ピラミッド法とダランベール法はどう違う?攻略法の特徴や改良方法、検証結果をご紹介

 

オンラインカジノには、バカラやブラックジャックのような50%の確率で勝てるゲームの攻略法が多く、攻略法を生かすことで、勝率をさらに高めることができます。
大勝を狙うよりも無難に勝つことを優先する人が使う戦略がピラミッド法ですが、「どんな特徴をもつ攻略法なのか」「欠点を補う改良方法はあるのか」などが気になる方は多いのではないでしょうか。

 

この記事では、ピラミッド法に関するさまざまな情報を検証結果と合わせて解説し、「ダランベール法」との違いについても解説します。

 

ピラミッド法とは

Casino gold roulette stopped close up with white ball. 3d rendering illustration

 

ピラミッド法とは、オンラインカジノのルーレットやバカラで使える攻略法の一種で、勝ったらベット額を減らし、反対に負けたらベット額を増やすという戦略です。


とくに連勝できた場合に効果を発揮し、常に過去のゲームで得た資金の一部を手元に残し続けられるため、精神的に落ち着いた状態で遊び続けられることがメリットになります。


まずは、ピラミッド法の基本的な流れをチェックしましょう。

 

  1. 任意の金額をベットしてゲームをはじめる
  2. 勝った場合は1単位を減らしてゲームを続ける
  3. 負けた場合は1単位を増やしてゲームを続ける
  4. 連勝して賭け金が0になったらサイクルを終える

 

たとえば10ドルからスタートして単位を1に決めた場合、初回のゲームに勝ったら次回のゲームで9ドルを賭け、負けた場合は次回のゲームで11ドルを賭けます。
このケースでは、初回から10連勝できれば用意した10ドルをすべて消化するため、その段階でピラミッド法の1サイクルは終了です。
サイクルを終えた後は、その段階でゲームをやめるか、1ドルを賭けた状態でゲームを続ける安全策をとるか、賭け金を10ドルに戻してやり直すかのどれかを選びましょう。

 

ピラミッド法は「ダランベール法」と同じもの

オンラインカジノの攻略法はほかにもたくさんあり、詳しい方は、ピラミッド法の概要を知った際に「ダランベール法とよく似ている」と感じるかもしれません。
実はピラミッド法とダランベール法はまったく同じ原理を使った攻略法であり、名前が違うだけで、どちらも内容は一緒です。
ダランベールという名前は、ピラミッド法を発明したフランス人数学者の名前で、同じ攻略法がピラミッド法と呼ばれることもあれば、ダランベール法と呼ばれることもあります。

 

オンラインカジノTVでも、ダランベール法について詳しく取り上げ、オンラインカジノで検証をおこなった別記事をご用意しています。
この記事では、ダランベール法の記事と内容が被らないように、改良版のピラミッド法を使った検証結果をご紹介しますので、ピラミッド法の基本を知りたいという方は、ぜひ別記事もチェックしてみてくださいね。

 

ピラミッド法を生かせるゲームの種類

ピラミッド法は、以下の条件を満たすゲームで適用できます。

 

  • 50%の確率で勝てるゲームや賭け方
  • なおかつ引き分け(タイ)の場合は賭け金を返金してくれるゲーム
  • あるいは引き分けという概念がないゲーム

 

以上の理由から、ピラミッド法を生かせるのは、以下のようなゲームです。

 

  • ルーレットの赤黒賭けや偶数奇数賭け
  • バカラ
  • ブラックジャック
  • シックボー

 

上記のゲームならどれを選んでもピラミッド法を試せますが、ルーレットの場合は「0」という赤でも黒でもない数字が混ざるため、厳密には勝率が50%に届きません。
ブラックジャックは比較的時間がかかり、シックボーは導入していないオンラインカジノもあるので、このなかからゲームを選ぶなら、スピーディに決着がつくバカラをオススメします。

 

 

ピラミッド法のメリット・デメリット

ピラミッド法のメリット・デメリットを解説します。
まずはそれぞれを整理してみましょう。

 

  • ピラミッド法のメリット
    ・常に利益を守りながらプレイできる
    ・連敗したとしても傷口が広がりにくい
    ・負け越しても収支がプラスになることがある
  • ピラミッド法のデメリット
    ・連勝できないと稼ぎにくい
    ・連勝の後に連敗すると5勝5敗でも赤字になる

 

この後の項目で、それぞれのポイントを詳しく解説します。

 

ピラミッド法のメリット

まずはピラミッド法の3つのメリットを見てみましょう。

 

常に利益を守りながらプレイできる

ピラミッド法は「守備的な戦略」と呼ばれることがありますが、そういわれる理由は、ゲームで勝つたびに賭け金を減らしていくという原則をもっているためです。
たとえば10ドルを賭けて勝利した場合、10ドルの利益を獲得できますが、この次のゲームに賭けるお金は、1単位を減らして9ドルになります。
つまり、2回目のゲームで負けてしまったとしても、1ドルの利益が手元に残ることは確定するので、勝ちが先行している間は、常に利益を守りながらプレイすることが可能です。

連敗したとしても傷口が広がりにくい

ゲームに負けた場合、ピラミッド法ではそれを取り返すために賭け金を増やすことになりますが、この場合に増やす金額も、1単位ごとに限定されます。
10ドルで負けた次のゲームは11ドル、それで負けた次のゲームは12ドルと緩やかに賭け金が増えていくので、連敗しても傷口が広がりにくいことがメリットです。
同じ攻略法でも、たとえばマーチンゲール法の場合は一気に負けを取り戻すことを狙う攻略法なので、10ドルで負けた次のゲームでは20ドルを、それで負けた場合は次に40ドルを賭けなければなりません。

負け越しても収支がプラスになることがある

たとえば負けと価値を交互に繰り返したとしても、最初に賭ける金額と増減させる単位を同じ金額にセットしておけば、負け越したとしても、収支をプラスにもっていける可能性があります。
仮に5ドルのベットからゲームをはじめて、1単位を同じ5ドルにした場合、負けと勝ちを交互に繰り返し、9・10ゲーム目で連敗したとしても、5ドルの利益を確定させることが可能です。
攻略法を使わずに同じ金額を使い続けた場合、負け越すと必ず赤字が発生しますから、ピラミッド法を使うと、普通に遊んでいるときよりも勝率を高められます。

 

ピラミッド法のデメリット

続いて、ピラミッド法のデメリットを2つご紹介します。

 

連勝できないと稼ぎにくい

ピラミッド法には、負けたときに減るお金が緩やかであるのと同時に、勝ったときに増えるお金も緩やかという特徴があります。
勝ち負けを繰り返していると、一定のラインで単位の増減を繰り返すだけになってしまい、劇的に資金を増やすことができません。
目標としている金額を稼ぐためには連勝を続ける必要があるので、攻略法を完走するまでに時間がかかりやすいことがデメリットです。

連勝の後に連敗すると5勝5敗でも赤字になる

賭け方によっては、負け越しても利益を生み出せるピラミッド法ですが、逆に5勝5敗というイーブンなスコアでも大きな赤字を生むリスクを秘めています。
たとえば賭け金が5ドル、1単位を1ドルに設定して5連勝し、そこから5連敗してしまった場合は、合計で20ドルの赤字が出てしまうのです。
負け続けるとそのぶんだけベット額が増えますから、10回目のゲームでは9ドルを賭けることになり、このゲームで敗れると、それだけ9ドルを失ってしまいます。

 

ピラミッド法を改良する方法はある?

ピラミッド法を改良する方法として、2つの対策をご紹介できます。
この後の項目では、それぞれの改良法を使ったピラミッド法のシミュレーションをおこなうので、どのような改良を加えるのか、確認しておきましょう。

 

改良法①:賭け金が0になったら最初のベット額に戻す方法

ピラミッド法を使って連勝できると、少しずつ単位を消化して賭け金が減っていくので、最終的には賭けられる金額がなくなってしまいます。
これでピラミッド法のサイクルは終了となり、ゲームを止めたり、そのまま最小ベット額の1ドルを賭け続けたりすることが普通ですが、改良法としては「賭け金を最初のベット額に戻す」という方法が有効です。
たとえば10ドルからゲームをはじめた場合は、賭け金が0になった段階で10ドルをベットして、そこからピラミッド法を再開しましょう。

 

改良法②:買った場合にベット額を増やし、負けたら減らす方法

通常のピラミッド法は「勝ったときに賭け金を減らして、負けたときに賭け金を増やす」というものですが、これを逆転させる改良法です。
勝ったときに儲かる金額が飛躍的に増える戦略で、これは「逆ピラミッド法」あるいは「逆ダランベール法」と呼ばれることもあります。
ただし、連勝すればするほど負けたときの損失も大きくなるハイリスクハイリターンな戦略になるので、「気がついたときには大金を失っていた」ということが起こらないように注意しましょう。

 

ピラミッド法のシミュレーション

この項目では、アロハシャークのバカラを使ってピラミッド法のシミュレーションをおこないます。
基本的なシミュレーションについては「ダランベール法」の記事のなかですでにご紹介しているので、ここでは先ほどの改良法を使ったシミュレーションを実施しました。
アロハシャークには無料の練習モードも搭載されているので、本当に攻略法を生かせるのか気になったら、ぜひご自身でもピラミッド法を試してみてくださいね。

 

改良法①を使ったシミュレーション

ここからは、ピラミッド法の改良法を使ったシミュレーションをおこないます。
賭け金を3ドル、1単位を1ドルに設定して、バカラをプレイしてみましょう。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

1回目のゲームに勝てたので、次は2ドルを賭けます。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

2連勝です。
さらに単位を減らして、1ドルをベットします。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

今度は外れてしまったので、次のゲームでは単位を増やして2ドルを賭けます。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

勝ちました。
賭け金を1ドルに戻して、ゲームを続けます。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

勝てたので、これでピラミッド法はクリアになります。
このまま終わらずに、元の3ドルに戻して再びゲームを続けましょう。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

このゲームでも勝てたので、結果的に1ドルを賭け続けるよりも多く儲けることができました。
ここまでの収支を表にまとめたので、チェックしてみましょう。

 

ゲームの回数

勝敗

賭け金

収支

1

勝ち

3ドル

+3ドル

2

勝ち

2ドル

+5ドル

3

負け

1ドル

+4ドル

4

勝ち

2ドル

+6ドル

5

勝ち

1ドル

+7ドル

6

勝ち

3ドル

+10ドル

 

最後まで1度も赤字を出すことなく、ピラミッド法をクリアできていますね。
仮に7回目、8回目で連敗したとしても、それぞれのベット額は4ドルと5ドルの合計9ドルなので、1ドルは黒字で残すことになります。

 

改良法②を使ったシミュレーション

続いて、2つめの改良法を使ったシミュレーションをおこないます。
今度は、単位を増やす場面と減らす場面を逆転させる「逆ピラミッド法」を試してみましょう。
先ほどと同じく3ドルでゲームをはじめて、単位はドルに設定しました。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

初回のゲームに勝ったので、3ドルを儲けることができました。
通常のピラミッド法では賭け金を2ドルに減らしますが、今回は逆に1ドルを増やします。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

負けてしまったので、賭け金を1ドル減らします。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

今回は勝てたので、もう1度賭け金を4ドルにアップします。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

今回も勝てました。
さらに1ドルを追加してベットします。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

まだまだ続けてみましょう。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

6ドルのベットにも勝利しました。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

7ドルのベットで連勝はストップです。
ここまでの結果を見てみましょう。

 

ゲームの回数

勝敗

賭け金

収支

1

勝ち

3ドル

+3ドル

2

負け

4ドル

-1ドル

3

勝ち

3ドル

+2ドル

4

勝ち

4ドル

+6ドル

5

勝ち

5ドル

+11ドル

6

勝ち

6ドル

+17ドル

7

負け

7ドル

+10ドル

 

最後のゲームで負けて過去最高額の7ドルを失いましたが、それでも10ドルが黒字で残っています。
8回目のゲームで負けても、賭け金は6ドルなので4ドルの黒字です。
もし8回目のゲームで勝てば、プラス16ドルまで盛り返すことができますよ。

 

まとめ

ピラミッド法は「ダランベール法」と呼ばれることもある攻略法で、勝った場合に賭け金を減らし、負けたときに賭け金を増やすという賭け方をします。
派手に稼ぐことが難しい攻略法ですが、ピラミッド法を改良することによって、通常のピラミッド法以上に稼ぐことができますよ。
アロハシャークでは、ピラミッド法を使えるバカラを無料で体験できるので、ぜひこの記事と関連記事を参考にしながら、ピラミッド法を試してみてくださいね。

 

★★ オンラインカジノTV限定!入金不要ボーナス40ドルを自動付与! ★★