カジノのジャンケットとは?仕事内容や利用できる人の特徴をご紹介

カジノがもっとも大切に扱うべき存在といえるのが、1日で数百万円~数千万円という単位のお金をカジノで使うVIP、いわゆるハイローラーです。
そんなハイローラーのサポートを手がける職業のことを「ジャンケット」と呼んでおり、マカオやフィリピンなどアジア諸国を中心としたカジノで採用されています。
カジノの大口プレイヤーにとって、ジャンケットのサポートを受けるというのはひとつの目標であり、夢といえるでしょう。

 

この記事では、ジャンケットの仕事内容についての詳細やジャンケットを利用できる人の特徴を紹介します。

 

カジノのジャンケットとは何か

 

「ジャンケット」という言葉を聞いて思い浮かぶものは何でしょうか。 ヤンジャンに掲載されている「ジャンケットバンク」や映画が完成した際の記者会見等で使われる「ジャンケット」を連想する方が多いかもしれません。

 

今回の記事で取り上げるジャンケットはその2つではなく、マカオをはじめとしたリアルカジノで活躍しているジャンケットです。

 

ジャンケットは、限られた特別な人物だけが接点を持てる特別な存在ですが、その裏にはブラックな世界も見え隠れします。
ジャンケットの具体的な仕事内容を紹介するよりも前に、まずはジャンケットの概要や彼らがどういった地域で活動しているのかをお伝えしましょう。

 

ジャンケットはVIPのサポートをする「何でも屋さん」

ジャンケットがどんな存在か一言で表すならば、カジノに大金を投じるVIP(ハイローラー)のサポートをする「何でも屋さん」といったところでしょうか。
カジノにとって上客なVIPの世話をしたり、VIPが希望していることを叶えたり、滞在先などを用意してもてなしたりといった仕事を行っているのがカジノのジャンケットです。

 

ジャンケットが特定のカジノに在籍していることはほとんどなく、カジノとプレイヤーをつなぐエージェントとして活動している例がほとんどです。

 

ジャンケットは、仲介したプレイヤーがカジノで使った金額のうちの一部を受け取る契約を交わし、歩合に近い形で報酬を受け取っています。

 

ジャンケットを採用している国は少ない

ジャンケットを採用している国は、マカオやフィリピンといったいくつかのアジアの国々に限られており、このシステムを取り入れている国はごく少数です。
ただし、ジャンケットを採用している国のカジノではジャンケットへの依存度が依然として高く、とくにマカオはジャンケットの存在なしで現在の地位を築くことは難しかっただろうといわれています。

 

本場・ラスベガスにもジャンケットは存在していますが、マカオやフィリピンほどの裁量を持っているわけではなく、仕事の内容は限定的です。

 

ジャンケットの仕事内容

 

ジャンケットは顧客のサポートを行うコンシェルジュのような存在です。
ただ、その仕事内容を詳しく見ていくと、ブラックな一面も垣間見えます。

 

なぜ、ジャンケットというシステムが多くの国で採用されていないのかという謎を解くヒントにもなるので、ジャンケットの光と影を見ていきましょう。

 

大口の顧客を見つける

ジャンケットが行う仕事のうち、もっとも大切な作業となるのが、カジノに大金を投じてくれるハイローラーを見つけることです。
前述したとおり、ジャンケットは自らが紹介した顧客がカジノで使ったお金の一部を報酬として受け取っているので、できるだけ多くのお金を使う顧客を見つけることが何よりも重要です。

 

そのため、ジャンケットは独自のコネクションを持ち、世界各国の資産家や会社経営者、著名人などとコンタクトを取って、カジノに参加するよう呼びかけているのです。
顧客の新規開拓をすることはもちろん、常連客や以前カジノを利用した顧客と連絡を取って営業をかけることも珍しくありません。

 

航空券やホテルの手配

単純に「カジノに来てほしい」と誘っても応じてくれる可能性は高くありません。
ジャンケットは以下のようなあらゆる手段を使って顧客の興味を引こうとします。

 

  • チャーター機の手配
  • 空港からホテルまでの送迎
  • 現地のレストラン予約
  • 現地のイベントチケット等の予約
  • 男性客に対しては女性の紹介

 

ただし、これらのサービスはすべての顧客に対して平等に行っているわけではなく、顧客がカジノに使う金額に応じて決められることがほとんどです。
非常に多くの金額を使う顧客に対しては、チャーター機を手配したり、ホテルのスイートルームを手配したりするなど、サポートやサービスの内容がグレードアップします。

 

借り入れのサポート

いくら資金力のあるハイローラーだとしても、カジノの結果によっては一気に数億円というお金を失ってしまうため、現地滞在中にカジノで使うお金が底を尽きることがあります。
資金がなくなったからといってそのまま帰国させてしまうと、ジャンケットが稼ぐこともできなくなるので、顧客がさらに多くのお金を賭けたいと希望する場合は、借り入れのサポートを行うことも珍しくありません。

 

借入先はジャンケットのコネクションから選ぶ場合が多く、ジャンケットが会社に所属している場合はその会社が、個人で事業を行っている場合は自らがお金を借りたうえで、さらにハイローラーに貸しつけます。
ハイローラーが借金を返せなくなってしまった場合は、その借金をすべてジャンケットが被ることになるので、返済能力の有無を確実に見極める能力もジャンケットには必要不可欠です。

 

マネーロンダリングの手助け

ジャンケットが手がけているのはいいことばかりではなく、マネーロンダリングのような犯罪行為を手助けすることもあるといわれています。

 

マネーロンダリングは「資金洗浄」とも呼ばれる行為であり、犯罪行為等で手に入れた表では使えないお金をわざと使い、出所をわかりにくくさせる行為です。

 

カジノに大金を使う顧客の中には、マフィアのような反社会的勢力も一部含まれており、ジャンケットはそういった人物を一般客と区別することはありません。
稼ぐためであればどんなことでもするという一面を持っているのがジャンケットであり、多くの国がジャンケット制度を採用していない理由はここにあります。
なお、オンラインカジノではマネーロンダリングを行わせないための取り組みを徹底して行っており、クリーンな状態を保っています。

 

カジノを運営することもある

大半のジャンケットは顧客の紹介先となるカジノとは無関係ですが、一部のカジノではジャンケットが直接運営を行うことがあります。

 

たとえばマカオの有名施設「ウィン・マカオ」のVIPルームは、Dore Entertainmentというジャンケット業者が直接運営していることで有名です。

 

おすすめのオンラインカジノ
ベラジョン
Vera&John
ベラジョン
業界最大手のオンラインカジノ!入金不要ボーナス30ドル配付中
カジノシークレット
CASINO SECRET
カジノシークレット
初めてなら負けてもお金が返ってくる!初回キャッシュバックボーナス配布!
ミスティーノ
Mystino
ミスティーノ
現金ボーナス10ドルを配付中!出金上限は1倍!!
   
関連記事

投稿が見つかりませんでした。

Sorry, no other posts related this article.