心理戦を楽しめるゲーム総まとめ!道具なし、アプリ、トランプなどジャンル別にご紹介

 

コロナ禍で外出が難しい昨今、自宅で家族とゲームをしたり、zoomを使って友達と遊んだりする機会が増えたという人は多いのではないでしょうか。
とくに心理戦を生かせるゲームは奥が深く、よく知っている人の意外な一面が見え隠れするため、面白いものですよね。

 

そろそろゲームのネタが尽きてきたという方に、今回は、心理戦を楽しめるゲームを総まとめでご紹介します。
道具なし、アプリ、トランプなど、ジャンル別にオススメのゲームと遊び方の基本に触れ、心理戦の要素を含んだオンラインカジノのゲームも記事にまとめました


新たな心理戦を楽しめるゲームをしてみたい方は、ぜひチェックしてみてください!

 

【道具なし】心理戦を楽しめるゲーム3選

 

車で移動しているときや旅行をしているときなど、遊びたくても道具を使えないシチュエーションはたくさんありますよね。
そんなときのために、道具なしで楽しめる心理戦のゲームを3つご紹介します。
いずれもシンプルな内容なので、今すぐルールを共有してみんなで楽しみましょう。

 

カウントゲーム

カウントゲームは、あらかじめ決めておいた数字を言ってしまった人が負けというシンプルなゲームです。
カウントできる数字は1ターンにつき1~3回までで、時計回りに答えていきます。
決めた数字を他の人が先に言ってしまうように、カウントをコントロールしましょう。

 

たとえば数字が「12」で、3人のプレイヤーで遊ぶ場合は、以下のような流れです。

 

A「1、2、3」
B「4、5、6」
C「7、8、9」
A「10、11」
B「12」

 

12と言ってしまったBさんの負けです。
参加する人数が多ければ多いほど複雑化しますし、数字が大きいほど長くゲームを楽しめますよ。

 

オススメは「ポイント制」にすることです。
「2回負けてしまったら脱落」といったルールを作って、最後の1人が残るまで対決しましょう。
こうすることで、意図的に負けさせたいターゲットを絞りやすくなり、より奥深い心理戦を楽しめます

 

推奨人数

2~5人

簡単度

★★★★★

対象年齢

大人から子どもまで

 

英語禁止ゲーム

こちらもシンプルなゲームで、タイトルのとおり「英語を使ったら負け」というルールです。
日常生活で使う言葉のなかには意外と多くの英語が含まれているので、禁止されているのがわかっていても、つい使ってしまうものですよね。
思いがけず飛び出した英語に対してツッコミを入れられるので、みんなで盛り上がれます

 

オススメは、1回英語を使うたびに10円など、小さな金額の罰金を取ることです。
これをプールしておいて、ゲームが終わったあとに、みんなで楽しむ食事などの支払いの足しにしましょう。
1番英語を使った人を逆MVPとして表彰し、みんなより1品多く食べさせてあげたりすれば、あとあと恨みを買うこともありませんね。

 

推奨人数

3~10人

簡単度

★★★★☆

対象年齢

大人から子どもまで

 

質問ゲーム

最初に抽選で、回答者を1人だけ割り当てます。
その人に何か1つの物を思い浮かべてもらい、15~20個の質問を繰り返しながら、その思い浮かべた物が何なのかを当てるゲームです。
回答する側は常に「はい」「いいえ」「どちらでもない」のうち、どれか1つを選びましょう。

 

たとえば回答者が「織田信長」を思い浮かべたとします。
最初の質問者が「人間ですか?」と質問したら「はい」、次の質問者が「存命ですか?」と質問したら「いいえ」と答えましょう。
これを15~20回繰り返して、質問者は回答者が連想した物が何かを当て、的中すれば質問者の勝利、外れれば回答者の勝利です。

 

推奨人数

2~4人

簡単度

★★★☆☆

対象年齢

大人から子どもまで

 

【アプリ】心理戦を楽しめるゲーム3選

 

続いて、アプリを使って心理戦を楽しめるゲームを3つピックアップします。
すべて無料で遊べるアプリなので、友達同士で気軽にダウンロード・インストールして遊べますよ。
映像や音も一緒に楽しめるので、華やかなゲームで盛り上がりたい方にオススメです。

 

どうぶつタワーバトル

画像引用:Googleストア

 

2017年頃にリリースされ、当初は1人用のゲームでしたが、アップデートで対戦プレイができるようになりました。
ルールは「積み木」の動物版と考えるといいでしょう。
登場する動物のシルエットを下からバランスよく積み重ねていき、先に崩してしまったほうが負けというゲームです。

 

単純そうに見えますが、やってみると意外に奥深いことに気付くはずですよ。
動物を逆さにしたり、斜めにしたりしながらバランスを取ったり、あえて形を崩して罠を作ったりして遊びます。崩れそうで崩れない絶妙な線を突きながら、対戦相手が負けるように追い詰めましょう。

 

推奨人数

1~2人

簡単度

★★★★☆

対象年齢

大人から子どもまで

 

ワードウルフ

画像引用:Googleストア

 

テレビ番組の題材に使われることもあるほどメジャーな「人狼」を簡略化させたようなゲームです。
参加人数を決めてゲームをはじめるとお題が表示されますが、キーワードは「多数派」と「少数派」にわかれます
しばらくお題に関するトークを続けて、誰が少数派のキーワードを持っているのかを当てましょう。

 

ゲームの最中は、自分が少数派なのか多数派なのかは一切わかりません。
最初に役割が割り振られる人狼との違いは、ここにあります。
自分が少数派かもしれないと感じたら、ボロが出ないように他人を疑うそぶりを見せたり、質問攻めにしたりなど、心理戦をうまく使って切り抜けましょう。

 

推奨人数

4~5人以上の大人数

簡単度

★☆☆☆☆

対象年齢

大人にオススメ

 

メンタルじゃんけん

画像引用:Appleストア

 

普通のじゃんけんにはない心理戦を楽しみたいという場合は、メンタルじゃんけんを試してみましょう。
このゲームの目的はじゃんけんで勝利を目指すというものですが、出せる手と種類は最初から決まっています。

 

親はグー4枚にパーが1枚、子はグーが4枚にチョキが1枚で、親が圧倒的に有利です。
決着は4セットを終えた段階で決まり、4連勝した場合は親の勝利、1勝でもした場合は子の勝利として扱われますよ。
3連敗からの大逆転という目も、十分にあり得ます。

 

それぞれグーを4回ずつ出せることはわかっているので、ポイントはチョキとグーの使い方です。
いきなりグー、チョキを出して勝負を仕かけるのか、それともドローを狙って一刺しするタイミングを探るのか、相手の性格を読みながらプレイを選択して、勝利を目指しましょう!

 

推奨人数

2人

簡単度

★★★☆☆

対象年齢

大人から子どもまで

 

【トランプ】心理戦を楽しめるゲーム3選

 

みんなで楽しむゲームの定番といえば、トランプです。
トランプにも心理戦を楽しめるゲームはたくさんあるので、ぜひ今まで遊んだことのないゲームも試してみましょう!
2人用のゲームから大人数で遊べるゲームまで、3つのトランプゲームを順番にご紹介します。

 

インディアンポーカー

通常のポーカーの変形版です。
まずは山札を作って、自分のカードの数字が見えないように1枚だけ引いて、そのまま相手に見える状態でカードを額にくっつけます。
全員が同じ状態で向き合って会話をし、周囲の反応を見ながら、自分のカードのほうが強いと思えばゲームを続けて、弱いと思ったら降参しましょう。

 

通常のポーカーは自分の手札だけがわかり、相手の手札は最後まで見えないので、逆転版のポーカーともいえますね。
「K」を持つ相手がいれば少なくともその人に勝つことはできませんが、上手に弱い手札だと相手が勘違いするようにトークで誘導して、降参に追い込むというのも、インディアンポーカーの醍醐味です。

 

推奨人数

4人以上

簡単度

★★★☆☆

対象年齢

大人から子どもまで

 

ゲスイット

まずは同じスート(図柄)のカードをA~Kまで13枚抜き出し、シャッフルして、双方に6枚ずつ配ります。
最後に残った1枚も伏せた状態のままですが、これはテーブルの上などにセットしておきましょう。
プレイヤーは自分の手札見て、相手の手札を読みながら、セットされたカードの数字を先に当てるという内容です。

 

ゲームがはじまったら、プレイヤーは交互に「○番のカードはありますか?」と質問します。
質問された側は素直に答えてヒントを与え、先に回答した人が正解を出せば勝ち、間違っていれば負けです。
あえて自分の手札にある番号を持っているか質問しても構わないので、相手を誤答へ誘導できる場合がありますよ。

 

推奨人数

2人

簡単度

★★☆☆☆

対象年齢

大人から子どもまで

 

15

まずは山札を作って、1枚ずつカードを引きます。
親と子を決めて、子から先にカードを引き、2枚のカードの合計数が15に近いほうが勝ちです。
カードは何枚引いても構いませんが、15を超えた段階で負けとして扱われます。
また、2枚目のカードを引かなくてもOKです。

 

親は、子が役を作ったあとの反応を見ながらゲームを進められるため有利に見えます。
しかし子がリアクションで演技をしている可能性もあるため、子が失敗したように見えても油断はできません。
「本当は弱い数字なのにあえて引かない」「自信満々な演技をしてプレッシャーをかける」など、実は子のほうが駆け引きを楽しめるゲームでもありますよ。

 

推奨人数

2人

簡単度

★☆☆☆☆

対象年齢

大人

 

【オンラインカジノ】心理戦を楽しめるゲーム2選

 

ここまでにご紹介してきたゲームは、どれも2人や3人、あるいはそれ以上の大人数で楽しむゲームばかりです。
トランプやボードゲームなどは基本的に2人以上で楽しむものですが、オンラインカジノなら、1人でも心理戦を楽しめます。
オンラインカジノでオススメのゲームも2つ見ていきましょう。

 

ブラックジャック

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

ブラックジャックは、配られた2枚のカードの数字を足して、合計数で21を目指すというゲームです。
21に近付くまでは、何度カードを追加しても構いません。
そのかわり、合計数が22以上になった瞬間に負けが確定するため、勘を働かせながらゲームを進めましょう。

 

カジノホールデム

画像引用:アロハシャーク公式サイト

 

最初に受け取ったカード2枚と、中央に表示される最大5枚のカードを組み合わせて役を作ります
ライブカジノホールデムでは、3枚がオープンになったところでアクションを選択でき、資金を追加するのか、それとも降りるのかを選べますよ。
これもプレイヤーの心理状態が、ゲームの結果を左右します。

 

まとめ

この記事では、合計11種類の心理戦を楽しめるゲームをご紹介しました。
何も持っていなくても遊べるゲームから、スマホやトランプがあれば遊べるゲーム、そして1人でも駆け引きができるゲームまでリストアップしたので、試してみたいゲームが1つでも見つかっていてくれれば幸いです。

 

1人で寂しい思いをしている人も、PCさえあればオンラインカジノで遊べます。
アロハシャークには、ディーラーとライブ中継を結んで遊べるライブカジノがたくさんそろっていますよ。
タイミングが合えば、ディーラーとチャットでやり取りもできるので、この機会にぜひアロハシャークに登録してみてくださいね。

RELATED POSTS

関連する記事