パチンコ業界の今後は暗い?IR法の成立やオンラインカジノの台頭による影響とは

定番のギャンブルとして多くの人が思い浮かべるのは、どんな街にも必ずひとつは存在するパチンコ店ではないでしょうか。
多くの人で賑わう日本独自のギャンブル・パチンコですが、実はパチンコ業界は、平成26年を境に売上を大きく落としており、苦境に立たされています。

 

なぜパチンコ業界は衰退してしまったのかを分析し、IR法の成立やオンラインカジノの台頭による影響はどの程度受けることになるのかを予測して、まとめました。
パチンコファンの方にとって遊びやすいオンラインカジノのスロットもご紹介しているので、オンラインカジノへの会員登録を迷っているという方も、ぜひご覧ください。

 

パチンコ業界の現状

 

結論としては、パチンコ店は年々減少し、利用客も減り続けています。
最近はコロナによる逆風も受けており、パチンコ店にとって厳しい状況が続いているというのが現状です。
まずは現在のパチンコ業界の立ち位置について、データを基に解説します。

 

パチンコ店の売上は年々減り続けている

日本遊戯関連事業協会という団体は、パチンコホールの売上や参加人数、活動回数といったデータを公表しています。
日本全国の15歳以上の3,000人を対象とした余暇活動実態調査などによる解析を確認すると、以下のように、パチンコ業界が苦しんでいる様子が見てとれました。

 

画像引用:遊戯業界データベース

 

パチンコ業界全体の売上高には波がありますが、平成24年以降の売上は下がり続けていて、平成29年は、20兆円の大台を割り込んでいます。
東日本大震災のあった平成23年でも25兆円以上の売上を記録していたことを考えれば、平成29年の落ち込みが、いかに深刻なものか分かるはずです。

 

さらにデータを見ていくと、参加人数(パチンコ店の客数)も落ち込んでいます。

 

画像引用:遊戯業界データベース

 

例年1,000万人以上の参加人数を確保していたパチンコ業界ですが、平成26年から3年連続で減少し、平成29年には900万人にまで減ってしまいました。
パチンコ業界の現状は、参加人数が少なく、売上も伸びないという厳しい状況におかれていることは間違いありません。

 

コロナによって逆風が強いことも炙り出されている

2021年現在はコロナ禍の真っただ中ですが、パチンコ店はタバコの対策で換気がしっかり行われていること、店内で会話をする人が少ないことなどが要因で、クラスターの発生は確認されていません。
しかし、行政や市民からの風当たりは強く、緊急事態宣言中には休業要請の対象となり、休業・廃業に追い込まれるパチンコ店も見られるようになりました。

 

また、休業要請を無視して営業するパチンコ店や、緊急事態宣言の対象外となったパチンコ店が営業を続け、ここに集まったパチンコファンが厳しいバッシングを浴びたのも記憶に新しいところです。
パチンコやギャンブルに対する偏見は依然として多く、ファンが堂々とパチンコ店に足を運びにくくなったことも、パチンコ業界にとって大きな逆風といえるでしょう。

 

なぜパチンコ業界は衰退しているのか

 

かつては多くの人に利用されていたパチンコ店ですが、なぜパチンコ業界は衰退しているのでしょうか。
コロナ以外の影響について考察し、詳しく解説していきます。

 

規制の強化が強まったため

パチンコ店はさまざまな規制の範囲内で営業を続けていますが、規制の内容が徐々に強化され、ファンがパチンコを楽しみにくい状況が生まれています。
とくに瞬間出玉を最大2,400枚までに制限するという規制は、派手な勝ち方に魅力を感じてパチンコを楽しんでいたファンを離れさせるきっかけになりました。
そのほかにも、等価交換の禁止、イベントの制限、告知の禁止など、さまざまな新しい規制が設けられ、今後さらに多くの制限が追加されるともいわれています。

 

パチンコが勝ちにくいギャンブルとして認知されはじめたため

インターネットの普及によってさまざまな情報が一般層にまで届きはじめ、「パチンコは勝ちにくいギャンブルらしい」と認知されはじめたことも、衰退の一因になっています。

 

たとえば、そのギャンブルに使ったお金のうち、何%を回収できるかを示す「ペイアウト率」でパチスロは約85%前後ですが、オンラインカジノはそれを大幅に上回る97%前後です。
少しでも勝ちやすいギャンブルに参加したいと考えている人が、パチンコを見限って別のギャンブルに移行するというのも、当然の流れといえるかもしれません。

 

パチンコに代わる新しい娯楽が増えたため

これまでは「平日に楽しめるギャンブル=パチンコ」というイメージが定着していましたが、それに代わる新しい娯楽も増えはじめています。
たとえば地方競馬はイベントを増やして新規顧客の開拓を進めていますし、オンラインカジノ著しい発展を遂げ、新しいギャンブルとして認知されはじめました。
規制によって魅力を失いはじめているパチンコにこだわらなくても、そのほかのギャンブルを楽しむことはできるので、新しい取り組みを多く実行しているほかのギャンブルへとファンが移行しているのです。

 

パチンコ業界はカジノにとって代わられるのか

 

IR法の成立により、2025年前後をめどに、日本国内に合法的なカジノが誕生する可能性が高まりました。
不動の人気を誇ってきたパチンコですが、その人気の座をカジノにとって代わられることになるのか、さまざまな角度から考えてみましょう。

 

カジノ誕生による影響を受ける可能性は高い

日本国内にカジノが誕生するとなれば、日本のギャンブル史に残る大転換点になりますから、テレビなどのメディアにも、カジノのことが頻繁に取り上げられることは確実です。
オープンに向けて宣伝の数は日増しに増加する可能性は高く、これまでは主にパチンコを楽しんできた人も、カジノに興味をもつことになるでしょう。
一人あたりがギャンブルに使えるお金は限られているので、カジノに使うお金の割合が増えれば、その分だけパチンコ店が儲けにくい構造ができあがってしまいます。

 

カジノと違いパチンコの完全合法化は難しい

IR法が成立したことにより、国が認可した施設に限った話ではありますが、カジノの運営は、完全に合法化されることになります。
パチンコも合法的ではあるものの、三店方式というグレーゾーンで運営を行っており、カジノのように完全な合法といい切ることはできません。

 

パチンコをしていて検挙されるということはあり得ませんが、それでもより高い信頼性を求める人であれば、パチンコからカジノに移行することになるでしょう。

 

パチンコファンが全滅することはなく、カジノとの共存は可能

一方で、仮にパチンコが衰退を続けたとしても、パチンコファンが全滅することはありませんし、規制によってパチンコ業界が廃業に追い込まれることもないでしょう。
都心のど真ん中に規模の大きい新店が進出することは少なくなるかもしれませんが、カジノと共存して生き残ることはじゅうぶんに可能です。

 

また、パチンコとカジノでは客層が異なることも、共存できる理由としてご紹介できます。
カジノはどちらかといえばアッパー層向けのギャンブルで、日本人が参加するためには入場料の支払いが必要ですが、大衆化しているパチンコ店は、入場料が一切かかりません。
さらにカジノができる地域は、現在の法律では最大で3都市までですから、カジノが近くにない都市に住んでいる人は、これまでと同じようにパチンコ店へ通い続けるでしょう。

 

「セガサミー」はカジノ業界に進出している

パチンコの機種を製作するメーカーとして有名な「セガサミー」という会社は、2014年に韓国の企業とタッグを組んで「パラダイスシティ」を設立し、カジノ業界へと進出しています。
パチンコ業界はこういった動きに追随する可能性があり、日本国内にカジノが誕生した後は、カジノとのコラボのような動きが見られるかもしれません。

 

カジノ業界にとっても、これまで日本のギャンブルをけん引してきたパチンコは軽視できる存在ではないので、カジノとの相乗効果によって、息を吹き返す可能性もあります。

 

パチンコ風のスロットはオンラインカジノでも楽しめる

パチンコからオンラインカジノに移行してみようと思っていても、どんなゲームからはじめればいいのかわからずに悩んでしまうことが多いかもしれません。
今回は、パチンコ・パチスロファンの方が楽しめる、オンラインカジノで配信中のスロットゲームを3つ取り上げてみました。
それぞれタイプが異なりますが、お店でパチスロを楽しんでいるのと同じような感覚でプレイできるゲームなので、ぜひアロハシャークミスティーノカジノなどの無料版で試してみてくださいね。

 

 

888 Gold

画像引用:ベラジョンカジノ

 

最初にご紹介する「888 Gold」は、昔ながらのスロットが好きな方にはたまらないスロットマシンに仕上がっています。
とてもシンプルなデザインなので、長時間遊んでいても目が疲れませんし、ペイラインなどのルールも一目見ただけでわかるのではないでしょうか。

 

ペイラインは1~5の中から好きに選ぶことができるので、予算に合った遊び方ができることもメリットです。
派手な演出やボーナスゲームは一切ありませんが、最高の配当は6,000ドルと高額で、一獲千金を目指すこともできます。

 

花魁ドリーム

画像引用:ベラジョンカジノ

 

続いてご紹介する「花魁ドリーム」は、日本で流行しているパチスロを研究し、オンラインカジノ用のゲームのフォーマットに採用しているJTG社が開発した最新作です。
こちらは先ほどの888 Goldとは違って現代的なグラフィックですが、リール数は3×3という王道の設定で、オールドファンが見やすいように作られています。
リスピンを3回繰り返すとボーナスゲームに突入するというシステムを採用していて、花魁のセクシーな姿を見られるとあって、男性ファンから絶大な支持を集めているスロットです。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

こちらは「家紋ボーナス」という突発的に発生するミニゲームで、花魁とサイコロを振って双六のようなゲームを楽しめます。
サイコロの数だけ前進するという内容で、「UP」を繰り返すとフリースピンを獲得できますし、UPできなかったとしても、マルチプライヤーの獲得によって、高額な賞金をゲットすることが可能です。

 

STARBURST

画像引用:ベラジョンカジノ

オンラインカジノのスロットで、登場から現在まで長く愛されている定番のゲームといえば「STARBURST」です。
横に5つのリールが並んでいますが、左右のどこからかを起点に3つ以上の同じ図柄が並ぶと当たりになり、縦・横・斜めで図柄が揃うとコンボを発動します。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

星のマークがすべてのシンボルの役目を果たすワイルドシンボルで、ワイルドがペイラインを成立させると、ワイルドが残留したままの状態でフリースピンがはじまります。
フリースピンは最大で3回続くので、運がよければ、1回分のスピンに賭けるベット額でスピン4回分の配当を獲得できますよ。

 

まとめ

パチンコ店を訪れる人の数やパチンコ店の売上は徐々に下がっており、コロナによる逆風も受け、パチンコ業界の現状はお世辞にもいいとはいえません。
IR法が成立したことで、カジノ誕生による影響も避けられませんが、パチンコとカジノは客層が違うこともあり、共存することはじゅうぶんに可能でしょう。

 

オンラインカジノには、パチンコ・パチスロ風のスロットが多く揃っていて、アロハシャークなどのサイトでは練習モードを使って、無料体験することもできます。
パチンコからオンラインカジノに移行したいと思っている方や、カジノ誕生前にスロットの雰囲気を知っておきたいという方には、オンラインカジノへの無料登録がオススメです。