6号機は完全に終了?!不振の原因やパチスロに変わるオススメのスロットを紹介!

 

パチスロは、6号機が全盛の時代へと移り変わりました。
しかしこの6号機、パチスロファンの間では台の不評です。
「6号機は完全に終了」「パチスロはオワコン」との声も聞こえてきますが、なぜパチスロはそこまでの不振に陥ってしまったのでしょうか。

 

今回は、6号機とはなにか、そしてなぜ不振が続いているのかを詳しく解説しました
また、パチスロに変わるオススメのギャンブルとして「オンラインスロット」も紹介します。
お得なオンラインカジノも特徴と併せてリストアップしているので、6号機からの卒業を考えている人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

そもそもパチスロの6号機とはなにか

 

パチスロは、定期的に規制(規則)の変更がおこなわれています。
5号機に代わり、まったく新しい規則によって作られたパチスロが「6号機」です。2018年9月に誕生した「ぱちスロ ゲッターロボ」を皮切りに、今日に至るまで少しずつ6号機への移行を遂げてきました。

 

最近では、お店に並んでいる機種の大半が6号機へと移り変わっています。
しかし、パチスロファンの間で6号機の評判はあまりよくありません。
この項目では、6号機から導入された規制や6.1号機との違いを説明し、次の項目で6号機が不振に陥っている原因を解説します。

 

6号機に設けられている規制

5号機からの変更点として、出玉に関する規制が強まったことを挙げられます。
主な変更点は、以下のとおりです。

 

  • 一撃最大2,400枚で終了する
  • 機会割が細分化された
  • 天井が復活した
  • BIG枚数が減少した

 

それぞれを詳しく解説します。

 

一撃最大2,400枚で終了する

とくにパチスロファンをがっかりさせた変更点がこれです。
AT・ARTの一撃最大獲得枚数が2,400枚までに制限されたことによって、2,400枚を超えると自動的に終了してしまいます。
たとえば500枚分の投入をおこなっていたとしても、最大枚数が2,900枚にはなりません

 

これにより、いわゆる「万枚」を達成するためには、少なくとも2,400枚を4回引き当てた上で、プラスアルファの利益を獲得する必要が生じます。
6号機のパチスロで万枚を達成する難易度が、5号機までと比べて大幅に上がってしまったのです。

機会割が細分化された

5号機は17,500Gで機械割55%を下限に設定していましたが、6号機からはこの規制が細分化されています
具体的な下限規制は、以下のとおりです。

 

  • 400Gで33.3%
  • 1,600Gで40%
  • 6,000Gで50%
  • 17,500Gで60%

天井が復活した

5.9号機からは「有利区間」というシステムが登場し、天井機能の搭載が困難になりました。
しかし6号機では、有利区間の規制がマイナーチェンジされ、天井機能が復活しています。

 

有利区間については『スロットの有利区間って何?見分け方から終了のタイミングまでを解説します』で詳しく解説しました。
有利区間についても詳しく知りたいという人は、ぜひ当サイトの関連記事もチェックしてみてくださいね。

BIG枚数が減少した

5号機では、BIG1回の最大枚数は、480枚に設定されていました。
これが6号機では300枚に抑えられ、改悪されています。
全体的に見ても、6号機の条件はプレイヤーにとって厳しく、勝ちにくい設定に変更されたといえるでしょう。

 

6号機と6.1号機の違い

「戦国コレクション4」のリリースにより、6.1号機が華々しくデビューしています。
6号機と6.1号機では、主に以下の3点が変更されました。

 

  • ペナルティ規制が緩和された
  • 物理ボタンによる演出バリエーションが増えた
  • ビデオリール機の規制が撤廃された

 

それぞれを解説していきます。

 

ペナルティ規制が緩和された

6号機は、打ち方によってAT抽選の結果を変動させることが認められていません。
6.1号機ではこの規制が一部緩和され、順押しか逆押しかによってAT抽選の有無を返送させることが可能になりました。
一方で機械割は、6号機に設けられている条件と同じです。

物理ボタンによる演出バリエーションが増えた

レバー、ストップボタンといった物理ボタンは、6号機ではほとんど飾りと変わらない状態です。
しかし、6.1号機では、物理ボタンを使った演出が復活しています。
これにより演出バリエーションが増え、ゲームの世界と一体化しやすいように改善されました。

ビデオリール機の規制が撤廃された

5.9号機からはビデオリール機の開発が規制されていましたが、これが6.1号機から撤廃されています。
現在は規制撤廃直後ということもあり、ビデオリール機はまだ多く出回っていません。
しかし、将来的には、多くのビデオリール機が店頭に並ぶ可能性があります

 

6号機が不振に陥っている原因とは?

 

満を持して登場した6号機ですが、パチスロファンの間では不評を買っています。
6号機が不振に陥っている原因は、主に以下の4点です。

 

  • 勝ちにくいせいで魅力が半減している
  • 演出と出玉のギャップが激しすぎる
  • 規制の影響により5号機と比べてパチスロらしさが失われてしまった
  • 突破型のハードルが高い

 

それぞれを詳しく解説します。

 

勝ちにくいせいで魅力が半減している

前述したように、6号機は出玉規制が強化され、一撃で2,400枚以上を獲得できません。
これにより、パチスロファンにとって大きな目標だった「万枚」の達成が困難になりました。
単純に勝ちにくくなってしまったせいで、パチスロ全体の魅力が半減しているのです。

 

演出と出玉のギャップが激しすぎる

6号機は多くの機種が派手な演出を導入していますが、その華々しさに見合わないほどの出玉しか獲得できません。
演出と出玉のギャップが激しすぎることにより、パチスロファンを冷めさせてしまい、これがパチスロ人気を下げる原因になったとも考えられます。

 

規制の影響により5号機と比べてパチスロらしさが失われてしまった

パチスロといえば、大当たりのときの爆発力の高さが魅力と考える人も多いでしょう。
しかし6号機からは、さまざまな規制によってプレイヤーが大勝しにくくなっています。
5号機と比べてパチスロらしさが失われてしまい、パチスロファンの満足度を引き下げているのです。

 

突破型のハードルが高い

当たる確率は低いものの、1度当たれば1,000枚以上獲得できるという機種の場合、投資と収支のバランスを取れます。
しかし、初当たりの確率が高い突破型の6号機は、メインATでも500枚程度の当たりしか出ません。
見返りの少なさによってハードルが高くなり、多くのファンが敬遠する結果となりました。

 

パチスロ業界は6号機以降もオワコン?

 

6号機からの規制変更により、パチンコ業界そのものがオワコンと指摘する声もあります。
そのように評価される理由は、主に以下の2点です。

 

  • お店に行く人が減り、行く人が使うお金が増えている
  • 顧客への還元よりも機種の豪華さを重視する傾向にある

 

順番に詳しく解説します。

 

お店に行く人が減り、行く人が使うお金が増えている

2020年のデータによると、パチンコの市場規模は前年比で7,000億円ダウンし、ホールに行った人の数も前年比マイナスとなっています。
一方で、ホールに行った人の年間平均回数と、1人当たりがパチスロで使う年間費用平均は、増加したという結果でした。

 

このことから、パチスロは、一部のコアなファンの存在により成り立っていることがわかります。
しかも1人あたりが使うお金が増えているということは、それだけパチスロが当たりにくくなっていることの表れでもあるのです。
これでは、パチスロの未来を案ずる声が多いことにもうなずけますね。

 

顧客への還元よりも機種の豪華さを重視する傾向にある

近年リリースされるパチスロの機種にはギミックが多く、豪華に作られる傾向にあります。
過去に生産されていたシンプルな機種と比べると、開発や生産により多くのお金がかかっていることは確実でしょう。
顧客への還元を度外視にして、機種の豪華さを重視していると捉えられても不思議ではありません。

 

6号機よりもオンラインスロットをオススメする3つの理由

 

6号機に限界を感じるようになったという人にオススメしたいのが、オンラインカジノでプレイできるオンラインスロットです。
オンラインスロットにはたくさんの魅力がありますが、6号機以上にオンラインスロットをオススメする理由を3つ紹介しましょう。

 

  • パチスロよりもオンラインカジノのほうが還元率が高い
  • 演出と出玉が伴っている
  • 数百種類以上のゲームから好きなものを選べる

 

それぞれを詳しく解説します。

 

パチスロよりもオンラインカジノのほうが還元率が高い

パチスロの還元率は85%前後ですが、オンラインカジノのスロットは95~97%以上です。
還元率は、その名のとおりプレイヤーに対して還元される割合を示しています。
パチスロで遊ぶよりも、オンラインスロットで遊んだほうが、平均すると10%以上も回収率が高くなる計算です。

 

パチスロの場合、家賃や光熱費、人件費を支払い、機種の入れ替えにもお金をかけなければなりません。
一方のオンラインカジノは、インターネット上で運営しているため、運営費が軽微です。
パチスロが支払っている経費の分を、オンラインカジノでは顧客に還元できる仕組みに作られています。

 

演出と出玉が伴っている

オンラインスロットも、パチスロに負けず劣らずの派手な演出を搭載したゲームがたくさんあります。
また、6号機のように派手な出玉規制もありません。
「ジャックポット」と呼ばれる機種をプレイして、数十億円を稼いだオンラインカジノプレイヤーも実在しています。

 

数百種類以上のゲームから好きなものを選べる

オンラインスロットには、機種の入れ替えという概念がありません。
約10年前にリリースされた古い機種も現役で稼働していますし、毎月のように新作ゲームも登場します。
オンラインカジノによっては、1,000種類以上のオンラインスロットを配信することもあるのです。

 

6号機からオンラインスロットへ移行する人にオススメのスロット

6号機からオンラインスロットへ移行するという人には、以下のスロット2作品がオススメです。

 

  • 花魁ドリーム
  • バトルドワーフ

 

それぞれの特徴を紹介します。

 

花魁ドリーム

花魁ドリームは、花魁が主人公という独特なスロットです。

 

画像引用:アロハシャーク

 

大当たりが出ると、7回のフリースピンを獲得できます。
7ラウンド目には再抽選が実施され、確変のような感覚で連チャンを狙えることがポイントです。
運がよければ、上位ボーナスの「ドキドキタイム」に移行しますよ。

 

画像引用:アロハシャーク

 

ドキドキタイムでは、花魁のセクシーなコスプレ姿が見られます。
ミニゲームも豊富に用意されているので、近代的なスロットが好みだという人にオススメです。

 

 

バトルドワーフ

バトルドワーフは、モンスターを倒すとフリースピンを獲得できるという、画期的なシステムが話題になったスロットです。

 

https://www.alohashark.com/ja/casino/slots/battle-dwarf?gameAction=playforfun

 

3つの選択肢のなかから、好きなものを1つ選びましょう。
アタックカードを引けばモンスターにダメージを与えられ、ダメージカードを引くと自分のライフが減ってしまいます。

 

画像引用:アロハシャーク

 

登場するモンスターの強さに応じて、獲得できるフリースピンの数が変わります。
バトルドワーフはフィーチャーを購入でき、ベースゲームをプレイせずにボーナスモードを楽しめるスロットです。
忙しくてゲームに時間を割けない人にも、オススメできますよ。

 

 

6号機から卒業する人へオススメのオンラインカジノ5選

 

6号機から卒業してオンラインカジノに移行する人には、以下の5サイトの利用がオススメです。

 

  • アロハシャーク
  • ミスティーノカジノ
  • BONS
  • エンパイアカジノ
  • ベラジョンカジノ

 

サイトの特徴を詳しく解説していきます。

 

アロハシャーク

画像引用:オンラインカジノTV

 

はじめてオンラインカジノに登録するなら、日本人専用のサポートチームを完備しているアロハシャークを選びましょう。
無料で好きなスロットを試し打ちできる「練習モード」も備えられているため、好みのスロットを自己負担なしで見つけられます。

 

いまオンカジTVからアロハシャークに登録すると、全員に入金不要ボーナスが40ドルプレゼントされます
こちらのボーナスとは別に、3回目の入金まで100%のボーナスが最大1,400ドルまで配られるので、資金を実質2倍に増やしてスロットを楽しめますよ。

 

 

ミスティーノカジノ

画像引用:オンラインカジノTV

 

一般的なオンラインカジノのボーナスは、主にルーレットやバカラなどのテーブルゲームでも使えるお金として支給されます。
しかし、ミスティーノカジノのボーナスは普通のカジノとは違い、スロット限定で使える「フリースピン」を受け取れることがポイントです。

 

登録時に受け取れる60回分のフリースピンに加えて、7日間連続で配られる入金特典スピンもあるので、パチスロファンにぴったりのオンラインカジノといえます。
もちろんゲーム数も充実していますし、ライセンスも保有しており、信頼して利用できるオンラインカジノです。

 

 

BONS

画像引用:オンラインカジノTV

 

せっかくオンラインカジノをはじめるなら、スロット以外のゲームにも少しはチャレンジしてみたいものですよね。
そんな方にオススメのオンラインカジノは、2,000種類以上の個性的なゲームを配信している「BONS」です。

 

BONSの特徴は、一般的なオンラインカジノでも遊べる「カジノ」と「ライブカジノ」に加えて、「スポーツ」や「バイナリーオプション」にも賭けられることです。
SNS連携も可能なのでログインがスムーズで、初心者が遊びやすいカジノでもあります。

 

 

エンパイアカジノ

画像引用:オンラインカジノTV

 

パチンコ店に連日足を運ぶほど熱心なギャンブラーには、エンパイアカジノがオススメです。
エンパイアカジノには、遊べば遊ぶだけ会員ランクが上がって得ができる「VIPプログラム」があるので、ヘビーユーザーほど有利にオンラインカジノを楽しめます。

 

エンパイアカジノはライブカジノが充実していることも特徴的で、本場さながらの雰囲気を感じながらゲームにチャレンジできますよ。
パチスロそのものというよりも、パチンコ店の雰囲気が好きでお店に通っているという人も、満足できるサイトです。

 

 

ベラジョンカジノ

画像引用:オンラインカジノTV

 

業界最大手のオンラインカジノが、ベラジョンカジノです。
業界全体からの信頼も厚く、新作スロットがいち早く配信されることもあります。
誰よりも早く話題作に触れてみたいという人は、ベラジョンカジノを選ぶといいでしょう。

 

完全無料で好きなだけプレイできる「ベラジョン無料版」も配信しているので、まずはこちらを利用してゲームに慣れるのもオススメです。
ベラジョンカジノには登録者が多く、賑わっているため、豪華賞金を提供するトーナメントも毎月のように開催されていますよ。

 

 

まとめ

パチスロは6号機全盛の時代へと移り変わっています。
しかし、パチスロファンの間では、6号機の評判がお世辞にもいいとはいえません。
単純に勝ちにくく、演出と出玉のギャップが大きいことに嫌気がさし、6号機からの卒業を考えている人も多いようです。

 

パチスロから別のギャンブルに移行しようとしているなら、オンラインカジノのスロットを試してみましょう!
オンラインスロットは、パチスロよりも還元率が高く、たくさんの機種がそろっています。
パチスロ経験者なら、これまでの経験を生かして、オンラインスロットで高額賞金獲得をきっと狙えるはずですよ。