麻雀(Mリーグ)ライブ中継の視聴方法とは?オンライン麻雀の遊び方もご紹介

 

2018年のMリーグ発足以降、麻雀ライブへの注目度は、高まり続けています。
Mリーグは全試合がライブ中継されているので、これをチェックすれば、プロのテクニックを肌で感じながら自身の技術を向上させられますし、お気に入りのMリーガーを応援する楽しみも見つけられるはずです。

 

この記事では、ABEMAを中心に放送されている麻雀ライブの視聴方法を詳しく解説します
また、「自分自身で麻雀を楽しみたい!」という方に向けて、オンライン麻雀の遊び方もまとめました。
麻雀の世界に興味をもちはじめたばかりという方は必見ですよ!

 

麻雀の全試合がライブ中継されている「Mリーグ」とは

画像引用:Mリーグ公式サイト

 

昨今の麻雀ブームの火付け役といえる存在が「Mリーグ」です。
Mリーグは麻雀のプロリーグ戦で、プロ野球のように大手企業がチームをもち、超一流のトッププロと契約してリーグ戦を戦っています

 

麻雀は個人で楽しむゲームですが、Mリーグはこれを団体競技として拡大し、コアな麻雀ファン以外も楽しめるコンテンツへと進化させました。
MリーグやMリーガーについては、当サイトの関連記事で詳しくご紹介しているので、ご興味があればぜひチェックしてみてくださいね。

 

Mリーグの楽しみかたはさまざま

画像引用:Mリーグ公式サイト

 

「麻雀は自分で遊ぶから楽しいのに、人がやっているところを見て何がおもしろいの?」と思う方も多いかもしれません。
しかし、麻雀のライブ中継が注目されていることには、理由があります。
Mリーグを視聴すれば、以下のような魅力を感じられるはずですよ。

 

  • プロの技術を体感できる
    かつての麻雀ライブというと、CSの有料放送などが中心で、トッププロ同士の試合を見る機会がほとんどありませんでした。
    そんな環境がMリーグの発足により、一変しています。
    自分のため、そしてチームのため必死で戦うプロの姿を気軽に見られることも、Mリーグの魅力です。
  • 推しの選手やチームを見つけられる
    Mリーグで活躍する選手はとても多く、麻雀を通じた人間ドラマを見られることもポイントです。
    数々のタイトルをもつ実力派から、アイドル的な要素を備えたスター選手まで、多くの選手のなかから推しを見つけて、感情移入しながら麻雀のライブを楽しめます。
  • 自分自身の実力を伸ばせる
    プロのテクニックやスピード感を、麻雀ライブを見ながら体感して盗み出せば、自分自身の実力を伸ばすことも可能でしょう。
    「仲間と麻雀をするときにもっと勝ちたい」「オンライン麻雀で上位に進出したい」という方は、麻雀ライブからたくさんのことを学べるはずです。
  • 麻雀へのモチベーションを高められる
    プロ選手になりたいと思っている方にとって、Mリーグはこれから目指すべき最高到達点です。
    U-NEXT Piratesに所属する朝倉康心選手のように、31歳からプロになってMリーグで活躍している選手もいます。
    V-プロになるという目標をもち、麻雀へのモチベーションを高められることも可能ですよ。

 

麻雀ライブ(Mリーグライブ)の視聴方法を徹底解説!

画像引用:アベマTV公式サイト

 

コアなコンテンツにも見える麻雀ライブですが、インターネットにつながるパソコンやタブレット、スマホがあれば、気軽に視聴できます。
とくに「ABEMA」では、麻雀チャンネルでライブ・アーカイブを含めた以下のコンテンツを配信中です。

 

  • Mリーグ(2018~2020)
  • 麻雀最強戦2021
  • 雀王戦A1リーグ
  • 最高位戦
  • RTD Girl’s Fight3
  • 麻雀プロ団体日本一決定戦
  • ALL STAR League

 

2021年8月はオフシーズンのため、Mリーグの中継がありませんが、2021シーズンも全試合の中継が予定されています。
Mリーグ2021の開幕に先立って行われた「ドラフト会議」の模様も、ABEMAからハイライトで視聴できますよ

 

画像引用:アベマTV公式サイト

 

2021年に行われたドラフト会議の結果や注目選手は、別の記事にまとめているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

ABEMA以外でも、麻雀ライブを視聴できるサイトがいくつかあります。
各サイトの特徴や登録方法、気になる視聴料金などについて、これから詳しく解説しましょう。

 

麻雀ライブを視聴できるサイト①:ABEMA

画像引用:アベマTV公式サイト

 

ABEMAは、2016年に開局したインターネットテレビ局です。
テレビ番組と同じように、スポンサーによるCMを放映しているため、24時間無料でさまざまなジャンルの番組を視聴できます
配信が終了した番組はアーカイブで保存され、月額960円のABEMAプレミアムから閲覧が可能です。

 

配信中の番組を視聴する場合は、画面左側のメニューから「テレビ」を選びましょう。

 

画像引用:アベマTV公式サイト

 

スクロールすると「麻雀」とコンテンツ名が表示されるので、これをクリックします。

 

画像引用:アベマTV公式サイト

 

この時間帯は「Best Selection ~RTD2017~」が放送されていました。
放送予定は「番組表」から確認できるので、気になる番組がいつ放送されるのか、チェックしてみてくださいね。

 

過去の動画はABEMAプレミアムで視聴できる

画像引用:アベマTV公式サイト

 

今すぐ見たい過去の動画がある場合は、左側のメニューから「動画」を選び、コンテンツ一覧にある「麻雀」をクリックすると、視聴画面を開けます。
過去の動画は「ABEMAプレミアム」に登録している人だけが視聴可能です。
見たい番組をクリックすると、そのまま登録画面に移れますよ。

 

画像引用:アベマTV公式サイト

 

ABEMAプレミアムの月額料金は960円ですが、2週間は無料で視聴できます
麻雀以外のプレミアム会員向けコンテンツもすべて閲覧できるので、ドラマやニュース、スポーツ、将棋、格闘技などにも興味があるという方にはオススメです。

 

ただし、一部の動画は「PPV(番組ごとの課金)」が必要で、プレミアム会員になったとしても、すべての動画を定額料金で視聴できるわけではありません

 

画像引用:アベマTV公式サイト

 

たとえば「RTD Girls Tournament 2021」の視聴には、ABEMAコインが必要です。
PPVで配信されている動画はほんの一部に限られますが、注意しておきましょう。
なお、ABEMAコインはプレミアム会員にならなければ購入できません。

 

麻雀ライブを視聴できるサイト②:U-NEXT

画像引用:U-NEXT公式サイト

 

映画やドラマなど約21万本の動画を配信している「U-NEXT」でも、過去に行われたMリーグの模様を配信しています。
月額料金は2,189円と少し高額ですが、生放送にこだわらず、その他のジャンルの動画もたくさん見たいという場合はU-NEXTを契約するといいでしょう。

 

U-NEXTには、ライブ中継以外の麻雀関連コンテンツが充実しています。

 

画像引用:U-NEXT公式サイト

 

麻雀関連の映画やドラマ作品はもちろん、麻雀をテーマにしたマンガや本も閲覧可能です。
「1日中麻雀のことを考えていたい!」という方にも、U-NEXTの契約をオススメできます

 

麻雀ライブを視聴できるサイト③:OPENREC.tv

画像引用:OPENREC.tv公式サイト

 

ゲーム動画などの配信が充実しているOPENREC.tvでも、麻雀ライブを視聴できます
先ほどご紹介した2サイトは「Mリーグ」を中心としたライブ配信を行いますが、OPENREC.tvでは麻雀プロ団体の「最高位戦日本プロ麻雀協会」「麻将連合」「日本プロ麻雀協会」「RMU」という主要4団体によるリーグ戦を、月額960円で独占生放送中です。

 

画像引用:OPENREC.tv公式サイト

 

Mリーガーは団体戦でMリーグを戦いますが、それ以外の期間は個人でさまざまなリーグ戦を戦っています。
プロ選手たちの主戦場ともいえるリーグ戦を視聴できることが麻雀プロ団体LIVEチャンネルの魅力なので、推しの選手が見つかったら登録して、選手の試合を追ってみてはいかがでしょうか?

 

麻雀ライブを視聴できるサイト④:麻雀スリアロチャンネル

画像引用:麻雀スリアロチャンネル公式サイト

 

麻雀スリアロチャンネルは、麻雀動画専門のニコニコ生放送企業チャンネルです。
ABEMAやU-NEXTのように、麻雀以外のコンテンツが充実しているわけではありません。
しかし月額料金は864円と他サイトよりも安いため、麻雀さえ見られればいいという方にオススメできます。

 

専用サイトというだけあって、放送内容は「四神降臨」「麻雀の鉄人」を筆頭に「公式戦・タイトル戦」、選手にスポットをあてた「バラエティ」など幅広いジャンルをカバーしています。
麻雀スタジオの貸し出しも行っているため、実戦で腕試しをしたい方も登録するといいでしょう。

 

麻雀スリアロチャンネルは独自の放送網をもっていないため、ニコニコ動画を経由して視聴する必要があります。
視聴する場合は、以下の手順で有料会員登録を済ませましょう。

 

  1. ニコニコ動画でスリアロチャンネルを見つける
    まずはニコニコ動画にアクセスして、検索画面に「スリアロ」と入力し、スリアロチャンネルを見つけます。
    ニコニコ動画に未登録の場合は、事前に会員登録を済ませましょう。
  2. スリアロチャンネルをお気に入り登録する
    スリアロチャンネルのトップページに表示されている「お気に入り登録」をクリックして、お気に入りに追加しましょう。
    この段階では、まだお金がかかりません。
  3. 画面下部の「このチャンネルに入会する」をクリック
    スリアロチャンネルのトップ画面下部に表示される「このチャンネルに入会する」をクリックしましょう。
  4. 支払いが完了すると視聴可能になる
    クレジットカードなどで支払いを済ませると、すべてのコンテンツを視聴できます。
    なお、無料動画は会員登録をしなくても視聴可能です。

 

Mリーグ2021のスケジュールと概要は?

画像引用:Mリーグ公式サイト

 

Mリーグ2021の試合日程は、2021年8月8日時点ではまだ詳細が発表されていません
現時点で確定しているスケジュールは、以下のとおりです。

 

  • 7月10日まで:契約継続選手の公表
  • 8月上旬:ドラフト会議
  • 8月:2021シーズン契約選手ならびにチーム構成の公表
  • 10月:2021シーズン開幕

 

例年どおりの流れであれば、2022年4月までレギュラーシリーズが行われたのち、5月に上位進出4チームによるファイナルシリーズが行われ、優勝チームが決まります。

 

また、2021シーズンからは以下のレギュレーションが追加されました。

 

  • 2シーズン連続でファイナルシリーズに進出できなかった場合、翌シーズン最低1名の選手を入れ替える、または選手の追加によってチーム編成を変更すること
  • 自由契約になった選手は、所属していたチームと次のシーズンに再契約することは不可とする

 

このルールによって、好成績を残せなかった場合は、チームに在籍している選手のうち最低1名は解雇されることが確定しました。
過酷なルールに見えますが、すべての選手がMリーガーを目指しやすくなったともいえます。
見ている者にとっては、より複雑に絡み合う人間ドラマを楽しめそうですね。

 

麻雀ライブで得た知識は「DORA麻雀」で生かそう!

画像引用:DORA麻雀公式サイト

 

「麻雀の話をしているうちに自分で打ちたくなった!」「やっぱり、麻雀は見ているよりも自分でやるほうが好き!」という方は多いでしょう。
しかし、コロナ禍では友人同士で集まることも難しく、気軽に麻雀を楽しむこともできなくなりました。

 

そんな現状に悩んでいる方にオススメしたいのが、オンラインカジノの一種である「DORA麻雀」です。
DORA麻雀を利用すれば、世界中のプレイヤーと24時間いつでも麻雀を打つことができ、しかもリアルマネーを賭けた真剣勝負を挑めます。


DORA麻雀の魅力は、以下のとおりです。

 

  • レートが1ドル~384ドルと幅広い
  • 無料、有料を問わず多くのトーナメントが開催されている
  • 場所代を取られるのは勝ったときだけ
  • 地方銀行を含む多彩な入出金方法を選べる

 

それぞれの項目を、順番に詳しく解説しましょう。

 

 

レートが1ドル~384ドルと幅広い

画像引用:DORA麻雀公式サイト

 

DORA麻雀の大きな特徴としてご紹介できるのが、レートの広さです。

 

画像引用:DORA麻雀公式サイト

 

1ドル~という、ゲームセンターよりも安いレートで麻雀を楽しめます
あまり多くの予算を用意できなくても真剣勝負を挑めますし、うまくいけばいっぺんにお小遣いを増やせますね。
反対に、「麻雀に生活をかけている」という方にも対応するギャンブルレートも設けられています。

 

画像引用:DORA麻雀公式サイト

 

1回あたりのゲームに賭けられる最高額は、384ドルです。
これだけの金額を賭けられれば一獲千金を目指せますし、何よりもスリルが違いますね。

 

不正が行われないようにシステムで管理されるため、勝った後に取りっぱぐれることもありません。
後請求も一切行われませんから、賞金はそのままの金額を確保できますよ。
詳しいレートはDORA麻雀のホームページで公表されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

無料、有料を問わず多くのトーナメントが開催されている

画像引用:DORA麻雀公式サイト

 

DORA麻雀では、無料・有料を問わず連日のようにトーナメントが開催されています
すべての大会に賞金が用意されているので、実力があればゲーム本編以外でも大金を稼ぐことが可能です。
主なトーナメントの賞金総額を表にまとめました。

 

トーナメント

賞金総額

参加費

風流韻事杯

15ドル

なし

花鳥風月杯

15ドル

なし

風花雪月杯

10ドル

なし

月間オンリートーナメント

200ドル

なし

優勝者総取りトーナメント

80ドル

7ドル

イースーチー杯

147ドル

14ドル

門風杯

400ドル

2,500ドル

 

無料トーナメントでも10~15ドルの賞金が用意されているので、地道に稼いで資金を増やせます。
優良トーナメントには2,500ドル(約25万円以上)の賞金が提供されるものもあり、プロになったかのような緊張感でプレイできることもポイントです。

 

場所代を取られるのは勝ったときだけ

画像引用:DORA麻雀公式サイト

 

気になるのは場所代ですが、発生するのは勝ったときだけで、しかも獲得額の10%だけという優良設定です。
もし10ドル勝った場合、手数料として10%相当の1ドルが差し引かれた残りの9ドルが手に入ります。

 

負けてしまった場合は、運営側に支払う手数料は一切発生しません。
目の前のゲームに対して全力で資金を投じられるため、お金のことを細かく考えず、ゲームそのものに全力投球できますよ。

 

まとめ

トッププロが集ってチーム戦を戦う「Mリーグ」の発足をきっかけに、麻雀のライブ中継は劇的に増えました。
「ABEMA」では無料でMリーグの全試合中継を視聴でき、2020年以前の試合はすべてアーカイブ改心されています。
その他にも、U-NEXTやニコニコ動画などで麻雀ライブを視聴可能です。

 

見ているだけではつまらない!という方は、DORA麻雀でリアルマネーを賭けたオンライン麻雀を楽しみましょう。
レートは1ドル~と安く、誰でも気軽に遊べます。
無料でも賞金を懸けたトーナメントに参加できるので、トッププロと同じような緊張感に包まれながら麻雀を楽しめますよ。