競馬で必ず儲かる買い方ってあるの?的中率アップの極意をご紹介

 

毎週末に競馬を楽しんでいるという方のなかには、競馬を真剣に生計を立てるための手段として考えていて、必ず儲かる買い方を探求したいという方もいるのではないでしょうか。
競馬の必勝法が見つかれば不労所得同様の収入を得られますし、仕事を辞めて、競馬に専念できるかもしれませんよね。

 

結論として、競馬で必ず儲かる方法はありません
しかし、闇雲な予想をやめて攻略法を活用することにより、これまでと比べて劇的に成績を上げられる可能性はあります。
的中しやすい買い方や、馬券を買う前にチェックしておくべきポイントをお伝えするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

競馬で絶対に勝てる方法はない

 

結論から申し上げると、競馬で絶対に勝てる方法はありません
競馬はギャンブルなので、いくら圧倒的な人気と実力を兼ね備えた馬が走ったとしても、必ず勝てるという保障はないからです。
最強の呼び声が高いディープインパクトでさえも、14戦を戦って2度1着を逃しています。

 

ちなみに競馬の還元率は、75%です。
これは競馬で使ったお金のうち何%が返ってくるのかを示す期待値で、1万円を賭けた場合に平均して7,500円を取り戻せることを示しています。
勝つことがあれば負けることもあり、そのバランスで競馬が成り立っているという基本をまずは押さえておきましょう。

 

唯一の競馬で必ず勝つ方法は「全頭買い」

競馬で必ず勝つ方法として唯一挙げられる買い方が「全頭買い」です。
競馬は出走する馬のなかから、必ず1着になる馬が現れます。
1頭を的中させる買い方の「単勝」を全頭で購入すれば、そのうちのどれか1枚は必ず当たるという理屈です。

 

しかし、的中したからといって儲かるのかといえば、それはまた別の話です。
2021年8月15日に行われたG3「農林水産省賞典 小倉記念」のオッズを見てみましょう。

 

画像引用:JRA公式サイト

 

このレースに出走する馬は合計で9頭なので、仮に全頭1,000円ずつ単勝で購入する場合は、9,000円の予算が必要です。
つまり、的中したとしても、その馬の配当が9倍を超えない限りは、黒字になりません。

 

このレースのなかで配当9倍を超えているのは、モズナガレボシ、グランスピード、スーパーフェザー、テーオーエナジーの3頭だけです。
オッズが高いということは、「人気が低い=期待しにくい馬」ともいい換えられるため、全頭買いは赤字になりやすく、オススメできない買い方といえます。

 

絶対に勝てる方法はなくても、競馬の的中率は上げられる

競馬の世界に絶対はありませんが、的中率を高めるためのコツやテクニックは、いくつもあります。
このあとの項目では、効果的な馬券の買い方や、馬券を購入する前に確認すべきポイントをまとめるので、この記事の情報を参考にしながら、馬券の買い方を変えてみてくださいね。

 

競馬の的中率を劇的に上げる方法:馬券の買い方編

 

競馬の的中率を上げるためには、まず馬券の買い方を見直しましょう。
いくら血統やパドックの分析が上手にできていても、馬券の買い方を誤ると、当たるものも当たりません。
今すぐ的中率を高めるためのコツとして、以下の3点を意識することをオススメします。

 

  • 本命と不人気馬を組み合わせる
  • 「ワイド6頭ボックス」で買う
  • 「複勝転がし」を活用する

 

順番に詳しく解説します。

 

本命と不人気馬を組み合わせる

競馬で的中率を上げるためには、本命を軸にするという基本は守るべきです。
しかし、競馬は本命と対抗が順当に勝ち続けるほど、単純なギャンブルではありません。
どこかで番狂わせが起こるからこそ、ギャンブルとして成り立っているのです。

 

2021年8月15日に行われた札幌11R「UHB賞」の結果を見てみましょう。

 

画像引用:JRA公式サイト

 

このレースで勝ったのは1番人気の馬ですが、2着には5番人気が、3着には15番人気がそれぞれ入っています。
1番人気と2番人気、1番人気と3番人気といった固い結果では終わっておらず、1着2着を当てる馬連のオッズは、1着に1番人気が入っているにも関わらず、23倍に伸びました。

 

もちろん前の3着全てが1~3番人気で固まるレースもありますが、こういったレースを当てに行くよりも、軽い番狂わせを狙ったほうが、配当でおいしい思いをできます。
単純に的中させる数だけを優先するのではなく、回収率を重視することも、長い目で見て利益を生むためのコツです。

 

「ワイド4頭ボックス」で買う

まず「ワイド」とは、3着以内に入る馬を2つ当てるという賭け方です。
ワイドを買うメリットは、1着を的中させられなくても配当を得られることでしょう。
仮に2着3着という結果でも当たりですし、1着3着という結果でも当たりとなるのがワイドです。

 

このワイドを「4頭ボックス」で買うという方法が、的中率を高める戦略としてオススメできます。
これは4頭の馬を選び、そのうちの2頭がセットで3着以内に入れば的中する賭け方です。
ワイド4頭ボックス買いは6点買いなので、1口100円なら600円で購入できます。

 

「複勝転がし」を活用する

1頭の馬に賭けて、その馬が3着、もしくは2着以内に入れば、的中する馬券が複勝です。
複勝の配当は本命馬の場合1倍台と低い場合が多いのですが、これを使った攻略法の「複勝転がし」を活用することで、着実に利益を上げられます

 

複勝転がしは、初回のレースで複勝に賭けて勝てた場合、前回の賭け金と利益をそのまま全額次のレースの複勝に賭けるという攻略法です。
1,000円を元手に1.5倍の配当を当て続けた場合、わずか10レース後には50,000円以上の利益が出ていますよ。

 

複勝転がしの詳細は、当サイトの関連記事で詳しくご紹介しています。
シンプルなルールの賭け方なので、手堅く賭けることをモットーにしている方は、この機会に覚えておきましょう!

 

競馬の的中率を劇的に上げる方法:馬の選び方編

 

続いて、どのように馬を選ぶと的中率を高められるのかを解説します。
馬券を買う前に細かくチェックすべきポイントとして、以下の5点をとくに重視しましょう。

 

  • 血統を見る
  • 過去のレースを映像で振り返る
  • 調教タイムを見る
  • 馬場状態を確認する
  • パドックや返し馬の状態をチェックする

 

これは競馬場厩舎にとっては常識ともいえるポイントですが、初心者はあまり重視していないデータでもあります。
オッズだけを見て強い馬・弱い馬の判断をするよりも、さらに正確な分析ができるようになるので、ぜひこれらのポイントを確認してレースに臨みましょう。

 

血統を見る

最初に確認すべきなのは、競走馬の血統です。
サラブレッドにとってもっとも重要なのは「血統=DNA」で、競走馬は父親と母親のもつ素質を強く引き継いで生まれてきます。
そのため、現役時代に強かった牡馬の種付け料はとても高く、ディープインパクトの場合は1回4,000万円ともいわれるほどです。

 

血統の影響は、競馬初心者の方が想像しているよりも細かく、そして強く出ます。
たとえば種牡馬(競走馬の父)がダートを得意にしていた場合、その子どももダートが得意な確率が高くなりますし、短距離に強かった馬の子どもは、同じように短距離に強いというパターンが多いのです。

 

データ上の手がかりが少ない新馬戦の場合、とくに頼りになるデータが血統といえます。
種牡馬が得意としていた距離や馬場の状態で走れるかどうかといった点を見極めれば、本命が転ぶ可能性も予測できますし、3着以内に入る目のある不人気馬を当てられる確率も上がるはずです。

 

過去のレースを映像で振り返る

競馬新聞などを見ると、前走の着順や後続馬との差、そしてタイムなどがわかります。
しかし、こういった数字だけではレースの内容を完璧に把握できません。
より詳しく分析するためには、過去のレース映像を実際に見て、その馬のレース内容をチェックしましょう。

 

たとえば同じ1/2馬身差だとしても、最後の直線を流して差をつめられた1/2馬身差と、ギリギリまで追いつめられた末の1/2馬身差とでは、価値がまったく違います。
余裕をもって勝った馬なら好材料、そうでなければ悪材料と判断しましょう。

 

調教タイムを見る

前走からの仕上がり具合を確認するために使えるデータが、調教タイムです。
ライバルと目される馬と調教タイムを比較して、どちらがよりよい状態に仕上がっているかを比較しましょう。

 

馬場状態を確認する

競走馬はとてもデリケートで、馬場(地面)の状態によって得意・不得意がはっきりとわかれます。
重馬場を苦手にしている馬の場合、ちょっとしたぬかるみができているだけでペースを崩すことがあるので、可能であれば、馬場の状態を近くで確認しましょう。

 

パドックや返し馬の状態をチェックする

パドックの様子や返し馬の状態も、その日の馬のコンディションを確認する上で重要なポイントです。
パドックで落ち着いていた馬が返し馬で突然暴れているなど、変わった様子がないか確認しましょう。
返し馬の見方については、関連記事に詳しくまとめているので、これも参考にしてくださいね。

 

まとめ

結論として、競馬で絶対に儲かると断言できる買い方はありません
あるとすれば全頭の単勝買いといったトリッキーな買い方ですが、少なくとも中長期的に考えると、有効な買い方とはいえません。
競馬の的中率を高めるためには、まず基本的な買い方・選び方のテクニックとコツを習得することが1番です。

 

今回は、馬券の買い方と馬の選び方という2つのポイントに絞って、覚えておくべき基礎的な情報を総まとめにしました。
「返し馬」や「複勝転がし」などの関連記事も参考にしながら、ぜひ当たりやすい競馬の買い方を習得してくださいね。