ポーカーの基本「レイズ」を解説!利用に適したタイミングと効果をご紹介

ポーカーにはさまざまなアクションがあり、シチュエーションにマッチしたアクションを選択することにより、ゲームの勝率を高めたり、獲得賞金を増やしたりすることが可能です。
なかでもゲームの行方を左右するアクションとなる「レイズ」は、ポーカーをプレイするうえでは覚えることが必須とすらいえる重要な存在になります。

 

この記事では、レイズを宣告するとどのようなアクションを取ることになるのかを解説するとともに、レイズの宣告に適したタイミングやシチュエーションをご紹介します。
場合によってはリスクを背負う戦い方になりますが、心理戦を制するうえで重要なアクションになりますので、この機会にマスターを目指しましょう。

 

レイズとは

ポーカーにはいくつかのアクションがありますが、ゲームを進めるうえで必ず理解していなければならないアクションのひとつが、「レイズ」です。
これはゲームを進行するにあたって、極めて強気であることを示すアクションであり、果敢にリスクを冒してベットする攻撃的なアクションになります。

 

レイズは、直前のプレイヤーのアクションまでにベットしてきた金額から見て、2倍以上というベット額を支払って、ゲームを継続させるアクションです。

 

画像引用:トランプスタジアム

 

この画面では、直前のプレイヤーである「諸葛亮」が、500円のベットを行っています。
ここでレイズを仕かけるためには、倍額となる1,000円の投資が必要です。

 

画像引用:トランプスタジアム

 

上の画像では、役が一切成立いていない状態でのレイズなので、プレイヤーにとって非常にリスキーな状態です。
理想的なレイズの仕かけ方はこの後の項目でご紹介しますが、基本的には自分の手札に自信があるときに仕かけて、相手を怖がらせたり、獲得賞金をアップさせたりするために使います。

 

リレイズというアクションも存在する

前のプレイヤーがレイズを仕かけてきた後に、自分自身もレイズを被せるアクションのことを、「リレイズ」と呼んで区別することがあります。
以下の画面は、直前のプレイヤーである「ヌルハチ」による、レイズに反応したリレイズです。

 

画像引用:トランプスタジアム

 

500円でスタートしたベット額が、ヌルハチのレイズによって、倍の1,000円になっています。
この段階でプレイヤーはフォールド、コール、レイズのいずれかを選ぶことが可能です。
勝ち目がないと思ったら、フォールドを宣告することで、それ以上の出費なしでゲームから去ることができます。

 

画像引用:トランプスタジアム

 

今回は、リレイズを選択しました。
リレイズの場合は、必ずしも賭け金を2倍にする必要がありません。
しかし、前の金額よりも大きな金額にしなければなりませんので、1,500円のリレイズという形になりました。

 

レイズでベットできる金額の上限は主に2種類

 

レイズで宣告できる金額は2倍以上で、自分自身で決めることができます
しかし、ポーカーには複数の参加者が存在しますので、資金的に圧倒的優位なプレイヤーが超高額でレイズを宣告した場合、ほかのプレイヤーは、フォールドして諦めなければなりません。
それではゲームを成立することができませんので、ポーカーには「テーブルステークス」という基本的なルールが設定されています。

 

これは、ゲーム開始時にテーブルの上に乗っているチップを上限額と認定するルールで、この金額を上回るレイズを宣告することはできません。
テーブル上のチップをゲーム開始後に変更することは許されず、増やすことも、減らすことも不可能であるという点を覚えておきましょう。
これを原則としてポーカーを進めることになりますが、それに加えて、以下の2つのハウスルールが設けられることが一般的です。

 

ノーリミット

「ノーリミット」は、その名前のとおり、上限額なしでレイズを行えるというハウスルールです。
現在行われている大多数のポーカーで採用されているルールになります。
テーブル上のチップ額が上限額になることには変わりありませんが、その上限に達するまでは、いくらでもレイズ可能です。

 

フィクスドリミット

「フィクスドリミット」は、テーブルで事前に決めた金額や回数の範囲内でしかレイズができないというハウスルールです。
ノーリミットよりも縛りが厳しくなるため、1ゲームあたりの賞金が高くなりすぎないようにコントロールしたいという意図をもって使われています。
原則として、レイズできる金額は、直前のプレイヤーのベットに対して2倍までと決められることが一般的です。

 

また、レイズの回数そのものも、2回あるいは3回までと決められることがあります
レイズの上限が2倍に制限されたとしても、リレイズを繰り返すうちに莫大な総額に上がることは珍しくありません。
これを防ぐために、1ゲームの間に宣告できるレイズの数に上限が設けられるのです。

 

レイズはどんなタイミングで宣告すると有効?

それでは、レイズはどのようなタイミングで宣告すると、自らを優位にさせられるのでしょうか。
とくに活用するべき3つのシチュエーションを、この項目を使ってご紹介します。

 

自分の手札に自信があるとき

レイズを仕かけるタイミングとして最適なのは、自分の手札に自信があるときです。

 

画像引用:トランプスタジアム

 

このゲームでは、ポーカーの数字の中では強い部類に入るQのワンペアが揃っています。
ワンペア同士で競うことになったとしても、勝ち抜ける可能性が高い手札です。
このようなシチュエーションでは強気になりやすいため、レイズを宣告するとよいでしょう。

 

相手の手札を読みたいとき

以下のようなハンドがあれば、すでにワンペアが揃っていることに加えて、フラッシュも狙える状況です。
つまり、相手の手札を読みながら、より有利にゲームを進めることができます

 

画像引用:トランプスタジアム

 

こういったシチュエーションにおいては、最初のターンでレイズを仕かけると有効です。

 

ほかのプレイヤーが即座にレイズを返してきた場合、相手も非常に強気な状態だと考えられます。
より強い役の成立が必要だと感じたら、ダイヤの10を捨ててクローバーのフラッシュを狙いましょう。

 

反対に、ほかのプレイヤーがコールを悩んでいる場合は、弱気な状況にあると判断できます。
こういったケースでは無理に強い役の成立を目指さず、10のワンペアで勝負するという手を選んでもよいでしょう。

 

ただし、相手があえて悩んだフリをしたり、即決したフリをしたりすることもあります
これは、ハッタリでゲームを有利に進めようとするプレイヤーが多用する「ブラフ」という戦略です。


ブラフについては、別の記事で詳しくご紹介します!

 

相手をフォールドさせたいとき

リスクの高い手法にはなりますが、ライバルをフォールドさせたいときにもレイズを活用できます。

 

画像引用:トランプスタジアム

 

上の手札では、役こそできていますが、6のワンペアという決して強いとはいえない内容です。
しかし、あえて即決してレイズを仕かけることにより、ライバルを警戒させることができます。

 

ライバルからすれば「あんなに自信がありそうなら、スリーカードを持っているかもしれない」といった発想が頭をよぎるのです。
実際にはそれよりも弱い手札なのですが、警戒した相手をフォールドに追い込むことができれば、勝率は大幅に上がります。

 

オンラインカジノではレイズを使うことができない

現在配信されているオンラインカジノのポーカーには、レイズというシステムが搭載されていません
レイズは対人戦の駆け引きで使うテクニックということもあり、ネットカジノのゲームには向いていないのです。
国内で最大手のベラジョンカジノにも、我々がイメージするごく一般的なポーカーは存在しません。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

ポーカーのカテゴリーにあるゲームは、8種類だけです。
また、オンラインカジノのポーカーとして主流になっているのは、「ホールデム」という亜種になります。
ライブカジノに関しても、プレイできるのは「カジノホールデム」というレイズのないゲームです。

 

ホールデムもポーカーファンから人気のゲーム

ホールデムというゲームは、欧米では普通のポーカーよりも人気のゲームです。
これは中央にプレイヤーとディーラーが共有するカードが置かれ、手札と組み合わせて役を作ります。

 

画像引用:ベラジョンカジノ

 

レイズは使えませんが、逆にいえば、高度な駆け引きをする必要がありません。
初心者にとっては難易度を下げられるゲームになりますので、ポーカーに興味のある方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

レイズは、ポーカーをプレイするうえでは必ず覚えるべき基本ルールのひとつで、上手に活用することでライバルをフォールドに追い込んだり、利益をアップさせたりすることができます。
ただし、相手の罠に乗ってしまった場合には、レイズで使った資金を一気に失ってしまいますから、ハイリスクハイリターンな戦略と判断しなければなりません。

 

現在、オンラインカジノで配信されているポーカーから、残念ながらレイズを活用できるゲームを見つけることは困難です。
その代わりに「ホールデム」という駆け引きが少なくて済むポーカーの亜種が配信されていますので、ベラジョンカジノなどでこれらのゲームを試すことをオススメします。