パチンコ屋のイベントが禁止された理由とは?旧イベント日の詳細や働き方も解説します

 

パチンコ屋では、顧客を集めるためのイベントを定期的に実施することがあります。
インターネット上などで情報を検索すると、なぜか「旧イベント日」といった言葉が使われていて、「旧って何?」と疑問を感じたことのある人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、パチンコ屋でおこなわれている「旧イベント日」について解説します。
なぜ本来のイベントが禁止されたのか、そして現在の旧イベント日はどのように運営されているのかといった点をまとめながら、パチンコ屋よりもお得なオンラインカジノのメリットもご紹介しましょう。

 

パチンコ屋のイベント(旧イベント)とは

パチンコ屋では、顧客を集めるための手段として「イベント」を実施することがあります。
大手スーパーマーケットが「〇〇日は5%オフ」、飲食チェーン店が「〇〇の付く日はオマケ付き」といったサービスを頻繁におこなっていますが、それのパチンコ版と考えるとよいでしょう。

 

イベントは北海道から沖縄まで、日本全国のパチンコ屋でおこなわれます。
店舗によってサービスの内容や催しの中身が変わりますが、顧客が魅力を感じられるような内容がほとんどです。
後述する事情によって、現在はイベントという名前を使えず、「旧イベント日」などと表現されています。

 

2011年から広告宣伝規制がおこなわれている

かつてはそれぞれのパチンコ屋が大々的にイベント開催日を宣伝していましたが、2011年に広告宣伝規制がおこなわれ、パチンコ屋はイベントの宣伝ができなくなりました。
パチンコ屋のチラシや広告を目にする機会が少なくなったのも、この規制が入ったためです。

 

しかし、イベントそのものの開催が禁じられたわけではないため、パチンコ屋は「旧イベント日」というようなけむに巻いた表現を利用しています。
表現を変えたとしても広告宣伝活動は実施できないため、LINEやメルマガといった、顧客に直接話しかける方法でイベントの告知をおこなっているというのが現状です。

 

パチンコ屋の旧イベント日はいつ?

 

パチンコ屋の旧イベント日は、以下のいずれかのパターンで設定されることが目立っています。

 

  • 数字のキリのいい日
  • お店の名前に使われている数字が絡む日
  • ライターが来店する日

 

それぞれを詳しく解説しましょう。

 

数字のキリのいい日

とくに多いパターンは、パチンコにおいて縁起のいい数字が絡む日です。
たとえば「7日」のような典型的なラッキーナンバーを使うお店もありますし、「11日」などのゾロ目を選ぶお店もあります。
気に入ったお店が見つかったら、どんな日にイベントをおこなうことが多いのかチェックしてみましょう。

 

お店の名前に使われている数字が絡む日

店名に数字が使われている場合、その数字が絡む日をイベント開催日にすることがあります。
たとえば「パチンコ8」という名前のお店だとすれば、「8日」「18日」「28日」といった日付に合わせて、イベントを開催する可能性が高いでしょう。

 

ライターが来店する日

ライターやメディアが来店する日を、イベント開催日にするというケースも目立ちます。
撮影がおこなわれる日は、お店にとっても全国に向けてアピールする絶好のチャンスなので、出玉を多くして見栄えをよくすることが多いのです。
露出が多い日も狙い目のひとつと考えましょう。

 

おすすめのオンラインカジノ
ベラジョン
Vera&John
ベラジョン
業界最大手のオンラインカジノ!入金不要ボーナス30ドル配付中
カジノシークレット
CASINO SECRET
カジノシークレット
初めてなら負けてもお金が返ってくる!初回キャッシュバックボーナス配布!
ミスティーノ
Mystino
ミスティーノ
現金ボーナス10ドルを配付中!出金上限は1倍!!
   
関連記事

投稿が見つかりませんでした。

Sorry, no other posts related this article.