ホールデムのプリフロップとは?関連する専門用語やベットの戦略をご紹介

ポーカーやホールデムにはたくさんの専門用語があり、ゲームに参加していると当たり前のように、専門用語が飛び交うことがあります。
最低限の専門用語を知っていなければ、ゲームの最中に混乱してしまうことがありますから、これからご紹介する「プリフロップ」などの基本用語は、できるだけ早く覚えておきましょう。

 

ホールデムで安定した結果を出し続けるためには、プリフロップの段階でゲームを続けるのか、それとも降りるのかを正確に判断する必要があります。
この記事では、プリフロップという言葉の意味をはじめ、それに関連する専門用語の解説を行い、プリフロップの結果から見たベットの戦略についても解説します。

 

プリフロップとは

プリフロップは、ホールデムで遊ぶうえで、もっとも基本的な専門用語のひとつです。
ホールデムでは最初に2枚のカードが配られ、その後にゲームを続けるのか、それとも止めるのかを決めることができます。
有利だと判断すればベット、不利だと感じたらフォールドをするというのが基本的な流れです。

 

実際に、ゲームの画面を見てみましょう。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

この状態がプリフロップです。
この結果を見ながら、その後もベットを重ねるのか、それとも見切りを付けてやめるのかを見わけます。

 

プリフロップの前後の手順を解説

ここからは、プリフロップの前後の手順について解説します。
それぞれの局面で使われる専門用語とあわせてチェックしていきましょう。

 

アンティ

ホールデムに参加するためには、まずテーブルに着いた際に、参加費を支払う必要があります。
この参加費を指す言葉が、アンティです。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

今回は、1ドルをアンティに置いてゲームをスタートさせてみます。
「ディール」をクリックするとトランプが配られ、その後はアンティに置いたチップを取り返すことができません。

 

プリフロップ

ディールするとトランプが2枚配られ、これがこの記事の本題であるプリフロップという状態です。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

今回は、5と7という組み合わせでした。
5と5、あるいは7と7などの組み合わせなら、最初からペアができているため有利です。
この後に選択できるアクションは、フォールドとベットの2種類になります。

 

まずフォールドは、ゲームを諦めて降りるという選択です。
アンティに賭けた1ドルは没収されますが、それ以上のチップを失わずに済みます。
プリフロップの結果が悪かったときに選ぶアクションです。

 

もうひとつのベットは、追加の資金を投入してゲームを継続するというアクションです。
フロップには、アンティの2倍の金額をベットすることになります。
これを踏まえたうえで、ベットするかフォールドするかを選択しましょう。

 

フロップ

ベットを選択した場合に、フロップを行います。
フロップでは3枚のカードがオープンな状態で配られ、これは対戦相手と共有するカードになります。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

手札には5があるので、フロップにアップされた5と組み合わせてワンペアが完成しました。
次のアクションとして選べるのはチェック、あるいはベットです。
チェックすると追加でチップを支払わずにゲームを続けることになるため、弱気のアクションとして捉えられます。
ベットでは、アンティと同じ金額を追加することになり、強気なアクションと捉えられることが普通です。

 

ターン

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

4枚目のカードが配られるのが、ターンです。
ターンにアップされたカードは3なので、新たな役を作ることができませんでした。

 

リバー

最後のアクションとなるのが、リバーです。
リバーでは、5枚目のカードが配られます。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

リバーが終了すると、相手のカードがオープンになります。
どちらもワンペアですが、プレイヤーが5、ディーラーが2なので、カードが強いプレイヤーの勝利です。
以上がホールデムポーカーで使われる専門用語と、ゲームの基本的な流れになります。

 

プリフロップで勝率をアップさせるアクションの選び方

ベットでは、アンティの2倍の資金を投じることになります。
もし100ドルをアンティに投じていた場合、ゲームをはじめる段階で、300ドルの投資が必要です。
そのため、勝ち目のあるゲームかどうかを、プリフロップで判断することが重要なポイントといえます。

 

この項目では、プリフロップで勝率をアップさせるために、効果的なアクションの選び方をまとめました。
以下の基本を押さえながら上手な応用を考え、負けたときの傷口を広げないようにコントロールしましょう。

 

ペアが揃っているときは迷わずにベット

プリフロップでペアができているときは、迷わずにベットを選びましょう

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

この場合はフロップ、ターン、リバーで1枚でもJが出ればスリーカードを成立させられます。
フォーカードの可能性もあるので、強気なアクションをとるべきでしょう。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

リバーでJが出たので、思惑どおりスリーカードとなりました。
相手のカードはQのワンペアなので、プレイヤーの勝利です。

 

同じスートが揃ったときもベットがオススメ

スート(図柄)が同じ場合も、ディールして勝負することがオススメです。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

数字は揃っていませんが、この後にハートが3枚出れば、フラッシュになります。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

このゲームではフラッシュは成立しませんでしたが、結果的にワンペアで勝利できています。

 

続き数字の場合もベットが優勢

続き数字が出ている場合も、ベットが優勢になります。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

このままゲームを進めると、ストレートを出せる可能性があります。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

惜しくもハイカードに終わり、このゲームでは破れてしまいました。
しかし8~Jまでは揃っているので、3、4、5のいずれかの数字が7かQなら、ストレートが成立していたことになります。

 

強い数字同士のときもベットを選ぶとよい

上記のような組み合わせではなかったとしても、強い数字同士のときはベットを選ぶとよいでしょう。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

このゲームでは、JとKが手札になりました。
ワンペア同士で決着が付いた場合、相手よりも有利と考えられます。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

結果的に、JとKという非常に強いツーペアができています。
仮にワンペアの決着だとしても、相手のKと並び、負けることはありませんでした。

 

弱い数字同士の場合はディールを検討する

ペアではなく、ストレートやフラッシュの目がなく、なおかつ弱い数字同士の場合は、ディールを検討しましょう。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

2か4のいずれかでワンペアを組めたとしても、相手がそれ以上のワンペアを出すと負けてしまいます。
こちらが2のワンペアの場合、相手は3のワンペア以上で勝利になりますから、負けの目が大きいのです。

 

プリフロップのあるホールデムで遊ぶならベラジョンカジノがオススメ

プリフロップのあるホールデムで遊ぶなら、ベラジョンカジノの利用がオススメです。
ベラジョンカジノへの登録料は無料で、デモプレイでホールデムを無料体験することができます!
今回ご紹介した「Texas Holdem」も、ベラジョンカジノで配信されているゲームです。

 

ログインを済ませれば、ライブカジノでもホールデムを楽しめますよ!

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

テーブルゲームのホールデムで得たノウハウを、ライブカジノでも生かすことが可能です。

 

まずはテーブルゲームのデモプレイでプリフロップを攻略し、基本を叩き込んだうえでライブカジノに臨んだり、対人戦であるヘッズアップポーカーにチャレンジしたりしましょう!

 

 

まとめ

プリフロップとは、ホールデムで行うアクションのひとつで、追加の投資を行ってゲームを継続するか、それともフォールドしてゲームを諦めるかを決める重大なアクションです。
どういった場面でベットすると有利なのかを知っておくことで、大敗するリスクを低下させることができ、有利にゲームを進めることができます。

 

ホールデムでプリフロップの攻略を試すには、ホールデムの配信を行い、無料でデモプレイを試すこともできるベラジョンカジノの利用がオススメです!
まずは無料でホールデムを何度もプレイして、ノウハウと自信を身に付けることができたら、ライブカジノやヘッズアップポーカーにもチャレンジしてみましょう。