ギャンボラから出金する方法は?着金までの時間や手数料、利用できる出金手段を徹底解説!

ギャンボラで勝利金を稼ぐことができたら、そのお金を出金するための手続きを行わなければ、現金化することはできません。
出金手段はカジノサイトによって違い、必ずしも希望している方法で出金できるとは限りませんので、事前に決済手段や手数料といった情報を把握しておく必要があります。

 

ギャンボラでは、クレジットカードと電子決済サービスを使った入金ができるのですが、出金するときにはどのような手段を使うことになるのでしょうか?
この記事では、ギャンボラからの出金手段をはじめ、着金までにかかる目安の時間や手数料など、出金に関するさまざまな情報を網羅してお伝えします。

 

ギャンボラからの出金方法の概要

 

ギャンボラでは、合計で4種類の電子決済サービスを利用した出金に対応しています。
まずは出金手段や手数料、そして出金可能額の範囲を表にまとめてみました。

 

出金方法

最低出金額

出金限度額

手数料

電子決済サービス

エコペイズ

10ドル

1,000ドル

無料

スティックペイ

マッチベター

ヴィーナスポイント

 

いずれの出金方法を選んでも、最低出金額や限度額、手数料は変わりません
これは1回あたりの出金限度額になりますので、出金を複数回にわければ、より多くの金額を出金することが可能です!
ただし、出金可能な月額の限度額は10万ドルとなり、それ以上の金額は翌月まで出金することができないことに注意しましょう。

 

エコペイズとヴィーナスポイントは銀行口座から、スティックペイはATMから直接出金することができます。
マッチベターを選べば、ビットコインに変換して出金することもできますよ。

 

ギャンボラの出金時間の目安は通常約16時間以内

ギャンボラで出金申請を行ってから実際に着金するまでにかかる目安の時間は、通常時であれば、平均して約16時間です。
なお、以下の時間帯はギャンボラの担当部署営業時間内となり、出金依頼が殺到していなければ、即時出金も可能とされています。

 

夏季:16:30~0:30、冬季:17:30~1:30
※一部例外あり

 

出金までに16時間以上を要するケースとしては、以下のような状況を挙げられます。

 

  • 土日祝日などで担当部署の受付時間が短くなっている場合
  • 祝祭日や3連休、年末年始など特別な事情がある場合
  • プレイヤーが提出した書類に不備があり、出金が認められない場合

 

必要書類に関しては、この後の項目を使って詳しくご紹介します。

 

ギャンボラから出金するための手順を解説!

ここからは、ギャンボラから出金するための手順を解説していきます。
まずはギャンボラにアクセスして、ログインしましょう。
ログイン後のトップページは以下のようになりますので、左側のメニューバーを開いて出金画面を出します。

 

画像引用:ギャンボラ

 

出金ボタンをクリックすると、以下のような画面に切り替わります。

 

画像引用:ギャンボラ

 

現時点でまだ出金条件を満たすことができていないため、出金方法が表示されません。
入金履歴があれば、それに応じた出金方法が表示されます。
その中から好きな出金方法を選び、所定の指示に従って必要事項を入力しましょう。

 

ギャンボラの出金方法は、原則として電子決済サービスを経由するもののみです。
各サービスのユーザーIDやパスワードと出金額を入力するだけで大丈夫なので、簡単に手続きを終えられますよ!

 

ギャンボラから出金できない!困ったときの対象方を一挙公開

 

なんらかの事情によって、ギャンボラへの出金申請がエラーとなり、出金ができなくなる場合があります。
このような問題が発生したときは、慌てずにこれからご紹介する対処法を試しましょう。

 

出金が保留のまま進まないときはメールを確認する

出金が成功せず、エラーにもならないまま保留されている場合は、ギャンボラに登録しているメールアドレスに、通知が届いていないかを確認してみましょう。
出金画面で入力したアカウント情報が間違っていたり、アカウント認証書類に不備があったりする場合、それを改善するように求めるメールが届いているかもしれません。

 

メールには、出金が保留になっている理由と、具体的な改善方法が記されています。
その内容を確認し、わからないところがあれば、カスタマーサポートに連絡を入れながら対処しましょう。
目安として、出金申請から16時間以上が経過しても保留のまま変わらないときには、まずメールを確認してみてくださいね。

 

出金がキャンセル扱いになった場合はアカウント認証のエラー

出金がキャンセル扱いになり、希望額がアカウントの残高に戻ってしまった場合は、アカウント認証でエラーが起きていると考えられます。
ギャンボラは本人確認を重視しており、アカウント認証が済んでいなかったり、登録情報と異なる名義の口座に出金しようとしたりした場合は出金キャンセルとなりますので、注意しましょう

 

アカウント認証に関しては、この後の項目で詳しく解説します。

 

ヴィーナスポイントに出金できない場合は入金方法に問題あり

ヴィーナスポイントへの出金が不可能という場合は、ヴィーナスポイント以外の方法を使って入金したことが原因と考えられます。
オンラインカジノでは、マネーロンダリング対策として、入金と出金の方法は合わせなければならないという決まりがあるのです。
そのため、たとえばエコペイズから入金を行っていたという場合は、ヴィーナスポイントを使って出金することはできません。

 

この問題を解消させる方法は残念ながらありませんので、その他の決済手段を選んで、再度出金の申請を行いましょう。

 

ギャンボラから出金する前にアカウント認証を行う必要がある

ここまでにも何度かお伝えしてきていますが、ギャンボラで出金エラーが起こる場合、その原因はアカウント認証が行われていないか、認証ミスが起きているかといういずれかの可能性が考えられます。
いざというときにすぐ出金できるように、ギャンボラに登録を行った後は、すぐに認証手続きを行っておくことがオススメです。
アカウント認証の具体的な方法や、なぜこういった手続きが必要なのかといった理由を、この項目で詳しく解説します。

 

アカウント認証の手順

アカウント認証は、ギャンボラにログイン後に開けるメニューバーの「アカウント詳細」から登録することが可能です。
オファーや自主規制、取引などの項目と一緒に「認証」というタブが出現するので、これをクリックして登録画面を開きましょう。

 

画像引用:ギャンボラ

 

この画面から、認証手続きを進められます。
アカウント認証で求められるのは、以下の3つの項目です。

 

  • 写真付き身分証
  • 住所確認書類
  • 入出金にご利用の決済方法に関する画像

 

順番に見ていきます。

 

写真付き身分証

運転免許証やパスポートなど、顔写真が付いた身分証が必要です。

 

画像引用:ギャンボラ

 

これは、ギャンボラに登録している人の名前と、出金先の金融機関の受取人の名前が一致しているかどうかを確認するために求められる情報です。
写真を撮影してパソコンに保存し、アカウント認証の「送信」ボタンをクリックして、アップロードするだけで手続きが完了します。

 

住所確認書類

公的機関が発行した書類の中から、現住所が記されているものを何かひとつ選んでアップロードします。

 

画像引用:ギャンボラ

 

こちらも本人確認の一環として、登録している住所に住んでいるかどうかを調べるために使われています。
現住所が記された書類の中から、3ヶ月以内に発行され、登録者の氏名が書かれているものだけが有効です。
一例として、公共料金明細書、クレジットカード明細書、住民票などを利用できます。

 

入出金にご利用の決済方法に関する画像

入金手段として利用した決済方法の画像を撮影して送信しましょう。

 

画像引用:ギャンボラ

 

エコペイズやヴィーナスポイントなどの場合は、アカウント名が確認できるスクリーンショットを添付しましょう。
クレジットカードを利用した場合は、以下の情報以外は隠れるようにして撮影し、送信します。

 

  • カード名義人名
  • 有効期限
  • カード番号(はじめの6桁と最後の4桁のみ)
  • 署名

 

これ以外の情報は、個人情報を守るためにも、必ずテープなどで隠して撮影しましょう。

 

ギャンボラではなぜアカウント認証が必要なのか

アカウント認証の手順を確認していくと、わざわざ2~3種類の情報を送信するのが面倒に感じてしまうかもしれません。
しかし、これはプレイヤーの安全を確保するために非常に大切な手続きになりますから、決して無視することはできないのです。

 

万が一、あなたがギャンボラで設定したIDとパスワードの情報が第三者に盗まれてしまったとしたら、ギャンボラに預けている大切な資金が、別人の口座に振り込まれてしまうかもしれません。
これを防ぐためには、出金を申し込んだ人とお金を受け取る口座の名義人が完全に一致していなければならず、それを確かめるために行うのが、アカウント認証というわけです。

 

アカウント認証さえしっかりと行っておけば、不正出金という犯罪の被害に遭う心配がなくなり、安心してオンラインカジノで遊ぶことができます。

 

ギャンボラから出金する前に覚えておきたい注意点

 

ギャンボラから出金を行うよりも前に、いくつかの注意点があることを正確に把握しておきましょう。
これを知らずに出金しようとすると、思わぬトラブルに見舞われる恐れがありますので、要注意です。

 

ギャンボラから銀行口座に直接出金することはできない

これは2020年12月時点の情報になりますが、ギャンボラでは、銀行への国際送金による出金を依頼することができません
クレジットカードから入金を行っていたとしても、一度電子決済サービスにお金を移してから出金しなければならないことに注意しましょう。

 

ギャンボラから電子決済サービスに出金する際の手数料は無料ですが、電子決済サービスから銀行やATMに出金する際は、手数料がかかる場合があります。
また、現金化するために最低でも2回の手数をかけなければならないため、面倒に感じてしまいやすいというのが正直なところです。
どうしても銀行送金で出金したいという場合は、銀行送金に対応する別のオンラインカジノを選ぶようにしましょう。

 

出金した勝利金には税金がかかる

銀行から勝利金を出金すると、その金額は一時所得として扱われることを知っておかなければなりません
50万円の控除を超える勝利金が手に入った場合、確定申告を行う義務が生じます。
状況次第では、脱税の容疑をかけられるリスクはあることは把握しておきましょう。

 

アカウント認証が完了するまでには約24時間が必要になる

ギャンボラから勝利金を出金するためには、事前にアカウント認証を行う必要があることは、すでにお伝えしているとおりです。
このアカウント認証ですが、完了するまでには約24時間が必要になります。
出金直前に申請を行っても、認証が間に合わない可能性があります。
そのためアカウント認証は、時間に余裕をもった状態で行いましょう。

 

まとめ

ギャンボラの出金方法は4種類の電子決済サービスとなり、2020年12月時点では、銀行への直接送金には非対応です。
しかし、どの出金方法を選んでも手数料が無料なことや、通常16時間以内に出金処理が行われることはメリットといえます。

 

ギャンボラから出金する前に注意しておきたいのは、事前にアカウント認証を済ませていなければ、出金することができないという点です。
わからないことがあったり、エラーが起きたりしたときは、完全日本語対応のサポートを受けられますので、安心してギャンボラを楽しみましょう!