カジノ誘致計画はどうなる?新型コロナ後のIR誘致の動きとは?

日本では、IR(統合型リゾート)施設の計画が進められており、インバウンドを集めるプロジェクトとして注目されています。
カジノ誘致の候補地が次々と名乗りを上げ、カジノ誘致計画が進んでいた中、新型コロナウイルス騒動が起きてしまいました。

 

日本のみならず、世界各地で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響により、カジノ誘致計画は今どうなっているのでしょうか?
今回は、日本のカジノ誘致計画の現状について解説します。

 

カジノ誘致の候補地とは?

 

現在、日本でIR誘致の候補地となっているのは、以下の7都市です。

 

    • 大阪(夢洲)
    • 神奈川(横浜)
    • 長崎(ハウステンボス)
    • 東京(お台場)
  • 愛知(名古屋)
  • 愛知(常滑)
  • 和歌山(マリーナシティ)

 

中でも有力候補地といわれているのが、大阪の夢洲と、神奈川の横浜です。
この2つの候補地では、カジノ誘致の計画がどのように進められていたのかを見てみましょう。

 

大阪(夢洲)

大阪はIRの誘致候補地として名乗りを上げ、同時に万博の開催にも力を注いできました。
そして、念願かなって、2025年の万博開催地に選出されました。
その勢いもあり、IR誘致の最有力候補と考えられていたのです。

 

大阪の具体的な誘致候補地は、「夢洲(ゆめしま)」です。

夢洲は大阪湾にある人工島ですが、車でしか行くことができず、アクセスが悪い土地でした。
もともとオリンピックの競技場や選手村として使うために開発されましたが、オリンピックの誘致に失敗し、放置されていた「大阪の負の遺産」だったのです。
そこに、夢洲をIRの建設地として活用する案が浮上し、大阪のIR誘致計画は、盛り上がりを見せていました。

 

神奈川(横浜)

横浜は、山下ふ頭を候補地として、IRの開業を目指すことを表明しています

山下ふ頭は、高度経済成長期には横浜港における物流の拠点でしたが、次第に観光や商業がメインになっていきました。
そこにカジノを誘致して、インバウンドをさらに呼び込んでいく計画でした。

 

しかし、横浜には、地元住民や企業からの反対が根強いという問題もあります。
横浜といえば山下ふ頭といわれるように、横浜のシンボル的存在であり、地元住民から愛されている場所です。
カジノが誘致されることで、治安の悪化やギャンブル依存症の蔓延などが懸念されています。
そのため、山下ふ頭へのカジノ誘致に反対する住民や、地元の企業団体も多いのです。

地元住民や企業の根強い反発をどう対処するかが、横浜へのIR誘致の重要なカギといえるでしょう。

 

その他の候補地

大阪、横浜以外の有力候補地は、長崎県佐世保にあるハウステンボスです。

日本を訪れる外国人観光客の多くは中国人や韓国人ですが、長崎は中国と韓国のどちらからもアクセスがいい立地です。
そのため、カジノ誘致の有力候補地となっています。
ハウステンボスは一時期経営不振に陥りましたが、新しいアトラクションやイベントが人気を集め、現在は黒字経営を続けています。
長崎へのIR誘致計画は、県と市、ハウステンボスが共同で進めています。

 

和歌山は、2004年からカジノ誘致に取り組んでいる、積極的な自治体のひとつです。
大阪と和歌山という近い場所に、2つのIRが存在することによる相乗効果を狙った方針をとっています。

 

愛知では、常滑市の中部国際空港(セントレア)と、名古屋市中心部の名古屋港周辺の2か所が候補地になっています。

 

東京のお台場は当初は誘致に積極的でしたが、知事の交代が続き、会場候補地が売却されるなど、計画が白紙になっていました。
しかし、臨海副都心の開発計画の中で、IR誘致計画が復活の兆しを見せています。

 

大阪のIR事業者は新型コロナで経営危機に

 

大阪の夢洲でIR事業者に公募したのは、米MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスの合同チームのみでした。
そのため、大阪への誘致が決定した場合、MGM・オリックスがIRを運営することが事実上決まっていました。

ところが、MGMは新型コロナウイルスの感染拡大の影響により経営危機に陥り、大阪のIR誘致計画から離脱する可能性が出てきたのです。

 

アメリカでの感染拡大により、MGMは、アメリカ国内のカジノをすべて封鎖しました。
経営危機に陥ったMGMは、日本でのIR誘致にまで手が回らない状態です。

このような状況の中、大阪の吉村知事は、2025年の万博実施前のカジノ開業を事実上断念したと明らかにしました。

 

横浜市では誘致関連の準備が延期に

横浜市は、新型コロナウイルスの影響で市の準備作業が遅れる可能性があるとし、6月に予定していたIR誘致の実施方針の公表を延期することに決めました。
新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中、市の職員の業務に影響が出ているためです。

 

また、昨年の12月から行われている市長が参加する説明会は、やはり新型コロナの影響で開催が延期されている地域もあります。
根強い地元住民の反対の中では、地域への説明が重要課題です。

しかし新型コロナウイルスの影響で、横浜でのIR誘致計画は事実上ストップしてしまっている状態です。

 

世界のカジノも新型コロナの影響を受け日本のIRは後回しに

 

これまでは日本のIR誘致計画の個別の現状を見てきましたが、新型コロナの影響は、世界にも広がっています。

ご存じのように、世界でも新型コロナは猛威を振るっており、日本以上に打撃を受けている国は数多くある状況です。
とくに観光産業への影響は大きく、飲食業界やホテル業界、航空業界などが大きな打撃を受けています。

 

もちろんカジノへの影響も大きく、各国でIR施設が閉鎖されている状況です
マカオやラスベガス、マレーシアやフィリピンなどでは、IR施設が順次閉鎖されていきました。
シンガポールでは、カジノ施設への入場者を制限して営業を続けていますが、世界から訪れる短期滞在者はシンガポールに入国できません。

このように、各国のIR事業者が新型コロナ対策に追われる中、日本へのIRの新規投資が後回しになるのは仕方がないといえます。

 

実際、各国への移動が制限されているため、海外のIR事業者と日本の企業がIR誘致に関する議論を進めづらい状況です。
日本国内だけでなく世界情勢という面からも、IR事業計画がストップせざるをえないのが実情です。

 

IRがだめでもオンラインカジノがある

ここまでご説明した通り、IR誘致計画は新型コロナによる影響から、ストップしている状況です。
ですが、日本にはカジノで遊べる施設がなくても、オンラインカジノがあります。

 

オンラインカジノは家から出なくても楽しめますから、不要不急の外出が制限されている今、ぴったりのエンターテイメントといえます。
今は家の中で過ごして新型コロナウイルスに感染しないようにし、家でオンラインカジノを楽しみましょう。
そして、新型コロナウイルスの脅威が去り、日本にカジノができれば、そのときにカジノを楽しめるようになるはずです。

 

まとめ

日本ではIRの誘致計画が進んでおり、大阪と横浜がIR誘致の最有力候補地となっていました。

しかし、新型コロナウイルスの影響により、IR誘致計画はストップせざるをえない状況です。
今は新型コロナウイルスの対策が最優先ですから、当然のことといえるでしょう。

そんな中、家にいてもカジノを楽しめる、オンラインカジノに注目が集まっています。
IR誘致計画が進まなくても、オンラインカジノがあるので、家にいながらカジノを楽しめるのです。
今は安全な家の中でオンラインカジノを楽しみながら、新型コロナウイルスの困難を乗り切りましょう!

 

 

「オンラインカジノTV」へようこそ!
オンラインカジノTVは、日本人プレイヤーの方にオンラインカジノの始め方、おすすめカジノ、攻略法などをお届けする情報発信サイトです。
初心者の方向けの基礎知識から、オンラインカジノでどんどん稼いでいきたいハイローラー向けの攻略法まで、幅広く情報をお伝えしていきます。

オンラインカジノは、信頼性のあるライセンスを取得している海外運営のカジノであれば合法的にプレイできます。
もちろん、当サイトで紹介しているすべてのカジノサイトや攻略法は、安全にプレイできることを確認済みです。
ぜひご安心いただき、ガッツリ遊んでガッツリ稼ぐ、充実したカジノライフを楽しんでくださいね!