大阪の裏カジノはどこにある?摘発事例からインカジが多い場所を特定して解説!

 

「カジノに興味はありますか?」
大阪の街中でそんな言葉をかけられたら、その相手が見知らぬ人だったとしても、つい話を聞いてみようという気持ちになるかもしれません。
しかし、これは闇カジノへの誘いであり、うかつに乗ると、賭博罪で逮捕される可能性があります。

 

普通に暮らしていると縁がないようにも思える裏カジノですが、実は意外にも身近なところに潜んでいるため、要注意です。
今回は、大阪府内における過去の摘発事例をチェックして、どういった場所に裏カジノがあるのかを解説しました。
裏カジノに立ち入るリスクとあわせて見ていきましょう。

 

大阪で裏カジノがある場所とは

 

大阪には裏カジノがあるという噂を聞いた人は多いかもしれませんが、実際に裏カジノがどんな場所にあるのか知っているという人は少ないはずです。
現在の状況については不透明ですが、摘発事例を見ると、たしかに大阪には多くの裏カジノがあることがわかりました。
どんな場所に裏カジノがあったのか、見てみましょう。

 

摘発事例が多いのは大阪市中央区

大阪における裏カジノの摘発事例がとくに多いのは、中央区です。
中央区といえば「ミナミ」「大阪城」「道頓堀川」が有名で、多くの観光客が押し寄せる屈指の歓楽街でもあります。
過去数年間で摘発された闇カジノの実例を、いくつかまとめました。

 

2012年:東心斎橋の摘発事例

2012年11月16日、大阪市中央区東心斎橋の雑居ビルにあるルーレット賭博店「Body Talk」が摘発され、従業員3人と客3人が逮捕されています。
この店は3年ほど違法な営業を続けており、1日平均70万円の売上があったそうです。
この摘発事例は、客側も逮捕されるリスクがあることを示す例にもなっています。

2014年:宗右衛門町の摘発事例

2014年5月13日、中央区宗右衛門町の雑居ビルにあるインターネットカジノ店が摘発され、店の経営者と従業員の男女3人、そして客4人が現行犯逮捕されました。
この店に看板はなく、出入り口を二重扉にするなど、摘発逃れの対策をしていたとのことです。
営業はわずか3ヶ月程度でしたが、店側の利益は合計で3,000万円を超えていたとされます。

2017年:ミナミの摘発事例

2017年6月26日、ミナミの雑居ビルで営業を続けていた闇カジノが摘発され、経営者と店員合わせて10人、客の男女14人が賭博容疑で逮捕されました。
この事件では、約170人体制という大がかりな捜索がおこなわれており、大阪府警が本気で闇カジノを撲滅させようと意気込んでいることがわかります。

 

そのほかの地域でも摘発事例がある

大阪における闇カジノの摘発事例は中央区が中心ですが、それ以外の場所でも摘発された事例はいくつか認められます。
具体的には淀川区の西中島や都島区、浪速区などがあり、心斎橋などの中心的なエリア以外にも闇カジノの罠が潜んでいる様子です。

 

カジノがある場所は雑居ビルの一室が大半

ここまでの摘発事例をまとめていくと、カジノがある場所は、雑居ビルの一室というパターンが大半です。
看板などは表に出さないケースが多く、一見すると、何のお店があるのかわからない場所に出店しています。
そのため、何の情報ももっていない状態でお店にたどり着くことは、まず不可能といえるでしょう。

 

お店は二重扉にしていたり、カメラを使って24時間態勢で入口を監視していたりなど、摘発を逃れるための対策もおこなわれています
しかし最終的には利用者によるタレコミや、警察の内偵捜査によって場所が特定され、摘発・逮捕に至るようです。

 

大阪ではどうすれば闇カジノを見つけられるのか

 

あらかじめお断りしておきますが、闇カジノを利用することは違法であり、闇カジノを利用することには断固として反対です。
この項目では、あくまでも参考情報として、闇カジノの利用客が、どのようにお店の場所を知っているのかを解説します。
前述したように利用客の逮捕例も多く、トラブルに巻き込まれるリスクが高いため、実際に闇カジノを探すのはやめましょう。

 

キャッチがきっかけで場所を知るケースが多い

大阪で闇カジノの場所を知るパターンとして多いのは、街中でキャッチを受けて案内されるというものです。
「カジノに興味ありますか?」「儲かるお店ありますよ」などといった文句で誘われ、ついて行くとそこが闇カジノだったというパターンが目立ちます
このような事情も、繁華街に近い中央区に闇カジノが多い理由のひとつです。

 

利用者からの紹介で入店できることも

もうひとつの入店パターンとなるのが、すでに闇カジノを利用している人からの紹介です。
店舗側としては、頻繁にお店を訪れている人からの紹介であれば受け入れやすく、入会を認めるパターンが見受けられます。
とくに経営状況が厳しい闇カジノは、既存会員からの紹介を快く受け入れるでしょう。

 

いきなり闇カジノを訪れても入店を断られる可能性が高い

SNSなどで闇カジノの場所に関する情報が出回ることがありますが、いきなり闇カジノを訪れても、入店できない可能性が高いです。
キャッチや紹介以外の顧客が入る込むことを警戒する闇カジノが多く、玄関先で門前払いされることになるでしょう。

 

また、インターネット上に詳しい住所がリークされるようになれば、その頃には闇カジノは別の場所へと移転していることが普通です。
噂の現場まで出かけたとしても無駄足になる可能性が高いですし、トラブルを避けるためにも、興味本位で闇カジノに近付かないようにしましょう。

 

大阪に限らず闇カジノを利用してはならない5つの理由

 

大阪に限らず、違法な闇カジノを利用してはなりませんし、興味本位で近付くこともオススメしません。
闇カジノを利用すべきでない5つの理由を、この項目にまとめました。
さまざまなトラブルに巻き込まれるリスクがありますから、闇カジノの利用は絶対に避けましょう。

 

闇カジノが危険な理由①:逮捕される可能性がある

摘発事例でもご紹介しているように、闇カジノは運営側だけでなく、客側も逮捕されています。
賭博罪は「賭博をした人」全員を対象にした法律なので、摘発現場に居合わせただけで、現行犯逮捕される可能性が極めて高いのです。

 

賭博罪では50万円までの罰金が科せられますし、常習賭博罪に該当すると、懲役刑もあり得ます。
逮捕された事実が在籍している会社や学校に伝われば、解雇や退学といった重い処分が下る場合もあるでしょう。
家族に与える影響も大きいため、闇カジノに立ち入ることは大きなリスクです。

 

闇カジノが危険な理由②:イカサマをされる可能性がある

闇カジノは、違法状態で運営されています。
堂々と犯罪をおこなう胴元がコントロールする賭博なので、どんなインチキが起きたとしても不思議ではありません。
本当なら勝っていたはずのゲームで負けさせられるリスクがあり、たとえその場で逮捕されなかったとしても、参加したことを後悔する可能性があります。

 

闇カジノが危険な理由③:勝利金が支払われない可能性がある

ゲームの結果は勝ちと認められても、さまざまな理由をつけて、勝利金の支払いに応じてくれない可能性もあるため要注意です。
「最低換金額を満たしていない」「ゲームに不正があった」などのいいがかりをつけられて、稼がせてもらえないこともあるのです。

 

闇カジノが危険な理由④:犯罪被害に遭う可能性がある

闇カジノで賭博をおこなうことは自分自身の犯罪ですが、同時に犯罪被害者になる可能性も考えなければなりません
闇カジノの売上金は暴力団にわたる場合が多いことからもわかるように、バックには暴力団などの反社会的勢力がついていることが多く、標的にされる恐れがあります。

 

もし一定の社会的地位がある人や、家族をもっている人なら、「違法なカジノ店に出入りしていることをバラす」などと言って脅されるかもしれません。
最悪の場合は監禁、暴行といった事態に巻き込まれるリスクもあり、命の危険を感じることがないとは限らないのです。

 

闇カジノが危険な理由⑤:コロナ感染のリスクがある

闇カジノは雑居ビルの一室などで開かれていることが多く、情報が漏れないように、ドアや窓は締め切られることが一般的です。
換気ができず、人が密集する環境になるため、コロナ感染のリスクまで高まります。
万が一感染してしまうと、感染経路を問われた際に、本当のことを話すことすらできないでしょう。

 

闇カジノではなく、合法的なオンラインカジノを利用しよう

 

闇カジノは違法で危険性も高く、利用すべきではありません。
しかしオンラインカジノなら合法的で、自宅から安全にプレイできます。
オンラインカジノは遊べるゲームの数も多く、キャンペーンも豊富なので、インカジ以上の興奮と感動を味わえますよ!
カジノで遊びたくなった場合は、オンラインカジノを利用しましょう。

 

カジノ合法国で運営されているオンラインカジノは安全

現在日本からアクセスできるオンラインカジノは、その大半がカジノ合法国を拠点にして運営されています
日本とは違い、オンラインカジノを開くことが合法な国で運営されているオンラインカジノなら、違法性はありません。
また、日本の賭博罪も適用できないため、逮捕されるリスクもなく安全です。

 

気になるオンラインカジノを見つけたら、本社がどこにあるのかを調べてみましょう。
「キュラソー」「イギリス」「フィリピン」などに本社がある場合、そのサイトは合法的に運営されています。
当サイトがオススメしているアロハシャークも、本社をキュラソー諸島に置く安全なオンラインカジノです。

 

ライセンスを取得しているオンラインカジノなら不正行為の心配がない

オンラインカジノが安全かどうかを見極めるもうひとつの指標が「ライセンス」です。
キュラソーやイギリスなどの国はオンラインカジノが合法ですが、だからといって必ずしも安全とは限りません。
オンラインカジノの運営にはライセンスが必要で、これをもっていないオンラインカジノは、闇カジノと変わらないため注意しましょう。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

ライセンスを取得しているオンラインカジノは、サイトのトップページなど目立つところにライセンスを表示しています。
アロハシャークはキュラソーの政府機関が発行するライセンスを取得しており、トップページ下部から詳細を確認できますよ。

 

自宅から利用できるためコロナ感染のリスクもない

オンラインカジノは合法なことに加えて、身の安全を確保できるギャンブルでもあります。
自宅のパソコンやスマホを使って遊べるため、コロナに感染するようなリスクがありません。
自分自身や身の回りにいる人の健康を守れることも、オンラインカジノの魅力なのです。

 

アロハシャークなら入金ボーナスも受け取れる

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

闇カジノを見つけるのは苦労しますし、多額の手数料を取られる場合もあります。
しかしオンラインカジノは、パソコンやスマホがあればすぐに登録でき、入出金やゲームへのベットにも手数料がかからない場合がほとんどです。

 

さらにアロハシャークなら、初回~3回目の入金に対して100%のボーナスが付与されます。
獲得できる最大のボーナス額は1,500ドルなので、キャッシュを使い切ったとしてもノーリスクで再チャレンジが可能です。
お得にオンラインカジノで遊びたいなら、アロハシャークを選んで、多額のボーナスを受け取りましょう!

 

まとめ

大阪も心斎橋など中央区に闇カジノが多く、摘発によって客側が逮捕された事例も見受けられます。
なんらかの理由で場所を知り、闇カジノで遊んでしまうと、賭博罪で逮捕される恐れがあるため注意しましょう。
そのほかの犯罪に巻き込まれるリスクもあり、闇カジノへの立ち入りはオススメできません。

 

カジノで遊びたい場合は、あらゆる意味で安心なオンラインカジノを利用しましょう。
とくにアロハシャークは信頼できるライセンスを取得し、最大1,500ドルのウェルカムボーナスまで提供中です。
これからオンラインカジノに登録するという方には、お得なアロハシャークのご利用をオススメします。

RELATED POSTS

関連する記事