シンガポールのカジノにはどんな特徴がある?オススメホテルも3つご紹介

アジア地域のカジノといえば、ラスベガスを上回る売り上げを誇るマカオが有名ですが、マカオにも負けない存在感を発揮しているカジノ新興国が、シンガポールです。
2005年にIRを誕生させたシンガポールには、超一流ホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」もあり、日本を含む世界中から観光客が集まっています。

 

そんなシンガポールのカジノ事情について、そしてオススメのホテルについて、この記事のなかに詳しくまとめました。
シンガポールの魅力だけではなく、現地を訪れる際に知っておきたい意外な注意点をお伝えし、海外旅行ができないコロナ禍の楽しい過ごし方についてもご紹介します。

 

シンガポールのカジノ事情

 

今でこそシンガポールは「カジノで有名な国」という印象が強まっていますが、実はシンガポールでカジノが解禁されたのは、ごく最近のことです。
まずはシンガポールにおけるカジノの成り立ちや、カジノ誕生後の経済など、シンガポールのカジノ事情について簡単に解説します。

 

カジノの誕生は2005年とごく最近

カジノ合法化への反対意見が多い日本と同じように、シンガポールもカジノ解禁には慎重で、合法化すべきという意見は、ことごとく却下され続けてきたという歴史をもっています。

 

大きな変化が起きたのは2004年で、シンガポールの政界で絶大な影響力をもっていた政治家のリー・クアンユー氏が、経済活性化を目的にカジノ賛成派へと転じたことがきっかけでした。
翌2005年にはさっそくカジノ合法化が決まり、さまざまな整備が進められた末に、2011年にマリーナ・ベイ・サンズリゾート・ワールド・セントーサという2つの統合型リゾート(IR)が誕生したのです。

 

シンガポールの統合型リゾートはわずか2つにすぎませんが、いずれも世界最大級の統合型リゾートとして、各国の観光客やカジノファンを魅了しています。
マリーナ・ベイ・サンズはアッパー層向けの都会的施設として、リゾート・ワールド・セントーサはファミリー層向けのリゾート施設として、キャラクターをわけていることも成功の一因といえるでしょう。

 

カジノがインバウンド観光客大幅増のきっかけになった

シンガポールはアジア地域において有数の観光地として有名でしたが、中国経済の発展や近隣諸国の成長などの理由により、徐々にインバウンドを失いつつありました。
実際に、2つの統合型リゾートが誕生するよりも前のインバウンド観光客数は約968万人、年間観光収入は126億シンガポールドルに止まっています。

 

ところが統合型リゾートが誕生して2年後となる2013年にはインバウンド観光客数が1550万人に、年間観光収入は235億シンガポールドルにまで急上昇したのです。
2つの統合型リゾートを合計すると、直接雇用だけで2.6万人の増加を果たしたこともわかっており、カジノがシンガポールの経済を活性化させ、景気回復の要因となっていることは間違いありません。

 

日本におけるIRの参考例になっている

日本でも統合型リゾートの運営を認める、いわゆる「カジノ法案」が成立し、現在はいくつかの候補地のなかから、カジノの設置場所を決める詰めの段階に差しかかっています。
カジノ法案を成立させるにあたり、日本政府は「諸外国におけるIRについて」という資料を作成しており、そのなかで「他国のIRの一例」として取り上げているのが、シンガポールです。

 

この資料には、統合型リゾートによる経済効果や懸念事項、各国の関連制度など多くの調査結果が詳細に記されています。
もっとも大きく、そして頻繁に取り上げられているのがシンガポールのカジノ事情なので、日本のIRにも、マリーナ・ベイ・サンズやリゾート・ワールド・セントーサのいい部分がいっぱい詰め込まれるかもしれませんね。

 

シンガポールのカジノにはどんな特徴や魅力があるの?

 

今や世界有数のカジノ大国として知られるようになったシンガポールですが、現地のカジノにはどのような魅力があるのでしょうか。
2つの統合型リゾートの特徴や治安、カジノとともに巡れる観光地などをまとめて、この項目で詳しくご紹介します。

 

世界でも屈指の統合型リゾートがある

シンガポールには、マリーナ・ベイ・サンズリゾート・ワールド・セントーサという、世界屈指のレベルをもつ2つの統合型リゾートがあります。
都市型とリゾート型にテーマをわけていることも特徴的であり、誰と行くのか、どんなふうに遊びたいのかを考えてから、より理想とマッチする統合型リゾートを選ぶことができます。

 

とくにセレブからの人気が高いのは、商業が盛んに行われていた観光地にオープンしたマリーナ・ベイ・サンズです。
3つのタワーをつなぐ船が屋根に乗った特有のデザインをもつ統合型リゾートで、今やシンガポールの象徴としておなじみになっています。

 

屋上部分のインフィニティプールは、インスタ映えの定番スポットであり、「名探偵コナン」など、人気映画の舞台の一部として使われたこともありました。
カジノという枠だけにとらわれず、リゾート単体としての価値をもつ施設を利用できることが、シンガポールのカジノを訪れるメリットになっています。

 

中国人観光客が多くシックボーが人気

マレーシアの南に位置するシンガポールには、中国大陸から訪れる観光客が非常に多く、カジノを利用する人のうちほとんどの割合を、中国人をはじめとするアジア人が占めています。
このような事情を抱えているため、カジノで行われるゲームのなかで人気なのは、中国発祥の「シックボー(大小)」で、これが欧米にある一般的なカジノとの大きな違いです。

 

治安がよく安全にすごしやすい

シンガポールの犯罪率は低く、スリや引ったくりといった軽犯罪には注意すべきですが、殺人や強盗といった重大な事件に巻き込まれる可能性は、ほとんどありません。
観光客の犯罪がないわけではありませんが、基本的には日本と同じ水準で、滞在中は安全にすごすことができます。

 

カジノ周辺の有名観光地も多数

シンガポールには、カジノ周辺に有名観光地も多数あり、とくにマーライオンの噴水がある「マーライオンパーク」や、有名人の名前を付けた蘭が飾られている「シンガポール植物園」は有名です。
統合型リゾートのリゾート・ワールド・セントーサには、「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)」があり、さまざまなショーやアトラクションを楽しむことができます。

 

そのほかにも「ナイトサファリ」「シンガポール動物園」「シンガポール・フライヤー」など、多くの観光施設やアクティビティがありますから、カジノ以外の観光も充実させたいという方にもオススメです。

 

シンガポールのオススメホテル3選!

ここからは、シンガポールでカジノを楽しめるオススメホテルを3つご紹介します。
世界屈指のラグジュアリーホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」も含むので、少し贅沢な旅行を体験してみたいという方も要注目です。

 

マリーナ・ベイ・サンズ

画像引用:マリーナ・ベイ・サンズ公式サイト

 

3つのタワーで構成され、すべての棟を船のような形の「サンズ・スカイパーク」でつないだマリーナ・ベイ・サンズは、世界中のセレブも宿泊先として選ぶ、シンガポールを代表する豪華施設です。
サンズ・スカイパークにある全長150メートルのプールは、標高200メートルという位置にある世界一高いプールとしても知られていて、多くのインスタグラマーが訪れています。

 

3つのタワーを合計すると総客室数は2,500以上にもなりますが、大半の客室からシンガポールの海や都会的な街並みを一望することができ、このロケーションのよさも人気の秘訣といえるでしょう。
館内に併設されたショッピングセンターには、ハイブランドを含めて300店を超える数のお店が軒を連ねていて、天候を気にすることなく、買い物を楽しむことができます。

 

カジノのフロアは合計3つあり、地下1階と1階が一般のプレイヤー向け、2階がVIP・ハイローラー向けにわけられています。
約15,000平方メートルという広大な敷地内に、スロットマシンだけで2,300台以上、テーブルゲームが350台以上並ぶ景観は、一見の価値ありです。

 

リゾート・ワールド・セントーサ・エクアリアスホテル

画像引用:リゾート・ワールド・セントー公式サイト

 

リゾート・ワールド・セントーサ・エクアリアスホテルは、シンガポールの中心部から離れたセントーサ島にあるホテルで、自然が豊かなロケーションでリゾート感を満喫したいという方にオススメです。
室内は地域の雰囲気にマッチするようにナチュラルカラーを多用していて、人気の「デラックスガーデンルーム」では、ゆったりとした広さのバルコニーから、青々とした森や美しい海を一望できます。

 

エクアリアスホテルに宿泊する際に訪れておきたいのは、数々の受賞歴をもつ癒やしのスパと、南国感を存分に味わえるプールです。
プールの周りには独立したヴィラタイプの客室があり、ここに泊まれば24時間いつでもプールに入れますから、プール付きの豪邸に住んでいるような気分になれますよ。

 

エクアリアスホテル滞在中に利用できるのは、15,000平方メートルの敷地面積に500種類のテーブルゲームと、1,300台以上のスロットマシンを備えた「リゾート・ワールド・セントーサ・カジノ」です。
先ほどのマリーナ・ベイ・サンズと比べるとより家族向けということもあり、大人数で楽しめるルーレットなどのゲームが多く採用されていることが特徴になります。

 

リゾート・ワールド・セントーサ・ハードロックホテル

画像引用:リゾート・ワールド・セントー公式サイト

 

リゾート・ワールド・セントーサ・ハードロックホテルも、リゾート・ワールド・セントーサ内にあるホテルのひとつで、日本でも有名な「ハードロックカフェ」の運営会社がプロデュースしているホテルです。
館内にはあらゆる場所に有名アーティストの写真やグッズが飾られているので、ロックや音楽が好きな方は、とくに楽しくすごせるのではないでしょうか。

 

なかでもオススメの部屋は、ロックスターの写真が大々的に飾られていて、室内から屋外ショーやライブを見ることができる「ロックスタースイート」です。
エクアリアスホテルと同じように、リゾート・ワールド・セントーサ・カジノを利用できるので、家族や友人たちと一緒に、時間を忘れてカジノを楽しめますよ。

 

シンガポールのカジノを利用する際の注意点

シンガポールのカジノは、世界最大級の統合型リゾートで楽しめるということもあり、治安も良好ですが、シンガポール独自の法律やルールがいくつかあります。
知らずに現地を訪れたり、カジノで遊んでいたりするとトラブルになるかもしれないので、シンガポールへ行く前に知っておくべき注意点を詳しくお伝えしておきましょう。

 

ホテルや施設内は完全禁煙!罰則にも要注意

シンガポールは街中からホテル内までとても美しい状態ですが、これを保てている理由は「罰則のおかげ」ともいわれています。
街中はもちろん、ホテル内やレストラン、駅構内、そしてカジノのなかも原則としてすべて禁煙で、喫煙した場合は、最大1,000シンガポールドルの罰金が科されるので注意しましょう。

 

そのほかにも独特なルールがいくつかあり、観光客がとくに注意すべきなのは「車は後部座席も含めてシートベルト着用が義務なこと」と、「ガムの持ち込みが禁止されていること」です。
いずれも見つかると罰金の対象になりますから、タクシーに乗るときなどにもじゅうぶんに注意して、せっかくの旅行気分を台なしにしないようにしてくださいね。

 

カジノを利用できるのは21歳から

シンガポールのカジノを利用できるのは21歳以上からと決められていて、入口では、パスポートチェックによる年齢確認が行われます。
USSなど小さな子どもも楽しめる施設が多いシンガポールのIRですが、21歳以下の人はカジノに入場することもできないので、現地でトラブルにならないように注意しなければなりません。

 

統合型リゾートは2つの施設に限られる

統合型リゾートのなかにはホテルがいくつもそろっていますが、シンガポールに設置されているカジノ会場自体は、2つに限られます。
ホテルごとに特徴が異なるカジノがいくつもあるマカオやラスベガスといった地域とは違い、カジノをハシゴして個性の違いを楽しむことができないという点が、シンガポールの難点です。

 

ミニマムベットがやや高い

カジノでは、1回のゲームに使う最低額の「ミニマムベット」が設定されていて、シンガポールには他国のカジノと比べて、ミニマムベットがやや高いという特徴があります。
たとえばバカラの場合は日本円で約5,000円、ルーレットの場合は約500円がミニマムベットに設定されていて、ある程度の金額を積まなければ、ゲームに参加できません。
利用するテーブルによってミニマムベットの設定額は違い、もっと安くゲームができるテーブルもありますが、混雑しやすく、座れないことも多いため注意しましょう。

 

シンガポールに行けない今はオンラインカジノを楽しもう

2021年4月現在、コロナの影響によって、観光客としては自由にシンガポールを訪れることができない状況が続いています。
そんな現在もオンラインカジノは24時間いつでも開かれていますから、シンガポールに行けない今は、オンラインカジノで仮想シンガポールを楽しみましょう。

 

シンガポールで主流の「シックボー」もプレイできる

シンガポールがメインターゲットにしている客層はアジア人ということもあり、アジアで人気の高い中国発祥の「シックボー」がテーブルゲームの主流です。
シックボーは、ミスティーノカジノなどのオンラインカジノにも搭載されているゲームなので、シンガポールへ行く前にオンラインカジノで試してルールを知り、感覚をつかんでおくと有利ですよ。

 

画像引用:ミスティーノカジノ

 

こちらは、ミスティーノカジノで配信されている「シックボー」です。
シックボーは「大小」と呼ばれることもあるシンプルなゲームで、3つのサイコロの合計数が4~10なら「小」、11~17なら「大」、3つのサイコロがすべて同じ数字だった場合は、負けになります。
3つのサイコロが全部同じ数字になる確率は1/136なので、事実上二者択一のゲームであり、勘を頼りにチャレンジできることも、シックボーの魅力です。

 

それ以外にも、3つのサイコロの合計数をピンポイントで当てる賭け方や、3つのサイコロのうちどれか1つの数字を当てれば当たりになる賭け方など、サイドベットも充実しています。

 

画像引用:ミスティーノカジノ

 

6が出ることを予想して、1ドルを賭けてみましょう。

 

画像引用:ミスティーノカジノ

 

予想どおり、サイコロに6が出たので当たりです。
配当は、予想した数字が1個なら2倍、2個なら3倍、3個なら4倍になります。
今回は、6のサイコロが2つ出ているので、1ドル×3倍で3ドルが払い戻されました。

 

通常のルールとサイドベットの両方を覚えておくと、実際にシンガポールのカジノへ出かけたときもスムーズにシックボーを楽しめますよ。

 

入場料などがかからずボーナスをもらえる

日本人ならシンガポールのカジノで入場料はとられませんが、現地ではチップの支払いが必要ですし、タクシー移動を含めた旅費だけでも、数十万円単位の金額になります。

 

一方のオンラインカジノなら、登録料や利用料、チップなどは一切不要で、それどころかボーナスを受け取ることも可能です。
とくにアロハシャークでは、入金するだけで最大1,500ドルのボーナスをもらえますから、リアルカジノよりも有利にカジノを楽しめますよ。

 

ライブカジノでシンガポールのカジノ感覚を味わえる


画像引用:アロハシャーク

 

ルーレットやバカラ、ブラックジャックなどのテーブルゲームは、実際のディーラーがリアルタイムでゲームを進行する「ライブカジノ」で楽しむこともできます。
ミニマムベットは0.5ドル~とシンガポールのカジノよりも大幅に低い設定なので、少ない予算で本場の雰囲気を味わえますし、先ほどご紹介したウェルカムボーナスを使うことも可能です。

 

 

まとめ

シンガポールにおけるカジノの歴史は比較的新しく、マリーナ・ベイ・サンズとリゾート・ワールド・セントーサという2つの統合型リゾートが誕生したのは、2011年のことです。
カジノの誕生によってシンガポールのインバウンド客は大幅に増加し、景気回復の起爆剤となったことから、日本のカジノ法案成立に向けた参考例としても、シンガポールの事例は頻繁に取り上げられました。

 

カジノ以外にもたくさんの魅力をもつシンガポールですが、現在は残念ながら、コロナの影響で自由に観光ができません。
しかしオンラインカジノなら、シンガポールで流行しているシックボーをはじめとするゲームをお得に楽しめますから、シンガポール旅行の前に試してみてはいかがでしょうか。