裏スロットは実在する?遊び方やレート、利用すると危険な理由まで解説します

 

違法に運営をおこなう「裏スロット(闇スロット)」が存在するという噂を聞いたことのある人は、多いのではないでしょうか。
結論として、闇スロットは、都市部を中心に、今も運営を続けています。
しかし裏スロットを利用すると賭博罪に問われるため、決して利用してはいけません。

 

この記事では、闇スロットがどんな場所にあり、どのように利用されているのかを紹介します。
また、利用すると危険な理由を、4つのポイントに絞り込んでまとめました。
安全に利用できるオンラインカジノも紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

裏スロット(闇スロット)は実在する?

「裏スロット(闇スロット)」が存在するという噂は、都市伝説のように広まっています。
まさかこの日本に、そんな違法なお店はないだろうと考える人もいるかもしれません。
しかし、結論としては、都市部を中心に今も裏スロットが実在しています。

 

まずは裏スロットがどんな場所にあるのか、そしてどうすれば見つかるのかを解説していきましょう。
具体的なリスクは後ほど紹介しますが、裏スロットは見つけたとしても、決して利用してはいけません。
あくまでも参考程度の情報にとどめてくださいね。

 

裏スロットは都市部にあることが多い

裏スロットは、都市部を中心に存在しています。
2021年10月に摘発された裏スロット店も、新宿・歌舞伎町で違法な営業を繰り返していました。
その他にも小岩、調布、上野などでも摘発の事例があり、東京・大阪・名古屋・福岡・札幌などの大都市なら、どこでもでくわす可能性があります。

 

裏スロットを営業しているのはこんな場所

裏スロットは存在そのものが違法なので、堂々と看板をひっさげて営業することは決してありません。
何も知らない人がたまたま訪れるようなこともないように、隠れた場所で営業しています。
具体的には雑居ビルに入居している事務所や、マンションの一室などで営業することが多いようです。

 

また、摘発を免れるために、半年~1年というスパンで移転を繰り返すことも、裏スロットの特徴といえます。
雑居ビルに店舗を構えている場合は、エレベーターが止まらないように細工をし、常連客にしかわからないように、隠れながら営業することも珍しくありません。

 

裏スロットの見つけ方

裏スロットの見つけ方は、常連客からの紹介を受けるか、キャッチを受けてついて行くかの2つに1つです。インターネット上に店舗の情報が拡散されることもありますが、入り口にはカメラが設置されていることが多く、何のコネクションもない状態で訪れる客は、門前払いされてしまいます。

 

裏スロットに入店したあとの遊び方

裏スロットに入店したあとの遊び方をリストアップしました。

 

  • 情報は顧客やキャッチから入手できる
  • 身分証の提示を求められる場合がある
  • 打ち方はゲームセンターと変わらない
  • 営業時間は夜間が多い
  • レートは1枚50円~100円が相場
  • 勝つとその場で換金できる

 

それぞれを詳しく紹介します。

 

情報は顧客やキャッチから入手できる

裏スロットは存在そのものが違法なので、ハウスルールも無法地帯です。
通常のスロット店やカジノのような常識は、通用しません。
ミニマムベットがいくらなのか、どんな条件で換金できるのかといった情報が知りたい場合は、仲介する顧客やキャッチに直接問い合わせましょう。

 

身分証の提示を求められる場合がある

裏スロットをはじめて利用する場合は、入店時に身分証の提示を求められる場合があります。
この目的は、顧客管理と口封じの2つにあると考えるべきでしょう。
顧客の個人情報を握ることにより、無言の圧力をかけ、警察への情報提供を防ごうとするのです。

 

打ち方はゲームセンターと変わらない

スロットの打ち方は、ゲームセンターと変わりません。
並んでいる台のなかから好きなものを選んで、店員に現金を渡すと、クレジットを上げてくれます。
オートプレイが可能な場合も多く、ハイローラーのなかには、複数の機種をかけもちで回転させる人もいるようです。

 

営業時間は夜間が多い

裏スロットの営業時間は、通常に営業している一般的なパチンコ店と逆転しています。
パチンコ店が営業をやめる21時~22時頃から営業をスタートして、深夜や明け方まで営業することが多いようです。
なかには、闇スロットとパチンコ店を行き来して、1日中スロットで遊ぶ人もいます。

 

レートは1枚50円~100円が相場

裏スロットのレートは店舗によって変わりますが、相場としては1枚50円~100円というレートを取り入れることが多いようです。
100円レートの場合、1万枚で100万円を獲得できます。
パチンコ店と比べると高レートですが、オンラインカジノのスロットならより高レートで遊べることもありますよ。

 

勝つとその場で換金できる

裏スロットで勝てた場合は、その場で現金と換金できます。
換金は1,000円単位となる場合が多く、端数は切り捨てられてしまうため、注意しましょう。
パチンコ店は賭博罪を避けるために3店方式を採用していますが、闇スロットは違法なので、そういった配慮が一切おこなわれていません。

 

裏スロットの利用が危険な4つの理由

 

裏スロットを利用するのが危険な理由は、主に以下の4点です。

 

  • 賭博罪で検挙される可能性がある
  • 賭博以外の犯罪に巻き込まれる恐れがある
  • 遠隔操作でイカサマされるリスクがある
  • 換金時にトラブルが発生する場合がある

 

それぞれを詳しく解説します。

 

賭博罪で検挙される可能性がある

裏スロットは日本国内の胴元と直接つながるギャンブルなので、利用すると、賭博罪が成立します。
仮に裏スロットで遊んでいるときに警察によるガサ入れがおこなわれると、その場で逮捕される可能性が高いため、注意しましょう。

 

賭博罪は50万円以下の罰金が科せられ、常習賭博罪の場合は、懲役刑が適用されることもあります。
実刑は免れたとしても、逮捕によって社会的なダメージを受ける可能性が高いでしょう。
場合によっては会社を解雇される場合もあり、人生を台なしにしてしまう恐れがあります。

 

賭博以外の犯罪に巻き込まれる恐れがある

裏スロットを運営している団体には、反社会的勢力が関与している場合もあります。
万が一お店に危険な人物がいる場合、賭博以外の犯罪に巻き込まれる恐れもあるため、要注意です。
身分証を提示してしまった場合、本名や住所などの個人情報を握られてしまうため、逃げることもできません。

 

たとえばお店で何らかのトラブルを起こしてしまった場合、換金されたり、暴行されたりする可能性もあるでしょう。
裏スロットは一般人には見つからない場所で運営していることが多いため、助けを求められないという点もデメリットです。

 

遠隔操作でイカサマされるリスクがある

存在そのものが違法な裏スロットでは、どんなイカサマが起こったとしても、不思議ではありません。
遠隔操作や特殊な装置を使って、スロットの結果を不正に操作される可能性があります。
勝てるはずのゲームで、負けさせられてしまうリスクもあるのです。

 

仮にイカサマに気付いたとしても、お店の利用客も賭博に加担しているという都合上、警察への相談も困難です。
お店としても「顧客は賭博の発覚を恐れて警察には相談できない」と踏んでいるため、堂々とイカサマを仕かけてくる可能性もあります。

 

換金時にトラブルが発生する場合がある

ゲームに勝って換金を希望しても、何かとイチャモンをつけられて、換金に応じてもらえない場合もあります。
「まだ最低賭け金を使っていない」「3万円以上使わないと換金の権利が発生しない」などの理由をつけられて換金できず、泣き寝入りせざるを得ないというケースもありえるのです。

 

裏スロットではなく安全なオンラインカジノでスロットを楽しもう

ここまでに紹介したとおり、裏スロットは違法な存在で、利用するとたくさんのリスクを背負ってしまいます。
裏スロットではなく、安全に利用できるオンラインカジノを使ってスロットを楽しみましょう。
オンラインカジノが安全な理由は、以下のとおりです。

 

  • 海外運営のオンラインカジノは賭博罪の適用外
  • 第三者機関がゲームを審査しているためイカサマが起こらない
  • 昔ながらのゲームも現役で稼働している

 

それぞれをわかりやすく解説します。

 

海外運営のオンラインカジノは賭博罪の適用外

当サイトで紹介している優良なオンラインカジノは、カジノが合法な海外に運営会社を設置して営業しています。
裏スロットとは違い、許可をとって合法的に運営しているため、サイトの存在は違法ではありません。
この点が、裏スロットとオンラインカジノのもっとも大きな違いです。

 

また、海外運営のオンラインカジノは、賭博罪の適用対象外です。
日本に住んでいる人がラスベガスやマカオでカジノに行っても、帰国後に逮捕されませんよね。
それと同じ理由で、オンラインカジノを利用する人が、賭博罪で罰せられることはありません。

 

第三者機関がゲームを審査しているためイカサマが起こらない

オンラインカジノが配信しているゲームは、第三者機関によって審査を受け、イカサマができないと認められたもののみです。
オンラインカジノの運営が装置を使って結果を変えたり、遠隔操作をしたりすることは、ゲームのシステム上絶対にできません。

 

また、優良なオンラインカジノの場合は、カジノ用のゲームを開発するソフトウェアプロバイダが製作したゲームを配信しています。
ソフトウェアプロバイダがオンラインカジノの不正行為に加担するメリットはひとつもなく、これもオンラインカジノが安全な根拠のひとつです。

 

昔ながらのゲームも現役で稼働している

裏スロットには、4号機以前の懐かしいスロットも設置されているといいます。
なかには、最近の5号機・6号機に飽きてしまい、古いゲームで遊びたくて裏スロットを探しているという人がいるかもしれません。
そんな人にも、オンラインカジノが向いています。

 

オンラインカジノはインターネット上の空間にあるため、新作スロットを導入するために旧作を撤去する必要がないのです。
約10年前にリリースされたゲームが現役で稼働することもあり、昔ながらの懐かしいゲームでもオンラインスロットを楽しめます。

 

スロットファンにオススメのオンラインカジノ3選

これからオンラインカジノに登録するというスロットファンには、以下のオンラインカジノがとくにオススメです。

 

  • アロハシャーク
  • ミスティーノカジノ
  • BONS

 

各サイトの特徴を詳しく解説します。

 

アロハシャーク

引用:オンラインカジノ

 

日本人専用のサポートチームを完備しており、初心者が心強さを感じられるオンラインカジノです。
入出金の速度が業界トップクラスで、ストレスも感じません。
また、初回~3回目の入金には、最大1,400ドルの100%ボーナスが付帯します。

 

 

ミスティーノカジノ

引用:オンラインカジノ

 

登録するだけで10ドルの現金ボーナスと、60回分のフリースピンをもらえるオンラインカジノです。
登録してすぐにスロットを無料で60回分楽しめるので、コスパを重視する人はミスティーノを利用しましょう。
ボーナスの出金条件が1倍と、破格の引き出しやすさも売りにしています。

 

 

BONS

引用:オンラインカジノ

 

スロット以外のゲームでも遊びたいという人は、BONSで決まりです。
スポーツの結果を予想したり、バイナリーオプションで遊んだりといったことにも、リアルマネーを賭けられます。
また、当サイトから登録すると、200回分のフリースピンも受け取れますよ。

 

 

 

まとめ

裏スロットは東京都内などに多く存在し、定期的に摘発されています。
裏スロットを利用すると逮捕される恐れがあり、その他のトラブルや犯罪に巻き込まれる恐れもあるため、要注意です。
オンラインカジノは安全でイカサマも起こらないので、刺激的なスロットで遊びたいという人は、当サイトオススメのオンラインカジノを利用しましょう。