インカジは利用するのも違法?オンラインカジノとの違いについて徹底解説

 

「オンラインカジノがOKならインカジもOKじゃない?」「闇カジノって運営する人が違法なだけで、利用者は罪にならないんでしょ?」と考えている人は多いかもしれません。
しかし、結論としてインカジは利用者も逮捕されていますし、合法なオンラインカジノとはまったく異なるものです。

 

今回は、どうしてインカジが違法で危険なのかを解説した上で、アロハシャークのように合法的なオンラインカジノとの違いを説明します。
オンラインカジノがなぜ合法なのかも解説するので、ゲームに参加することをためらっている人も、ぜひご一読ください。

 

インカジは運営する側も、利用する側も違法

 

結論から先にお伝えすると、インカジは運営する側も利用する側も、違法です。
賭博罪は胴元だけでなく利用客にも適用されますし、実際にインカジの利用客が逮捕された事例もあります。
インカジはなぜ違法で、どのような危険が潜んでいるのか、まずはこの項目で詳しく解説しましょう。

 

インカジに参加した人も賭博で罰せられる

「賭博は開いている人が悪くて、参加する人は罰せられない」と考える人もいますが、これは大きな誤解です。
賭博は刑法によって禁じられており、参加者にも適用されるため注意しましょう。
以下は刑法の「賭博及び富くじに関する罪」からの抜粋です。

 

第185条
賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。

第186条
常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。

第187条
くじを授受した者は、20万円以下の罰金又は科料に処する。

 

185条には、賭博をした者=利用客に対しても、50万円以下の罰金又は科料に処するとあります。
常習性が認められた場合はさらに罪が重くなり、懲役刑に処される可能性もあるのです。
また、インカジで勝ったお金が富くじによる利益と認められれば、20万円以下の罰金刑も追加されます。

 

実際に利用客が逮捕されたケースもある

「罪になったとしても実際には逮捕されないんでしょ?」と考えているかもしれませんが、実際に利用客が逮捕されたケースはたくさんあります
摘発された現場に居合わせた場合、運営者とあわせて利用客が逮捕される確率は高いですし、その場にいなかったとしても、顧客リストから身元が特定される可能性があるのです。


実際に、いくつかの逮捕例を見てみましょう。

 

2020年5月、愛知県にある闇カジノが摘発され、賭博開帳図利の疑いで店の経営者ら従業員11人が逮捕される事件が起こりました。
このときインカジに居合わせた客の男女12人も、従業員と合わせて現行犯逮捕されたことが、共同通信の報道でわかっています。
なお、店の売上は、暴力団の資金源になっていたようです。

2021年6月には、東京・六本木にあるタワーマンションの一室で開かれていた闇カジノが摘発されています。
このケースでも客の男女2人が賭博容疑で逮捕されたと朝日新聞が報じました。
このインカジは口コミで集客をしていたと見られており、店長は「カジノスクールだった」と主張しているとのことです。

 

これは氷山の一角で、インカジを利用して逮捕された人は、ほかにも大勢います
上記の2件では利用客が実名報道されることはありませんでしたが、逮捕によって受けた社会的なダメージはとても大きいはずですし、ちょっとした気の迷いが人生を破滅させるリスクもあるのです。

 

違法性だけじゃない!インカジは犯罪の温床になることも

このように利用客も逮捕されるリスクのあるインカジですが、危険なのは賭博罪による違法性だけではありません
前述した愛知県の事例からもわかるように、インカジの運営には暴力団が絡んでいる可能性があります。そのため、賭博以外の犯罪の温床になるケースも珍しくないのです。

 

たとえば「入店には身分証の提示が必要」と言われた場合、顔写真や住所、本名といった個人情報がインカジの運営者に伝わります。
この個人情報をネタに、ゆすり・たかりの被害に遭う可能性がありますし、特殊詐欺などに使われる名簿のリストに載ってしまう可能性もあるでしょう。

 

存在そのものが違法な場所なので、ゲームではイカサマをされるかもしれません。
そのことを指摘した際、裏に暴力団がいるとしたらどうなるでしょうか。
納得するまで力ずくで脅されるリスクがある上、自分自身も犯罪に加担した以上、警察に相談・通報することも困難です。

 

住所・指名といった個人情報を握られていれば、家族にまで危険が及ぶ可能性も否定できません。
勤務先を特定されて、嫌がらせをされる場合もあります
このようにさまざまなトラブルに巻き込まれるリスクも潜んでおり、インカジには出入りすること自体が危険なのです。

 

インカジとオンラインカジノはどう違うのか

 

インカジとオンカジ(オンラインカジノ)は、名前が似ていることもあって混同されがちです。
しかし「合法か違法か」という決定的ともいえる違いを筆頭に、この2つにはさまざまな違いがあります。
インカジとオンラインカジノの相違点を、4つのポイントにまとめました。

 

合法か違法か

インカジとオンラインカジノの決定的な違いとなるのが「合法か違法か」というものです。
インカジは違法ですが、オンラインカジノは合法的に運営されています。
大多数のオンラインカジノがカジノ合法国で運営されているため、サイトを運営することが違法にあたらないのです。

 

オンラインカジノの合法性を裏付ける要素は、たくさんあります。
たとえば、サッカー日本代表FWの南野巧選手がプレーするイングランド・プレミアリーグには、ロンドンを本拠地とするウエストハム・ユナイテッドというチームがありますが、このチームのメインスポンサーは、オンラインカジノの「betway」が務めています。

 

画像引用:officialwesthamstore

 

ウエストハムは決して強豪とはいえませんが、イングランドで伝統のある名門チームのひとつです。
イギリスのエリザベス女王や、アメリカの元大統領バラク・オバマさんは、ウエストハムのファンといわれています。
そうした格式高いファン抱えるサッカーチームがスポンサーに選ぶほど、少なくとも海外におけるオンラインカジノは、社会的に認められた存在なのです。

 

ライセンスをもっているかどうか

インカジは「闇カジノ」といわれることがあるように、ライセンスや第三者機関による認証を受けずに開かれている裏カジノです。
一方のオンラインカジノを運営するためには、第三者機関が発行するライセンスが必須であり、ライセンスを保有していなければ、サイトの運営が認められません。

 

換金(出金)方法が違う

インカジはパチンコ店などとは違い、ゲームに勝った場合は、その場でチップを現金へと換金します。
この際に手数料がとられたり、一定額以上のチップでなければ換金が認められなかったりすることもあり、トラブルの原因になるケースも少なくありません。

 

一方のオンラインカジノは、原則として、銀行送金や電子決済サービスを使って出金します。
これを可能にするためには、金融機関からの認証が必要です。
オンラインカジノは正式に登記した会社によって運営されているため、金融機関を通じた出金ができますし、クレジットカードからの入金もできます。

 

遊べる場所が違う

インカジはバーの裏口やマンションの一室、インターネットカフェを装った店舗などさまざまな場所にあります。
共通しているのは「実店舗」という点であり、密室のなかでゲームがおこなわれていることが特徴です。
トラブルがあった際は簡単に逃げられませんし、3密状態でコロナに感染するリスクもあります。

 

オンラインカジノは、通信環境がある場所なら、どこからでも楽しめるカジノです。
自宅からはもちろん、アロハシャークのようにスマホ対応済みのサイトなら外出先からでも遊べます。
また、24時間いつでもアクセスできるため、都合のいい時間を選んで遊べることも、インカジとは違ったメリットです。

 

ゲームの種類が違う

インカジはお店の規模が小さく、たくさんのテーブルを設置するゆとりがありません。
そのため、遊べるテーブルゲームはバカラやルーレットなど、ごく一部に制限されることが普通ですし、スロットでしか遊べないといったゲーム性に乏しい店舗ばかりです。

 

オンラインカジノはインカジと違い、数十種類以上あるジャンルのゲームのなかから好きなものを選べます。
アロハシャークには、2021年7月時点で1,200種類を超えるゲームが配信されていますから、ひとつのゲームに飽きたときは気分を一新して、別のゲームを楽しむことが可能です。

 

インカジと違ってオンラインカジノが安全な理由

 

オンラインカジノは合法的であるとご紹介しましたが、その根拠をもっと詳しく知っておきたいという人も多いでしょう。
なぜインカジと違ってオンラインカジノは安全であると断言できるのか、その理由を、3つの項目にわけて解説します。

 

カジノ合法国から配信されている

現在日本からアクセスできるオンラインカジノは、その大半がカジノ合法国から配信されています
カジノを開くことが合法な国で運営されているカジノなので、現地の警察によって取り締まられることは決してありません。
これが、インカジとの大きな違いです。

 

たとえばキュラソーのオンラインカジノの場合、キュラソーの法律にのっとって運営されるため、日本の法律を適用できません。
つまり日本では賭博罪に該当する犯罪でも、キュラソー国内では完全に合法であるため、これを利用した人を賭博罪で裁くことはできないのです。

 

 

逮捕事例はあるものの起訴はされていない

ただし、2016年にオンラインカジノを利用した3人の日本人が、京都府警によって逮捕されるという事件は起きています。
3人のうち2人は罪を認めて罰金を支払いましたが、残る1人は争う姿勢を見せ、その結果として不起訴処分(裁判にかけられず無罪放免)という結果になりました。

 

この一件以降、オンラインカジノを利用した日本人が逮捕されるという事件は一度も起きていません
これは「オンラインカジノに賭博罪を適用することは難しい」と検察が判断した事例となり、オンラインカジノの合法性を裏付ける材料になっています。

 

第三者機関から審査を受けたゲームを配信している

インカジで問題になることが多いのが、イカサマです。
インカジにおけるゲームは、カジノを違法に運営するスタッフによってコントロールされるため、不正が起きる可能性は少なくありません。
古くからある丁半賭博のイカサマのように、意図的にプレイヤーを負けさせる仕かけが用意されている可能性が高いのです。

 

一方のオンラインカジノは、第三者機関が公平と認めているゲームを配信しています。
「乱数発生装置」をはじめとした公平性を確保できるシステムが組み込まれていないゲームは、そもそもオンラインカジノに掲載することすら許されないため、イカサマなどのトラブルが起こらずに安全です。

 

安全なオンラインカジノを見つける方法

Data magnifier glass search online

 

オンラインカジノは安全であると解説してきましたが、それはあくまでも信頼できるオンラインカジノに限った話です。
最近は違法なオンラインカジノを見かけることはまずないものの、なかには悪質なサイトも存在します。
信頼できるオンラインカジノの見わけ方もご紹介しておきましょう。

 

ライセンスを確認する

前述したように、オンラインカジノを運営するためにはライセンスが必要です。
これを保有していないサイトは闇カジノと同じなので、注意しましょう。
ライセンスは、オンラインカジノサイトのトップページ下部に表示されていることがほとんどです。
ライセンスが表示されたサイトは、安全と判断して構いません。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

これは、アロハシャークが取得しているキュラソーライセンスが表示された画面です。
キャプチャはライセンスのごく一部を切り抜いたものですが、ライセンス画面には運営会社所在地や認可したサイトの名前、ライセンス交付日などが記されていて、偽造ができません。

 

 

運営会社の所在地を確認する

カジノが合法な海外で運営されているように見えて、実は運営元が日本国内にあるという場合は要注意です。
この場合は日本の法律が適用されるため、インターネットを経由した賭博のやり取りだとしても、賭博罪で逮捕・立件される恐れがあります。

 

オンラインカジノを利用する際は、必ず運営会社がどこの国にあるのかを確認して、その国がカジノ合法国かどうかを調べましょう
運営会社の所在地が明記されていない場合、念のためにサイトの利用は控えたほうが賢明です。

 

ソフトウェアプロバイダを確認する

第三者機関による認証を受けたプロバイダのゲームを配信しているかどうかを確認しましょう。
以下は、アロハシャークが提携しているソフトウェアプロバイダの一覧です。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

いずれも認証を受けているソフトウェアプロバイダですから、イカサマがなく安全にプレーできます。
反対に、どこの会社が作っているかわからないゲームが配信されているオンラインカジノの利用は、避けましょう。

 

日本語対応のサイトを選ぶ

入出金でトラブルが発生したり、ゲームの遊び方がわからなかったりした場合、日本語対応のサポートセンターをもつオンラインカジノを利用していたほうが便利です。
英語でコミュニケーションをとる必要がないので負担が減りますし、日本人への対応にも慣れているオンラインカジノなので、スピーディーで正確なサポートに期待できます。

 

オススメは「アロハシャーク」

どこのオンラインカジノを利用すべきかわからないという方へのオススメは「アロハシャーク」です!
アロハシャークは、カジノご報告のキュラソーで運営されていて、信頼できるキュラソーライセンスを取得済みです。
ソフトウェアプロバイダの質も申し分なく、日本語サポートにも完全対応しています。
安全なオンラインカジノなので、アロハシャークを選んでおけば安心ですよ!

 

 

まとめ

インカジは違法に賭博をおこなっている闇カジノで、運営者だけではなく、利用客にも賭博罪が適用されます。
実際に逮捕者を出した事例も多いため、絶対に利用してはなりません。
反対に、海外で運営されているオンラインカジノは合法的であり、ゲームの種類も多いため、安全かつエンターテインメント性も高いギャンブルです。

 

安全なオンラインカジノを選ぶためには、運営会社の所在地やライセンスの有無、ソフトウェアプロバイダの質、そして日本語対応の有無を確認しましょう。
アロハシャークはすべての条件をクリアした安全なオンラインカジノなので、オンラインカジノに初挑戦するという方にもオススメです。

 

RELATED POSTS

関連する記事