カジノのジャンケットとは?仕事内容や利用できる人の特徴をご紹介

カジノがもっとも大切に扱うべき存在といえるのが、1日で数百万円~数千万円という単位のお金をカジノで使うVIP、いわゆるハイローラーです。
そんなハイローラーのサポートを手がける職業のことを「ジャンケット」と呼んでおり、マカオやフィリピンなどアジア諸国を中心としたカジノで採用されています。
カジノの大口プレイヤーにとって、ジャンケットのサポートを受けるというのはひとつの目標であり、夢といえるでしょう。

 

この記事では、ジャンケットの仕事内容についての詳細やジャンケットを利用できる人の特徴を紹介します。

 

カジノのジャンケットとは何か

 

「ジャンケット」という言葉を聞いて思い浮かぶものは何でしょうか。 ヤンジャンに掲載されている「ジャンケットバンク」や映画が完成した際の記者会見等で使われる「ジャンケット」を連想する方が多いかもしれません。

 

今回の記事で取り上げるジャンケットはその2つではなく、マカオをはじめとしたリアルカジノで活躍しているジャンケットです。

 

ジャンケットは、限られた特別な人物だけが接点を持てる特別な存在ですが、その裏にはブラックな世界も見え隠れします。
ジャンケットの具体的な仕事内容を紹介するよりも前に、まずはジャンケットの概要や彼らがどういった地域で活動しているのかをお伝えしましょう。

 

ジャンケットはVIPのサポートをする「何でも屋さん」

ジャンケットがどんな存在か一言で表すならば、カジノに大金を投じるVIP(ハイローラー)のサポートをする「何でも屋さん」といったところでしょうか。
カジノにとって上客なVIPの世話をしたり、VIPが希望していることを叶えたり、滞在先などを用意してもてなしたりといった仕事を行っているのがカジノのジャンケットです。

 

ジャンケットが特定のカジノに在籍していることはほとんどなく、カジノとプレイヤーをつなぐエージェントとして活動している例がほとんどです。

 

ジャンケットは、仲介したプレイヤーがカジノで使った金額のうちの一部を受け取る契約を交わし、歩合に近い形で報酬を受け取っています。

 

ジャンケットを採用している国は少ない

ジャンケットを採用している国は、マカオやフィリピンといったいくつかのアジアの国々に限られており、このシステムを取り入れている国はごく少数です。
ただし、ジャンケットを採用している国のカジノではジャンケットへの依存度が依然として高く、とくにマカオはジャンケットの存在なしで現在の地位を築くことは難しかっただろうといわれています。

 

本場・ラスベガスにもジャンケットは存在していますが、マカオやフィリピンほどの裁量を持っているわけではなく、仕事の内容は限定的です。

 

ジャンケットの仕事内容

 

ジャンケットは顧客のサポートを行うコンシェルジュのような存在です。
ただ、その仕事内容を詳しく見ていくと、ブラックな一面も垣間見えます。

 

なぜ、ジャンケットというシステムが多くの国で採用されていないのかという謎を解くヒントにもなるので、ジャンケットの光と影を見ていきましょう。

 

大口の顧客を見つける

ジャンケットが行う仕事のうち、もっとも大切な作業となるのが、カジノに大金を投じてくれるハイローラーを見つけることです。
前述したとおり、ジャンケットは自らが紹介した顧客がカジノで使ったお金の一部を報酬として受け取っているので、できるだけ多くのお金を使う顧客を見つけることが何よりも重要です。

 

そのため、ジャンケットは独自のコネクションを持ち、世界各国の資産家や会社経営者、著名人などとコンタクトを取って、カジノに参加するよう呼びかけているのです。
顧客の新規開拓をすることはもちろん、常連客や以前カジノを利用した顧客と連絡を取って営業をかけることも珍しくありません。

 

航空券やホテルの手配

単純に「カジノに来てほしい」と誘っても応じてくれる可能性は高くありません。
ジャンケットは以下のようなあらゆる手段を使って顧客の興味を引こうとします。

 

  • チャーター機の手配
  • 空港からホテルまでの送迎
  • 現地のレストラン予約
  • 現地のイベントチケット等の予約
  • 男性客に対しては女性の紹介

 

ただし、これらのサービスはすべての顧客に対して平等に行っているわけではなく、顧客がカジノに使う金額に応じて決められることがほとんどです。
非常に多くの金額を使う顧客に対しては、チャーター機を手配したり、ホテルのスイートルームを手配したりするなど、サポートやサービスの内容がグレードアップします。

 

借り入れのサポート

いくら資金力のあるハイローラーだとしても、カジノの結果によっては一気に数億円というお金を失ってしまうため、現地滞在中にカジノで使うお金が底を尽きることがあります。
資金がなくなったからといってそのまま帰国させてしまうと、ジャンケットが稼ぐこともできなくなるので、顧客がさらに多くのお金を賭けたいと希望する場合は、借り入れのサポートを行うことも珍しくありません。

 

借入先はジャンケットのコネクションから選ぶ場合が多く、ジャンケットが会社に所属している場合はその会社が、個人で事業を行っている場合は自らがお金を借りたうえで、さらにハイローラーに貸しつけます。
ハイローラーが借金を返せなくなってしまった場合は、その借金をすべてジャンケットが被ることになるので、返済能力の有無を確実に見極める能力もジャンケットには必要不可欠です。

 

マネーロンダリングの手助け

ジャンケットが手がけているのはいいことばかりではなく、マネーロンダリングのような犯罪行為を手助けすることもあるといわれています。

 

マネーロンダリングは「資金洗浄」とも呼ばれる行為であり、犯罪行為等で手に入れた表では使えないお金をわざと使い、出所をわかりにくくさせる行為です。

 

カジノに大金を使う顧客の中には、マフィアのような反社会的勢力も一部含まれており、ジャンケットはそういった人物を一般客と区別することはありません。
稼ぐためであればどんなことでもするという一面を持っているのがジャンケットであり、多くの国がジャンケット制度を採用していない理由はここにあります。
なお、オンラインカジノではマネーロンダリングを行わせないための取り組みを徹底して行っており、クリーンな状態を保っています。

 

カジノを運営することもある

大半のジャンケットは顧客の紹介先となるカジノとは無関係ですが、一部のカジノではジャンケットが直接運営を行うことがあります。

 

たとえばマカオの有名施設「ウィン・マカオ」のVIPルームは、Dore Entertainmentというジャンケット業者が直接運営していることで有名です。

 

ジャンケットを利用するメリット

ここまではジャンケットの立場から見た仕事内容について紹介しました。

 

では、プレイヤーがジャンケットを利用するメリットは何なのでしょうか。
ジャンケットを利用するための条件も含めながら詳しく見ていきましょう。

 

ジャンケットを利用するための条件

ジャンケットを利用するための条件はとくに設けられておらず、年収やステータス、カジノでどの程度の金額を使えるのかなど、総合的な判断によって利用の可否が決まります。
ジャンケットが望むほどの金銭的余裕がないと判断された場合は、自ら望んでも断られることがありますが、高く評価されると、スカウトのように突然声をかけられることもあるのです。

 

基準については、ジャンケットの考え方によって変わるため一概には言えませんが、目安として1日あたり200~300万円程度をカジノで使える人物がジャンケットを利用することができます。
しかし、これはあくまでも最低限の基準となる目安なので、満足いくサポートやサービスを受けるためには、その数十倍以上の資金を用意する必要がありそうです。

 

VIPルームで遊べる

ジャンケットによる仲介を受けられるほどのハイローラーは、一般のテーブルでカジノを楽しむことはなく、特別なVIPルームに通されてゲームを楽しめます。

 

VIPルームは、一般の人は立ち入ることすら許されない特別な場所で、調度品を含めたあらゆる設備が豪華な仕様であり、VIPのために用意された聖域です。
1度のゲームに賭けられる最低額や限度額も一般のテーブルを大きく上回っており、たった1度のバカラに数千万円が賭けられることもあるといいます。

 

滞在費用が無料になる

ジャンケットからの誘いを受けると、航空券やホテルの手配などをすべて依頼することができます。
この際にかかる滞在費は、すべてジャンケットの負担です。

 

飛行機も人によってはチャーターになり、そうでない場合もビジネスクラスは当たり前で、ファーストクラスが用意されることもあるため、滞在費だけで数百万円の得をすることも可能です。
もちろん滞在期間中の飲食にかかる費用まで負担してくれるので、カジノで勝つことさえできれば、大黒字を出せる旅になることは間違いありません。

 

現地の観光をサポートしてくれる

カジノやホテル、レストランなどで過ごすだけではなく、現地の観光を楽しみたいという方に向けて、ジャンケットは観光のサポートも行っています。

 

現地の案内を受けられることはもちろん、治安が心配で一人では出かけられないような場所にも同行してくれるので、100%満足できる滞在となることでしょう。

 

ジャンケットの未来は?日本のカジノでも活躍する?

 

いわゆるカジノ法案が成立したことによって、日本国内にも間もなくリアルカジノが誕生します。
日本でもジャンケットが活躍する日がくるのでしょうか。

 

マカオで活動しているジャンケットを取り巻く近年の流れも見ながら、ジャンケットの未来を占いましょう。

 

ジャンケットは年々減っている

かつてのマカオでは、多くのジャンケットが活動していました。
しかし、マカオのギャンブル規制当局「DICJ」の統計によると、ジャンケットの事業者数は2014年から8年連続で減少しているとのことです。
ピークを迎えていた2013年に登録されていた事業者数は213に及びましたが、2021年現在の事業者数はわずか85にまで落ち込んでいます。

 

この背景には、新型コロナウイルス流行によるマカオへの外国人入国規制も影響していると考えられる一方、ジャンケットを利用せず自由に旅を楽しむハイローラーが増えたことも事業者減につながっています。

 

また、マネーロンダリングのような闇を抱えていることも問題のひとつであり、当局による規制が強まったことを受けて廃業を選ぶ事業者も増えている様子です。

 

日本のカジノからは排除する方針が固まっている

いわゆるカジノ法案が成立し、日本におけるリアルカジノ誕生もすぐそこに控えていますが、日本ではカジノ法案成立前からジャンケットを排除する方針が固められています。

 

その理由にはマネーロンダリングの問題も含まれます。
また、「IR事業者のみにカジノ事業を容認する」という原則が、ジャンケットが介入することで崩れてしまうことを危惧した末の決定となった様子です。

 

ジャンケットの事業のひとつには「資金の貸しつけ」も含まれており、これが「ギャンブル依存症を誘発させる」という指摘も少なくありません。
これらの事情により、日本ではジャンケットやジャンケットに相当する仕事を持つ人物が活動することができません。
ジャンケットのサポートを受けたいという場合は、マカオやフィリピンまで足を運ぶ必要があります。

 

ジャンケットがなくても!オンラインカジノにはたくさんのメリットがある

残念ながら日本にはカジノ誕生後もジャンケットが活動する余地はありません。
オンラインカジノでもジャンケットによるサポートを受けることはできませんが、それに代わる多くのメリットを感じながらゲームを楽しむことができます。

 

この項目では、オンラインカジノTVがおすすめする3つのオンラインカジノサイトが独自に実施しているサービスを紹介します。
カジノに数百万円以上を使えるハイローラーでなくても受けられるメリットばかりなので、各サイトの特長に注目してみましょう。

 

日本人スタッフのサポートを受けられる「アロハシャーク」

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

オンラインカジノTVがイチオシする「アロハシャーク」の魅力は、日本人プレイヤーをもてなすために採用されている日本人スタッフによるサポートを受けられることです。
ライブチャットやメール、電話で円滑な日本語サポートを受けられるので、困ったことがあってもすぐに日本語で相談することができます。

 

また、初回登録後は3回目まで入金ボーナスがつき、合計で1,500ドルという巨額な入金ボーナスを受け取ることも可能です。
手厚いサポートを受けられるサイトを選びたいという方や大金を投じられるように多くのボーナスがほしいという方には、アロハシャークの利用をおすすめします。

 

 

サプライズキャッシュバックが魅力的な「ミスティーノカジノ」

画像引用:ミスティーノカジノ公式サイト

 

アニメ調のキャラクターをサイト内の至るところに配置し、日本人が見やすいサイト作りを意識している「ミスティーノカジノ」では、サプライズキャッシュバックという独自のシステムを導入しています。
これは、ゲームで遊んでいるときにランダムで突然キャッシュバックが手に入るというシステムで、キャッシュバックを多く引き当てることができれば、他サイトよりもお得にゲームを楽しむことが可能です。

 

入金不要ボーナスの出金条件は1倍と非常に緩いこともメリットで、ボーナスを有効活用できるサイトを選びたいという方に向いています。

 

最大3.2%のリベートをゲットできる「ギャンボラ」

 

画像引用:ギャンボラ公式サイト

 

ギャンボラが実施している独特のサービスは、VIP会員以外にも提供しているリベートボーナスで、その還元率は最大で3.2%という業界トップの数字です。
リベートボーナスは勝っても負けても付与されるボーナスなので、カジノで使うお金が多ければ多いほど得になるという特徴を持っています。

 

オンラインカジノTVから登録すると、もれなく40ドルの入金不要ボーナスが手に入ります。
特典を受け取れる今、すぐに無料会員登録を行うことがおすすめです。

 

 

まとめ

マカオやフィリピンのカジノを舞台に活動しているジャンケットとは、VIPであるハイローラー専属のマネージャーのようなもので、VIPのあらゆる世話やサポートを行っています。

 

しかし、マネーロンダリングの手助けなど、ブラックな活動を行っていることもあり、年々事業者は減少しています。
IR誕生後の日本でもジャンケットシステムが採用される予定はありません。

 

オンラインカジノにもジャンケットのような制度はありません。
ただ、ジャンケットが持つ以上のさまざまな魅力があるので、当サイトがおすすめするサイトへの登録を検討してみてはいかがでしょうか。