「ちょいパチ」とは?特徴やメリット、オススメの機種、そして伸び悩みの原因まで解説します

パチンコには「ちょいパチ」というカテゴリーがあります。
ちょいパチは、約30~40回転に1回というペースで大当たりが出るパチンコで、最初から確変のような状態で遊べることが特徴です。
しかしあまりメジャーではなく、最近ではパチンコ店で見かけることはほとんどありません。

 

ちょいパチにはどのような特徴やメリットがあり、なぜ伸び悩んでしまったのでしょうか。
オススメの機種をいくつかピックアップした上で、ちょいパチに関するさまざまな情報をお伝えします。
また、コツコツ当てたい人にぴったりのオンラインカジノの魅力もまとめて、詳しく解説しましょう。

 

ちょいパチの特徴とメリット

まずは、ちょいパチにはどんな特徴とメリットがあるのかを整理しておきましょう。

 

当たりやすく、さまざまな演出を見られる

ちょいパチの特徴は、なんといっても当たりやすいことです。
30~40回転に1回というペースで当たりが出る機種が大半を占めているため、確率論上はわずか数十分程度遊んでいれば、一度は当たりを出せる可能性が高いことがわかりますよね。

 

プレイヤーとしては、当たる回数が多いほどうれしい気分になれますし、さまざまな演出を見ることもできます。
ミドルスペックなど一般的なパチンコではなかなか当たりが出ずにイライラしてしまうという人でも、ちょいパチなら、満足できる結果を生み出しやすいのです。

 

短時間でも勝てる可能性が高い

パチンコをする人のなかには、仕事や家庭の都合などで、あまり長い時間プレイできないという人がいます。
「仕事帰りの数十分だけ」「夕飯を作るまでの数時間だけ」などの縛りがある人の場合、出玉が少なく連チャンしやすいようなパチンコ台では遊びにくいわけです。

 

そんな人でも気軽に遊べるのが、ちょいパチのよさといえます。
ちょいパチは当たりやすい代わりに出玉が少なく、あっという間にゲームが進むことが特徴です。
時間をあまり気にせずに遊べることも、ちょいパチのメリットといえるでしょう。

 

原作のファンを取り込みやすい

このあとご紹介しますが、ちょいパチには有名な映画やアイドル、ドラマなどから派生した機種が多くラインナップされています。
こういったコラボは、ちょいパチ以外のパチンコでも盛んにおこなわれますが、ご存じのようにミドルスペックの機種などは、そう簡単に当たりが出るものではありません。

 

原作のファンは、大当たりの画面を含む演出が見たくてパチンコ店に足を運ぶことが多く、当たりにくいパチンコ台には、あまり魅力を感じないのです。
メーカーとしては、「初心者だけど大当たりの演出が見たい」という原作ファンを多く取り込みたいという思惑があるのではないでしょうか。

 

ちょいパチはなぜ伸び悩んだのか

前述したようなメリットがあるちょいパチですが、残念ながら、お世辞にも流行っているとはいえません。
伸び悩んでいることは事実で、コアなファンでなければ、ちょいパチというジャンルが存在すること自体を知らないという人が多いでしょう。
ちょいパチがなぜ伸び悩んだのか、その理由を解説します。

 

出玉の数が少ない

そもそも、パチンコを楽しんでいる大半の人は、何を目的に遊んでいるのでしょうか。
演出を楽しめるに越したことはありませんが、やはり第一目標は、稼ぐことですよね。
儲けるためには出玉の数を増やすことが大切で、多くの人が1万発以上の当たり「万発」を目指します。

 

ところがちょいパチは高確率で当たるパチンコ台なので、1度の当たりに数千発を出していては、採算がとれません。
大半のちょいパチが、1度の当たりの出玉を200発程度に抑えているため、稼ぎにくさを実感したプレイヤーが、ちょいパチを敬遠するようになりました。

 

プロから「勝てる台」を狙われやすい

ちょいパチは定期的に大当たりを連発させる仕様なので、スランプと呼べるような時期がほとんどありません。
プロは釘の甘さなどを加味しながら台を選ぶため、経験値に長けたプロが圧倒的に有利な状況が生まれます
これも、ちょいパチが衰退している理由のひとつです。

 

パチンコ店がこれに対抗するためには、釘を厳しくして当たりの確率を下げるしかありません。
しかしそれでは元々の「当たりやすさ」「爽快感」が失われます。
結果として、お店側が望んでいた新規客の足が遠のき、ちょいパチの導入自体を思いとどまるお店が増えたのです。

 

「甘デジ」と競合してしまった

ちょいパチとよく似たジャンルに「甘デジ」があります。
甘デジで大当たりが出る確率は1/99程度になる場合が多く、ちょいパチの2倍以上も当たりにくい設定ですが、それでもミドルスペックと比べると、3倍以上も当たりやすいジャンルです。

 

甘デジも出玉の数は少ないのですが、最大800発以上を出す機種が一般的であり、ちょいパチと比べるとはるかに魅力的といえます。
この甘デジと競合し、比較され、不利な立場になってしまったことも、ちょいパチが伸び悩んだ原因といえるでしょう。

 

ちょいパチのオススメ機種ベスト5

伸び悩んでいるちょいパチですが、それでも全国のパチンコ店に、さまざまな機種が導入されています。
この項目では、とくにオススメできるちょいパチのオススメ機種を5つご紹介しましょう。

 

ちょいパチ AKB48 バラの儀式 完全版39ver.

画像引用:KYORAKUオフィシャルサイト

 

国民的アイドルグループAKB48のちょいパチです。
大当たりの確率は1/39.9で、ラッシュ突入率と継続率はいずれも50%です。
出玉は4Rで240個、6Rで360個に設定されています。
「バラの儀式講演」全16曲が含まれた完全版で、今は少し懐かしいメンバーの姿も見られますよ。

 

ちょいパチ 冬のソナタ39

画像引用:KYORAKUオフィシャルサイト

 

韓流ブームの先駆け的存在「冬のソナタ」のちょいパチです。
大当たりの確率は1/39.9ですが、50%の確率で確変に突入します。
出玉は5Rで240発、10Rで480発と、まずまずの水準でしょう。
原作の再現率も高く、ヨン様ファンにオススメできるちょいパチです。

 

Pちょいパチ 清流物語3

画像引用:SANYO GROUP

 

大当たりの確率は1/49とやや厳しめですが、最大の出玉は700発と、甘デジに近いちょいパチと評価できます。
ST継続期待値も約70%と高いため、ちょいパチで稼ぎたい人にオススメです。
PAとCRに同じタイトルの機種があるので、ちょいパチで雰囲気を掴んでから移行するのもいいですね。

 

ちょいパチ貞子3D WCA39

画像引用:TAKAO公式サイト

 

リングシリーズでおなじみの貞子も、ちょいパチに登場します。
大当たりの確率は1/39.9と高く、ST突入率が46.8%、継続率は64.9%とまずまずです。
暑くなって、ホラーがちょっと恋しくなるこれからの時期に楽しむにはぴったりですね。

 

Pちょいパチ 海物語 3R2

画像引用:SANYO公式サイト

 

あの海物語にもちょいパチがあります。
大当たり確率は1/49と若干厳しい数字ながら、10Rを楽しめるほか、確変割合が60%と高いことが魅力的です。
最大の出玉は490発で、比較的高い水準のスペックといえるでしょう。

 

ちょいパチに興味をもっている人にはオンラインカジノがオススメ!

 

 

ちょいパチに興味をもっている方は、どちらかといえば一獲千金というよりもコツコツ当たるゲームを望み、勝つ楽しさをたくさん味わいたいという方が多いのではないでしょうか。
そんな方々には、勝率が高いオンラインカジノもオススメです。
オンラインカジノの特徴をまとめたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

還元率がパチンコよりもいい

ギャンブルには還元率というものがあります。
たとえば還元率100%のギャンブルなら、1万円を賭けた場合に理論値として1万円が戻ってくる計算です。
一方で還元率50%なら、1万円賭けたうちの50%となる5,000円しか返ってこないものと考えなければなりません。

 

パチンコの還元率はおよそ85%前後とされていますが、オンラインカジノの場合はそれを上回る95%前後です。
ゲームの種類によっては97%以上という高い還元率のものもあり、あくまでも理論値ではありますが、オンラインカジノはパチンコよりも勝ちやすいギャンブルといえます。

 

勝率1/2%のゲームが多い

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

ちょいパチは、パチンコのなかでもっとも勝ちやすいジャンルですが、それでも大当たりが出る確率は、1/39程度にすぎません。
パチンコという世界のなかではとても当たりやすい数字に感じるものの、オンラインカジノには1/2という確率で勝てるゲームがあります

たとえばルーレットの赤黒賭けは、ポケットに入る数字が赤か黒かを二者択一で当てるだけのゲームです。


バカラもプレイヤーとバンカーのどちらが勝つか当てるだけですし、シックボーも数字の大小を二者択一で当てれば、賭け金が2倍に増えます。

 

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

海外運営のオンラインカジノで遊ぶのは不安かもしれませんが、アロハシャークではジャパニーズルーレットのように、日本人がディーラーをするゲームも配信しています。
日本語で会話のやり取りができるので、新感覚のギャンブルを満喫できますよ。

 

ボーナスを買えるスロットがある

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

ちょいパチに興味をもった理由が「当たりの画面を見やすいから」という方も多いことでしょう。
しかしそれならば、オンラインカジノで遊んだほうが、もっと確実に当たりの画面を見られますよ。
オンラインスロットには、ボーナスを購入できるゲームがいくつもあるのです。

 

たとえばバトルドワーフは、約74ドルでボーナスを購入できます。
通常モードで遊ばずにいきなり大当たりの画面を見られるので、時短になることは確実です。
ゲームの結果次第では、もちろん買った金額以上のリターンを受け取れますよ。

 

スマホでも遊べる

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

いつでもどこでも遊べるというのも、オンラインカジノの魅力です。
アロハシャークは24時間営業に加え、スマホアプリの配信もおこなっていて、外出先でもプレイ可能です。
オンラインカジノなら、パチンコ店のように営業時間を気にする必要がありませんし、コロナ禍で3密の心配をすることもなくなります

 

まとめ

ちょいパチとは、約1/40という低確率で当たりが出るパチンコです。
大当たりの画面がたくさん見られること、短時間でも稼ぎやすいことが魅力ですが、残念なことにデメリットも多く、2021年現在はまだブレイクしているとはいえません。

 

ちょいパチに興味をおもちなら、オンラインカジノにトライしてみてはいかがでしょうか。
アロハシャークには1/2の確率で勝てるゲームがたくさんあります
スマホで遊べることもメリットですし、そもそもの還元率がパチンコよりもいいので、勝ちやすさを実感できるはずですよ。

RELATED POSTS

関連する記事