競馬に必勝法はある?初心者が的中率を高めるためのコツを8個ご紹介

 

多くの人から愛される競馬は、日本国内の公営ギャンブルを象徴する存在といえます。
自分一人でも、家族や友人と一緒でも楽しめるギャンブルなので、毎週末の楽しみにしているという方も多いでしょう。
そんな競馬ファンにとって気になるのは、競馬で活用できる必勝法の有無なはずです。

 

残念ながら競馬を100%的中させることは不可能なので、絶対に勝てる必勝法はありません
しかし、的中率を高めるために今すぐ試せるコツはいくつもありますよ!
この記事では、競馬で勝つためのコツを8個ご紹介して、初心者でも好成績を残す方法を伝授します。

 

競馬で必勝法を見つけることは不可能

 

必勝法は読んで字のごとく「必ず勝つ方法」です。
競馬はギャンブルですし、勝負ごとに絶対という言葉はありません。
あの有名なディープインパクトですら14戦走って12勝であり、残りの1戦は2位、もう1戦は4着以下という波乱を起こしているのです。

 

いくら勝率が高く、圧倒的な実力をもつ馬ですら勝てないことがあるのが競馬ですし、だからこそ奥深さを感じながらレースを楽しめます。
のちにご紹介する「コツ」を攻略法として活用できますが、残念ながら競馬に必勝法はありません。

 

競馬の還元率は約75%

ギャンブルには還元率というものがあり、胴元と顧客の取り分はあらかじめ決まっています
一度でも競馬場に足を運んだことにある方はわかるはずですが、お店や座席、トイレなどがきれいに整備されていますよね。
各地域に存在する場外馬券場「WINS」も、同じようにきれいな状態が保たれています。

 

こういった整備にかかるお金や人件費、レースの賞金などは、売り上げから捻出されています。
顧客が賭けたお金のうち、いくらかは運営費に回さなければ、競馬という公営競技は成り立たないのです。
競馬の場合は、売り上げのうち、約25%が自動的に胴元の取り分となります。

 

ここまでをまとめて考えるとピンと来るかもしれませんが、ギャンブルは還元率が高いほど顧客に有利なのです。
ちなみに、オンラインカジノの還元率はゲームによって異なりますが、その大半が95~98%程度に収められています。
勝ちやすさでギャンブルを選ぶなら、競馬よりもオンラインカジノを選びましょう。

 

「WIN5」が当たる確率とは

画像引用:JRA公式サイト

 

競馬には「WIN5」という特殊な賭け方があります。
通常の馬券は1レースの結果のみを予想して購入するものですが、WIN5は5レースの結果を的中させることを目指す買い方です。
1口100円から購入でき、最大で6億円という超高額な配当を獲得するチャンスがあるため、とても魅力的な馬券といえます。

 

WIN5は、指定された5レースですべての1着を当てた場合に当選とみなされる馬券です。
仮に5レースすべてが18頭立てだった場合、的中率は18の5乗で計算するため、以下のような低確率になることに注意しましょう。

 

  • 18×18×18×18×18=1,889,568通り(0.00005292214%)

 

的中すれば、宝くじを当てたような当選金が手に入りますが、当選確率は約0.00005%です。
これを狙って的中させるのは、ほぼ不可能といわざるを得ません。
着実にコツコツと稼ぐことを目指すのならば、WIN5には手を出すべきではありません。

 

競馬の的中率を上げる基本のコツ8選

競馬はオンラインカジノよりも還元率で不利なことを理解しても、競馬独特の緊張感と高揚感を捨てられないという方は多いはずです。
そこでこの項目を使って、競馬の的中率を上げるコツを8個解説しましょう。
いずれも基本的な内容ですが、以下の8項目を忠実に守ることで、競馬が当たりやすくなります。

 

  • 過去のレース映像を見る
  • 馬の得意・不得意を確認する
  • 調教タイムを分析する
  • 騎手で買う
  • 3倍前後の配当を狙う
  • 3連単など高配当を狙う賭け方は避ける
  • 買い目を増やす
  • 中長期的な収支で勝ち負けを判断する

 

順番に詳しく解説しましょう。

 

過去のレース映像を見る

画像引用:YouTube「JRA公式チャンネル」

 

競馬の分析をするうえで、過去の着順やタイムを確認することはとても大切です。
これらのデータは競馬新聞やインターネットの攻略サイトなどに掲載されていますが、数字だけでは計り知れないものがあります。
すなわち、そのレースの内容を確認したほうが、馬の実力を把握しやすいというわけです。

 

たとえば2着と0.1秒差で1着になった馬でも、内容によって、0.2秒の価値は大きく変化します。
ラスト数秒~数十秒を流した結果の0.2秒差なら、余裕をもって1着に入ったと判断できます。
しかし、目いっぱい走った結果、2着に追い上げられた結果の0.2秒差には、前者ほどの価値を見出せません。

 

過去のレース映像を見る方法は、さまざまです。

 

  • 競馬場や場外馬券場で流れるVTRをチェックする
  • YouTubeなどで動画を再生する
  • 気になる馬が見つかった場合はメモをとっておく

 

競馬場などにいる場合は、場内に用意されているモニターで過去のレースが頻繁に流されています。
ピンポイントでレースを見たい場合や、自宅で馬券を買っている場合は、YouTubeなどのレース動画をチェックしましょう。
圧倒的な勝ち方をした馬を見つけたならば、馬の名前をメモしておくこともオススメです。

 

馬の得意・不得意を確認する

人間に得手・不得手があるように、競馬にも得意とする環境と苦手とする環境があります。
芝向きの馬もいればダート向きもいますし、雨に強い馬がいれば弱い馬もいるのです。
以下の項目をチェックして、コーストの相性がいいかどうか考えてみましょう。

 

  • コースが右回りか、左回りか
  • 出走する競馬場での勝率は高いか、低いか
  • 重馬場に強いか、弱いか
  • コースが芝か、ダートか
  • 今回走るコースの距離で過去に好成績を出せているか

 

レースの前日や当日に雨が降った場合、馬場の状態はぬかるんで重くなります。
脚力がある馬なら最後まで体力がもちますが、そうでなければ実力を発揮できないのです。
「はじめて右回りのコースを走る場合」や、「はじめてダートを走る場合」などは、前回同様のレース内容には期待できないかもしれません。

 

調教タイムを分析・検証する

競馬新聞などを確認すると、調教タイムというものも細かく書かれています。
馬はレースに向けて練習を積んでおり、仮想コースを走って調整を行っているのです。
この調教タイムでも速く走れているならば、安定して好成績を出せる馬として期待できますよ。

 

前回出走した際のタイムが速くても、調教タイムが遅い場合は注意しましょう
前回の実戦でいい結果が出せたのは単なる偶然、つまりマグレかもしれないからです。
反対に実戦で結果が出なくても、調教タイムで復調の兆しを見せているのであれば、次のレースには期待できるかもしれません。

 

騎手で買う

拮抗した実力同士の馬が走る場合、騎手の実績や最近の戦績を見比べて選ぶことがオススメです。
競馬は馬が走るタイムを競うものですが、騎手は勝負を仕かけるタイミングや、あえてゆっくり走るタイミングなどを的確に判断し、コントロールしています。
騎手の技術も、競馬の結果を大きく左右するのです。

 

あまり実力がない馬でも、優秀な騎手が乗るだけで大化けし、好成績を残すことがあります
また、優秀な騎手ほどレベルの高い馬に乗りやすく、これも「強い騎手ほど勝ちやすい」という結果に直結するのです。
新馬戦のようなデータに乏しいレースでは、騎手を見れば、どの馬に勝算があるのか分析しやすくなりますよ。

 

3倍前後のオッズを狙う

馬券を購入するときは、3倍前後のオッズを付けているものを狙いましょう
オッズが1倍台という極端に強い馬が絡む馬券を買えば当たりやすいものの、当たったときのリターンが少なすぎます。
はずれるケースを考慮すればハイリスクですし、投票締め切り直前にオッズがさらに下がり、1.0倍になることもあるのです。

 

3倍前後のオッズは競馬のなかでは当たる確率が高いオッズですし、リターンが少なすぎるということもありません。
オッズ3倍に賭け続ければ、単純計算で3回に1度のペースで勝てば赤字を出すことがないので、安定した戦績を残しやすくなります

 

3連単など高配当を狙う賭け方は避ける

リターンが大きい賭け方のひとつに「3連単」があります。
これは、1着から3着までの3頭を着順どおりに当てるというものです。当たったときは高配当に期待できますが、18頭立てレースの場合の的中率は以下のように低いため、注意しなければなりません。

 

  • 18×17×16=4,896通り

 

これをパーセンテージに変えると「0.020%」です。
これはあくまでも数学上の数字なので、圧倒的に強い馬を絡めれば実際の的中率は多少上がります。
それでも、1~3着を着順どおりに当てるのは不可能に近い芸当なので、避けたほうが賢明です。

 

買い目を増やす

1点買いは無駄のない買い方ですが、的中する確率は下がります。
本命に予想した馬を抑えつつ買い目を増やして、対抗馬が来た場合も回収できるように備えましょう。
たとえば「馬連」や「枠連」に「ワイド」を組み合わせれば、どちらの馬券も的中させられる可能性があります。

 

中長期的な収支で勝ち負けを判断する

競馬は1つのレース場で、12レースまで行われています。
JRAの場合、1日に使われる競馬場は最大3会場なので、1日で賭けられる最大のレース数は36レースです。
なかなかいい結果が出ない場合、その日の負けを取り返すために、メインレースや最終レースに大金を使うという方は多いかもしれません。

 

たとえばトータルで1万円負けている場合、最終レースで2.0倍のオッズの馬券に1万円を賭ければ、それまでの負けを帳消しにできます。
しかし最終レースに賭けた1万円でも負けてしまったら、その日の損失は2倍の2万円にまで膨れ上がってしまうのです。

 

それまでは冷静に賭け続けられていたとしても、「負けを取り返したい」という感情に左右されて、無茶な賭け方をすることはオススメできません。
「明日取り返せばいい」「1ヶ月トータルの収支でプラスにしよう」というように、中長期的な収支を見て勝ち負けを判断しましょう。

 

勝率の高いギャンブルを選ぶなら、競馬よりオンラインカジノを優先しよう

 

前述したように、ギャンブルには還元率というものがあります。
これがもっとも高く、プレイヤーにとって有利なジャンルのギャンブルが、オンラインカジノです。
その他のギャンブルと比べて運営費がかかりにくいオンラインカジノは、売り上げの多くをプレイヤーに還元できるため、予想が的中しやすくなります。

 

競馬よりもオンラインカジノが向いているのは、以下に該当する人です。

 

  • 分析が不要なギャンブルをしたい人
  • ボーナスを受け取ってギャンブルをしたい人

 

その理由を、順番に解説します。

 

分析が不要なギャンブルをしたい人

オンラインカジノの場合、ゲームの結果は完全にランダムで決まります
競馬のようにコースとの相性や過去のレース内容などを分析せず、勘だけで勝負したとしても勝率が変動することはありません。
たとえばバカラなら、プレイヤーかバンカーのどちらかに賭けるだけで、50%の確率で賭け金を2倍にできるのです。

 

1日の回数無制限でギャンブルをしたい人

競馬は、1日12レースに限られます
JRAのレースが行われるのは土日祝日のみなので、賭けたいと思ったときに必ず賭けられるわけではありません。
一方のオンラインカジノは、24時間365日いつでも賭けられるので、1日に何度も繰り返し賭け続けたいという方に向いています。

 

まとめ

競馬に必勝法はありませんが、的中率を高めるために活用できるコツはあります
過去のレース結果を数字だけで見るのではなく、レースの内容を交えて見るだけでも馬の実力を見極めやすくなりますし、無謀な買い方をせずにリスク管理することで成績が安定します。

 

的中率を重視する場合は、競馬よりも還元率が高いオンラインカジノを選びましょう
オンラインカジノは的中させるための細かな分析が不要で、賭けたいと思ったタイミングで、何度でも賭けられます。
自分に合ったギャンブルを選んで、より多くの配当を得られるように工夫しましょう。