となります。

もちろん下一桁が同数になる可能性もあり、それを予想する「イーブン」という賭け方もあり、賭け方に三つの方法がある、3分の1の勝負といえなくもありません。

ただ、イーブンの勝率は10%以下と低く、しかもバンカーまたはプレイヤーに賭けた状態で結果がイーブンだと、賭け金が没収されることはなく払い戻されるため安心です。

 

実質2択のゲームとして、グランパーレー法で遊べます。

厳密にいうと、先にカードの数字が開示されるバンカー側の勝率が微妙に高く、そのぶん配当が5%ほど削られてしまいます。

より勝率の高い法を求める場合は、バンカーへ賭けることをおすすめします。

 

 

ブラックジャック

ブラックジャックもトランプを使ったテーブルゲームですが、バカラのように勝敗を予想するのではなく、ディーラーとの1対1の勝負でプレイします。

自身がプレイヤーとなり勝利を目指すゲームです。

 

勝利条件は、配られたカードの数字の合計が「21」に近いこと。

それぞれに配られた2枚のカードを確認(ディーラー側で開示されるのはこの時点で1枚のみ)し、必要に応じて「カードを追加するか、しないか」をプレイヤー側が決定します。

カードの追加は合計が「21」になるまで何枚でも追加できます。

ただし、4枚目を追加するカードを追加する行為の中でも「ダブルダウン」と呼ばれるものは、賭け金をさらに倍に追加しなくてはならないためグランパーレー法を使う場合は使用できません。

 

他にも「スプリット」「スイッチ」など発展系のプレイ方法がありますが、こちらも賭け金の追加を必要とするため、グランパーレー法の対象外です。

カードの数字の合計数が「21」を超えてしまうことを「バースト」といい、バーストとなった方は無条件で敗北となります。

お互いの合計が同数の場合は引き分けとなり、賭け金はそのまま払い戻されます。

カードの数字の合計数が「21」でプレイヤーが勝利した場合、配当は2.5倍。

この勝ち方を「ブラックジャック」と呼びます。

ルーレットやバカラよりも高額な配当の可能性があるのが、ブラックジャックの魅力です。

 

 

グランパーレー法のシミュレーション

ここでは実際にグランパーレー法を使った際の賭け金、収支の動きをシミュレーションします。

賭け金は「前のターンで賭けた額の2倍+α」です。

まずは特にルールを定めず、ランダムにプレイした場合を以下に表で示します。

 

ゲーム数 賭け金 勝敗 配当・損失 総収支額
1回目 $1 勝ち $2 +$1
2回目 $3($1×2+$1) 勝ち $6 +$4
3回目 $7($3×2+$1) 勝ち $14 +$11
4回目 $15($7×2+$1) 勝ち $30 +$26
5回目 $31($15×2+$1) 負け -$31 -$5
6回目 $1 勝ち $2 -$4
7回目 $3($1×2+$1) 勝ち $6 -$1
8回目 $7($3×2+$1) 負け -$7 -$8
9回目 $1 勝ち $2 -$7
10回目 $3($1×2+$1) 勝ち $6 -$4
11回目 $7($3×2+$1) 勝ち $14 +$3
12回目 $15($7×2+$1) 勝ち $30 +$18
13回目 $1 負け -$1 +$17
14回目 $1 勝ち $2 +$18
15回目 $3($1×2+$1) 勝ち $6 +$21

 

以降からは、グランパーレー法を利用するにあたってのポイントと、それを用いたシミュレーションで解説します。

 

賭け金(+α)と連勝回数を設定する

まず、シミュレーションするにあたっての前提条件を設定してみましょう。

今回は以下のような条件にします。

 

  • 初期賭け金は$1
  • 勝利時に追加する「+α」の金額は$1
  • 戦勝回数上限は3回まで
  • 総ゲーム回数は10回
  • プレイするゲームの勝利配当は2倍

 

実際にプレイする際は、プレイヤーで任意に設定して臨みましょう。

 

連勝する確率の目安

次に、勝率50%のゲームで10連勝するまでの確率を確認していきましょう。

当然連勝回数が多くなるごとにその確率は低くなっていきます。

 

連勝数

1勝

2連勝

3連勝

4連勝

5連勝

6連勝

7連勝

8連勝

9連勝

10連勝

確率

50%

25%

12.5%

約6.3%

約3.1%

約1.6%

約0.8%

約0.3%

約0.19%

約0.09%

 

このように10連勝はほぼありえないほどの確率まで下がってしまいます。

現実的なところでいうと3連勝までが妥当なところと判断できるでしょう。

 

連勝回数に達すると$1から再スタート

あらかじめ設定しておいた連勝回数に達した時点で1セットを切り上げ再スタートさせることは、グランパーレー法において重要なポイントです。

以下で連勝3回で切り上げた場合とそうでない場合を比較してみます。

 

【3回で切り上げる場合】

ゲーム数

賭け金

勝敗

配当・損失

総収支額

1回目

$1

負け

-$1

-$1

2回目(1勝)

$1

勝ち

$2

$0

3回目(2連勝)

$3($1×2+$1)

勝ち

$6

+$5

4回目(3連勝)

$7($3×2+$1)

勝ち

$14

+$12

5回目(再スタート)

$1

勝ち

$2

+$13

6回目

$3($1×2+$1)

負け

-$3

+$10

7回目(再スタート)

$1

勝ち

$2

+$11

8回目

$3($1×2+$1)

負け

-$3

+$9

9回目(再スタート)

$1

勝ち

$2

+$10

10回目(2連勝)

$3($1×2+$1)

勝ち

$6

+$13

 

【3回で切り上げない場合】

ゲーム数

賭け金

勝敗

配当・損失

総収支額

1回目

$1

負け

-$1

-$1

2回目

$1

勝ち

$2

$0

3回目

$3($1×2+$1)

勝ち

$6

+$5

4回目

$7($3×2+$1)

勝ち

$14

+$12

5回目

$15($7×2+$1)

勝ち

$30

+$27

6回目

$31($15×2+$1)

負け

-$31

-$4

7回目

$1

勝ち

$2

-$3

8回目

$3($1×2+$1)

負け

-$3

-$6

9回目

$1

勝ち

$2

-$4

10回目

$3($1×2+$1)

勝ち

$3

-$1

 

以上のように勝敗が同じ流れであっても、連勝を重ねたあとに負けてしまうと、そこまで積み重ねた利益がすべて失われてしまい、逆に損失が生まれてしまいます。

 

最終収支の確認 

最後に、ここまでの設定すべてに従ってプレイした場合、最終的にどのくらいの収支になるのかをシミュレーションしてみます。

 

ゲーム数

賭け金

勝敗

配当・損失

総収支額

1回目

$1

勝ち

$2

+$1

2回目

$3($1×2+$1)

勝ち

$6

+$4

3回目

$7($3×2+$1)

勝ち

$14

+$11

4回目(再スタート)

$1

負け

-$1

+$10

5回目

$1

負け

-$1

+$9

6回目

$1

勝ち

$2

+$10

7回目

$3($1×2+$1)

勝ち

$6

+$13

8回目

$7($3×2+$1)

勝ち

$14

+$27

9回目(再スタート)

$1

勝ち

$2

+$28

10回目

$3($1×2+$1)

負け

-$3

+$25

 

このように、3連勝後にセットを切り上げることで、次のゲームで負けてしまってもそれまでの利益を確保できます。

 

グランパーレー法を使う際の注意点

グランパーレー法は大きな利益を生む可能性を秘めていますが、そのぶんを逆に大きな損失を生んでしまう可能性もはらんでいます。

以下の注意点を抑えておき、実際のゲームに活用してください。

 

一度負けるだけで利益がなくなる

1セット単位で考えた場合、1ゲームの負けで今までの利益がすべてなくなってしまうことが、グランパーレー法のデメリットです。

ある程度連勝を重ね、利益が溜まった段階でそのセットを切り上げられれば利益が確保でき、直後のゲームで負けても損失を最小限に抑えられます。

 

確率で見るのであれば3連勝程度で仕切り直すスタイルが妥当です。

あらかじめ連勝上限を決めておきましょう。

 

連勝回数が少ないと利益があまり出ない

グランパーレー法は連勝が前提条件の攻略法です。

勝ちと負けが交互になる場合は損失が増えていきますし、連勝回数が少ないセットばかりだと利益の増え方も遅く、負けゲームの回数によっては損失が生まれることがあります。

 

【勝ち負けが交互に来てしまうケース】

ゲーム数 賭け金 勝敗 配当・損失 総収支額
1回目 $1 勝ち $2 +$1
2回目 $3($1×2+$1) 負け -$3 -$2
3回目 $1 勝ち $2 -$1
4回目 $3($1×2+$1) 負け -$3 -$4
5回目 $1 勝ち $2 -$3

 

テーブルリミットに到達するのが早い

各ゲームには、1ゲームあたりの賭け金の上限となる「テーブルリミット」が設定されています。

このテーブルリミットに達してしまうとグランパーレー法でのプレイが続けられなくなってしまうことに注意しましょう。

特に初期の賭け金や「+α」の金額を大きく設定している場合は、賭け金の上昇が速く、テーブルリミットにかかりやすくなります。

 

まとめ

グランパーレー法は、カジノゲームにおける攻略法の1つで、連勝を重ねるごとに大きな利益を得られる攻めの攻略法です。

 

  • ゲームに勝利した場合、次のゲームの賭け金を前回の賭け金の「2倍+α」にする
  • ゲームに負けた場合は次のゲームの賭け金を初期の設定に戻して再スタート

 

おおまかなルールは上記の2つ。

初期の賭け金や勝利時に追加する「+α」の金額はプレイヤーが任意に設定することが可能で、より利益を求める場合は高額に設定するといいでしょう。

ただし、負けた際の損失がそのぶん大きく膨らむことにも注意が必要です。グランパーレー法は勝率が50%のゲームでの活用がもっともおすすめです。

勝率が50%のゲームには以下のようなものがあります。 

 

【ゲーム 注意点】

ルーレット 「レッドorブラック」「オッドorイーブン」「ハイorロー」のベットのみ
バカラ 「イーブン」へのベットでは使えない
ブラックジャック 「ダブルダウン」「スプリット」「スイッチ」など発展系のプレイでは使えない

 

 グランパーレー法はゲームに負けてしまった際の損失が連勝を重ねたほど大きくなるため、1度の負けで今までの利益がすべてなくなってしまいます。

このような状況を避けるためには、ある程度の連勝で一度セットを切り上げる運用が有効です。

利益を確保した状態で初期賭け金に戻すことで、次のゲームで負けてしまっても損失が大きなダメージになりません。

連勝の確率で考えると、3連勝で一度仕切り直す程度が妥当でしょう。 

 

また、連勝が出ない、回数が少ない場合は利益の伸びが鈍く、逆に損失がかさんでしまうことがあります。

さらに初期賭け金や「+α」の金額を高額に設定してしまうとすぐにゲームのテーブルリミットに達してしまい、損失の回収ができなくなってしまいます。

テーブルリミットは事前に確認しておきましょう。

「オンラインカジノTV」へようこそ!
オンラインカジノTVは、日本人プレイヤーの方にオンラインカジノの始め方、おすすめカジノ、攻略法などをお届けする情報発信サイトです。
初心者の方向けの基礎知識から、オンラインカジノでどんどん稼いでいきたいハイローラー向けの攻略法まで、幅広く情報をお伝えしていきます。

オンラインカジノは、信頼性のあるライセンスを取得している海外運営のカジノであれば合法的にプレイできます。
もちろん、当サイトで紹介しているすべてのカジノサイトや攻略法は、安全にプレイできることを確認済みです。
ぜひご安心いただき、ガッツリ遊んでガッツリ稼ぐ、充実したカジノライフを楽しんでくださいね!