ドラ麻雀からの出金方法を解説!対応する決済手段や手数料、着金までの時間をご紹介

画像引用:ドラ麻雀

 

ビデオゲームやアプリ、あるいはゲームセンターなどで麻雀ゲームを楽しむことはできますが、そのようなものではリアルマネーを賭けることはできません。
リアルマネーを賭けたいけれど、賭博罪に問われるようなことはしたくないという方には、安全にリアルマネーを賭けられるドラ麻雀(DORA麻雀)の利用がおすすめです!

 

ドラ麻雀で勝利したお金は、現金化してATMなどから引き出すことができるのですが、その際はどういった手続きを取ると便利に出金することができるのでしょうか。
今回は、対応可能な決済手段や手数料、着金までにかかる時間の目安や出金手順の詳細について徹底解説していきます!

 

★★ ドラ麻雀の登録はコチラ! ★★

 

ドラ麻雀からの出金方法の概要

ドラ麻雀では、3種類の電子決済サービスと、仮想通貨のビットコインのいずれかを出金手段として選ぶことができます。
まずはそれぞれの出金手段によって異なる出金可能額や手数料の仕組みについて、概要を表にまとめてみました。

 

出金方法

最低出金額

出金限度額

手数料

電子決済サービス

ヴィーナスポイント

100ドル

2,000ドル

無料

アイウォレット

10ドル

1,000ドル

エコペイズ

20ドル

1,500ドル

仮想通貨

ビットコイン

1ドル

1,000ドル

無料

 

出金方法によって最低出金額出金限度額がそれぞれ異なりますから、この中から条件に見合ったサービスを選んで出金を行いましょう。
ヴィーナスポイントを利用する場合、100ドル以上からでなければ出金が受け付けられないため、勝利金を引き出す際のハードルが上がってしまいます。

 

銀行出金は現在停止中

ドラ麻雀では、以前は銀行送金による出金にも対応していました。
しかし現在は、トラブル発生の処理に伴って銀行出金を停止しています。

 

画像引用:ドラ麻雀

 

あくまでも停止というスタンスなので、今後銀行送金という出金手段が復活する可能性は高そうです。
直接銀行に送金できるようになれば、さらに便利に出金できるようになりますね!

 

手数料は1週間で2回以上出金する場合にかかる

ドラ麻雀では、1回目の出金に関しては出金手数料の徴収を行っていません。
ただし、1週間で2回目以降の出金には出金額の5%という手数料が発生します。

 

仮に100ドルを出金する場合は、手数料として5ドルが差し引かれる計算です。
なるべく節約してドラ麻雀を楽しむためには、出金回数は週に1回以内に収めましょう。
また、この手数料に加えて、電子決済サービス側の手数料が別途必要になることがあります。

 

出金にかかる時間は48時間以内

ドラ麻雀からの出金にかかる目安の時間は、申請を行ってから48時間以内です。
出金の申請を行うと、出金希望額は保留扱いとなり、ゲームで使うことはできません。
出金が完了するまで、そのまましばらく待ちましょう。

 

なお、窓口の運営時間は日本時間に沿って定められています。
土日祝日、年末年始などを挟む場合、出金にさらに時間を要する可能性があることを覚えておきましょう。
特定の期日までに必ず出金したいという場合は、時間に余裕を持って出金申請を依頼するとよいでしょう。

 

ドラ麻雀からの出金手順を画像付きで解説!

ここからは、ドラ麻雀からの出金手順を、実際の画像を使いながら詳しく解説します。
まずはドラ麻雀にアクセスしてログインし、トップページを表示させましょう。

 

画像引用:ドラ麻雀

 

この画面の上部に書かれている「出金」をクリックすると、出金画面が表示されます。

 

画像引用:ドラ麻雀

 

現在選択できる出金方法は以上の4種類なので、この中から好きなものをクリックしましょう。
今回は電子決済サービスから2種類と、ビットコインによる出金の方法を解説します。

 

電子決済サービスを使った出金

まずはヴィーナスポイントを利用した出金方法です。

 

画像引用:ドラ麻雀

 

出金したい金額と、ヴィーナスポイントのIDを入力しましょう。
最後に画面下の「Withdrawal」をクリックすると、出金処理の画面を進めることができます。

 

また、アイウォレットも同様の手順です。

 

画像引用:ドラ麻雀

 

アイウォレットの場合、金額アイウォレットの口座番号を入力しましょう。
口座番号が誤っていると出金に失敗してしまいますから、慎重に入力してくださいね。

 

ビットコインを使った出金

ビットコインの出金も、電子決済サービスによる出金の流れとほとんど変わりません。

 

画像引用:ドラ麻雀

 

出金したい金額を入力して、続行をクリックします。
そのまま画面の指示に従って、預けているお金をビットコインへと変えていきましょう。
ビットコインの場合、手数料無料1ドルから出金できることがメリットです。

 

ドラ麻雀から出金する前に身分証明書の提出が必須

ドラ麻雀から出金するときは、事前に身分証明書を提出しておかなければなりません。
提出の手順や有効な書類、そしてなぜ本人確認が必要になるのかどうか、この項目で解説します。

 

最大3種類の書類が必要になる

ドラ麻雀では、出金前の本人確認として、最大3種類の書類の提出が必要です。
具体的には以下のものが必要になります。

 

  • 身分証明証
  • 住所確認書類
  • クレジットカード(カードで入金した場合のみ)

それぞれを詳しく確認していきます。

 

身分証明証

ドラ麻雀に登録している人と出金しようとしている人の口座名義が一致するかどうか、公的な身分証明証で確かめる必要があります。

 

画像引用:ドラ麻雀

 

利用できるのは以下の通りです。

 

  • パスポート
  • 運転免許証の氏名、写真記載面
  • マイナンバーカードの氏名、写真記載面
  • 住基ネットカード
  • 外国人登録証
  • その他上記に準ずる公的身分証明証

 

住所確認書類

ドラ麻雀に登録している住所に住んでいるかどうかを調べるために使われます。

 

画像引用:ドラ麻雀

 

利用できるのは発行から90日以内の書類なので、期日をきちんと守って用意しましょう。

 

クレジットカード

こちらは、クレジットカードを使って入金したときにだけ提出が必要になります。
第三者にカードを不正利用されないように、持ち主を確認することを目的に提出が求められます。

 

画像引用:ドラ麻雀

 

カードの表面だけを撮影して提出しましょう。
カード番号の最初の6桁と、最後の4桁以外はテープなどで伏せて構いません。

 

提出する書類の撮影が完了したらメールで送信する

上記の書類を揃えたら、写真撮影を行い、画像データをドラ麻雀のサポートに送信しましょう。
受け付けているメールアドレスは以下の通りです。

 

ドラ麻雀サポートセンター:support@doramahjong.com

 

ドラ麻雀は完全日本語対応ですので、日本語で質問ができますし、日本語で返事を受け取ることができます。
出金で困ったときはもちろん、それ以外の質問がある場合も、気軽にドラ麻雀のサポートセンターに連絡してみましょう。

 

マネーロンダリングを疑われるとドラ麻雀から出金できない

たとえばクレジットカードを使って入金しゲームで一度もお金を使わないまま出金するという行為は、マネーロンダリングに該当します。
マネーロンダリングは禁止行為の1つとされており、ドラ麻雀でもこういった行為に対しては厳しく対応を行っています。

 

マネーロンダリングを疑われた場合、出金の処理を遅らせたり、出金を拒否されたりするなど、さまざまな対応を取られるようになってしまうでしょう。
また、非常に悪質な場合はアカウントを停止されることもあるため要注意です。
入金したお金をすぐに出金申請するような行為を続けると、マネーロンダリングを疑われる可能性が高まりますので、なるべく控えるようにしましょう。

 

まとめ

ドラ麻雀では、電子決済サービスビットコインによる出金を受け付けており、銀行送金は現在一時的に停止されています。
手数料は原則として無料ですが、1週間で2回以上の出金をする場合に限り、出金額の5%が手数料として徴収されます。
なお、出金前には本人確認が必要になりますから、各必要書類を写真で撮影して、ドラ麻雀のサポートセンターに送信しておきましょう。

 

手続きは非常にシンプルで、画面の指示に従って必要事項を入力するのみとなっています。
わからないことがあればサポートセンターに聞くとこもできますので、まずは一度試してみましょう。

 

★★ ドラ麻雀の登録はコチラ! ★★