パチンコの止め打ちとは?言葉の意味や活用するメリット・注意点を解説します

 

パチンコを攻略するテクニックのひとつに「止め打ち」があります。
止め打ちという用語を聞いたことがあっても、その意味について詳しく知らないという人は多いのではないでしょうか。
止め打ちを覚えておくと、持ち玉を減らすペースが落ち、有利にパチンコを楽しめますよ。

 

この記事では、止め打ちをすると有効なタイミングや、止め打ちを活用するメリットを解説します。
また、止め打ちに関する注意点も記事のなかにまとめました。
店員からの注意を受けた場合に、どう立ち回ればいいのかも把握しておきましょう。

 

パチンコの止め打ちとは

パチンコを打っている最中のテクニックに「止め打ち」というものがあります。
止め打ちとは、特定のタイミングであえて打つことをやめて、玉の無駄遣いを避けるというテクニックです。
パチンコを打つ人にとって、必ず覚えておくべきスキルのひとつといえます。

 

パチンコ店は、客は打ちっぱなしをするものという前提で営業することが普通です。
そのため、過度な止め打ちが見つかると、店員から注意されるかもしれません。
裏を返せば、顧客に対して注意せざるをえないほど、止め打ちはお店側にとって脅威になっているのです。

 

止め打ちをするメリット

止め打ちをするメリットはシンプルで、玉を無駄に使わなくて済むことです。
パチンコを打っていると、状況次第では玉を打ってもまったく意味のない瞬間があります。
そういったタイミングで打つことをやめて、玉を節約するというのが止め打ちです。

 

パチンコで止め打ちをするタイミング

止め打ちをするメリットの項目で、「状況次第では玉を打っても、まったく意味のない瞬間がある」とお伝えしました。この瞬間こそが、パチンコで止め打ちをするタイミングです。
止め打ちをすべき5つのタイミングをリストアップしました。

 

  • 電サポの最中
  • 大当たりのラウンド中
  • 保留止め
  • ステージ止め
  • 演出中

 

それぞれを詳しく解説します。

 

電サポの最中

大当たり後の確変中や、遊タイムなどの時短中のことを「電サポ」といいます。
電サポの最中は、止め打ちをすべき典型的なタイミングとして覚えておきましょう。
電チューが解放する瞬間に合わせて玉を打ったり、止めたりを繰り返すことで、球数の節約ができるのです。

 

止め打ちをせずに打ちっぱなしにしていると、電チューに拾われないタイミングでも玉を打ってしまいます。
ここで止め打ちを活用することによって、電チューが玉を披露タイミングに限定して玉を打てるため、効率よくプレイすることが可能です。

 

大当たりのラウンド中

大当たり中も玉を打たなければ出玉を獲得できませんが、打ちすぎても意味がありません。
大当たり中はアタッカーと呼ばれる部分が開き、そこに玉が入ることを入賞といいます。
一定の入賞がおこなわれるとアタッカーが閉じ、その後に打った玉はすべて無駄になるのです。

 

アタッカーが閉じてから、次のラウンドがはじまるまでの間のことを「ラウンド間」といいます。
ラウンド間も、止め打ちをする重要なタイミングです。
ラウンド間が長い機種の場合は、とくに止め打ちの効果がはっきりと現れますよ。

 

また、アタッカーが閉じるギリギリのタイミングを狙って玉を打つことを「ひねり打ち」と呼びます。
このタイミングで入賞すると、既定数をオーバーした出玉を確保することが可能です。
たとえば出玉が2,400発の機種の場合、ひねり打ちで5発入賞させられると、2,405発を受け取れます。

 

保留止め

リーチの演出が長引くと、1回転の結果が出るまでに、1~2分がかかることも珍しくありません。
その間に打った玉がヘソに入ると、多くの機種で4回分の回転を保留できます。
しかし、保留の上限回数を上回ると、その後に打った玉がヘソに入っても保留分としてカウントされなくなってしまいます。

 

保留ランプが完全に埋まったら、その後は止め打ちをして無駄遣いを避けましょう。
長時間のリーチ演出が続くと、数分に渡って無駄な玉を打ち続けてしまうかもしれません。
リーチ中は、保留ランプの状態を細かくチェックしておきましょう。

 

ステージ止め

ヘソのすぐ上には「ステージ」と呼ばれる土台や釘があり、この上で玉が止まることがあります。
そのまま放置していればヘソに入る可能性が大ですが、そのまま玉を打ち続けていると、ステージで止まっている玉にヒットして、1回転分を無駄にする可能性があるため要注意です。

 

玉がステージの上を行き来しているときや、ステージ上・釘の上などでストップしているときは、止め打ちをしてその玉の行く末を見守りましょう。
その玉がヘソに入るか、落下してしまうかいずれかの動きを見せた後に、止め打ちをやめて再開するのがセオリーです。

 

演出中

リーチなどの演出中も、止め打ちを活用して、玉を無駄にしないように抑えましょう。
これは、どちらかといえば、時間を節約するためのテクニックです。
演出中に玉を使うことを避ければ、同じ予算でも、長くパチンコを続けられる可能性が高まりますよ。

 

おすすめのオンラインカジノ
ベラジョン
Vera&John
ベラジョン
業界最大手のオンラインカジノ!入金不要ボーナス30ドル配付中
カジノシークレット
CASINO SECRET
カジノシークレット
初めてなら負けてもお金が返ってくる!初回キャッシュバックボーナス配布!
ミスティーノ
Mystino
ミスティーノ
現金ボーナス10ドルを配付中!出金上限は1倍!!
   
関連記事

投稿が見つかりませんでした。

Sorry, no other posts related this article.