麻雀の最高峰「Mリーグ」の魅力を解説!2021シーズンの見どころとは?

 

2018年にスタートした「Mリーグ」は、麻雀のトッププロが企業チームに加入して団体戦を行うという、日本国内で最高峰として位置付けられているリーグです。
Mリーグの試合はABEMAなどで全試合がライブ中継されており、その注目度は高まり続けています。

 

しかし、麻雀という競技の特性上、一般のニュースなどでMリーグが話題になることはあまりありません。
そこでこの記事では、Mリーグの魅力や見どころを徹底解説しました。
10月開幕予定である2021シーズンの展望も交えながら、Mリーグの楽しさを解説します。

 

Mリーグとは

画像引用:Mリーグ公式サイト

 

Mリーグとは、麻雀のトッププロが集まって団体戦を戦うナショナルリーグです。
麻雀は基本的に個人戦で行うものですが、Mリーグは選手が特定のチームに在籍して団体戦を行います。
各選手は参加企業とプロ契約を結んでおり、「Mリーガー」としてスターダムを駆け上がる選手もいるほどです。

 

Mリーグの試合は「ABEMA」で全試合がライブ中継されるため、誰でも気軽に視聴できます
ABEMAやU-NEXTといった動画配信サイトでは、2018シーズンまでに行われた過去の試合が有料配信されているので、今からでもこれまでの流れを完璧に振り返ることが可能ですよ。

 

Mリーグに参戦しているのは8企業

画像引用:Mリーグ公式サイト

 

2021年時点では、全部で8つの企業がMリーグに参戦しています
一覧表を見ると、一流企業がズラリと並んでいることがわかり、今後はさらに注目度が高まる可能性もありそうです。
参加企業のチーム名をまとめておきましょう。

 

企業名

チーム名

2020シーズン成績

博報堂

赤坂ドリブンズ

4位

テレビ朝日

EX風林火山

優勝

KADOKAWA

KADOKAWAサクラナイツ

2位

KONAMI

KONAMI麻雀格闘倶楽部

5位

サイバーエージェント

渋谷ABEMAS

3位

セガサミー

セガサミーフェニックス

8位

電通

TEAM RAIDEN/雷電

6位

U-NEXT

U-NEXT Pirates

7位

 

チーム数が限られていることもあり、サッカーのJリーグのような昇格・降格制度はありません
しかし、後述する「選手の入れ替え制度」といったドラマチックなレギュレーションが設けられているため、選手たちの人間ドラマも、目の当たりにできますよ。

 

Mリーグのルールやレギュレーションを解説

Mリーグのルールはとても細かく取り決められているため、詳細は公式ホームページをご覧ください。
この項目では、とくに重要なポイントとなるルールとレギュレーションだけをピックアップしてご紹介します。

 

  • 1卓4人で行う東南戦で、5萬・5筒・5索の各1枚を赤牌とする
  • 一般社団法人Mリーグ機構により認定された人物が審判を務める
  • 途中流局、飛びはいずれもなし
  • テンパイ料は場に3,000点、積み棒は300点
  • 25,000点もちでスタートする
  • 順位点は1位50,000点、2位10,000点、3位-10,000点、4位-30,000点とする
  • 2シーズン連続でファイナル進出を逃した場合、最低1名の選手入れ替えを義務とする

 

また、採用されるアガリ役は、以下にまとめたとおりです。

 

1ハン役

門前清自摸和、立直、一発、役牌、平和、断么九、一盃口、海底摸月、河低撈魚、槍槓、嶺上開花

2ハン役

ダブル立直、ダブ東、ダブ南、対々和、三暗刻、三色同刻、三槓子、小三元、混老頭、三色同順、一機通貫、混全帯么九、七対子

3ハン役

二盃口、混一色、純全帯么九

6ハン役

清一色

役満

天和、地和、国士無双、四暗刻、大三元、字一色、緑一色、小四喜、大四喜、清老頭、四槓子、九蓮宝燈

 

優勝賞金は5000万円、個人への年俸は400万円が保証される

Mリーグは、東京都港区の浜松町駅近くにある「Mリーグスタジオ」で行われます
現在は新型コロナウイルスの影響によりチケット販売が見合わされていますが、一部の試合はパブリックビューイングが実施されるほどの盛り上がりで、優勝賞金は5000万円と超高額です。

 

選手に対しては、最低年俸として400万円が保証されています
Mリーガーになること、Mリーガーでい続けることが、選手にとってのステータスであることがわかりますね。
一方で、八百長防止の観点から、賭博行為への加担は強く禁じられており、違反した場合は、即解雇などの厳罰に処されます。

 

Mリーグを応援する5つの魅力とメリット

Mリーグにはたくさんの魅力が備わっていますが、とくに以下の5点には要注目です。

 

  • スポーツ中継のような感覚で試合を見守れる
  • 推しのチームや選手を全力で応援できる
  • 自分自身のレベルアップにつなげられる
  • パブリックビューイングで仲間を見つけられる
  • 普及すればスポーツとして麻雀の地位を向上させられる

 

それぞれの項目を、詳しく解説しましょう。

 

スポーツ中継のような感覚で試合を見守れる

麻雀は頭脳を使ったスポーツと評されることがありますが、まさにそのことを実感できる場が、Mリーグです。
超人的な判断力でスピーディーに進められていくゲーム展開は、素人が見ていても唸ってしまうほど。
スポーツ中継を見ているような感覚で、麻雀を楽しめるはずです。

 

Mリーグ2021シーズンは2021年10月に開幕し、翌5月に閉幕する予定です。
ABEMAでは全試合がライブ中継される予定なので、開幕後は忘れずにチェックしてみましょう。

 

推しのチームや選手を全力で応援できる

Mリーグには8つのチームが加盟していて、各チームには男女混合で4名ずつ、合計で32人のMリーガーが所属しています。
このなかから好きなチームを探したり、推しの選手を見つけたりして、全力で応援できることもMリーグをサポートする楽しみのひとつです。

 

Mリーグでは公式の応援グッズも販売しているので、グッズを集めながら応援するのもいいですね。

 

画像引用:Mリーグ公式サイト

 

これは、前年度優勝チームであるEX風林火山の応援グッズの一部です。
マスクにチームTシャツ、選手個人のグッズまで、多くのアイテムが揃っています。
全参加チームのオリジナルグッズは、Mリーグのオンラインストアから購入できますよ。

 

自分自身のレベルアップにつなげられる

Mリーグに参戦している選手は、全員が選び抜かれたトッププロばかりです。
超一流のテクニックをもった選手同士の白熱したバトルを参考に研究すれば、自分自身の麻雀レベルをアップさせることも不可能ではありません。

 

Mリーガーから学んだ技術は雀荘などで生かせますし、オンライン麻雀の「DORA麻雀」に生かすこともできます。
DORA麻雀では、賞金総額数百ドル以上というビッグトーナメントを連日のように開催しているので、趣味の麻雀を使って職業にかえることも、夢ではありません。

 

パブリックビューイングで仲間を見つけられる

画像引用:Mリーグ公式サイト

 

新型コロナウイルスの影響により、現在は大規模なイベント開催が見合わされていますが、Mリーグでは、定期的にパブリックビューイングなどのイベントを実施中です。
この画像は、2019年12月にEXシアター六本木で開催された「Mリーグ プレミアムナイト」の様子で、約900人の観客が集まりました。

 

麻雀はほんの数人で盛り上がるゲームとして認識されていましたが、Mリーグの登場によって、状況は一変しています。
多くの仲間たちと一緒に盛り上がれるスポーツのような存在に進化しており、ここから新しい麻雀仲間を見つけられるかもしれません

 

普及すればスポーツとして麻雀の地位を向上させられる

麻雀は賭け事として見られることも多く、どちらかといえばネガティブな趣味として捉えられる時代が続いてきました。
そのせいで「麻雀が趣味だと言い出しにくい」「友達を麻雀に誘いにくくてつまらない」といった悩みをもつ方は多いかもしれません。

 

Mリーグは、そんな世間一般からの麻雀に対するイメージを覆すポテンシャルを秘めています。
Mリーグの知名度が上がり、麻雀ファン以外にも認知されるようになれば、麻雀はスポーツとしてその地位を向上させられるでしょう。
Mリーグを応援することが、麻雀の普及と発展への貢献にもつながるのです。

 

Mリーグ2021シーズンの見どころは?ドラフト結果の詳細をご紹介!

画像引用:Mリーグ公式サイト

 

Mリーグは、2021シーズンの開幕に向けて、着々と準備を進めています。
リーグ開幕に先立って行われたのが、各参加チームが2021年の陣容を決める「ドラフト会議」です。
Mリーグのドラフト会議は、プロ野球と同じように、各チームが現在未契約の選手を自由に指名して、交渉権獲得を目指せます。

 

まずはドラフト会議開催前の、各チームの契約状況を見てみましょう。

 

セガサミー

魚谷侑未

近藤誠一

茅森早香

U-NEXT

小林剛

朝倉康心

石橋伸洋

瑞原明奈

TEAM RAIDEN

萩原聖人

瀬戸熊直樹

黒沢咲

KONAMI

佐々木寿人

高宮まり

赤坂ドリブンズ

園田賢

村上淳

鈴木たろう

丸山泰子

ABEMAS

多井隆晴

白鳥翔

松本吉弘

日向藍子

KADOKAWA

内川幸太郎

岡田紗佳

沢崎誠

堀慎吾

EX風林火山

二階堂亜樹

勝又健志

 

Mリーグに登録できる人数は1チーム4名までなので、ドラフト会議開催前の時点で4チームのスカッドは確定しています。
空席となっている①~⑥に新しい選手が加わることになるのですが、どのような結果が出たのでしょうか?
ここからは、8月2日に終わったばかりのドラフト結果をお伝えします

 

①東城りお(セガサミー)

画像引用:Instagramサイト

 

セガサミーが指名した①枠は、東城りお選手です
1990年生まれの東城選手は、なんとグラビアアイドル出身という異色の経歴の持ち主。
タレント活動をしていた際の所属事務所が倒産し、趣味だった麻雀を再開させたところ、プロとしての才能が開花したといいます。

 

2021年2月に行われた「第15期夕刊フジ杯麻雀女王決定戦」を制して初タイトルを獲得すると、その勢いに乗り、2021年のMリーグドラフトにおいて全体第1位で指名を受けました。
実力と美貌を兼ね備えた「ミス・パーフェクト」のMリーガーとしての活躍に期待です!

 

②本田朋広(TEAM RAIDEN)

画像引用:Twitterサイト

 

TEAM RAIDENが指名した②枠は、本田朋広選手です
1983年生まれで富山県出身の本田選手は、そのルックスから「北陸のプリンス」と呼ばれることも。
麻雀グランプリMAXで2019~2020年度に2連覇を達成するなど、ここ数年で着実に実績を重ねてきたスター候補といえます。

 

本田選手は、もともとEX風林火山のドラフト会議指名選手オーディションに参加していましたが、残念ながら決勝で敗れ、指名権獲得には至りませんでした。
しかし、その実績に目を付けたTEAM RAIDENからの1巡目指名を受け、晴れてMリーガーになるという目標を叶えています

 

③伊達朱里紗(KONAMI)

画像引用:Twitterサイト

 

KONAMIが指名した伊達朱里紗選手は、声優としてのキャリアも十分なプロ雀士です。
SNSでは7万人を超えるフォロワーを誇るほどのアイドル的存在で、麻雀を題材としたアニメ「咲-Saki-全国編」で主役を演じたことも話題になりました。

 

プロテスト合格は2019年と最近のことですが、30歳未満のプロを対象とした「桜蕾戦」で初出場・初優勝を果たすなど、スター性が抜群。
アニメファンからの後押しも受けて、Mリーグの舞台でも大活躍する「伊達ちゃん」の姿が見られるのはもうすぐです!

 

④松ヶ瀬隆弥(EX風林火山)

画像引用:Twitterサイト

 

EX風林火山の1巡目で指名された松ヶ瀬隆弥選手は、コワモテでありながら趣味が料理、得意料理はオムライスという意外な一面をもっています
対局する際は必ずサングラスを着用し、気分転換のために数種類を持ち歩いて付け替えるという個性的な雀士です。

 

松ヶ瀬選手は、EX風林火山のドラフト会議指名オーディションに参加し、TEAM RAIDENへの入団が決まった本田選手を退けて優勝を果たしました。
文句なしの実績を引っ提げてMリーグデビューを果たす松ヶ瀬選手に要注目です!

 

⑤滝沢和典(KONAMI)

画像引用:Twitterサイト

 

Mリーグファンにとっておなじみともいえる存在が、滝沢和典選手です。
実は、滝沢選手は2018年から3シーズンにわたって、Mリーグ・EX風林火山に所属していました。
2020シーズン限りで契約満了となったところ、KONAMIから2巡目の使命を受けて移籍が決定しています

 

滝沢選手は2000年代に数々の大会で優勝を果たし、若きスタートして注目をほしいままにしてきました。
しかし2016年頃からスランプに陥り、目立った成績を残すことができていません。
Mリーグ参戦後は復調の兆しを見せており、KONAMIでの完全復活が期待されています

 

⑥二階堂留美(EX風林火山)

画像引用:Twitterサイト

 

全体の6番目でEX風林火山から指名された二階堂留美選手は、「天衣無縫」の異名をとる実力派です。
「プロ最強位」「夕刊フジ杯」「プロクイーン決定戦」など多くのタイトル保持者でもあり、堂々たる実績で初となるMリーグ参戦を果たしました。

 

実の妹は同じ雀士の二階堂亜樹さんで、同一チームに姉妹揃って在籍することも大きな話題となっています。
姉妹のYouTubeチャンネル「るみあきchanねる」には、二階堂姉妹以外のプロ雀士も多数登場するため、麻雀ファンなら要注目ですよ!

 

Mリーグ開幕まで待てない!そんな方には「DORA麻雀」がオススメ

画像引用:DORA麻雀公式サイト

 

現在はMリーグのオフシーズンで、10月に予定されている開幕まで新しい試合を見ることができません。
Mリーグ開幕までの間ずっと待ち続けるのが寂しいという方や、自分自身でも麻雀を打って楽しみたいという方は、オンラインカジノの「DORA麻雀」を試してみてはいかがでしょうか

 

DORA麻雀は、日本国内から参加できるオンライン麻雀としては珍しく、リアルマネーを賭けて遊べるサイトです。
賭けられる金額は日本円にして100円~4万円と幅広いため、お小遣いを使って暇つぶしをしたいという方から、生活をかけてギャンブルがしたいという方まで誰もが楽しめます。

 

賭け麻雀を日本国内で行うと賭博行為にあたり違法ですが、DORA麻雀はオンラインカジノサイトとして麻雀を配信しており、違法にはあたりません

 

画像引用:DORA麻雀公式サイト

 

DORA麻雀は、オンラインカジノ合法国の「マン島」の政府機関が発行するライセンスを保有しています。
つまり、世界各国に向けてDORA麻雀を配信することは、政府によって認められているのです。

 

また、以下のような行為は不正行為と認定され、実行したプレイヤーが処罰されています。

 

  • 特定プレイヤーとのコンビ打ち
  • マネーロンダリング
  • システムへの恣意的な攻撃

 

運営側の徹底した対策により、イカサマに巻き込まれるリスクもありません。
DORA麻雀は安心・安全なオンラインカジノサイトなので、安心して麻雀の緊迫したバトルを楽しめますよ。

 

 

まとめ

Mリーグは国内最高峰のナショナルリーグで、8つの企業チームが総勢32名のMリーガーを採用し、日本一の座を目指しています。
ドラフトによって指名された6名の選手を加えた各チームは、2021年10月から新シーズンを迎え、白熱した戦いを繰り広げる予定です。

 

Mリーグ開幕までの約2ヶ月間は、DORA麻雀を楽しんでみてはいかがでしょうか。
素人からプロ級の雀士までが楽しく参加できるDORA麻雀は、マン島政府公認のオンラインカジノサイトです。
日本国内からアクセスしても違法性はなく、世界中の雀士と賭け麻雀を楽しめますよ。