トランプの闇ゲーム「バサ」とは?ルールや危険とされる理由、類似するゲームについても徹底解説

 

テレビの人気番組「やりすぎ都市伝説」で、「絶対に話してはいけない闇のゲーム」として、「バサ」というトランプを使ったゲームが紹介されました。


闇ゲームというだけあって、バサはオンラインカジノでも配信されていませんが、いったいどのようなルールをもつゲームで、なぜ危険とされているのでしょうか。


流通している情報量が非常に少ないバサですが、類似するトランプゲームの情報も交えながら、この記事で徹底解説します。

 

トランプの闇ゲーム「バサ」とは

 

トランプには非常に多くの種類のゲームがありますが、世間一般には知れ渡っていない「闇ゲーム」のひとつとして、人気番組「やりすぎ都市伝説」で取り上げられたものが「バサ」です。

 

芸人の岡野陽一さんが「面白すぎて廃人になる」「バサについて話すと消される可能性がある」などと発言しながら紹介したため、またたく間に話題になりました。
闇ゲームというだけあって、インターネット上で情報を検索しても有力な手がかりはほとんど見つからず、正確なルールや遊び方を知ることは困難です。

 

都市伝説なので実在するかどうか不明

そもそも「やりすぎ都市伝説」という番組は「ウソかホントかわからない都市伝説」を紹介する番組なので、バサというゲームが実在するのかどうかも不明です。
勘違いやウソなどが混じり、情報が錯綜するなかで、本来は存在しなかったバサが空想上でできあがっていくこともあるので、あまり真剣に情報を追いすぎないほうがいいのかもしれません。

 

「バサラ」から派生したとする説がある

ヨーロッパのキプロスや中東、トルコなどを中心に親しまれているトランプを使ったゲームに「バスラ(Basara)」というものがあり、バサの正体はバスラなのではないかとする説もあります。
バスラに関しても、日本ではあまり親しまれていないゲームということもあり、詳細なルールを詳しく解説するWebサイトなどは、とくに見当たりません。
また、オンラインカジノでもバサラをプレイすることはできないので、バサラのルールを覚えたとしても実用することは難しいでしょう。

 

バサのルールを解説

バサの正確なルールを見つけることはできませんが、インターネット上のさまざまな手がかりのなかから情報を整理して、バサのルールをご紹介します。
まずは「やりすぎ都市伝説」のなかで、実際に岡野陽一さんが語っていたバサの概要を抽出して、表にまとめてみました。

 

  • トランプ1個でできる
  • UNO、麻雀、トランプのすべてのいいところだけを集めたゲーム
  • スペードの12がヤバい
  • 人数は4人で遊ぶのがベスト
  • 上がるときに「バサ」と叫ぶ
  • 2倍、3倍、4倍の「バサ返し」がある

 

スペードの12がどんな効果をもっているのか、バサ返しを受けるとどうなってしまうのかなどは一切語られておらず、謎のままです。

 

Twitter上でまとめられている説

岡野陽一さんはバサのルールについてほとんど語っていませんが、Twitterにはバサのルールをわかりやすくまとめている人がいます。

 

 

このルールが本当なのか、それともウソなのかは書き込んだご本人にしかわかりませんが、あくまでもひとつの説として、Twitter上で見られるバサのルールを書き出してみましょう。

 

  • 1人8枚の手札が配られて、山札から3枚のカードが場に置かれる
  • プレイヤーは手札のカードを駆使しながら、条件を満たすことのできた場のカードを回収する
  • 回収できなかった場合は、手札から1枚を取って場のカードの上に置く
  • 手札がなくなったら山札からプレイヤーにカードを配る
  • 特定のカードを回収するとポイントをもらえる
  • ダイヤの10は3ポイント、クローバーの2は2ポイント、エースとハックは1ポイントもらえる
  • 一番カードを持っている人が3ポイントもらえる
  • 場に7、2、4、5があり、手札に9があれば、場のカード4枚を回収できる
  • この際に「バサ!」と叫び、バサ1回で5ポイントを獲得できる
  • 51ポイント以上を最初に獲得できた人の勝ち
  • ルールは地域やプレイヤー次第で若干異なる場合がある

 

以上です。
ここまでの情報を見ても、どんなゲームなのかあまりピンときませんね。

 

バサが危険とされる理由

 

バサに関する噂が広まるきっかけとなったのは、2020年に放送された人気テレビ番組「やりすぎ都市伝説」で、芸人の岡野陽一さんが紹介したことでした。
その際の音源がYouTubeに投稿されているので、岡野さんのトークが気になるという方は、以下のリンクの動画を55分45秒頃からチェックしてみてくださいね。

 

 

このトークのなかで、岡野さんは「この話をすると消される可能性がある」と冒頭で伝えていて、これまでに他のテレビ番組でバサについて話したことはなかったといいます。


バサが危険とされる理由は、以下のとおりです。

 

  • 面白すぎて廃人になってしまう
  • 務めていた工場でバサをやっていることがわかると会社をクビになってしまう
  • 中東のとある国では政府が禁じているという説がある

 

バサが面白すぎて仕事をする気すらなくなってしまうから、会社でバサをしていることがバレるとクビになってしまうのでしょうか。
岡野さんは「中東のある国では政府が禁じている」という趣旨の発言もしており、そこまで厳しく規制しなければならないものなのかと興味が湧いてきますね。
その一方で、なぜそこまで面白いゲームが封じ込まれていて、一般の人はルールすら知ることができないのかという点は疑問です。

 

オンラインカジノで楽しめるトランプのゲームとは?

バサに関する正確なルールはどこにも記載されておらず、現状では友達同士や家族とバサで遊ぶこともできません
オンラインカジノでもバサは配信されていませんが、中毒性を感じるほど楽しいゲームはバサのほかにもたくさんあるので、リアルマネーを賭けられるトランプゲームをいくつかご紹介しましょう。

 

バカラ

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

バカラは「カジノゲームの王様」と称されることも多いほどの定番ゲームなので、トランプが好きな人なら基本ルールは覚えておくといいでしょう。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

まずは、プレイヤーかバンカーのどちらが勝つか予想してベットします。
2~3枚のトランプの数字を合わせて、より9に近い数字を出したほうが勝ちです。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

プレイヤーは6、バンカーは2です。
このままならプレイヤーの勝ちですが、どちらも8以下の数字の場合は、バンカーから順番にもう1枚カードを引きます。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

バンカーの合計数は3で、プレイヤーの6に届きません。
この段階でプレイヤーの勝ちとなり、2倍の配当が払い戻されています。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

2枚のカードの合計で8か9が出て、相手がその数字に及ばない場合は、3枚目のカードを引かずに決着がつきます。
これを「ナチュラル」といい、勝ったプレイヤーの「ナチュラルウィン」と表現されますよ。

 

3カードポーカー

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

日本人が想像するドローポーカーとは少し異なりますが、3枚のカードを使って役を作るというシンプルなゲームで、テンポよく進んでいくためヤミツキになりやすいゲームです。
アンティでゲームに参加すると、手札として3枚のカードが配られ、このなかから「ワンペア」「フラッシュ」などの役を作り、役の強さをディーラーと競います。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

Qのワンペアができています。
勝てそうもないと思ったら、フォールドを選んでゲームから降りることも可能です。

 

画像引用:ベラジョンカジノ公式サイト

 

ディーラーはハイカード(ブタ)だったので、プレイヤーが勝利できました。
配当は2倍であるものの、わずか数秒で1ゲームが終わるので、短時間でも高配当を積み重ねることが可能ですよ。

 

まとめ

「やりすぎ都市伝説」で岡野陽一さんによって語られたバサは、明確なルールを知ることはできず、本当にバサというゲームが世の中に存在するのかどうかさえ、現時点では謎です。
Twitter上にはバサのルールをまとめている人もいますが、こちらも真偽は不明であることに加え、ルールを読んでも、細かい遊び方を理解することはできません。

 

バサや、バサとの関連性が噂される「バサラ」はオンラインカジノでも配信されていないので、Web上でもプレイすることは不可能です。
しかし、バカラやポーカーのように中毒性のあるその他のトランプゲームはオンラインカジノに多数収録されていますから、これを使って、リアルマネーを賭けたバトルを楽しんでみてくださいね。

RELATED POSTS

関連する記事