インシュランスは得か損か?ブラックジャックの戦績を左右するシステムの利用価値を徹底調査

テーブルゲームの定番であるブラックジャックをプレイしていると、時折「インシュランス」というメッセージが表示されることがありますが、一体どんな意味なのでしょうか。
これは、ブラックジャックの戦績を左右する重要な要素のひとつであり、上手に使いこなせるプレイヤーほど、長期的に見てカジノで勝ちやすくなります。

 

この記事では、インシュランスとは何なのかという基本をご紹介するとともに、手順についても画像付きで解説し、活用すべきシステムかどうかを結論付けます!
インシュランスが搭載されているゲームもご紹介しますので、ゲームの奥深さを感じながら、記事の中身をチェックしてみてくださいね。

 

インシュランスとは

英語で「保険」を意味するインシュランス(Insurance)は、ネットカジノでもプレイできる定番のブラックジャックで採用されている独特なルールです。
しかし、このルールはプレイヤーが望むタイミングでいつでも利用できるものではありません。
インシュランスを発動できるのは、ディーラーが保持するアップカードがAのときに限られており、発動させるかどうかは、プレイヤーが任意で決めることになります。

 

画像引用:アロハシャーク

 

このように、条件を満たした場合に限り、インシュランスを利用するかどうかの選択肢が与えられます。

 

ブラックジャックによる負けを回避できる救済策

この制度を装備した意図としては、ディーラーがBJを出したことによる強制的な負けを回避する救済策が必要だったためと考えられます。
ディーラーが持つ手札は、保持しているカードがA+10or絵札だった場合が最強で、対戦相手は21を引き当てない限り、負けが確定するのです。

 

こういったプレイヤーに不利な状況からの救済策として用意されているのがインシュランスで、発動させた場合、ディーラーの手札がBJだったとしても、配当を受け取ることが可能です。
自分自身でBJを出せずに敗北しても、この救済措置により3倍の配当を得られるため、文字通り「保険」の機能を果たしてくれますよ!

 

インシュランスに賭けられる金額は賭け金の半額

インシュランスを発動させられるシチュエーションでも、自由に賭ける金額を決めることはできません
インシュランスの賭け金にできるのは、最初にベットした金額の半額です。
それ以上を賭けることも、それ以下を賭けることもできず、配当は3倍に固定されています。

 

もし1ドルをベットしていた場合、インシュランスにベットできるのは0.50ドルです。
インシュランスに成功すると、0.50ドルの3倍となる1.50ドルが払い戻されます。
最初に賭けた1ドルを負けて失うとしても、収支のプラスマイナスをゼロにすることができるのです。

 

一方、ディーラーの手札がA+2~9までの数字だった場合は読み違いとなり、インシュランスは失敗になります。
ゲームの勝敗とは無関係にインシュランスへのベットは回収されますから、傷口を広げる可能性がある点には要注意です。

 

インシュランス発生により考えられる5つのゲーム結果を完全解説

インシュランスを行った場合、その後に考えられるゲームの結果は、5種類です。
それぞれのケースでどの程度の得ができるのか、あるいは損をするのかをチェックしましょう。

 

ケース1:インシュランスは的中、ゲームに敗北

画像引用:アロハシャーク

 

読み自体は的中したものの、それに匹敵するカードを出せなかったというシチュエーションです。
結果論として、ゲームスタートの時点で、プレイヤーの勝利という道筋は消えています。
プレイヤーもBJを出すことができなければ、自動的に負けになってしまいます。

 

本来であれば賭け金がそのまますべて失われますが、保険をかけているため、救済を受けることが可能です。
もし10ドルをベットしていた場合、インシュランスに賭けるお金は5ドルになります。
配当は3倍なので15ドルが儲かり、ベットのトータル額15ドルをそのまま取り返すことができました。

 

インシュランスを上手に使えた典型的なケースといえるでしょう。

 

ケース2:インシュランスは的中、ゲームはドロー

このケースで考えられるのは、双方がブラックジャックを出したという結果以外にはありえません
ゲームの最終結果は引き分けなので、10ドルをベットしていた場合は、そのまま返金されます。

 

ただし、インシュランスの予想そのものは的中していますから、5ドル×3倍の15ドルはプレイヤーの配当です。
結果的に、差し引き5ドルの儲けということになります。

 

ケース3:インシュランスに失敗、ゲームにも敗北

画像引用:アロハシャーク

 

インシュランスにベットした結果、ディーラーのハンドがブラックジャックではなかったということも起こります。
その場合、ゲームに勝っていたとしても、インシュランスに賭けたお金は戻ってきません。

 

たとえば10ドルを賭けていた場合、まず2倍の20ドルが配当として支払われます。
ここからインシュランスの5ドルがマイナスとなり、儲かるのは合計で5ドルです。

 

ケース4:インシュランスに失敗、ブラックジャックで勝利

画像引用:アロハシャーク

 

ディーラーがBJを出しておらず、反対にプレイヤーがブラックジャックで勝てたというシチュエーションです。
この場合は通常よりも配当が上がり、10ドルのベットが25ドルの配当で戻ってきます。
しかしインシュランスの予想は外れているので、5ドルが差し引かれ、儲けになるのは10ドルです。

 

ケース5:インシュランスに失敗、ゲームにも敗北

画像引用:アロハシャーク

 

まず、ゲームに10ドルを賭けていた場合は、それがそのまま没収されてしまいます。
そのうえでインシュランスの予想も外れているので、追加の賭け金5ドルも合わせて没収です。
結果的な損失はマイナス15ドルとなり、傷口を広げる結果になってしまいました。

 

インシュランスは積極的に使うべきか、避けるべきか

 

結論としては、ブラックジャックにおいてインシュランスを多用するべきではありません
その理由は、ゲームで勝つという前提がなければ、収支をプラスにできるケースがないためです。

 

しかもその場合においても、利益となるのは10ドルの賭けに対してたった5ドルに過ぎません。
ゲームで負ければマイナス15ドル、インシュランスを当ててもプラスマイナスゼロにしかならず、プレイヤーに不利です。

 

成功させることで、確かに相手の無条件勝利を避けることはできますが、そもそもブラックジャックが出る確率は4/13にしかなりません。
ディーラーが引いたのが2~9までの数字なら、追加で投入した資金は、完全に無駄になってしまいます。

 

インシュランスに5ドルを追加するのであれば、次のゲームに5ドルを追加したほうが効果的といえます。
15ドルの勝負に勝てば、前回のゲームで10ドルを失ったとしても、元を取ることが可能です。
基本線となるゲームそのもので有利な状態で戦ったほうが、勝負に勝つという結果は引き出しやすくなります。

 

インシュランスを楽しめるブラックジャックの機種をご紹介

ネットカジノで配信されている機種であれば、その大半にインシュランスの機能が搭載されています。
この記事で画像を多用してきた「Blackjack Royal Pairs」も、例に漏れることなくインシュランスを搭載した機種のひとつです。

 

実在するディーラーを相手にプレイするライブカジノにも、インシュランスの機能は搭載されています!

 

画像引用:アロハシャーク

 

このゲームでは、まさにディーラーがAをアップカードにして駆け引きを楽しんでいます。
ブラックジャックの場合、ランドカジノと同じように、ひとつのテーブルに複数のプレイヤーが着席することも特徴的ですね。
ほかのプレイヤーの動向も見守りながら、ゲームを楽しめますよ!

 

ブラックジャックのプレイはアロハシャークがオススメ

ブラックジャックをネットカジノで楽しむなら、アロハシャークがオススメです。
アロハシャークにはテーブルゲームからライブカジノまで、全部で19種類のブラックジャックが取り揃えられています!
この記事でご紹介した2つのゲームは、いずれもアロハシャークで配信されているゲームです。

 

画像引用:アロハシャーク

 

ライブカジノを視聴するためには登録が必要ですが、そのほかのゲームは、すべてデモプレイで試すことができます。
はじめてインシュランスを活用するという場合は、いきなり実践で試すのではなく、負けたとしてもダメージを負うことがないデモプレイで体験することがオススメです。

 

テーブルゲームに絞り込んでも、ブラックジャックの種類は実にさまざまですよ!
以下は「Blackjack VIP」です。

 

画像引用:アロハシャーク

 

こちらの特徴は、最小ベット額が10ドル、最大ベット額が1,000ドルというハイローラー向けの設定をもつ点です。
一気に大金を賭けた勝負がしたいという場合は、こういったスケールの大きい機種を選ぶとよいでしょう。
ただし、アロハシャークで受け取れる最大1,500ドルのウェルカムボーナスには、賭け条件が付きますので、ボーナスを使う際は、1度のベットに大金を賭けないように注意することが大切です。

 

 

まとめ

ブラックジャックのシステムのひとつとして有名なインシュランスは、ディーラーがBJを引き当てて無敵状態になることを防ぐ保険的な制度です。
表向きになった1枚目のカードがAという場合にのみ発生し、賭け金の半額を追加で支払って発動させて成功すると、マイナスだったはずの収支をプラスマイナスゼロにできます。

 

ネットカジノにはたくさんのブラックジャックが搭載されていますが、とくにオススメのネットカジノは、2020年にオープンしたばかりのアロハシャークです!
アロハシャークでは、テーブルゲームからライブカジノまで全部で19種類のブラックジャックをラインナップに加えており、初回~3回目の入金で受け取れる100%ボーナスを使うこともできます。