バカラ賭博が違法になる理由とは?オンラインカジノのバカラが合法な理由も解説

トランプを使ったシンプルなゲームであるバカラは、カジノ初心者から上級者まで楽しめるため、「カジノの王様」と呼ばれることもあるゲームです。
しかし、日本では賭博行為が禁じられているので、バカラに金銭を賭けるバカラ賭博は違法にあたり、摘発や逮捕の件数は決して少なくありません。

 

有名人によるスキャンダルの事例もあるバカラ賭博は、なぜ日本国内で行うと違法になるのでしょうか。
オンラインカジノで行うバカラが合法的な理由も交えながら、この記事で詳しく解説します。

 

バカラ賭博とは何か

 

バカラは「カジノの王様」と呼ばれることもあるほど多くの人に愛されており、合法的な場でも、違法な場でも行われています。
まずはバカラとはどのようなゲームなのか、そしてなぜ圧倒的ともいえる人気を獲得しているのか、その理由に迫りましょう。

 

バカラとは

バカラは2~3枚のトランプを使って行うテーブルゲームの一種で、「プレイヤー」「バンカー」と呼ばれる2つの手札にわけてトランプが配られるところからゲームがはじまります。
トランプの数字を合計した数が9に近いほうの勝ちとなり、参加者はプレイヤーとバンカーのいずれかに賭け、どちらの手札が強いかを予想するというゲームです。

 

バカラは非常にシンプルなゲームのため、勘で賭けても50%の確率で勝てるという初心者にも有利な仕様も手伝い、ラスベガスをはじめとするリアルカジノでも定番ゲームのひとつになっています。

 

バカラ賭博が人気な理由

バカラはトランプの合計数を二者択一で予想するゲームであり、かつての日本人を熱狂させてきた「丁半賭博」との共通点も多いゲームです。
勝率は50%のため、1度負けても「次で勝てば取り返せる」、2度続けて負けても「次で倍額を賭けて一気に取り戻す」といった心理状態になりやすく、これが多くの人を熱狂させています。

 

バカラは「金持ちが最後にたどり着く遊び」といわれるほどのゲームであり、各界の著名人にも愛好家が少なくないといわれています。
たとえば、「ハマコー」の愛称で親しまれた故・浜田幸一氏など、著名な政治家もバカラ愛好家のうちの一人です。

 

裏カジノの多くがバカラに特化している

東京や大阪、名古屋、横浜、京都などの都市部には、違法な営業を行っている裏カジノ(闇カジノ)が多く存在します。
こういった裏カジノで行われている賭博の大半がバカラだという指摘も多いほど、日本国籍を持つ一般人の間でもバカラ賭博は浸透している様子です。

 

ただし、次の項目で詳しく解説しますが、裏カジノでのバカラ賭博は犯罪行為にあたるので、絶対に裏カジノを利用してはなりません。

 

バカラ賭博はなぜ違法なのか

 

バカラ賭博は、賭博という名前がつくことからもわかるとおり、日本国内で行うと違法です。
なぜバカラ賭博が違法になるのか、法律を確認しながら見ておきましょう。

 

刑法により禁止されている

日本の刑法には「賭博及び富くじに関する罪」があり、これに該当すると賭博罪、もしくは常習賭博罪に問われます。

 

    • 単純賭博罪:50万円以下の罰金又は科料
    • 常習賭博罪:3年以下の懲役

 

単純賭博罪か常習賭博罪かをわけるポイントとなるのは、文字通り常習性の有無です。
賭けた金額や賭博行為の回数、前科の有無などを総合して、賭博罪か常習賭博罪かを判断します。

 

バカラに限らずルーレットやスロットなどすべてのカジノに適用され、野球賭博をはじめとするスポーツ賭博を罰することのできる法律です。

 

胴元と利用者の両方が摘発される

賭博及び富くじに関する罪では、利用者が単純賭博罪や常習賭博罪に問われることに加えて、運営者には賭博場開帳図利罪・博徒結合図利罪が適用されます。
これは賭博場を開き、博徒(顧客)を集めたことに対する罪であり、適用された場合は3ヶ月以上5年以下の懲役となる重罪です。

 

賭博を行っている利用客だけを発見して摘発することは難しいため、警察は賭博場の場所や実態の調査を行い、胴元を摘発する形で逮捕にこぎつけています。
その場に居合わせた利用客は賭博の現行犯で逮捕される可能性が高いほか、顧客名簿等に名前が載っていた場合、その場にいなくても逮捕される可能性があるため注意しなければなりません。

 

また、運営者だけではなくアルバイトなどの従業員も逮捕されることになるので、高額な時給で勧誘されたとしても、裏カジノで働くことは非常に危険です。

 

賭博以外の犯罪に巻き込まれることも

バカラ賭博を開いているのは反社会的勢力である場合が多く、利用すると賭博以外の犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

 

もし、賭博に加担したことをネタに脅迫されたとしても警察に相談することは困難なうえ、金銭を要求されたり、監禁されたり、暴行されたりといった被害がないとも限りません。

 

イカサマのような詐欺行為の被害を受ける場合もあるので、バカラ賭博に加担することはあらゆる意味で危険です。

 

大王製紙元会長の逮捕は例外的

2011年11月、会社の資金106億円を不正に持ち出してバカラ賭博を行っていたとして、大王製紙の元会長に懲役4年の実刑が確定するという事件が起こりました。
これもバカラ賭博に端を発した逮捕劇ではありますが、逮捕の容疑は賭博ではなく横領・背任なので、賭博罪とは別件の例外的な事件として考える必要があります。

 

大王製紙元会長がバカラ賭博を行っていたのは、バカラが合法化されている海外のカジノであり、バカラに金銭を賭けたこと自体は法律に触れるものではありませんでした。
問題となったのは会社の資金を個人的に流用したことであり、事件の発覚後に会長職を解かれ、逮捕・収監へと至ることになったのです。

 

なお、大王製紙元会長は「国内のバカラは不正が行われるから負けるが、海外なら不正がないから勝つことができる」と話していたとされます。
この主張が正しいことは確かなのですが、元会長が巨額の損失を出したことも事実です。
合法だとしても、バカラにのめり込みすぎるのは危険です。

 

IR法案成立でバカラ賭博は合法になる?

IR法案が成立し、2025年を目途に日本国内にリアルカジノが誕生する可能性が高まっています。
日本に誕生するカジノにも、人気あるバカラは当然採用されるとみられており、これをリアルカジノの中で楽しむのはもちろん合法です。

 

しかし、日本国内にカジノが誕生したとしても、全国すべての遊技場などでカジノが解禁されるわけではありません。
バカラ賭博が合法として認められるのは、あくまでも認定を受けた施設内に限られます。
リアルカジノ誕生後にちまたで行われるバカラ賭博は、今と同じく違法なままなので、「合法だからバカラで遊びませんか?」と声をかけられたとしても信じてはいけません。

 

バカラ賭博の摘発例

 

バカラ賭博は頻繁に摘発されており、運営者・利用者を問わず多くの逮捕者を出しています。
今回は3つの摘発例を紹介するので、バカラ賭博に参加することがいかに危険か知っておきましょう。

 

名古屋市中区のインターネットカジノ店

2021年4月、名古屋市西区でインターネットカジノ店を開いていた47歳の男が、バカラ賭博を行わせた疑いで逮捕されました。
この事件では、運営に関わっていた合計3人のスタッフに加えて、客としてインターネットカジノ店を訪れていた2人も逮捕されています。

 

この裏カジノ店は1日に100万円前後の売り上げを記録していたとみられており、売上金は暴力団の資金源として使われていた可能性もある様子です。

 

横浜市中区のバカラ賭博店

2016年3月に横浜市中区でバカラ賭博店が摘発された事例であり、この裏カジノはわずか3ヶ月程度の運営で約4億5千万円を売り上げていたとのことです。

 

この裏カジノは完全招待制で運営しており、警察の摘発を逃れていましたが、賭博に参加していた顧客から警察へ相談したことが摘発のきっかけとなりました。

 

店舗は赤坂から六本木のマンションの一室、そして横浜に転々とし、摘発を受けた際に時間稼ぎをするため、入り口には約1トンの扉を用意するなど周到な準備もしています。
これだけの対策をしていても結果的に摘発を受けることになり、この事件では従業員と賭博に参加していた客の合計16人が逮捕されました。

 

新宿歌舞伎町のバカラ賭博店

2018年6月、新宿歌舞伎町で違法に運営していたバカラ賭博店が摘発された事件です。
この事件では、従業員とみられる男15人に加え、客の男女13人も逮捕されています。
店舗には看板などが掲げられておらず、二重扉を通過しなければ入店できない厳重な仕組みだったこともあり、逮捕された人物の中には、より重い常習賭博罪が適用された人もいます。

 

また、この裏カジノの運営には指定暴力団が関与した可能性が高く、売上金が上納された形跡もみられたとのことです。

 

バカラ賭博を装う詐欺も起きている

変則的な摘発の事例としては、2016年9月に東京都で発生した、バカラ賭博を装った詐欺事件の例が挙げられます。
この事件では、犯人が被害者に対して「バカラ賭博は絶対に店が勝てる」と話して共犯を持ち掛け、客が負けた分が報酬となり、反対に客が勝った分は補填するという内容の契約を結びました。

 

被害者は儲け話としてこの提案に賛同していましたが、実際にはイカサマによって客が勝ち続け、被害者は加害者から約300万円の補填を要求されています。

 

結果的に、被害者は加害者の要求通り300万円相当の金品を奪われているので、これはバカラ賭博にはどんな形で参加したとしても危険であることがよくわかる事例です。

 

バカラ賭博が違法でオンラインカジノのバカラが合法的なのはなぜ?

 

バカラ賭博が違法で危険だとわかると、「じゃあどうしてオンラインカジノのバカラは安全で合法的なの?」といった疑問が生じるのではないでしょうか。
日本国内で行われているバカラ賭博と、海外で行われているバカラとの間には決定的な違いがあり、合法か違法かをくっきりとわけています。

 

海外で開催されているカジノで日本人が遊ぶのはなぜ合法なのか、そして注意すべきオンラインカジノはどんなサイトなのかという点を詳しく解説しましょう。

 

海外で行われている賭博に日本の法律は適用できない

賭博罪に限らず、日本の法律を適用できるのは日本で行われた犯罪行為だけであり、海外で行われている行為を取り締まることはできません。

 

たとえば、大麻が合法な国で暮らす人が日本滞在中に大麻を使えば罪になります。
反対に、大麻合法国に旅行している日本人が現地で大麻を使ったとしても逮捕されることはないのです。

 

賭博に関してもそれと同じで、ラスベガスやマカオ、シンガポール、韓国といった国々ではリアルカジノで行う賭博が合法化されているため、現地でバカラ賭博を行ったとしても罪になりません。
多くの日本人が現地を旅行した際にカジノで遊んでいますが、こういった日本人が現地や帰国後に逮捕されないのは、バカラ賭博が合法な国でバカラを行っているためです。

 

海外のオンラインカジノなら日本国内から利用するのも合法的

それでは日本国内からアクセスできるオンラインカジノはどうなのかという話をしましょう。

 

オンラインカジノも運営会社が登記する国の法律に則って営業しています。
つまり、賭博が違法な日本で運営しているオンラインカジノは違法ですが、バカラをはじめとするカジノが合法な国で運営しているオンラインカジノは合法ということになるのです。

 

法律違反をしていない運営会社を現地の警察が裁くことはあり得ないので、サイトが摘発される可能性はなく、安全に利用できるということです。

 

違法なオンラインカジノには要注意

先ほども説明したとおり、オンラインカジノが合法なのは、あくまでもカジノ合法国で運営されているオンラインカジノに限った話です。
万が一、運営会社が日本にあり、日本国内に住む人だけをターゲットにオンラインカジノを開いている場合は、このサイトを利用すると賭博罪が適用されることになるため注意しなければなりません。

 

オンラインカジノに登録・利用する際は、事前に運営会社をきちんと確認して、カジノ合法国で運営されているかどうかをチェックしましょう。
運営会社が日本にあることがわかったり、どこにあるのかはっきりと記されていなかったりする場合は、そのサイトを信頼することはできません。

 

オンラインカジノで遊べる合法的なバカラ賭博のおすすめタイトル

海外で運営しているオンラインカジノは合法なので、そういったサイトを利用して日本国内からバカラをプレイするのは合法的です。
海外のリアルカジノをいつでも好きなタイミングで利用することは困難です。
とくに、コロナ禍の現在はカジノのある国に旅行すらできません。

 

しかし、オンラインカジノなら24時間いつでも好きなときにバカラを楽しむことができるため、合法的にバカラで遊びたいという方はオンラインカジノを利用しましょう。

 

この項目では、オンラインカジノで遊べるバカラゲームの中で、初心者から上級者まで楽しむことができるおすすめのタイトルを3つ紹介します。
ボーナスの内容がいいアロハシャークやサプライズキャッシュバックが特徴的なミスティーノカジノで遊べるタイトルをピックアップしているので、気になるゲームが見つかったらさっそくアクセスしてみましょう。

 

ミニ・バカラ

画像引用:ミスティーノカジノ

 

1ドルからベットできるシンプルなゲームであり、どちらに賭けるかを選んでからディールをクリックするだけで、自動的にトランプがめくられます。
ベット額の上限は100ドルなので、ハイローラーにとっては物足りなさを感じるかもしれませんが、気軽にバカラを試したいという方やボーナスを使って遊びたいという方に最適です。

 

画像引用:ミスティーノカジノ

 

このようにカウントも自動的に行われるので、自分自身でトランプの数字を計算する必要もなく、サクサクとゲームを進めることができます。
これまでの結果は画面左下に表示されるので、ゲームの流れを見ながら賭け金を調整するといった攻略法も試すことが可能なゲームです。

 

バカラ・ノー・コミッション

画像引用:ミスティーノカジノ

 

バカラ・ノー・コミッションは0.5ドル~1,000ドルまで幅広いベット額を選べるゲームで、パーフェクトペアなどサイドベットも充実しています。
さらに特徴的なのは、プレイヤーにベットして的中させた際に通常かかるコミッション(手数料)がかからないことです。

 

画像引用:ミスティーノカジノ

 

このように手数料がかからないため、プレイヤーにも気兼ねなく賭けられます。

 

ライブ・ライトニング・バカラ

画像引用:ベラジョンカジノ

 

ディーラーによる進行をライブで楽しめるライブカジノの一種で、リアルカジノを訪れているかのような感覚でプレイ可能です。
特徴的なのは「ライトニング」という制度が導入されていることで、ゲーム開始前にランダムで登場するトランプと、賭けた側の手札に登場したトランプが一致した場合、配当が上がります。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

ライトニングに登場しているハートの7がバンカーに登場しているため、バンカーに賭けて勝利した場合、配当が「3×」、つまり3倍に膨れ上がります。
通常のルールはバカラと同じですが、より高額な配当を獲得するチャンスがあるので、バカラで高額配当を狙いたいという方におすすめです。

 

まとめ

日本で行われているバカラ賭博に参加すると、賭博罪で逮捕される可能性があることに加えて、さまざまな犯罪に巻き込まれるリスクがあります。
カジノ合法国で行うバカラやライセンスを取得しているオンラインカジノのバカラは合法なので、違法なバカラ賭博には参加せず、合法なカジノでバカラを楽しみましょう。

 

アロハシャークやミスティーノには魅力的なバカラが多く配信されており、無料で練習モードにトライできます。
まずはオンラインカジノのバカラを試すことをおすすめします。