パチンコの止め打ちとは?言葉の意味や活用するメリット・注意点を解説します

 

パチンコを攻略するテクニックのひとつに「止め打ち」があります。
止め打ちという用語を聞いたことがあっても、その意味について詳しく知らないという人は多いのではないでしょうか。
止め打ちを覚えておくと、持ち玉を減らすペースが落ち、有利にパチンコを楽しめますよ。

 

この記事では、止め打ちをすると有効なタイミングや、止め打ちを活用するメリットを解説します。
また、止め打ちに関する注意点も記事のなかにまとめました。
店員からの注意を受けた場合に、どう立ち回ればいいのかも把握しておきましょう。

 

パチンコの止め打ちとは

パチンコを打っている最中のテクニックに「止め打ち」というものがあります。
止め打ちとは、特定のタイミングであえて打つことをやめて、玉の無駄遣いを避けるというテクニックです。
パチンコを打つ人にとって、必ず覚えておくべきスキルのひとつといえます。

 

パチンコ店は、客は打ちっぱなしをするものという前提で営業することが普通です。
そのため、過度な止め打ちが見つかると、店員から注意されるかもしれません。
裏を返せば、顧客に対して注意せざるをえないほど、止め打ちはお店側にとって脅威になっているのです。

 

止め打ちをするメリット

止め打ちをするメリットはシンプルで、玉を無駄に使わなくて済むことです。
パチンコを打っていると、状況次第では玉を打ってもまったく意味のない瞬間があります。
そういったタイミングで打つことをやめて、玉を節約するというのが止め打ちです。

 

パチンコで止め打ちをするタイミング

止め打ちをするメリットの項目で、「状況次第では玉を打っても、まったく意味のない瞬間がある」とお伝えしました。この瞬間こそが、パチンコで止め打ちをするタイミングです。
止め打ちをすべき5つのタイミングをリストアップしました。

 

  • 電サポの最中
  • 大当たりのラウンド中
  • 保留止め
  • ステージ止め
  • 演出中

 

それぞれを詳しく解説します。

 

電サポの最中

大当たり後の確変中や、遊タイムなどの時短中のことを「電サポ」といいます。
電サポの最中は、止め打ちをすべき典型的なタイミングとして覚えておきましょう。
電チューが解放する瞬間に合わせて玉を打ったり、止めたりを繰り返すことで、球数の節約ができるのです。

 

止め打ちをせずに打ちっぱなしにしていると、電チューに拾われないタイミングでも玉を打ってしまいます。
ここで止め打ちを活用することによって、電チューが玉を披露タイミングに限定して玉を打てるため、効率よくプレイすることが可能です。

 

大当たりのラウンド中

大当たり中も玉を打たなければ出玉を獲得できませんが、打ちすぎても意味がありません。
大当たり中はアタッカーと呼ばれる部分が開き、そこに玉が入ることを入賞といいます。
一定の入賞がおこなわれるとアタッカーが閉じ、その後に打った玉はすべて無駄になるのです。

 

アタッカーが閉じてから、次のラウンドがはじまるまでの間のことを「ラウンド間」といいます。
ラウンド間も、止め打ちをする重要なタイミングです。
ラウンド間が長い機種の場合は、とくに止め打ちの効果がはっきりと現れますよ。

 

また、アタッカーが閉じるギリギリのタイミングを狙って玉を打つことを「ひねり打ち」と呼びます。
このタイミングで入賞すると、既定数をオーバーした出玉を確保することが可能です。
たとえば出玉が2,400発の機種の場合、ひねり打ちで5発入賞させられると、2,405発を受け取れます。

 

保留止め

リーチの演出が長引くと、1回転の結果が出るまでに、1~2分がかかることも珍しくありません。
その間に打った玉がヘソに入ると、多くの機種で4回分の回転を保留できます。
しかし、保留の上限回数を上回ると、その後に打った玉がヘソに入っても保留分としてカウントされなくなってしまいます。

 

保留ランプが完全に埋まったら、その後は止め打ちをして無駄遣いを避けましょう。
長時間のリーチ演出が続くと、数分に渡って無駄な玉を打ち続けてしまうかもしれません。
リーチ中は、保留ランプの状態を細かくチェックしておきましょう。

 

ステージ止め

ヘソのすぐ上には「ステージ」と呼ばれる土台や釘があり、この上で玉が止まることがあります。
そのまま放置していればヘソに入る可能性が大ですが、そのまま玉を打ち続けていると、ステージで止まっている玉にヒットして、1回転分を無駄にする可能性があるため要注意です。

 

玉がステージの上を行き来しているときや、ステージ上・釘の上などでストップしているときは、止め打ちをしてその玉の行く末を見守りましょう。
その玉がヘソに入るか、落下してしまうかいずれかの動きを見せた後に、止め打ちをやめて再開するのがセオリーです。

 

演出中

リーチなどの演出中も、止め打ちを活用して、玉を無駄にしないように抑えましょう。
これは、どちらかといえば、時間を節約するためのテクニックです。
演出中に玉を使うことを避ければ、同じ予算でも、長くパチンコを続けられる可能性が高まりますよ。

 

パチンコ店で止め打ちすると注意される場合がある

 

冒頭でもお伝えしましたが、パチンコ店は、客が打ち止めをしないという前提に立って営業しています。
止め打ちが客にとって有利ということは、パチンコ店にとっては不利ということです。
場合によっては、止め打ちを店員に注意されることもあるので、その際の身の振り方も覚えておきましょう。

 

事前に「ハウスルール」を確認して禁止行為をチェックする

パチンコ店には「ハウスルール」という独自のルールがあります。
ハウスルールは、お店の入り口前に立てかけてある看板や、お店の中の掲示板などから確認が可能です。
ここには禁止行為が詳しく記載されているので、このなかに「止め打ち」が含まれていないかどうかを確認しましょう。

 

ここに止め打ちが書き込まれていない場合は、止め打ちをしていても注意される可能性は低いでしょう。
しかし、禁止行為に止め打ちが書かれている場合は要注意です。
これから紹介するような警告や、処分を受ける可能性があります。

 

最初は警告を受けるだけで済む場合がほとんど

止め打ちが禁止されているお店だとしても、最初は注意だけで済む場合がほとんどです。
スタッフや店長からの接近を受け、止め打ちをやめるように注意された場合は、おとなしく従いましょう。
納得できない場合は反論しても構いませんが、その後に止め打ちが認められることはありません。

 

何度か注意されると出入り禁止処分を受けることもある

注意を聞き入れなかったり、何度も注意されたりすると、出入り禁止などの重い処分を受ける可能性もあります。
他に行くお店があればダメージにならないものの、街にひとつしかパチンコ店がない場合は、遊ぶ場所を失ってしまうため、要注意です。

 

 

止め打ちで注意を受ける前に「オンラインカジノ」を試そう

止め打ちはパチンコを攻略するうえで重要な要素ですが、先ほど解説したように、注意・警告の対象となる場合もあります。
そのようなリスクを考えずにギャンブルを楽しみたいという人には、以下のメリットがあるオンラインカジノで配信されているオンラインスロットの利用がオススメです。

 

【オンラインスロットのメリット】

  • オンラインスロットならスピンを無駄に使うリスクがない
  • 自動プレイ中もストップの条件を付けられる
  • ボーナスゲームに突入した場合は自動プレイが止まる

 

各項目を詳しく解説します。

 

オンラインスロットならスピンを無駄に使うリスクがない

オンラインスロットは、1スピンをおこなってから結果が出るまで、次のスピンへ自動的に移ることがありません。
そもそも止め打ちをする必要性がないので、スピンを無駄に使ってしまうリスクがないのです。
止め打ちの重要さがわかっていても、なかなか実行できないという場合は、オンラインスロットを試してみましょう。

 

自動プレイ中もストップの条件を付けられる

引用:アロハシャーク公式サイト

 

毎回スピンボタンを押すのが面倒だという場合は、指定した回数のスピンを自動的におこなう自動プレイ(オートプレイ)を設定できます。
自動プレイ中は、指定回数をひたすら消費するわけではなく、特定の条件に達した場合に自動プレイを中止するように設定することも可能です。

 

たとえば「勝利金額が〇〇ドルを超える場合」に自動プレイが止まるようにセットしておけば、利益確定がしやすくなります。
反対に「〇〇ドルを失った場合」に自動プレイが止まるようにセットすると、自動的に損切りができるため便利です。

 

ボーナスゲームに突入した場合は自動プレイが止まる

オンラインスロットでボーナスゲームに突入した場合は、その瞬間に自動プレイがストップします。
自動プレイでながらプレイをしていたとしても、肝心なボーナスの演出を見逃すことはありません。
この間にスピンを無駄にするリスクもなく、パチンコ以上にリラックスして楽しめますよ。

 

 

まとめ

パチンコの止め打ちとは、玉を無駄遣いしないようにセーブするために使える、パチンコ特有のテクニックです。
電サポの最中やラウンド間、リーチなどの演出の最中など活用できる場面は多いため、パチンコを有利に進めるために必ず覚えておきましょう。

 

ただし、止め打ちは禁止行為に指定されることもあり、場合によっては店員から注意を受けたり、出入り禁止処分を受けたりするリスクがあります。
オンラインカジノのスロットにはそのようなリスクがないので、伸び伸び遊びたいという場合は、オンラインカジノの利用もオススメです。