倍プッシュとは?オンラインカジノで実行すると危険な理由を解説します

オンラインカジノに関わらずギャンブルが好きという方なら、「倍プッシュ」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
倍プッシュとは、ギャンブルで負けた次のゲームで前回の2倍を賭けるという方法で、「倍々プッシュ」と呼ばれることもあります。

 

倍プッシュを繰り返すことで、一度でも当たれば負けた金額を一気に取り戻せるので有効な攻略法に見えますが、実は危険な賭け方なので、倍プッシュを行うべきではありません。
今回は、倍プッシュとはどのようなものなのか、倍プッシュが危険な理由とあわせながら詳しく解説します。

 

倍プッシュとは

 

倍プッシュとは、ギャンブルなどで負けた後に、前回負けた金額の倍額をベットするという賭け方です。
漫画「アカギ」の主人公が使う決め台詞としても有名ですね。

 

もし1,000円を賭けて負けてしまったとしても、その次に倍の2,000円を賭けて勝てば、前回の負けをなかったことにできます。
2連敗したら最初に賭けた4倍の4,000円、3連敗したら最初に賭けた8倍の8,000円を賭け続けるという方法が、倍プッシュです。

 

倍プッシュで1度でも勝てば、それまでの負けを帳消しにして利益まで出せるので、倍プッシュはとても魅力的で効果的な賭け方に見えるかもしれません。
しかし、実際にはとても危険な賭け方で、破産に追い込まれるリスクもありますから、オンラインカジノで遊ぶ際にオススメできない攻略法です。

 

倍プッシュが有効なゲームの種類

倍プッシュが有効なのは、勝率が約1/2で、配当が2倍のゲームです。
具体的には、以下のようなゲームが倍プッシュに向いています。

 

  • ルーレットの赤黒賭け
  • バカラ
  • シックボー
  • ブラックジャック

 

こういったゲームの勝率は約50%なので、理論としては2回に1回のペースで勝てます。
仮に1回目のゲームで負けたとしても、次のゲームで勝てる確率は約50%ですから、前回の負けも含めて黒字化しやすいというわけです。

 

反対に倍プッシュに向いていないのは、勝率が低く配当が高いゲームや、勝率の計算が難しいゲームです。
たとえばルーレットでもピンポイントで1つの数字を選ぶゲームは倍プッシュに向きませんし、競馬やパチンコといった勝ちにくいゲームも倍プッシュには向いていません。

 

倍プッシュは投資でも使われる手法

倍プッシュはギャンブルだけでなく、投資でも使われることのある手法です。
とくに倍プッシュが多用されるのは株取引で、購入した株で損失が出た場合に、あえて同じ株を買い足すことで、株価が上がった際に損失を埋めやすくします。
これは「ナンピン」とも呼ばれる手法ですが、株価がさらに下落を続けてしまった場合は、損失を拡大させてしまうリスキーな投資の方法です。

 

倍プッシュの理論が使われる「マーチンゲール法」という攻略法

オンラインカジノの攻略法としてとてもメジャーな「マーチンゲール法」ですが、これは倍プッシュを使った攻略法です。
原理が簡単なので初心者でも簡単に使えること、1勝しただけでそれまでの損失を取り返せることなどがメリットで、ルーレットやバカラの攻略法として、頻繁に活用されています。
マーチンゲール法は倍プッシュと同じようにリスクの高い賭け方なので、活用する場合は、リスク管理を徹底しましょう。

 

倍プッシュのやり方

ここからは、アロハシャークで配信されているバカラの画面をご紹介しながら、倍プッシュのやり方を解説します。

 

画像引用:アロハシャーク

 

バカラはハウス(バンカー)に賭けると、勝ったときに手数料をとられてしまうので、手数料のないプレイヤーに1ドルを賭けてみます。

 

画像引用:アロハシャーク

 

ハウスの勝利なので、1ドルを失いました。
ここで倍プッシュを発動させて、もう1度プレイヤーに倍額の2ドルを賭けます。

 

画像引用:アロハシャーク

 

ここで勝てば4ドルが手に入るので、これまでに賭けた3ドルを取り戻し、1ドルの利益が出ます。

 

画像引用:アロハシャーク

 

今回もハウスの勝利で、2ドルを失ってしまいました。
次のゲームでも、倍プッシュで4ドルを賭けます。

 

画像引用:アロハシャーク

 

ここまでに賭けた金額は、1ドル+2ドル+4ドルの合計7ドルです。
今回賭けた4ドルが2倍になれば8ドルが返ってくるので、収支がプラスになります。

 

画像引用:アロハシャーク

 

プレイヤーの勝利で、8ドルが手に入りました。
これが倍プッシュのやり方と、倍プッシュが成功した例です。

 

倍プッシュが危険な理由

あくまでも理論上は、倍プッシュに成功すれば、オンラインカジノで赤字を出すことはなくなります。
ですが、これからご紹介する5つの理由により、倍プッシュをオススメすることはできません。
なぜ倍プッシュが危険なのか、この項目を使って詳しく解説します。

 

破産に追い込まれる可能性がある

倍プッシュは、成功すれば何度負けても損失を取り返すことができますが、資金が尽きてしまうと、倍プッシュを試みることができなくなってしまいます。
たとえばオンラインカジノに入金したお金が100ドルで、10ドルから倍プッシュをはじめた場合は、ゲームに3連敗した段階で70ドルを失ってしまいますよね。
4回目のゲームに倍プッシュで参加するためには80ドルが必要ですが、残っているお金は30ドルなので、倍プッシュを続けることができません。

 

追加で入金すれば倍プッシュに使う資金を確保できるものの、そのまま負け続けてしまった場合は、損失を拡大させてしまいます。
たった数分のうちにお金を使い切ってしまい、破産状態に追い込まれる可能性があるので、倍プッシュは危険な賭け方です。

 

ゲームの期待値は変わらない

たとえばバカラの場合は、毎回プレイヤーかバンカーのどちらかが勝ちますから、賭けに勝てる確率は50%です。
2回に1回は勝てるともいい換えられるので「2連続で賭ければ2回のうちどちらかは勝てる」と錯覚していまいがちですが、実際にはゲームへの期待値は、50%のまま変わりません。

 

何回ゲームを続けたとしても、基本的にはプレイヤーが勝つ確率は50%のままで、プレイヤーが連敗したからといって、勝率が60%、70%と上昇することはないのです。
実際にゲームを試してみるとわかりますが、五分五分の結果が出るはずのバカラでプレイヤーが5連勝することもあれば、5連敗することも少なくはありません。

 

ベット上限に触れた段階で倍プッシュが成立しなくなる

ゲームには「ミニマムベット」と「マックスベット」という設定があり、ゲームに参加するための最低額と上限額が決められています。
先ほど「倍プッシュのやり方」で例としてご紹介したバカラも、画面の左上に最少額・最大額がはっきり書かれていますね。

 

画像引用:アロハシャーク

 

このゲームのマックスベットは100ドルなので、1回のゲームに100ドル以上を賭けることはできません。
もし倍プッシュで負け続けてしまい、次に賭ける金額が100ドルを上回ってしまうと、倍プッシュは強制終了状態になり、失敗が確定してしまいます。

 

倍プッシュを繰り返しても儲けを出しにくい

倍プッシュで繰り返し勝てたとしても、今度は儲けを出しにくいという難点にぶつかってしまいます。
計算式を用意したので、どの程度の儲けに期待できるのか見てみましょう。

 

ゲームの回数

ゲームの結果

賭ける額

使った金額の合計

収支の状態

1

負け

1ドル

1ドル

-1ドル

2

負け

2ドル

3ドル

-3ドル

3

負け

4ドル

7ドル

-7ドル

4

負け

8ドル

15ドル

-15ドル

5

勝ち

16ドル

31ドル

+1ドル

 

5回目の倍プッシュでようやく勝てたとしても、16ドルを賭けて32ドルが返ってくるという結果なので、これまでに使った合計額を差し引くと利益はたった1ドルです。
倍プッシュの成功を5回繰り返しても+5ドルしか儲けが出ず、その途中で連敗が続いて賭け金がなくなると、大赤字が出ます。
これを見れば、倍プッシュはハイリスクな割にリターンが少なく、割に合わない攻略法であることがわかるのではないでしょうか。

 

倍プッシュが禁止される場合がある

オンラインカジノでは入金ボーナスや入金不要ボーナスが付与されますが、オンラインカジノはボーナスの使い方を規制することが普通です。
たとえば「1回のゲームで使える金額の上限は5ドルまで」という規制がある場合、倍プッシュをはじめる際の金額が1ドルだとしても、3連敗した段階で次回の賭け金が8ドルになります。
もしもルールを破り、ボーナスを使って8ドルを賭けてしまうと、ボーナスの残額や、それまでにボーナスで稼いだ金額は没収されてしまうため、注意しましょう。

 

また、ごく一部のオンラインカジノでは、倍プッシュのように規則性をもってお金を賭ける「システムベット」そのものを禁じるケースがあります。
この場合は賭けた金額に関わらずボーナスが無効にされる可能性があるので、とくに注意が必要です。
ボーナスを使って倍プッシュする場合は、ボーナスの利用規約を詳しく確認して、倍プッシュしても大丈夫かどうかを知っておきましょう。

 

どうしても倍プッシュを試したい場合の賭け方とは

 

倍プッシュは危険とはいえ、1度でも成功すれば、それまでの負けを帳消しにできる賭け方であることは間違いありません。
積極的に倍プッシュをすることはオススメしませんが、どうしても試してみたくなったときのために、リスクを最小限に抑えられる賭け方をご紹介します。

 

最初の賭け金を少額にする

倍プッシュは、連敗するごとに最初の賭け金から見て、2倍、4倍、8倍、16倍、32倍と賭け金を増やしていく戦略です。
最初の賭け金を高額にしてしまうと、あっという間に予算を失ってしまいますし、マックスベットにも引っかかって、倍プッシュを続けられなくなる可能性が高まります。

 

たとえば最初に100ドルを使ってしまうと、3連敗した段階で8倍の80ドル、5連敗すると32倍の3,200ドルを次のゲームに賭けなければなりません。
これはとてもリスクの高い賭け方なので、倍プッシュすることを前提に遊ぶのであれば、最初の賭け金は1ドル以下などの少額に抑えましょう。

 

いくら負けたら撤退するかを決めておく

確率としてはそれほど高くありませんが、ギャンブルである以上、勝率50%のゲームだとしても、10連敗・20連敗することはあります。

 

倍プッシュは、負けが続くことによって傷口が広がっていく攻略法なので、気付いたら青ざめてしまうほどの金額を失っていたということが起こらないとも限りません。
合計でいくら失ったら倍プッシュをやめて撤退するのか、あらかじめ倍プッシュで損切りする金額を決めておきましょう。

 

ベット上限の高いゲームを利用する

ベット上限に達してしまうと、その段階で倍プッシュを続けることができず、それまでに賭けてきた金額はすべて失ってしまいます。
先ほどのバカラの例ではマックスベットが100ドルまでに決まっていましたが、マックスベットの金額はゲームによって違うので、ベット上限がなるべく高いゲームを利用しましょう。

 

たとえばマックスベットが10,000ドルに設定されているゲームで、1ドルから倍プッシュをはじめた場合、どんなに負け続けたとしても、マックスベットに引っかかることはまずありません。

 

ここぞというタイミングで倍プッシュする

愚直に毎回賭け続けてしまうよりも、ここぞというタイミングを狙って倍プッシュしたほうが、同じ勝率50%のゲームでもさらに勝ちやすくなります。
たとえばバカラでプレイヤーが5連勝する確率というのはたった2.91%なので、プレイヤーが4連勝した直後に狙いを付けて、逆張りしたバンカーに倍プッシュするという方法です。

 

通常のテーブルゲームは実際にお金を賭けなければ次のゲームに進めませんが、ライブカジノなら、賭けたいと思ったタイミングまでゲームをスルーできます。

 

画像引用:アロハシャーク

 

このように、途中参加でも罫線を見て、ゲームの流れを判断できることも可能です。
プレイヤーかバンカーが負け続けるまでゲームを見守ることができますから、時間に余裕があるなら、試してみる価値はあります。

 

ちなみに上の画面ではちょうどプレイヤーが4連勝しているので、バンカーが勝つ確率が高いというシグナルが灯っています。

 

画像引用:アロハシャーク

 

計算どおりプレイヤーの連勝は4でストップしたので、バンカーに賭けていれば見事的中でした。

 

まとめ

倍プッシュとは、負けた直後のゲームで前回の賭け金の2倍を注ぎ込むという攻略法で、成功するとそれまでの負けをチャラにして利益を出すことができます。
ただし倍プッシュはハイリスク・ローリターンな戦略で、最悪の場合は破産する危険性もあるので、オススメすることはできません。

 

どうしても倍プッシュを試してみたいという場合は、最初の賭け金を少なくして、ここぞというタイミングを狙って賭けることで、勝率を高めることができます。

 

アロハシャークには気軽なテーブルゲームをはじめ、条件がそろうまでゲームをスルーできるライブカジノもそろっているので、この機会に無料会員登録をしてゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。