マーチンゲール法は改良できる?有効なアレンジ方法をシミュレーション結果とともにご紹介!

 

マーチンゲール法は、オンラインカジノではもっともメジャーといえる攻略法のひとつです。
ゲームに負けてしまった直後に、賭け金を前回の2倍にすることで、1度でも勝利すると過去の負けを帳消しにできます。
しかし、連敗が続いてしまった場合に賭け金が増え、資金が尽きてしまうリスクがあることが欠点です。

 

そこで今回は、マーチンゲール法の改良法をいくつかまとめて紹介します!
改良法は本当に効果があるのか、実際のゲーム画面を使いながら、シミュレーションも実施しました。
お得に改良版マーチンゲール法を試せるオンラインカジノサイトも紹介するので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

 

改良版を知る前に通常のマーチンゲール法をおさらいしておこう

 

マーチンゲール法は、オンラインカジノの世界ではおなじみともいえるメジャーな攻略法です。
ルールはシンプルで、負けたゲームの次のゲームで前回の賭け金の2倍を賭けるだけで構いません。
たとえば1ドルを賭けて負けてしまった場合、次のゲームでは、2倍の2ドルをベットするという流れです。

 

マーチンゲール法を活用することにより、たとえ何連敗したとしても、1度の勝利でそれまでの負けをチャラにできます
さらに少額の利益まで生み出せるため、理論上は最強といえる攻略法です。
オンラインカジノを頻繁にプレイする人なら、使い方を覚えておいて、損はありません。

 

マーチンゲール法を使えるのは賭け金が2倍になるゲーム

マーチンゲール法を使えるのは、賭け金が2倍になる勝率約50%のゲームです。
具体的には、以下のようなゲームで、マーチンゲール法を活用できます。

 

  • バカラ(プレイヤー、バンカー)
  • ルーレット(赤黒賭け)
  • ブラックジャック
  • シックボー

 

スロットなどの一部のゲームには、マーチンゲール法を適用できないので注意しましょう
一方で、マーチンゲール法は、競馬などのギャンブルで使われることもあります。
競馬の場合、オッズが2.0倍前後の単勝に賭けると、マーチンゲール法を利用しやすいでしょう。

 

マーチンゲール法のメリット

マーチンゲール法のメリットは、過去の負けを、1回の勝利でいっぺんに取り返せることです。
極端にいえば100連敗したとしても、資金が続く限りはマーチンゲール法を継続でき、1度でも勝利すれば、累計損失をチャラにできます。

 

実際にゲームを使って、シミュレーションしてみましょう。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

プレイヤーに1ドルをベットしましたが、負けてしまいました。
ここでマーチンゲール法を活用してみましょう。
前回の賭け金の2倍をベットするので、2ゲーム目では2ドルをベットします。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

今度はプレイヤーへのベットが的中して、配当の2倍となる4ドルが払い戻されました。
ここまでに使ったお金は、1ゲーム目の1ドルと2ゲーム目の2ドルを合わせた3ドルです。
払い戻されたのは4ドルなので、差し引き1ドルの利益が出ました。

 

この要領でマーチンゲール法を進めると、何連敗したとしても最終的には利益が出ることがわかります。
実際に、5連敗までの結果をシミュレーションしてみましょう。

 

【マーチンゲール法のシミュレーション】

ゲーム数

結果

賭け金

累計の収支

1

負け

1ドル

-1ドル

2

負け

2ドル

-3ドル

3

負け

4ドル

-7ドル

4

負け

8ドル

-15ドル

5

負け

16ドル

-31ドル

6

勝ち

32ドル

+1ドル

 

5連敗で31ドルを失いましたが、6ゲーム目で連敗がストップして、収支をプラスに転換できました
このまま10連敗、20連敗と続いてしまったとしても、最後に1回だけ勝てば利益を生み出せます。
これがマーチンゲール法の特徴であり、メリットです。

 

マーチンゲール法のデメリット

マーチンゲール法のデメリットとなるのは、連敗が続くごとに賭け金が増えてしまうことです。
今回は、初回の賭け金を20ドルにして、シミュレーションしてみましょう。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

プレイヤーに20ドルを賭けて負けてしまいました。
次のゲームに必要な賭け金は、40ドルです。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

2連敗してしまいました。
40ドルの2倍となる80ドルが、次のゲームの賭け金に必要です。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

80ドルを使った3ゲーム目でも、負けてしまいました。
ここまでに使った資金は、1ゲーム目に20ドル、2ゲーム目に40ドル、3ゲーム目に80ドルで、合計140ドルです。
4ゲーム目の賭け金には160ドルが必要なので、もし予算が200ドルだという場合、この時点で、マーチンゲール法を続けられなくなってしまいます。

 

マーチンゲール法の欠点を補える改良版を大公開!

 

マーチンゲール法のメリットとデメリット(欠点)を見ると、改良策で重視すべきなのは、以下の2点だということがわかります。

 

  • 賭け金が増えすぎることによる資金不足を防ぐ
  • 勝利時に稼げる金額を増やす

 

そこで提案できるマーチンゲール法を改良策は、以下の3つです。

 

  • 負けたあとの賭け金を増やさず、勝利したあとの賭け金を増やす
  • 配当が3倍になるゲームに賭ける
  • 負けたときの賭け金を3倍にする

 

それぞれを詳しく解説します。

 

負けたあとの賭け金を増やさず、勝利したあとの賭け金を増やす

マーチンゲール法でもっとも警戒すべきなのは、資金のパンクです。
そこで、負けたときに資金を2倍にするという前提を変えた改善策を試してみましょう。
ルールは単純で、負けたあとのゲームでは賭け金を増やさず、勝利したあとの賭け金を1.5倍にするというものです。

 

この攻略法のメリットは、連敗時の資金の目減りを抑えられ、なおかつ連勝できた場合に利益を生み出しやすいことにあります。
まずは、連敗時の資金の減り方を確認してみましょう。

 

【改良版マーチンゲール法で連敗した場合のシミュレーション結果】

ゲーム数

結果

賭け金

収支

1

負け

1ドル

-1ドル

2 負け 1ドル -2ドル

3

負け

1ドル

-3ドル

 

このように、最小賭け金以上のマイナスが出ません。
それではどうやってプラスへの転換を目指すのかというと、勝利した際に賭けをやめず、賭け金を前回の1.5倍に増やします。
今度は、最初の賭け金を10ドルにした場合のシミュレーションをしてみましょう。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

10ドルをプレイヤーに賭けて負けてしまいました。
通常のマーチンゲール法では、次のゲームで20ドルを賭けます。
しかし、今回は賭け金を増やさずに、10ドルのままゲームを続けてみましょう。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

勝利できて、2ドルが手に入りました。
次の賭け金は、前回の賭け金を1.5にした15ドルです。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

2連勝して、30ドルが払い戻されました。
ここまでの収支を見てみましょう。

 

【改良版マーチンゲール法の収支】

ゲーム数

結果

賭け金

収支

1

負け

10ドル

-10ドル

2

勝ち

10ドル

±0

3

勝ち

15ドル

+15ドル

 

2ゲーム目で収支をトントンにでき、3ゲーム目で+15ドルという結果を出せました。
ただし、連勝がストップした段階で、収支がマイナスに転換する恐れがあります。
2連勝、3連勝程度で1度攻略法をストップして、利益を確定させるのがオススメです。

 

配当が3倍になるゲームに賭ける

2つ目の改良マーチンゲール法は、配当が2倍ではなく3倍になるゲームを選ぶというものです。
この方法で遊ぶと負ける確率が上がりますが、勝利できた場合に獲得できる配当がアップします。
実際に、ルーレットで3倍の配当をもらえるダズンベットで、マーチンゲール法を活用してみましょう。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

1~12に賭けたので、初回のベットは負けてしまいました。
2ゲーム目は、賭け金を2ドルに増やします。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

2連敗したため、3ゲーム目は4ドルをベットします。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

3ゲーム目で的中しました!

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

配当は、4ドル×3の12ドルです。
ここまでの収支を見てみましょう。

 

【改良版マーチンゲール法の収支表】

ゲーム数

結果

賭け金

収支

1

負け

1ドル

-1ドル

2

負け

2ドル

-3ドル

3

勝ち

4ドル

+5ドル

 

通常のマーチンゲール法の場合、2連敗後に勝利できても配当はプラス1ドルにしかなりません。
これを配当3倍のゲームに変えるだけで、5倍のプラス5ドルにまで収支を増やせます。
的中率が下がることに目を瞑れば、とても有効な改良策といえるでしょう。

 

負けたときの賭け金を3倍にする

3つ目の改良策は、負けたときの賭け金を3倍にするというものです。
ハイリスクな戦略ですが、ハイリターンを見込めます。
実際に表を使って、シミュレーションしてみましょう。

 

【3倍マーチンゲール法のシミュレーション】

ゲーム数

結果

賭け金

収支

1

負け

1ドル

-1ドル

2

負け

3ドル

-4ドル

3

負け

9ドル

-13ドル

4

勝ち

27ドル

+9ドル

 

賭け金は通常の3倍に増えるものの、収支は9ドルを確保できます。
通常バージョンのマーチンゲール法では、最初の賭け金以上の利益を生み出せません。
稼ぎにくいというマーチンゲール法の欠点を埋める戦略として、3倍マーチンゲール法はとても有効です。

 

マーチンゲール法の改良版を使う際の基本戦略

 

マーチンゲール法の改良版を使う前に、以下の3項目を守ることを意識しましょう。

 

  • マックスベットの金額が大きいゲームで遊ぶ
  • 1ゲーム目のベット額は少なめに設定する
  • 賭け金の限度額を決めておく

 

なぜこの3項目が重要なのか、それぞれ詳しく解説します。

 

マックスベットの金額が大きいゲームで遊ぶ

それぞれのゲームには、1度のベットで賭けられる限度額(マックスベット)が定められています。
マーチンゲール法を使っていると、連敗した際に賭け金が膨れ上がってしまい、マックスベットを突破する可能性があるため、注意しましょう
具体的なゲーム画面を紹介します。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

ミニバカラ」のマックスベットは100ドルです。
画面にも「最高ベット額に達しています」という表示がありますが、100ドル以上のベットはできません。
もしもマーチンゲール法の途中で100ドル以上のベットが必要になった場合、ミニバカラのマックスベットでは対応できず、攻略法を継続できなくなるため、注意しましょう。

 

1ゲーム目のベット額は少なめに設定する

マーチンゲール法の欠点は、連敗が続くと、ベット額が雪だるま式に増えることです。
これを避けるためには、1ゲーム目のベット額を少なめに設定しましょう。
いきなり10ドル、20ドルという金額を賭けてしまうと、あっという間に1ゲームに100ドル以上を賭けなければならなくなる可能性が生まれるため、要注意です。

 

賭け金の限度額を決めておく

オンラインカジノがギャンブルである以上、10連敗、20連敗する可能性はゼロではありません。
マーチンゲール法にすがりすぎてしまうと、アカウントの残高を完全に失ってしまう場合があります。
1日に使える限度額を決めておき、状況に応じて攻略法を途中でストップして、損切りをしましょう

 

改良版マーチンゲール法を試すのにオススメのオンラインカジノを3選

改良版マーチンゲール法を試すのにオススメのオンラインカジノは、以下の3サイトです。

 

  • アロハシャーク
  • カジノシークレット
  • BONS

 

それぞれの特徴を解説しましょう。

 

アロハシャーク

画像引用:アロハシャーク

 

初回~3回目の入金で最大1,400ドルのボーナスを獲得でき、日本人向けのサポートも充実しています。
高額なボーナスを使ってバカラやルーレット、シックボーなどのゲームにチャレンジできるので、改良型のマーチンゲール法を試すにはもってこいのオンラインカジノですよ。

 

 

カジノシークレット

画像引用:カジノシークレット

 

カジノシークレットでは2,000種類以上のゲームを配信しています。
改良型マーチンゲール法を活かせるゲームも多いので、飽きずにゲームを楽しめるでしょう。
オンカジTVから登録すると、特別ボーナスを33ドル分受け取れます。

 

 

BONS

画像引用:ボンズカジノ

その他のオンラインカジノでは、ほとんど配信されていないバイナリーオプションを楽しめます。
バイナリーオプションも上がるか下がるかの二者択一のゲームなので、改良型マーチンゲール法を使って、攻略を目指してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

マーチンゲール法は、負けた次のゲームで賭け金を2倍にして、過去の損失を1勝で取り返すという攻略法です。
欠点は稼ぎにくいことと賭け金が莫大になる可能性があることですが、改良すると欠点を補えます。
当サイトオススメのオンラインカジノを利用して、ぜひ改良バージョンのマーチンゲール法を活用してみてくださいね。